研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  丸谷才一 >  『丸谷才一批評集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『丸谷才一批評集』全6巻

『丸谷才一批評集』全6巻(文芸春秋、1995.12~1996.5)



1 日本文学史の試み 1996.5.30
 
日本文学史早わかり………………………… 7
日本文学史年表………………………………67
不思議な文学史を生きる……………………79
津田左右吉に逆らつて…………………… 157
明治末年的文学史-津田左右吉『文学に現はれたる我が国民思想の研究』…… 185
日本文学史を見わたす…………………… 189
歌道の盛り………………………………… 199
ばさら連歌………………………………… 213
狂歌集の題………………………………… 219
男泣きについての文学論………………… 227
短詩形文学はなぜ日本文学の中心なのか…… 259
香具山から最上川へ……………………… 287
実生活とは何か、実感とは何か………… 299
随筆体の学問-柳田国男『一目小僧その他』…… 317
夢みる古代-折口信夫『古代研究』…… 321
折口信夫論ノート………………………… 325
*初出一覧………………………………… 351
対談―『日本文学史の試み』をめぐって 帝それから国家論(池沢夏樹,丸谷才一)…… 353
 

2 源氏そして新古今 1996.3.1
 
後朝(きぬぎぬ)…………………………… 7
光る源氏の物語(抄)………………………15
榊の小枝…………………………………… 153
後鳥羽院(抄)…………………………… 161
隠岐を夢みる……………………………… 333
雪の夕ぐれ………………………………… 361
吉野山はいづくぞ………………………… 381
*初出一覧………………………………… 393
対談―『源氏そして新古今』をめぐって 顔世御前の短冊(渡辺保,丸谷才一)…… 395
 

3 芝居は忠臣蔵 1995.12.1
 
忠臣蔵とは何か……………………………… 7
お軽と勘平のために-諏訪春雄に答へる…… 209
文学の研究とは何か……………………… 243
雪の日の忠臣蔵―対談(山崎正和,丸谷才一)…… 259
北野供養…………………………………… 293
楠木正成と近代史………………………… 309
荻生徂徠と徳川綱吉……………………… 345
前近代の小説-井原西鶴/吉行淳之介訳『好色一代男』…… 357
*初出一覧………………………………… 363
対談―『芝居は忠臣蔵』をめぐって 批評の方法と小説の方法(瀬戸川猛資,丸谷才一)…… 365
 

4 近代小説のために 1996.4.30
 
I
茨の冠………………………………………11
花柳小説論ノート…………………………29
文学事典の項目二つ………………………43
II
美談と醜聞―森鴎外(1862~1922)……55
鴎外知つたかぶり…………………………64
江戸文学の最後の巨匠―尾崎紅葉(1867~1903)……65
十年ほどの違ひ……………………………66
徴兵忌避者としての夏目漱石―夏目漱石(1867~1916)……67
謎とき『たけくらべ』―樋口一葉(1872~1896)…… 104
社会が屹立する―長谷川如是閑(1875~1969)…… 106
小説的結末―永井荷風(1879~1959)…… 107
雪国の小さな図書館で………………… 111
空想家と小説―正宗白鳥(1879~1962)…… 113
一双の屏風のやうに―谷崎潤一郎(1886~1965)…… 123
批評家としての谷崎松子……………… 134
菊池寛の亡霊が…―菊池寛(1888~1948)…… 145
ある花柳小説―里見 (1888~1983)…… 156
里見 の従兄弟たち…………………… 159
個性を超えたもの―岡本かの子(1889~1939)…… 166
退屈を教へよう―佐藤春夫(1892~1964)…… 169
悲劇を自覚的に生きる―横光利一(1898~1947)…… 179
梶井基次郎についての覚え書―梶井基次郎(1901~1932)…… 180
III
神話とスキャンダル―ジェイムズ・ジョイス(1882~1941)…… 191
夜の町…………………………………… 232
西の国の伊達男たち―T・S・エリオット(1888~1965)…… 275
否定形の抒情―アーネスト・ヘミングウェイ(1899~1961)…… 295
女の小説―エリザベス・ボウエン(1899~1973)アイリス・マードック(1919~)…… 306
故国の言葉と異国の言葉についてのノート―ウラジミール・ナボコフ(1899~1977)…… 316
世界は何のために?―ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899~1986)…… 326
エンターテイメントとは何か―グレアム・グリーン(1904~1991)…… 329
冗談にして神話―ガブリエル・ガルシア=マルケス(1928~)…… 343
『百年の孤独』の作家………………… 347
だまし絵―ミラン・クンデラ(1929~)…… 351
幾時代かがありまして―ウンベルト・エーコ(1932~)…… 355
暗い部屋―マヌエル・プイグ(1932~1990)…… 306
ボヴァリー夫人は彼だ―マリオ・バルガス=リョサ(1936~)…… 365
*初出一覧………………………………… 369
対談―『近代小説のために』をめぐって 一九二五年生れの作家(三浦雅士,丸谷才一)…… 373
 

