研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三島由紀夫 >  『三島由紀夫評論全集』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三島由紀夫評論全集』全4巻

『三島由紀夫評論全集』全4巻(新潮社、1989.7)



第1巻 1989.7.5
 
第一部(作家論・作品論)
林房雄
林房雄論…………………………………21
跋(「林房雄論」)……………………65
胸のすく林房雄氏の文芸時評…………66
無題(林房雄著「大東亜戦争肯定論」推薦文)……67
「壮年」完成の喜び―林房雄氏の「文明開化」……67
芥川龍之介
芥川龍之介について……………………68
解説(芥川龍之介著「南京の基督」)……70
安部公房
無題(安部公房著「砂の女」推薦文)……74
“仮面の男”を主題に―安部公房著「他人の顔」……75
無題(安部公房「友達」について)…76
無題(安部公房著「燃えつきた地図」推薦文)……77
石原慎太郎
石原慎太郎氏……………………………77
無題(石原慎太郎著「殺人教室」推薦文)……78
石原慎太郎氏の諸作品…………………79
一つの代表的青春(「石原慎太郎文庫」推薦文)……87
石原慎太郎「星と舵」について………87
著者・石原慎太郎氏のこと……………91
伊東静雄
古座の玉石―伊東静雄覚書……………92
伊東静雄…………………………………94
伊東静雄氏を悼む………………………96
伊東静雄のこと…………………………98
伊東静雄全集推薦の辞……………… 100
伊東静雄の詩―わが詩歌…………… 100
円地文子
円地さんと日本古典………………… 102
解説(「現代の文学20円地文子集」)…… 104
大江健三郎
すばらしい技倆,しかし…―大江健三郎氏の書下し「個人的な体験」…… 112
推薦者のことば(「大江健三郎全作品」)…… 113
大岡昇平
無題(大岡昇平著「新しき俘虜と古き俘虜」推薦文)…… 113
現代の名文―大岡昇平氏「歩哨の眼について」…… 114
大岡昇平著「作家の日記」―書評… 114
友情と考証…………………………… 116
爽快な知的腕力―大岡昇平「現代小説作法」…… 118
大岡さんの優雅……………………… 119
折口信夫
折口信夫……………………………… 120
折口信夫氏の思ひ出………………… 121
春日井建
春日井建氏の歌……………………… 123
春日井建氏の「未青年」の序文…… 126
春日井建歌集「行け帰ることなく/未青年」書評…… 128
川端康成
川端氏の「抒情歌」について……… 129
川端康成論の一方法―「作品」について…… 132
「夜のさいころ」などについて…… 141
現代作家寸描集―川端康成………… 144
「伊豆の踊子」「温泉宿」「抒情歌」「禽獣」について…… 145
経(タテイト)と緯(よこいと)… 148
解説(川端康成著「舞姫」)……… 149
横光利一と川端康成………………… 153
川端康成ベスト・スリー―「山の音」「反橋連作」「禽獣」…… 160
川端康成―百人百説………………… 162
正月の平常心―川端康成氏へ……… 163
永遠の旅人―川端康成氏の人と作品…… 164
川端康成の東洋と西洋……………… 173
川端康成氏再説……………………… 177
生命の讃歌…………………………… 178
川端康成氏と文化勲章……………… 178
最近の川端さん……………………… 180
川端康成読本序説…………………… 181
解説(「日本の文学38川端康成集」)…… 184
解説(川端康成著「眠れる美女」)…… 195
長寿の芸術の花を―川端氏の受賞によせて…… 199
「微細なるものの巨匠」…………… 201
北欧の町と海と―「永遠の旅人」川端さん…… 201
川端文学の美―冷艶………………… 202
「眠れる美女」論…………………… 203
末期の眼……………………………… 205
北杜夫
どくとるマンボウ結婚記―北杜夫さんおめでたう…… 207
「楡家の人びと」(北杜夫著)…… 209
久保田万太郎
久保田万太郎氏を悼む……………… 209
久保田万太郎全集を推す…………… 212
佐藤春夫
佐藤春夫氏についてのメモ………… 212
渋沢龍彦
渋沢龍彦訳「マルキ・ド・サド選集」序…… 214
人間理性と悪―マルキ・ド・サド著渋沢龍彦訳「悲惨物語」…… 216
受難のサド…………………………… 217
現代偏奇館―渋沢龍彦「犬狼都市」「神聖受胎」…… 219
デカダンスの聖書―ユイスマン著渋沢龍彦訳「さかしま」…… 220
恐しいほど明晰な伝記―渋沢龍彦著「サド侯爵の生涯」…… 221
渋沢龍彦氏のこと…………………… 222
垂直のエロティシズム……………… 223
神西清
神西さんの最後の面会……………… 223
解説(神西清著「灰色の眼の女」)…… 224
無題(神西清著「灰色の眼の女」推薦文)…… 227
完璧な均衡を保つ(「チェーホフ全集」推薦文)…… 228
高橋睦郎
