研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三浦綾子 >  『三浦綾子全集』全20巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三浦綾子全集』全20巻

『三浦綾子全集』全20巻(主婦の友社、1991.7~1993.4)



1 1991.7.6
 
氷点…………………………………………… 7
ひつじが丘………………………………… 347
*初出・初版一覧………………………… 508
*解説(水谷昭夫)……………………… 509
 

2 1991.8.7
 
井戸…………………………………………… 7
足………………………………………………25
塩狩峠…………………………………………37
「塩狩峠」あとがき…………………… 212
積木の箱…………………………………… 217
*初出・初版一覧………………………… 522
*解説―三浦綾子さんとの出会い(田中澄江)…… 523
 

3 1991.10.5
 
道ありき……………………………………… 7
病めるときも……………………………… 157
どす黝き流れの中より…………………… 189
羽音………………………………………… 221
裁きの家…………………………………… 239
この土の器をも…………………………… 399
*初出・初版一覧………………………… 506
*解説(高見沢潤子)…………………… 507
 

4 1991.12.6
 
奈落の声……………………………………… 7
死の彼方までも………………………………41
続氷点…………………………………………73
帰りこぬ風………………………………… 411
*初出・初版一覧………………………… 523
*解説(山本俊樹)……………………… 525
 

5 1991.12.24
 
残像…………………………………………… 7
石ころのうた……………………………… 281
自我の構図………………………………… 433
*初出・初版一覧………………………… 552
*解説―三浦文学の魅力(森礼子)…… 553
 

6 1992.3.3
 
細川ガラシャ夫人…………………………… 7
「細川ガラシャ夫人」終わりに……… 283
石の森……………………………………… 287
毒麦の季…………………………………… 415
逃亡………………………………………… 447
赤い帽子…………………………………… 493
足跡の消えた女…………………………… 509
片隅のいのち……………………………… 539
壁の声……………………………………… 545
尾灯………………………………………… 557
*初出・初版一覧………………………… 570
*解説(佐古純一郎)…………………… 571
 

7 1992.4.8
 
天北原野……………………………………… 7
広き迷路…………………………………… 419
*初出・初版一覧………………………… 541
*解説(上総英郎)……………………… 543
 

8 1992.5.7
 
泥流地帯……………………………………… 7
果て遠き丘………………………………… 211
貝殻………………………………………… 511
喪失………………………………………… 529
*初出・初版一覧………………………… 560
*解説―善意と悪意と理想をめぐって(小田切秀雄)…… 561
 

9 1992.7.8
 
千利休とその妻たち………………………… 7
続泥流地帯………………………………… 267
岩に立つ…………………………………… 473
「岩に立つ」あとがき………………… 598
*初出・初版一覧………………………… 600
*解説(小田切秀雄)…………………… 601
 

10 1992.8.12
 
海嶺…………………………………………… 7
「海嶺」創作後記……………………… 523
「海嶺」新装版へのあとがき………… 529
*初出・初版一覧………………………… 532
*解説(尾崎秀樹)……………………… 533
 

11 1993.1.7
 
青い棘………………………………………… 7
水なき雲…………………………………… 181
愛の鬼才…………………………………… 385
珍版 舌切雀……………………………… 573
*解説(秋山駿)………………………… 587
 

12 1992.11.11
 
嵐吹く時も…………………………………… 7
「嵐吹く時も」あとがき……………… 279
雪のアルバム……………………………… 281
草のうた…………………………………… 375
*初出・初版一覧………………………… 481
*解説(小檜山博)……………………… 483
 

13 1992.12.12
 
ちいろば先生物語…………………………… 7
「ちいろば先生物語」文庫版出版にあたって…… 352
夕あり朝あり……………………………… 355
「夕あり朝あり」あとがき…………… 578
*初出・初版一覧………………………… 581
*解説(藤尾正人)……………………… 583
 

14 1993.4.12
 
あのポプラの上が空………………………… 7
われ弱ければ―矢嶋楫子伝……………… 165
母…………………………………………… 285
*解説(桝井寿郎)……………………… 383
 