5 同時代の作家たち 1996.1.30
 
扇よお前は魂なのだから―堀口大学(1892~1981)……11
黒い鞄―林達夫(1896~1984)……………48
問はず語り―宇野千代(1897~)…………59
例外的で正統的―井伏鱒二(1898~1993)……67
口笛―石川淳(1899~1987)………………69
夷斎登仙………………………………………77
『夜のさいころ』など―川端康成(1899~1972)……81
羽左衛門とソクラテス―河上徹太郎(1902~1980)……82
伝記の書き方―中野好夫(1903~1985)…86
中野好夫を悼む………………………………90
維子の兄―舟橋聖一(1904~1976)………93
文壇の研究―伊藤整(1905~1969)…… 108
一種の反小説……………………………… 109
ロマネスクな味―和田芳恵(1906~1977)…… 111
一年後の感想……………………………… 115
最初の作家―高見順(1907~1965)…… 116
大義との関係―平野謙(1907~1978)… 132
水のある風景―大岡昇平(1909~1988)…… 134
父と子―松本清張(1909~1992)……… 155
一皿のハム・オムレツ―中村光夫(1911~1988)…… 168
富士の麓―武田泰淳(1912~1976)…… 170
話し上手 聞き上手……………………… 180
父との交遊―吉田健一(1912~1977)… 182
出陣………………………………………… 186
食堂車での感想…………………………… 190
息子の「尊敬する人物」―吉田秀和(1913~)…… 192
吉田さんのこと…………………………… 194
詩人としての野間宏―野間宏(1915~1991)…… 196
国際的環境―中村真一郎(1918~)…… 201
議論と閑談の大家………………………… 205
深夜の回想―福永武彦(1918~1979)… 211
歌仙を解読する―安東次男(1919~)… 211
『この道やゆく人なし』のこと―エドワード・サイデンステッカー(1921~)…… 215
『古今集』から『細雪』まで―ドナルド・キーン(1922~)…… 219
ドナルド・キーン………………………… 221
ライト・ヴァース―田村隆一(1923~)…… 224
人間が本を書くこと―遠藤周作(1923~)…… 229
司馬遼太郎論ノート―司馬遼太郎(1923~)…… 238
市民でないこと―吉行淳之介(1924~1994)…… 258
『暗室』とその方法……………………… 260
歴史への呪咀―辻邦生(1925~)……… 266
作家の批評………………………………… 269
正統的な作家―井上光晴(1926~1992)…… 272
芸術家小説―河野多恵子(1926~)…… 277
郷愁―藤沢周平(1927~)……………… 279
故郷の味…………………………………… 280
ヴィッカス・ホールの花―篠田一士(1927~1989)…… 284
文学のオルガナイザー…………………… 287
扇に似たもの―川村二郎(1928~)…… 290
仲哀陵と藤井寺球場……………………… 294
別れの言葉―色川武大(1929~1989)… 297
批評家の神話―秋山駿(1930~)……… 300
水辺の挿話―開高健(1930~1989)…… 304
二十世紀文学の急所―菅野昭正(1930~)…… 310
国民的説話―野坂昭如(1930~)……… 312
けろりの旦那―向井敏(1930~)……… 313
大岡信の詩を二つ選ぶ―大岡信(1931~)…… 316
文学から文学を作る―入沢康夫(1931~)…… 325
カーキ色の外套―後藤明生(1932~)… 329
怪作―井上ひさし(1934~)…………… 333
誰と見る青い月…………………………… 335
言葉の芸―筒井康隆(1934~)………… 337
論理とレトリック―山崎正和(1934~)…… 339
慶事を喜ぶ―大江健三郎(1935~)…… 346
少年の物語―三木卓(1935~)………… 352
戯画と批評―和田誠(1936~)………… 356
梶井基次郎の系譜―野呂邦暢(1937~1980)…… 358
鏡花ゆづり―古井由吉(1937~)……… 362
ジャーナリズムの文体を変へた男―立花隆(1940~)…… 366
話術と散文―池内紀(1940~)………… 369
文学のエネルギー―丸山健二(1943~)…… 371
青春の探求―川本三郎(1944~)……… 375
新風颯々―池沢夏樹(1945~)………… 378
南の島の物語……………………………… 380
五月の風のやうな―村上春樹(1949~)…… 383
何かの始まり……………………………… 385
*初出一覧………………………………… 387
対談―『同時代の作家たち』をめぐって 文学の現場に立つ(川本三郎,丸谷才一)…… 395
 

6 日本語で生きる 1996.3.30
 
国語教科書批判……………………………… 7
未来の日本語のために………………………41
現在の日本語のために………………………59
国語教科書を読む……………………………71
言葉と文学と精神と……………………… 107
大学入試問題を批判する………………… 205
文章論的憲法論…………………………… 233
日本語ばやり……………………………… 257
漢字を擁護する…………………………… 269
餅屋が餅を論ず-谷崎潤一郎『文章読本』…… 277
この本の読み方-福田恒存『私の国語教室』…… 281
黒板のない教室-井上ひさし『私家版日本語文法』…… 285
日本語で一番大事なもの(抄)(丸谷才一,大野晋)…… 291
言葉のストライク・ゾーン……………… 341
河合塾の出題に抗議する………………… 347
*初出一覧………………………………… 367
対談―『日本語で生きる』をめぐって 国語改革からワープロまで(井上ひさし,丸谷才一)…… 369
[ 2011/03/25 06:21 ] 丸谷才一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。