跋(高橋睦郎著「眠りと犯しと落下と」)…… 228
黒光りのする堅固な散文…………… 231
高見順
いやな,いやな,いい感じ(高見順著「いやな感じ」)…… 231
十月二十三日付私信………………… 232
武田泰淳
武田泰淳「才子佳人」……………… 234
武田泰淳氏の近作…………………… 235
武田泰淳の「風媒花」について…… 236
武田泰淳氏の文学…………………… 241
武田泰淳氏の「媒酌人は帰らない」について…… 242
ブリリヤントな作品(武田泰淳著「貴族の階段」推薦文)…… 244
武田泰淳氏―僧侶であること……… 244
谷崎潤一郎
「刺青」と「少年」のこと………… 246
谷崎潤一郎…………………………… 247
谷崎潤一郎「刺青」について……… 250
大谷崎………………………………… 250
谷崎文学の最高峯(「瘋癲老人日記」推薦文)…… 252
谷崎潤一郎論………………………… 253
谷崎潤一郎氏を悼む………………… 257
谷崎文学の世界……………………… 259
谷崎朝時代の終焉…………………… 261
谷崎潤一郎,芸術と生活 …………… 264
谷崎潤一郎について………………… 265
解説(「新潮日本文学6谷崎潤一郎集」)…… 272
檀一雄
檀一雄「花筐」―覚書……………… 283
「元帥」について…………………… 286
檀一雄の悲哀………………………… 287
中村光夫
「志賀直哉論」―中村光夫著……… 290
巨いなる友―中村光夫氏…………… 290
中村光夫著「パリ繁昌記」………… 292
青春の荒廃―中村光夫「佐藤春夫論」…… 293
「贋の偶像」について……………… 295
林芙美子
「晩菊」などについて……………… 303
福田恆存
顔・福田恆存………………………… 305
福田恆存―今日の人………………… 307
福田恆存……………………………… 307
解説(福田恆存著「龍を撫でた男」)…… 310
明治の逍遥・昭和の恆存(福田恆存全訳「シェイクスピア全集」推薦文)…… 315
福田恆存氏の顔……………………… 315
昭和時代の一偉業(福田恆存全訳「シェイクスピア全集」推薦文)…… 319
「有間皇子」について……………… 319
藤島泰輔
藤島泰輔「孤独の人」序…………… 320
うますぎて心配(藤島泰輔著「孤独の人」)…… 321
舟橋聖一
上手と正義(舟橋聖一「鵞毛」評)…… 322
源氏物語紀行―「舟橋源氏」のことなど…… 323
舟橋聖一の「木石・鵞毛」について…… 324
舟橋聖一氏の「若いセールスマンの恋」…… 326
ヴォリュプテの文学………………… 328
宮崎清隆
宮崎清隆「憲兵」「続憲兵」……… 328
「青春監獄」の序…………………… 330
無題(宮崎清隆著「支那派遣軍かく戦えり」推薦文)…… 331
森鴎外
鴎外の短篇小説……………………… 332
解説(「日本の文学2森鴎外(一)」)…… 335
森茉莉
あなたの楽園,あなたの銀の匙―森茉莉様…… 346
無題(森茉莉さん。…)…………… 350
吉田健一
吉田健一氏「酒に呑まれた頭」―誨楽の書…… 351
ダリの葡萄酒………………………… 352
コリン・ウィルソン
コリン・ウィルソン「アウトサイダー」をめぐつて…… 352
「暗黒のまつり」―コリン・ウィルソン著中村保男訳…… 357
血のやうに赤い落日―C・ウィルソン,大竹勝訳「性の衝動」…… 359
ジャン・コクトオ
ジャン・コクトオと映画…………… 361
稽古場のコクトオ…………………… 346
ジャン・コクトオの遺言劇―映画「オルフェの遺言」…… 366
軽金属の天使………………………… 369
コクトーの死………………………… 370
世界前衛映画祭を見て―傑作・コクトオの「詩人の血」…… 372
ジャン・ジュネ
無題(ジャン・ジュネ作朝吹三吉訳「泥棒日記」推薦文)…… 374
「泥棒日記」―ジュネ作…………… 374
ジャン・ジュネ……………………… 375
無題(「ジャン・ジュネ全集」推薦文)…… 382
ノーマン・メイラー
米国版千夜一夜―N・メーラー作山西英一訳「鹿の園」…… 382
アメリカ版大私小説―N・メイラー作山西英一訳「ぼく自身のための広告」…… 384
レイモン・ラディゲ
ドルヂェル伯の舞踏会……………… 387
ラディゲ病…………………………… 394
レイモン・ラディゲ………………… 394
「ラディゲ全集」について………… 395
ラディゲに憑かれて―私の読書遍歴…… 397
一冊の本―ラディゲ「ドルヂェル伯の舞踏会」…… 399
オスカア・ワイルド
オスカア・ワイルド論……………… 401
完本獄中記―ワイルド作…………… 412
解説(「日本の文学40林房雄・武田麟太郎・島木健作」)…… 413
解説(「日本の文学4尾崎紅葉・泉鏡花」)…… 422
解説(「日本の文学52尾崎一雄・外村繁・上林暁」)…… 432
解説(「日本の文学34内田百 ・牧野信一・稲垣足穂」)…… 443
序(林富士馬著「千歳の杖」)……… 453
バルタザアルの死……………………… 454
跋(坊城俊民著「末裔」)…………… 457