15 1991.9.11
 
太陽は再び没せず…………………………… 7
愛すること 信ずること……………………23
「愛すること 信ずること」まえがき…25
「愛すること 信ずること」新書版へのまえがき……26
「愛すること 信ずること」あとがき…95
生きること 思うこと―私の信仰雑話……99
自分をたのむ愚かさ…………………… 100
「サマリヤの女」のように…………… 103
生まれざりせば………………………… 106
「何を着ようと…」…………………… 109
一里行く者と共に一里行けず………… 112
弱さゆえの旗じるし…………………… 115
牧師館留守番恵みの記………………… 118
非行児的性格…………………………… 121
取るにたらぬことをも誇る…………… 124
お言葉ですから………………………… 127
仰げば尊し吾が受けし恩……………… 130
人からの逃避は神からの逃避………… 133
神の拒絶と人の拒絶…………………… 136
どんでん返しのわたしたち…………… 139
本物そっくりだ!……………………… 143
こっけいな話…………………………… 146
八目置こう……………………………… 149
真の証人………………………………… 152
待つことを知ろう……………………… 155
信仰いろはがるた……………………… 158
わたしは人々から何をしてほしいのか…… 162
眠られぬ夜に思うこと………………… 165
誇るものは何か………………………… 168
カッコ悪く生きよう…………………… 171
わたしは牧師夫人になれぬ…………… 174
祈ってください(その一)…………… 178
祈ってください(その二)…………… 181
平安あらざるに………………………… 184
わかったつもりが―十六ミリ映写機操作受講の記…… 187
「つもりだった」が…………………… 190
ばかにした話…………………………… 194
悪痴先生の感謝………………………… 197
怪しき善意……………………………… 200
「ほめる」断想………………………… 203
壺………………………………………… 207
「生きること 思うこと―私の信仰雑話」新潮文庫からの出版にあたって…… 217
光あるうちに……………………………… 219
序章……………………………………… 220
罪とは何か……………………………… 228
人間この弱き者………………………… 236
自由の意義……………………………… 244
愛のはざま……………………………… 252
虚無というもの………………………… 259
神ならぬ神と,真の神 ………………… 267
神とキリストと人間の関係…………… 275
キリストの復活と聖書………………… 283
キリストの教会………………………… 291
いかに祈るべきか……………………… 299
終章……………………………………… 307
旭川だより………………………………… 315
旭川だより……………………………… 316
なぜ食事どきがつまらないのか?…… 319
率直ということ………………………… 321
何が本ものか?………………………… 324
わが家の宝……………………………… 327
茶の間を開放しよう…………………… 329
名もなき草はない……………………… 332
積極的に生きよう……………………… 334
たとえ魯鈍といわれても……………… 337
生きていることの証しを……………… 340
経験重視の危険………………………… 342
人間のふるさと………………………… 345
あさっての風……………………………… 349
人間のかかわりについて……………… 350
信と望みと愛と………………………… 373
美しい結婚……………………………… 393
親と子と教師と………………………… 411
風物によせて…………………………… 426
「あさっての風」あとがき…………… 449
*初出・初版一覧………………………… 450
 

16 1991.11.7
 
生命に刻まれし愛のかたみ………………… 7
「生命に刻まれし愛のかたみ」あとがき…… 130
「生命に刻まれし愛のかたみ」新潮文庫からの出版にあたって…… 132
旧約聖書入門……………………………… 133
「旧約聖書入門」まえがき…………… 134
「旧約聖書入門」文庫版出版にあたって…… 135
新約聖書入門……………………………… 263
「新約聖書入門」まえがき…………… 264
「新約聖書入門」文庫本出版にあたって…… 266
*初出・初版一覧………………………… 393
 

