研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  万造寺斉 >  『万造寺斉選集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『万造寺斉選集』全10巻

『万造寺斉選集』全10巻(謙光社、1964.5~1964.9)



第1巻 1964.5.15
 
歌集 憧憬と漂泊…………………………… 3
万造寺斉君の第一歌集 「憧憬と漂泊」を推薦して(佐藤春夫)…… 5
夢と憧れ……………………………………11
春の宴………………………………………31
五月の交響曲………………………………47
都会の蠱惑…………………………………65
毒草園………………………………………77
闇夜行………………………………………93
漂泊と郷愁……………………………… 111
南へ南へ………………………………… 125
再生……………………………………… 137
*後記(菅原杜子雄)…………………… 151
 

第2巻 1964.5.15
 
歌集 蒼波集………………………………… 5
「蒼波集」を推薦して(吉田精一)…… 7
早春鈔………………………………………17
海光鈔………………………………………35
蒼波鈔………………………………………57
渓谷鈔………………………………………93
煙霞鈔…………………………………… 125
雲海鈔…………………………………… 143
成長のあと………………………………… 163
*後記(菅原杜子雄)…………………… 192
 

第3巻 1964.6.15
 
歌集 山嶽頌………………………………… 5
山嶽頌の生命(牧暁村)………………… 7
登高編………………………………………17
飄遊編………………………………………57
雲表編………………………………………89
巨峰編…………………………………… 125
*山嶽頌について………………………… 167
*後記(菅原杜子雄)…………………… 175
 

第4巻 1964.6.15
 
歌集 街道無限……………………………… 5
無限への道(成瀬無極)………………… 7
早春頌………………………………………13
初夏讃頌……………………………………43
秋讃頌………………………………………63
紅葉頌………………………………………89
人間讃頌………………………………… 105
故郷讃頌………………………………… 137
*後記(菅原杜子雄)…………………… 169
 

第5巻 1964.7.15
 
歌集 望郷歌………………………………… 3
推薦文(田中常憲)……………………… 5
附記………………………………………… 7
菜園旦暮……………………………………11
故郷春日……………………………………37
老歩蹌踉……………………………………61
愛執無限……………………………………85
自嘲傷心………………………………… 109
病床無明………………………………… 133
*後記(菅原杜子雄)…………………… 157
 

第6巻 1964.7.15
 
随筆集 春を待ちつつ……………………… 3
万造寺斉君の随筆集 「春を待ちつつ」を推薦して(新村出)…… 5
春を待ちつつ…………………………………11
旅の憧れ………………………………………35
春………………………………………………41
紀州湯崎………………………………………62
新緑ところどころ……………………………69
五月の便り……………………………………83
花園にゐた頃…………………………………85
剣嶽の瞥見………………………………… 103
わがふるさと……………………………… 109
秋窓雑筆…………………………………… 113
紅葉頌……………………………………… 123
秋の便り…………………………………… 136
冬…………………………………………… 139
私は思う…………………………………… 150
裸木………………………………………… 151
春の先触れ………………………………… 164
蕨とり……………………………………… 175
*後記(菅原杜子雄)…………………… 198
 

第7巻 1964.8.15
 
随筆集 林間荘雑筆………………………… 3
随筆集「林間荘雑筆」を読みて(高田保馬)…… 5
林間荘雑筆…………………………………11
馬酔木………………………………………24
ワーヅワス…………………………………26
山を歩みながら……………………………54
偃松の匂ひ…………………………………55
盂蘭盆………………………………………63
針の木より剣へ……………………………65
虫の声………………………………………90
保津河畔吟行記……………………………91
上高地の今昔…………………………… 105
蔦と八甲田……………………………… 145
旧友……………………………………… 160
石庭の冬………………………………… 163
*後記(菅原杜子雄)…………………… 189
 