文芸時評………………………………… 458
「クレエヴ公爵夫人」―梅田晴夫訳… 462
ジイドの「背徳者」…………………… 464
「おぼろ夜」について………………… 465
九月号の文芸雑誌……………………… 467
「異邦人」を読む……………………… 468
一読者として(吉田満著「戦艦大和の最期」)…… 471
ペトローニウス作「サテュリコン」… 471
「過去世」について…………………… 471
ジャン・ロッシイ作青柳瑞穂訳「不幸な出発」…… 472
「新人特集」の皮相な新しがり……… 473
蛸―猿―人間…………………………… 474
モーリス・テスカ作関義訳「女性に関する十五章」―奇抜な結論…… 476
フロイト「芸術論」…………………… 477
「夜半楽」―中村真一郎著…………… 478
「草の花」―福永武彦著……………… 479
まへがき(「創作代表選集14」)…… 480
あとがき(「青春をどう生きるか」)…… 482
無題(「伊藤整全集」推薦文)……… 482
長島さんのこと―あるひは現代アマゾン頌…… 483
カポーテ作河野一郎訳「遠い声 遠い部屋」―アメリカ的デカダンス…… 484
ヘンリ・ミラア作小西茂也訳「ランボオ論」―文明的錯雑そのもの…… 485
はしがき(「十代作家作品集」)…… 486
パリの体臭……………………………… 487
山本健吉氏「古典と現代文学」―日本的湿潤性へのアンチ・テーゼ…… 488
無題(奥野健男著「太宰治論」評)… 489
無題(吉村貞司著「三島由紀夫」推薦文)…… 490
小説的色彩論―遠藤周作「白い人・黄色い人」…… 490
無題(桂芳久著「海鳴りの遠くより」評)…… 492
捨て難い小品…………………………… 492
「舗道の花」の芽生えの頃…………… 492
「神童」について……………………… 495
無題(江口清著「天の手袋」推薦文)…… 496
呉茂一の「ぎりしあの詩人たち」評… 497
「アルマンス」について……………… 497
「告白的女性論」を推す……………… 499
H・マルクーゼ「エロス的文明」 …… 499
有吉佐和子さんのこと………………… 503
「戦後日本の思想」(鶴見俊輔,藤田省三,久野收)・「悪徳の栄え」(マルキ・ド・サド,渋沢龍彦訳)…… 504
無題(深沢七郎著「東京のプリンスたち」推薦文)…… 504
推薦のことば(坂上弘著「ある秋の出来事」)…… 504
カミユの文学…………………………… 505
解説―「プロゼルピーナ」…………… 505
ジョルジュ・バタイユ著室淳介訳「エロチシズム」…… 505
無題(庄野潤三著「静物」推薦文)… 509
大岡信著「抒情の批判」……………… 509
ポポル・ヴフ讃………………………… 510
太陽と死の神話「ポポル・ヴフ」…… 510
「花影」と「恋人たちの森」………… 512
ドナルド・キーン「日本の文学」…… 514
雙手をあげて賛成(「世界の文学」推薦文)…… 518
無題(「ポオ全集」推薦文)………… 519
エドガー・ポオ「ポオ全集」知性の断末魔…… 520
小説家志望の少年に(「世界古典文学全集」推薦文)…… 521
時宜を得た大事業(「日本古典文学大系・第二期」推薦文)…… 521
空飛ぶ円盤と人間通―北村小松氏追悼…… 522
夢と人生………………………………… 523
批評の“首府”を建設―河上徹太郎著「批評の自由」…… 525
無題(「世界文学全集25ロレンス・ダレル」推薦文)…… 526
無題(吉本隆明著「模写と鏡」推薦文)…… 526
現代文学の三方向……………………… 527
無題(「書き下ろし長篇小説叢書」推薦文)…… 538
無題(「われらの文学」推薦文)…… 539
文学辞典は若者の憧れを誘ふ―「新潮世界文学小辞典」を推薦する…… 539
得がたい清冽な書物(麻生良方著「恋と詩を求めて」推薦文)…… 539
中河與一全集を祝ふ…………………… 540
本全集を推薦する(「ヘルダーリン全集」)…… 540
無題(「千夜一夜物語」推薦文)…… 541
序(舩坂弘著「英霊の絶叫」)……… 541
小林秀雄氏頌…………………………… 544
無題(「世界文学全集10ジル」推薦文)…… 544
跋(「芸術の顔」)…………………… 544
人生の本―末松太平著「私の昭和史」…… 545
無題(「坂口安吾全集」推薦文)…… 546
もつとも純粋な「魂」ランボオ……… 546
厚い一冊の本の小宇宙―「新潮世界文学」を推薦する…… 547
野口武彦氏への公開状………………… 547
市民精神の雄大なひろがりのために―「新集・世界の文学」を推薦する…… 549
妥協のない編集に脱帽する(「現代日本文学大系」推薦文)…… 549
書痴への贈物(「名著復刻全集」推薦文)…… 550
無題(ラウシュニング作船戸満之訳「永遠なるヒットラー」推薦文)…… 550
日沼氏と死……………………………… 550
「蛇姫様」とその作者………………… 551
波多野爽波・人と作品………………… 554
「戦塵録」について…………………… 558