17 1992.2.5
 
対談 愛に遠くあれど(三浦綾子,三浦光世)…… 7
「対談 愛に遠くあれど」はじめに…… 8
「対談 愛に遠くあれど」あとがき(三浦光世)……91
「対談 愛に遠くあれど」文庫版あとがき(三浦綾子,三浦光世)……92
共に歩めば(抄)……………………………93
太陽はいつも雲の上(抄)……………… 109
天の梯子…………………………………… 167
孤独のとなり……………………………… 227
愛への出発……………………………… 228
夫婦関係長続きの秘訣………………… 228
恋愛は全人格的なもの……………… 233
娘たちへ―清き水を飲むべし……… 234
結婚は人格と人格の結合である…… 235
幸せな結婚のために―結婚してからでは遅すぎる…… 236
幸福な家族…………………………… 239
生き続けるということ……………… 241
どう生きるか…………………………… 241
生き残るということ………………… 243
「生き甲斐」寸感―失うことなき生き甲斐は信仰だ…… 244
情熱の空費はむなしい……………… 246
愛は絶望しない……………………… 247
鋭く反省する必要…………………… 248
学歴は問題ではない………………… 249
自分の人生を投げ出す勿れ………… 252
様々な生き方の中で………………… 254
一人の生き方の大切さ………………… 254
泣く者と共に泣く人………………… 255
「美しい」という言葉に想うこと… 257
ひと味ちがうみどり鮨……………… 258
法律より大事なもの………………… 260
傲慢ではないつもりです…………… 262
生きる道は幾つでもある…………… 263
ヨナタン君の祈り…………………… 265
教師の資格…………………………… 266
「小さなことでしょうか」………… 268
置きみやげ…………………………… 269
旭山夫人の手袋……………………… 271
田村武さんのこと…………………… 272
人の子として…………………………… 273
母の日の贈り物……………………… 273
二つのやさしさ―拒絶を知らぬやさしさと拒絶するやさしさと…… 275
叱られても叱られなくても………… 278
人間として持つべき基本…………… 279
何が恥ずかしいか…………………… 280
すなおであること―受験生へ贈る言葉…… 282
愛の深さの発露―礼儀……………… 283
社会に及ぼす躾……………………… 284
夢の母子像…………………………… 286
母なるもの…………………………… 287
わたしの周辺から……………………… 289
ケーキの耳…………………………… 289
度忘れの弁…………………………… 290
かっちらかしの弁…………………… 291
夫婦のサイン………………………… 293
豚の腹痛を憂う……………………… 293
聴き手の責任………………………… 294
将棋の駒に思う……………………… 295
わたしと将棋………………………… 296
わたしと書道………………………… 298
はじめての南瓜……………………… 299
雪は秋のさかりにも降る…………… 301
零下三十度・きのうきょう………… 302
わが心のふるさと,夏の北海道 …… 304
折りにふれて思うこと………………… 307
懐かしくも淋しい話………………… 307
きょうという日には誰もが素人…… 308
人の力を引き出す言葉……………… 310
何かが欠けている…………………… 312
目を天に向け真の気魄を育てよう… 313
毛虫にさえ学ぶことができる……… 314
チンパンジーの生態に思う………… 314
本当の手当て………………………… 316
ありがたい年賀状…………………… 317
家事寸感……………………………… 319
料理上手になるには………………… 320
主婦の立つ所………………………… 320
いつの世でも無駄にしていいことはない…… 322
「いろはがるた」の偶感…………… 324
わがことであっても………………… 326
わたしはなぜ書くか………………… 328
「孤独のとなり」あとがき…………… 329
*初出・初版一覧………………………… 331
 

18 1992.6.10
 
わが青春に出会った本……………………… 7
「わが青春に出会った本」はじめに…… 8
「デミアン」ヘルマン・ヘッセ…………13
「奉教人の死」芥川龍之介………………18
詩と私………………………………………24
「眠られぬ夜のために」ヒルティ………30
「愛の妖精」ジョルジュ・サンド………35
「天の夕顔」中河与一……………………41
「枕草子」清少納言………………………46
「徒然草」吉田兼好………………………52
「放浪記」林芙美子………………………57
「人間失格」太宰治………………………63
「異邦人」カミュ…………………………68
「きけわだつみのこえ」…………………74
「三四郎」夏目漱石………………………80
「田園交響楽」アンドレ・ジイド………85
歌集「赤光」斎藤茂吉……………………91
書簡集「十二年の手紙」宮本顕治・百合子……97
聖書……………………………………… 102
「わが青春に出会った本」おわりに… 108
藍色の便箋………………………………… 111
夫婦の愛………………………………… 112
真実に生きること……………………… 136
親の愛のあり方………………………… 180
「藍色の便箋」あとがき……………… 203
「藍色の便箋」文庫版出版にあたって…… 204
イエス・キリストの生涯………………… 205
「イエス・キリストの生涯」まえがき…… 206
イエス・キリストと私………………… 243
泉への招待………………………………… 245
苦難の意味するもの…………………… 246
聖書と私………………………………… 249
広き門…………………………………… 251
泉への招待……………………………… 254
神共にいます交わり…………………… 270
人とのふれあいの中で………………… 333
祈ること………………………………… 346
「泉への招待」あとがき……………… 362
*初出・初版一覧………………………… 363
 

