研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  丸山健二 >  『丸山健二エッセイ集成』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『丸山健二エッセイ集成』全4巻

『丸山健二エッセイ集成』全4巻(文芸春秋、1992.12~1993.4)



1 安曇野 1992.12.15
 
安曇野
I 裏山のヘビたち―「走者の独白」より…11
好きな場所…………………………………13
伊那谷の動物………………………………15
阿智村にて…………………………………19
田園風景の裏に……………………………22
天竜川のこと………………………………26
裏山のヘビたち……………………………29
新しい町……………………………………33
アルプスと大町の追想……………………37
タイヤの下敷きになった赤トンボ………45
春の変化……………………………………62
雪の日………………………………………66
静かな村……………………………………70
雷(イカズチ)の光景……………………73
II 自然の牙―「イヌワシ讃歌」より ……91
四輪駆動車…………………………………93
爆音器………………………………………97
黒沢高原のホテル……………………… 101
自然の牙………………………………… 105
雪を待つ………………………………… 109
山の中の公害…………………………… 113
南の風に土の匂い……………………… 117
III 私だけの安曇野―「私だけの安曇野」より…… 121
花火人間………………………………… 123
イヌワシに挑んで……………………… 131
山の彼方の八坂村……………………… 139
ダムだらけの風景……………………… 147
わが心の大町…………………………… 155
安曇野美人……………………………… 163
祭りの周辺……………………………… 171
真夜中の宇宙人………………………… 179
山で死ねば……………………………… 187
ルーツ・松田家………………………… 195
木崎湖の主……………………………… 203
安曇結婚競争曲………………………… 211
アウト・ドア・マン…………………… 219
青木湖畔の住人たち…………………… 227
嗚呼,カネが降る ……………………… 235
どきまぎ・ドキマギ…………………… 243
未熟成人………………………………… 251
信州クルマ考…………………………… 259
ちょっとした犯罪……………………… 267
死の予感………………………………… 275
カメラマンの証言……………………… 283
「私だけの安曇野」長いあとがき…… 291
IV 真冬のラリー―「群居せず」より … 321
家賃一万円の別荘……………………… 323
マムシと私……………………………… 328
美しい山女……………………………… 331
盗まれたヤギ…………………………… 334
怪談あれこれ…………………………… 337
野鳥あれこれ…………………………… 340
方言……………………………………… 343
冬のタイヤ……………………………… 346
真冬のラリー…………………………… 349
春の嵐…………………………………… 352
アウト・ドア・ライフのプロたち…… 335
パンダと交換…………………………… 367
雑草退治………………………………… 370
ネズミ…………………………………… 373
こじつけ祭り…………………………… 376
死んだふり……………………………… 379
森が震える……………………………… 382
毒キノコ………………………………… 385
山のカモメ……………………………… 388
V 儀重桜―「安曇野の強い風」より…… 391
人生の逃亡者たち……………………… 393
皮下脂肪の厚い文化人たち…………… 397
ひと冬が奪う生命……………………… 401
ニジマスはそこにいた………………… 405
山の大気と海の香り…………………… 409
青の光景………………………………… 413
安曇野暮らし…………………………… 416
「きっと,あのモズたちよ」と,妻が言った…… 421
都市生活者へのメッセージ…………… 426
安曇野からの夏だより………………… 428
儀重桜…………………………………… 431
自然の幻想……………………………… 433
VI 安曇野礼讃―「されど孤にあらず」より…… 437
安曇野礼讃……………………………… 439
春はひらめきの安曇野………………… 443
私を地方へ移らせたのは……………… 450
二十年の冬の底力……………………… 453
よくあるタイプの小説家のありふれた死だけは避けなければ……… 456
*初出一覧………………………………… 460
 