一貫不惑………………………………… 561
無題(西尾幹二著「ヨーロッパ像の転換」推薦文)…… 562
青春の渦中の人に推めたい…………… 563
稲垣足穂頌……………………………… 563
若さは一つの困惑なのだ……………… 563
宗谷真爾著「アンコール文明論」―書評…… 563
「爆弾と銀杏」序文…………………… 565
「蓮田善明とその死」序文…………… 567
序文(「三島由紀夫文学論集」)…… 570
柳田国男「遠野物語」―名著再発見… 571
序(セギュール伯爵夫人作松原文子/平岡瑤子訳「ちつちやな淑女たち」)…… 573
詩集「わが手に消えし霰」序文……… 574
文化の危機の時代に時宜を得た全集(「日本古典文学全集」推薦文)…… 577
序(「東文彦作品集」)……………… 578
推薦のことば(「埴谷雄高作品集」)…… 581
無題(「トーマス・マン全集」推薦文)…… 582
「マラソン」について(今村靖「マラソン」推薦文)…… 582
第二部(文学論)
文章読本………………………………… 585
葉隠入門………………………………… 689
わたしのただ一冊の本「葉隠」……… 733
勇気あることば………………………… 733
美しい殺人者のための聖書…………… 734
小説とは何か…………………………… 735
日本文学小史…………………………… 788
王朝心理文学小史……………………… 834
古今の季節……………………………… 860
伊勢物語のこと………………………… 865
寿………………………………………… 865
懸詞……………………………………… 870
柳桜雑見録……………………………… 872
夢野乃鹿………………………………… 873
精神の不純……………………………… 876
恋する男………………………………… 877
相聞歌の源流…………………………… 877
私の文学………………………………… 882
反時代的な芸術家……………………… 884
小説の技巧について…………………… 887
プチ・プロポ…………………………… 891
雨月物語について……………………… 892
美について……………………………… 895
極く短かい小説の效用………………… 898
世界のどこかの隅に―私の描きたい女性…… 902
文学に於ける春のめざめ……………… 904
目くじら立てるに及ぬの弁…………… 907
批評家に小説がわかるか……………… 908
新古典派………………………………… 912
唯美主義と日本………………………… 914
清少納言「枕草子」…………………… 916
私の好きな作中人物―希臘から現代までの中に…… 918
卑俗な文体について…………………… 919
私の小説の方法………………………… 923
匿名批評是非…………………………… 931
花鳥とは何ぞ…………………………… 932
芸術にエロスは必要か………………… 934
文芸批評のあり方―志賀直哉氏の一文への反響…… 937
わが古典―古典を読む人々へ………… 938
個性の鍛錬場―もし私が文芸雑誌を編輯したら…… 938
文壇崩壊論の是非……………………… 943
現代小説は古典たり得るか…………… 946
学習院大学の文学……………………… 970
日本文壇の現状と西洋文学との関係―ミシガン大学における講演…… 971
「侃侃諤諤」を駁す―交友断片……… 984
発射塔…………………………………… 985
日常生活直下の地獄………………… 985
都市計画と文学……………………… 986
少数意見の魅力……………………… 987
推理小説批判………………………… 987
短編は滅びるか……………………… 988
文壇衣装論…………………………… 989
グロテスク…………………………… 990
たまに会ふ人………………………… 991
古典現代語訳絶対反対……………… 991
ヒロイズム…………………………… 992
古くなる覚悟………………………… 993
青春のにほひ………………………… 994
苦い生活……………………………… 995
異教的………………………………… 995
連載小説是非………………………… 996
大喜劇御案内………………………… 997
歴史小説と現代小説………………… 998
存在しないものの美学―「新古今集」珍解…… 999
「純文学とは?」その他………………1001
俳句と孤絶………………………………1004
現代史としての小説……………………1006
魔的なものの力…………………………1009
一S・Fファンのわがままな希望………1011
極限とリアリティー……………………1012
文学における硬派―日本文学の男性的原理……1015
天狗道……………………………………1017
私の愛することば………………………1019
古今集と新古今集………………………1020
第三部 (自作について・編輯後記・選評)
無題(「花ざかりの森の序とその一」転載のことば)……1031
跋に代へて(「花ざかりの森」)……1031
無題(「彩絵硝子」転載のことば)…1034