19 1992.10.7
 
北国日記……………………………………… 7
夢…………………………………………… 8
初雪…………………………………………14
受話器………………………………………20
暗い空………………………………………27
賀状…………………………………………33
氷像…………………………………………40
雪間…………………………………………46
玄米スープ…………………………………53
春愁…………………………………………59
癌細胞………………………………………66
造影剤………………………………………72
郭公の声……………………………………79
傷痕…………………………………………85
炎天…………………………………………92
花咲蟹………………………………………98
湧く雲…………………………………… 104
ナナカマドの実………………………… 111
夕闇……………………………………… 117
「北国日記」おわりに………………… 125
「北国日記」文庫版出版にあたって… 126
ナナカマドの街から……………………… 127
自己の証明……………………………… 128
意地悪婆さん的親切…………………… 130
右や左のダンナさま…………………… 132
良心に従って…………………………… 134
恥ずかしいこと………………………… 136
記憶にありません……………………… 139
大事なもの……………………………… 141
ナミダガポロポロ……………………… 143
郵便番号はハッキリと………………… 145
トイレあれこれ………………………… 147
占い雑感………………………………… 149
私の綽名は?…………………………… 152
カラオケあれこれ……………………… 154
同居拒否病……………………………… 156
とんだ思いこみ………………………… 158
正直者は本当に馬鹿を見るか………… 160
忘却の功罪……………………………… 162
名前あれこれ…………………………… 164
資格ということ………………………… 166
誇ることも絶望することもなし……… 168
法治国雑感……………………………… 170
俺は逃げるよ…………………………… 172
姉さん女房の弁………………………… 175
迷惑とは何ぞ…………………………… 177
こんな結婚があった…………………… 179
あなたへのささやき…………………… 181
二昔の話………………………………… 183
無用の用………………………………… 185
名優長谷川一夫を悼む………………… 187
安心して行きなさい…………………… 190
何を与えるか…………………………… 192
イガキュウさんの死…………………… 194
ある父親の教育から…………………… 196
ゾッとする話…………………………… 198
横路少年の視点………………………… 200
「キング」創刊号雑感………………… 202
年賀状に寄せて………………………… 204
制服は征服に通ず……………………… 207
子供の自殺に思う……………………… 209
百見は一聞に如かず…………………… 211
誕生日…………………………………… 213
よい夫婦喧嘩…………………………… 215
美しいオレンジ………………………… 217
敗戦四十年の八月の夫婦の会話……… 220
四十六年ぶりの生徒たち……………… 222
「希望は失望に終わらない」………… 224
白き冬日…………………………………… 227
悲しみと喜びと………………………… 228
無実への叫び…………………………… 229
淋しさの育てるもの…………………… 231
牢に満つるとも………………………… 233
病む者の歌……………………………… 235
別れてもなお…………………………… 237
幼き子らの姿…………………………… 238
傍らに聖書ありて……………………… 240
妻なれば夫なれば……………………… 243
生徒たちを前に………………………… 245
平凡な日々の中で……………………… 246
農の歌から……………………………… 248
失われゆく仲間たち…………………… 250
歌は生のあらわれ……………………… 252
汝妻を愛するか………………………… 254
恋は耐える時にこそ美しい…………… 256
怒りの炎………………………………… 258
父の影…………………………………… 260
母の姿…………………………………… 262
娘たちが売られた時代………………… 264
新しい年に想うこと…………………… 266
母国を引き裂かれた人々……………… 268
戦争,この恐ろしきもの ……………… 270
最も近き隣り人………………………… 272
死を超えるもの………………………… 274
水野源三さんのうた…………………… 276
語りつぐべきもの……………………… 278
真を写すか……………………………… 280
天才啄木の歌…………………………… 281
川の歌…………………………………… 283
わが姉の歌……………………………… 285
貧しさの中で…………………………… 287
「白き冬日」あとがき………………… 290
「白き冬日」文庫版出版にあたって… 291
私の赤い手帖から………………………… 293
春の章…………………………………… 294
夏の章…………………………………… 314
秋の章…………………………………… 333
冬の章…………………………………… 352
「私の赤い手帖から」あとがき……… 372
聖書に見る人間の罪……………………… 375
「聖書に見る人間の罪」まえがき…… 376
*初出・初版一覧………………………… 494
 

20 1993.2.17
 
生かされてある日々………………………… 7
風はいずこより…………………………… 103
小さな郵便車……………………………… 149
それでも明日は来る……………………… 225
心のある家………………………………… 317
*年譜・著作目録(村田和子編)……… 391
[ 2011/04/01 22:01 ] 三浦綾子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。