第8巻 1964.8.15
 
訳詩集 土製のランプ……………………… 5
亡き友を思い出でて(長井彌太郎)…… 7
あひびき……………………………………13
あひびき(アミイ・ロウエル)………15
星月夜(アミイ・ロウエル)…………20
霧(カール・サンドバーグ)…………22
迷へるもの(カール・サンドバーグ)……23
私はあなたのものぢゃない(サラ・テイズダル)……24
ほかの人々(サラ・テイズダル)……26
河岸の夏の花(サラ・テイズダル)…28
野を吹く風…………………………………31
野を吹く風(M・F・ヘンリー)………33
少女(フレッチャー)…………………35
少女は歌ふ(リンゼイ)………………36
奇蹟(ヅリンクヲーター)……………38
ロシア(ベアリング)…………………40
悩みと恥との中にて(ローレンス)…42
ハムプステッド・ヒースにて(ハクスリー)……44
西風…………………………………………47
西風(メイスフイルド)………………49
あかつき(メイスフイルド)…………52
イイストノルの岡にて(メイスフイルド)……54
たそがれ(メイスフイルド)…………56
クリスマス(メイスフイルド)………57
懐郷―海上より―(ブラウニング)…59
懐郷―外国より―(ブラウニング)…61
ホヰットマン詩抄…………………………65
ホヰットマン詩抄 その1(ヲルト・ホヰットマン)……67
ホヰットマン詩抄 その2(ヲルト・ホヰットマン)……68
自由に力一杯に 翔しよう(ヲルト・ホヰットマン)……70
事成らざりし人々の為に(ヲルト・ホヰットマン)……71
現前の時代(ヲルト・ホヰットマン)……72
コロムバスの祈り(ヲルト・ホヰットマン)……76
ギタンヂャリ………………………………83
ギタンヂャリ(タゴール)……………85
フルート・ギャザリング……………… 135
フルート・ギャザリング(タゴール)…… 137
*後記(菅原杜子雄)…………………… 187
 

第9巻 1964.9.15
 
詩集 独り歩む……………………………… 5
万造寺斉を思う(堀口大学)…………… 7
五月の夜……………………………………13
五月の夜…………………………………15
まぼろし…………………………………16
夢…………………………………………17
受胎………………………………………18
私のたましひは…………………………19
焦燥………………………………………20
我がこころは……………………………21
風の子……………………………………22
一人歩むは………………………………23
金色の帆…………………………………24
祈り…………………………………………25
祈り………………………………………27
ささやき…………………………………28
その声……………………………………30
去らざるべからず………………………31
あこがれ…………………………………36
黙せ我が心………………………………39
我が生は……………………………………41
我が生は…………………………………43
永遠のユデア人…………………………46
自嘲………………………………………48
怒り………………………………………49
或学校教師の告白………………………51
望郷…………………………………………61
望郷………………………………………63
孤独の中より―Tの霊に捧ぐ― ………73
水浴―若者の歌―………………………87
K市へ行かう ……………………………97
人間讃頌……………………………… 106
独り歩む………………………………… 113
囚屋はこわれた……………………… 115
歌ふことの悦び……………………… 120
都会情景……………………………… 123
五月の太陽…………………………… 126
喬木…………………………………… 130
ひとり歩む…………………………… 135
彼の歌声………………………………… 145
彼の歌声……………………………… 147
或る革命家に………………………… 152
十字架を負へる者―西川氏に寄す―…… 158
彼……………………………………… 163
或る青年に…………………………… 174
*後記(菅原杜子雄)…………………… 183
 

第10巻 1964.9.15
 
評論集 日記・年譜
万造寺氏の評論集を読む(矢野峰人)… 7
ヱレハーレンの詩(シュテファン・ツワイク)……13
「冬柏集」を読む……………………………30
「草の葉」の制作刊行と其の反響…………40
岡野直七郎氏の新浪漫主義論………………66
斎藤茂吉氏の歌…………………………… 124
安達勝弥君の霊に………………………… 157
新らしき時代に入る……………………… 186
*万造寺斉年譜…………………………… 208
*後記(菅原杜子雄)…………………… 220
[ 2011/03/25 06:24 ] 万造寺斉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。