跋(「岬にての物語」)………………1034
「仮面の告白」ノート…………………1036
あとがき(「聖女」)…………………1037
作者の言葉(「夏子の冒険」)………1037
改訂公告…………………………………1038
作者の言葉(「につぽん製」)………1038
作者の言葉(「恋の都」)……………1038
あとがき(「三島由紀夫作品集」1~6)……1039
「沈める瀧」について…………………1060
あとがき(「ラディゲの死」)………1060
「盗賊」ノオトについて………………1061
おくがき(「詩を書く少年」)………1062
わが思春期―次号より新連載…………1063
著者の言葉(「三島由紀夫選集」)…1063
あとがき(「橋づくし」)……………1064
「鏡子の家」 そこで私が書いたもの……1064
「題未定」―新連載予告(「宴のあと」)……1065
黒いあこがれ―新連載について(「お嬢さん」)……1065
あとがき(「スタア」)………………1066
作者の言葉(「獣の戯れ」)…………1066
無題(「美の襲撃」序)………………1067
作者のことば(「音楽」)……………1067
私だけの問題ではない―小説「宴のあと」判決に抗議する……1067
あとがき(「三島由紀夫短篇全集」1~6)……1070
あとがき(「三熊野詣」)……………1078
二・二六事件と私………………………1078
三つの好条件(「現代日本の小説」参加の弁)……1087
「花ざかりの森・憂国」解説…………1088
「豊饒の海」について…………………1091
短編集「真夏の死」解説………………1092
あとがき(「尚武のこころ」)………1095
あとがき(「源泉の感情」)…………1096
あとがき(「作家論」)………………1097
編輯後記(「輔仁会雑誌」一六七号)……1098
編輯後記(「輔仁会雑誌」一六八号)……1099
後記(「赤絵」二号)…………………1105
「序曲」編輯後記………………………1106
「赤絵」巻頭言…………………………1106
編集後記(「總合」)…………………1107
同人雑記(「声」)……………………1107
論議をつくした全集―編集のことば…1112
身を正し心を正す(「日本の文学」編集委員のことば)……1112
編集後記(「批評」)…………………1112
「異境」を推す(同人雑誌賞選後評)……1114
無題(同人雑誌賞選後評)……………1114
無題(同人雑誌賞選後評)……………1115
無題(同人雑誌賞選後評)……………1115
無題(同人雑誌賞選後評)……………1115
無題(同人雑誌賞選評)………………1116
無題(同人雑誌賞選評)………………1116
無題(同人雑誌賞選評)………………1117
無題(同人雑誌賞選評)………………1117
無題(同人雑誌賞選評)………………1118
不運な二作―芥川賞選評………………1118
男性的な文章―芥川賞選評……………1119
二つの欠点―芥川賞選評………………1120
典型的日本人―芥川賞選評……………1120
一つの苦い観点―芥川賞選評…………1121
文学精神の低さ―芥川賞選評…………1122
才気と的確さ―芥川賞選評……………1123
澄んだ美しさ―芥川賞選評……………1124
甲乙つけがたく―芥川賞選評…………1124
遠藤氏の最高傑作―谷崎賞選後評……1125
「友達」と「万延元年のフットボール」―谷崎賞選後評……1126
光芒を放つ三作―谷崎賞選後評………1127
谷崎賞にふさはしい作品―谷崎賞選後評……1128
選評(谷崎賞)…………………………1129
真実の教訓―選評………………………1129
生と芸術の真相―日本文学大賞選評…1132
*解題(田中美代子)……………………1133
 

第2巻 1989.7.5
 
第一部 (私記)
わが思春期…………………………………15
私の遍歴時代………………………………63
太陽と鉄……………………………………98
初等科時代の思ひ出…………………… 152
森の遊び………………………………… 153
東健兄を哭す…………………………… 154
往復書簡 人類の将来と詩人の運命について…… 157
招かれざる客…………………………… 162
消息……………………………………… 164
一九四八年への欲情…………………… 164
師弟……………………………………… 165
邪教……………………………………… 169
インダストリー―柏原君への手紙…… 171
四つの処女作…………………………… 173
“芸術の女神”にいひ分あり―50点主義…… 174
反抗と冒険―自画像…………………… 175
歌舞伎と馬……………………………… 176
ダンス時代……………………………… 176
伏字……………………………………… 178
大阪の連込宿(アベック・ホテル)―「愛の渇き」の調査旅行の一夜…… 179
雨の日の講演…………………………… 185
渋谷―東京の顔………………………… 189
作家を志す人々の為に………………… 191
独り愉し………………………………… 193
私の朝ご飯……………………………… 194