2 日々の愉楽 1993.3.1
 
I 犬
犬……………………………………………11
友を失う道…………………………………15
犬の飼い方…………………………………17
わが友としての犬…………………………20
穏やかな犬の眼ざし………………………35
来る犬、去る犬……………………………50
すさまじい食欲、水泳、糞………………63
UFOを発見した犬 …………………………75
人を咬んだ犬の運命は……………………87
大鼾をかいて眠った犬……………………99
理想の犬を求めて……………………… 110
パーフェクトの犬になったとき……… 121
犬を埋める……………………………… 132
陽気にはしゃぐ犬……………………… 144
風のように旅する人と犬……………… 156
とんだ誤解……………………………… 169
黒いチャウチャウ犬…………………… 173
ドングリの冗談ではない日々………… 177
大型犬のための住宅…………………… 181
II バイクと車
オートバイに乗って…………………… 189
白山スーパー林道を行く……………… 194
作詞家志望?…………………………… 209
試行錯誤をくりかえしつつ車の世界へ…… 212
心の目を開いてくれた二輪実地指導… 218
最多減点恥かきラリー………………… 224
新車を待つこの気分が実にいいのだ… 227
厭きっぽい性格がおれの生きるバネだ…… 230
一人前の男とは、必要に応じて必要な手が打てる男をいうのだ…… 236
ややあって、男は言った。「まだ七分残っているじゃないか」と…… 242
翔べない青春…………………………… 248
少年の日の渇き………………………… 252
バイクふたたび………………………… 254
アイスバーンを走る四輪駆動車……… 259
III 釣り
ワカサギ釣り…………………………… 267
変な釣り………………………………… 270
知人は冷やかしの口調で訊いてきた。「どう、釣れた?」…… 273
しぶしぶおれは試した。すると途端に手応えがあったのだ…… 276
夜釣り…………………………………… 279
さらば好敵手…………………………… 281
釣果は魚にあらず……………………… 285
野鯉用の釣竿…………………………… 289
IV 映像と音楽
小説家の映画の話……………………… 297
十年後の《朝日のあたる家》………… 303
ギャング映画の美学…………………… 312
演技と偶然……………………………… 321
リアリティについて…………………… 325
私自身への叱咤………………………… 329
映画と拳銃……………………………… 333
プレスリーとビートルズ……………… 336
音楽の効用……………………………… 339
音楽さえあればその空間は完璧になるに違いなかった…… 342
二度観なくてはわからない作品など、それだけで失敗作なのだ…… 345
今のクロサワは、クロサワの影武者なのかもしれない…… 348
夏の夜の夢……………………………… 354
写真……………………………………… 356
映画の裏に見えるもの………………… 358
一度だけのカメラ……………………… 360
遅ればせながらのビデオデッキ……… 365
V 食その他
モズ……………………………………… 373
水泳……………………………………… 376
ワサビの周辺…………………………… 381
水と水もどき…………………………… 384
ビールの追憶…………………………… 388
リンゴの芯……………………………… 392
スペシャル・ドリンク………………… 396
仙台のラーメンとホルモン焼き……… 400
簡単な飛行……………………………… 404
サンドバッグ…………………………… 406
面白い遊び……………………………… 409
雪かき、これは冬のスポーツなのだ… 412
超越者の笑み…………………………… 415
きらめくコモド大トカゲ……………… 419
ナイフの思い出………………………… 421
北アルプスの双眼鏡…………………… 426
刈り込み鋏を使い棄てる……………… 431
44マグナムの衝撃……………………… 436
わが心の焼却炉………………………… 441
自殺鳥の籠……………………………… 446
天にのぼる梯子………………………… 451
 

3 世界爆走 1993.3.30
 
I 風の、徒労の使者―オーストラリア…… 5
II 爆走オデッセイ―'80年サファリ・ラリー…… 139
III ミッドナイト・サン―北欧………… 267
IV 流れて、撃つ―アメリカ西部 ……… 381
V 海へ……………………………………… 413
海への憧れ……………………………… 415
船と油と人間と………………………… 418
『黒い海への訪問者』創作ノート…… 427
*初出一覧………………………………… 460
 

4 小説家の覚悟 1993.4.30
 
I 1968~74
イメージの世界……………………………11
夜の光………………………………………16
私の文体……………………………………21
詩と小説の間………………………………26
小説家が作品の前へ踊り出るとき―三島由紀夫の死……29
小説家になって……………………………38
賞金五万円―新人賞と私…………………43
どこ吹く風…………………………………48
田舎暮らしの効用…………………………51
小説のなかの《空間》……………………55
物書きのひとり言…………………………63
誤解への期待―批評家への提言…………71
六年前・六年後……………………………76
II 1975~79
小説の映画化………………………………83
イメージの発信機…………………………87
考えこむことより突っこむこと…………93
「脱サラ」の弁……………………………97
映画から小説へ……………………………99
《白鯨》の彼方………………………… 107
一人称のための一ダース……………… 110
作家になって驚いたこと……………… 115
安い元手………………………………… 118
脱サラの夢……………………………… 121
若い映画監督…………………………… 124
皮算用の彼方…………………………… 127
火山の歌………………………………… 130
ふざけた訪問者………………………… 133
才能……………………………………… 136
III 1979…………………………………… 139
IV 1978~84
小説家はもともと全員が異色でなければならないはずなのに…… 235
女やオカマに受けるようになったらおしまいだ…… 238
日本の読者はなぜか素人っぽい作りの雑誌を好む…… 241
自分の力で働いて食べていない男とは口もききたくない…… 244
エコノミック・アニマルと呼べるほどの凄味が、果して日本のサラリーマンにあるのだろうか…… 250
本当は現実ほど面白いものはないのだ。どんな小説よりも面白い…… 256
おれはまた前を見て、そっちへ向わなければならない…… 262
ホイルスピンの頃新人賞受賞前後…… 268
困るのは誰?…………………………… 272
自然知らず……………………………… 274
横着な作り手たち……………………… 276
文字と映像……………………………… 280
V 1986~91
文芸誌との付き合い…………………… 285
若い日の私……………………………… 288
望み通りの単調な日々………………… 291
ボールペンで書く小説………………… 295
山と小説………………………………… 300
文芸誌を笑う…………………………… 303
サイン会のサインペン………………… 307
「ロウソクの科学」と文学…………… 312
孤独との対峙の中から―インタビュー…… 316
執筆ふたたび…………………………… 337
小説家をめざす若い人たちへ………… 341
しごとの周辺…………………………… 349
自作再見―『正午なり』……………… 358
作家の生計……………………………… 361
安曇野の風……………………………… 365
*丸山健二 著書目録………………… 巻末I
[ 2011/03/25 06:23 ] 丸山健二 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。