夜の占…………………………………… 194
言ひがかり……………………………… 198
僕に託した“娘時代の夢”―母を語る…… 199
高原ホテル……………………………… 200
祇園祭を見て…………………………… 205
流行おくれ……………………………… 205
「禁色」は廿代の總決算……………… 207
趣味的の酒……………………………… 209
母の料理………………………………… 209
思ひ出の歌……………………………… 210
洋服オンチ……………………………… 211
心ゆする思ひ出―「銀座復興」とメドラノ曲馬…… 213
蔵相就任の想ひ出―ボクは大蔵大臣… 214
日本人の乞食根性―文士の洋行是非… 216
堂々めぐりの放浪……………………… 217
「恥」…………………………………… 218
私のペンネーム………………………… 220
渋谷―暮の東京………………………… 221
作品を忘れないで…人生の教師ではない私―読者へのてがみ…… 222
馬―わが動物記………………………… 223
お洒落は面倒くさいが―私のおしゃれ談義…… 224
私の顔―適当な長さ…………………… 225
私の顔…………………………………… 225
毒々しいカバーで―私の処女出版…… 227
学生の分際で小説を書いたの記……… 227
「潮騒」ロケ随行記…………………… 231
受賞について(新潮社文学賞「潮騒」)…… 236
私の十代………………………………… 236
危険な関係……………………………… 237
わが衣食住……………………………… 238
神島の思ひ出…………………………… 239
空白の役割……………………………… 240
終末感からの出発―昭和二十年の自画像…… 244
八月十五日前後………………………… 246
信仰に似た運動―告知板……………… 247
ゴジラの卵―余技・余暇……………… 247
忘年記…………………………………… 248
私の抱負………………………………… 248
歴史の外に自分をたづねて―三十代の処生…… 248
わが銀座………………………………… 249
作家の二十四時………………………… 251
わが魅せられたるもの………………… 252
文学者と速記…………………………… 258
無題(「ミスター文壇」写真説明)… 259
わが半可食通記………………………… 260
自己改造の試み―重い文体と鴎外への傾倒…… 262
「潮騒」のこと………………………… 266
ボディ・ビル哲学……………………… 267
或る寓話………………………………… 269
文学とスポーツ………………………… 270
ボクシングと小説……………………… 272
陶醉について…………………………… 274
きのふけふ……………………………… 279
ボクシング・ベビー…………………… 296
文字通り“欣快”……………………… 297
私の商売道具…………………………… 298
鉢の木会………………………………… 299
ドイツ語の思ひ出……………………… 299
私のすぽーつ―セカンド・ウインド… 303
いづれ春永に…………………………… 304
日光浴…………………………………… 305
「花ざかりの森」出版のころ………… 306
作家と結婚……………………………… 307
私の見合結婚…………………………… 313
にはか編集者の文学熱………………… 317
母を語る―私の最上の読者…………… 319
知友交歓………………………………… 329
蝶の理論………………………………… 330
内輪のたのしみ………………………… 332
わが非文学的生活……………………… 333
ゴルフをやらざるの弁―私は天下のヘソ曲り…… 336
ジムから道場へ―ペンは剣に通ず…… 337
十八歳と三十四歳の肖像画…………… 337
三島由紀夫宅のもめごと―オウナーの弁…… 345
余暇善用―楽しみとしての精神主義… 347
三島由紀夫の生活ダイジェスト……… 349
ぼくはオブジェになりたい…………… 350
カフカ的―作家の眼…………………… 355
今年のプラン…………………………… 358
オレは実はオレぢやない(村松剛氏の直言に答へる)…… 359
馬込村―わが愛する風景……………… 359
映画初出演の記………………………… 360
出演の弁(「からつ風野郎」)……… 361
未来をあきらめる時代―こんな珍しい写真…… 362
メイ作傑作―カイロの虜囚?………… 362
アトリエ通信…………………………… 362
夢の原料………………………………… 363
座右の辞書……………………………… 364
汽車への郷愁…………………………… 365
青春の町「銀座」……………………… 366
龍灯祭…………………………………… 369
わが小説―「獣の戯れ」……………… 369
社交について―世界を旅し,日本を顧みる…… 371
剣,春風を切る―ただいま修業中 …… 372
わが室内装飾…………………………… 372
「夏」と「海」を見に出かける―「獣の戯れ」取材紀行…… 373
明治と官僚……………………………… 374
「百万円煎餅」の背景―浅草新世界… 375
弱者の快楽……………………………… 377
私の消夏法……………………………… 377
私の健康………………………………… 378
自動車と私……………………………… 380
私の宝物………………………………… 380
私のアルバム―赤ちゃん時代………… 380
無題(庭のアポローンの像について)…… 380
子供について…………………………… 381
海外旅行と私―カイロ………………… 383
私の中の“男らしさ”の告白………… 383
三十すぎてのスポーツ………………… 386
小説家の息子…………………………… 386
西洋人の夫婦…………………………… 390
私はこれになりたかつた―それは白バイの警官です…… 391
わが創作方法…………………………… 392
写真集「薔薇刑」のモデルをつとめて―ぷらす・まいなす'63…… 397
もうすぐそこです……………………… 398
「空飛ぶ円盤」の観測に失敗して―私の本「美しい星」…… 400
はじめての本―「花ざかりの森」…… 401
私の小説作法…………………………… 402
秋冬随筆………………………………… 404
実感的スポーツ論……………………… 412
日々是好日……………………………… 422
新夏炉冬扇……………………………… 422
法学士と小説…………………………… 423
室町の美学―金閣寺…………………… 425
西洋床の間……………………………… 427
太陽のあふれる前庭―庭とわたし…… 428
私の信条………………………………… 428
「潮騒」執筆のころ…………………… 429
私の戦争と戦後体験―二十年目の八月十五日…… 430
同級生交歓―北条浩…………………… 431
日本人の誇り…………………………… 432
危険な芸術家…………………………… 434
「われら」からの遁走―私の文学…… 436
わが育児論……………………………… 443
自画像の記……………………………… 445
私の遺書………………………………… 446
私のきらひな人………………………… 448
おしやれ一品…………………………… 452
無題(「フシギな男三島由紀夫」写真説明)…… 452
無題(「ダンディ登場」写真説明)… 453
「宴のあと」事件の終末……………… 454
年頭の迷ひ……………………………… 456
「鏡子の家」―わたしの好きなわたしの小説…… 458
無題(「鍛へる作家たち」写真説明)…… 459
二つの望廊……………………………… 459
自衛隊を体験する―46日間のひそかな“入隊”…… 460
無題(「“憂国”作家の“体験入隊”記」写真説明)…… 466
青年と国防……………………………… 467
いかにして永生を?…………………… 468
青年について…………………………… 470
紫陽花の母……………………………… 472
習字の伝承……………………………… 475
「文芸文化」のころ…………………… 477
「花ざかりの森」のころ……………… 478
無駄(「日本人物探検・三島由紀夫」写真説明)…… 480
日本の古典と私………………………… 481
無題(「若武者出陣」写真説明)…… 483
男の美学………………………………… 483
古い春…………………………………… 485
こひのぼり……………………………… 485
タイヤの片方…………………………… 487
わが「自主防衛」―体験からの出発… 487
電灯のイデア―わが文学の揺籃期…… 490
自衛隊と私……………………………… 492
怪獣の私生活…………………………… 493
私の近況―「春の雪」と「奔馬」の出版…… 495
軍服を着る男の条件…………………… 496
マイリビング…………………………… 497
私の読書術……………………………… 498
「豊饒の海」について………………… 498
雪………………………………………… 500
ホテル…………………………………… 503
感想(広域重要人物きき込み捜査「エッ! 三島由紀夫??」)…… 505
「人斬り」田中新兵衛にふんして…… 505
「春の雪」について…………………… 506
手紙……………………………………… 507
「人斬り」出演の記…………………… 509
「楯の会」のこと……………………… 510
「楯の会」批判の二氏に答へる……… 514
裸になつて今年はぐわんばる!……… 515
私ときもの……………………………… 515
私の中の二十五年……………………… 516
独楽……………………………………… 518
瀧ヶ原分とん地は第二の我が家……… 520
無題(四つの河・三島由紀夫展カタログ)…… 522
何もせぬ人……………………………… 524
わがアメリカの影(リフレクション)…… 527
檄………………………………………… 531
辞世 二首……………………………… 534
第二部 (日記)
小説家の休暇…………………………… 537
裸体と衣裳―日記……………………… 608
そぞろあるき―作家の日記…………… 719
某月某日………………………………… 721
作家の日記……………………………… 722
退屈な新年―新春雑記………………… 723
作家の日記……………………………… 724
ある日私は……………………………… 725
日記……………………………………… 726
八月二十一日のアリバイ……………… 729
週間日記………………………………… 731
ありがたきかな“友人”……………… 735
日記……………………………………… 736
プライバシー裁判の和解前後―週間日記…… 738
日録……………………………………… 741
第三部 (紀行)
アポロの杯……………………………… 747
旅の絵本………………………………… 837
旧教安楽―サン・パウロにて………… 912
リオの謝肉祭―リオ・デ・ジャネイロにて…… 913
パリにほれず…………………………… 915
遠視眼の旅人…………………………… 916
日本の株価―通じる日本語…………… 920
南の果ての都へ………………………… 922
外遊日記………………………………… 925
ニューヨークの溜息…………………… 939
ニューヨークぶらつ記………………… 948
紐育レストラン案内…………………… 951
マドリッドの大晦日…………………… 954
ニューヨーク…………………………… 954
大統領選挙……………………………… 955
口角の泡―「近代能楽集」ニューヨーク試演の記…… 957
ピラミッドと麻薬……………………… 961
旅の夜…………………………………… 963
美に逆らふもの………………………… 967
ポルトガルの思ひ出…………………… 975
南蛮趣味のふるさと―ポルトガルの首都リスボン…… 975
冬のヴェニス…………………………… 976
「ホリデイ」誌に招かれて…………… 978
芸術家部落―グリニッチ・ヴィレッジの午後…… 980
熊野路―新日本名所案内……………… 981
ロンドン通信…………………………… 987
英国紀行………………………………… 989
手で触れるニューヨーク……………… 994
インド通信……………………………… 996
アメリカ人の日本神話………………… 999
*解題(田中美代子)……………………1007
 

第3巻 1989.7.5
 
第一部 (文明論)
不道徳教育講座……………………………15
あとがき(「不道徳教育講座」)…… 221
文化防衛論……………………………… 223
あとがき(「文化防衛論」)………… 248
行動学入門……………………………… 252
あとがき(「行動学入門」)………… 288
重症者の凶器…………………………… 290
野性を持て―新聞に望む……………… 293
美しき時代……………………………… 294
一青年の道徳的判断…………………… 296
天の接近―八月十五日に寄す………… 300
当世腑に落ちぬ話……………………… 301
最高の偽善者として―皇太子殿下への手紙…… 302
愉しき御航海を―皇太子殿下へ……… 304
現代青年の矛盾を反映―保安大学…… 305
死の分量………………………………… 308
道徳と孤独……………………………… 310
フランス病第三期……………………… 313
モラルの感覚…………………………… 314
新ファッシズム論……………………… 315
ありのままの報道を―私の新聞評…… 321
亀は兎に追ひつくか?―いはゆる後進国の諸問題…… 322
世界の静かな中心であれ……………… 333
憂楽帳…………………………………… 334
巻頭言(「婦人公論」)……………… 342
社会料理三島亭………………………… 351
一つの政治的意見……………………… 386
魔―現代的状況の象徴的構図………… 388
服装について…………………………… 395
法律と文学……………………………… 397
終末観と文学…………………………… 399
この十七年の“無戦争”……………… 401
堀江青年について……………………… 402
利用とあこがれ………………………… 404
天下泰平の思想………………………… 405
夜の法律………………………………… 407
「日本的な」お正月…………………… 408
生徒を心服させるだけの腕力を―スパルタ教育のおすすめ…… 411
文学的予言―昭和四十年代…………… 414
床の間には富士山を―私がいまおそれてゐるもの…… 416
お茶漬ナショナリズム………………… 418
法律と餅焼き…………………………… 426
日本への信条…………………………… 428
本当の青年の声を(日本学生同盟発足によせて)…… 430
忘却と美化……………………………… 430
「道義的革命」の論理―磯部一等主計の遺稿について…… 431
私の中のヒロシマ―原爆の日によせて…… 447
愛国心…………………………………… 449
円谷二尉の自刃………………………… 451
二・二六事件について………………… 453
フィルターのすす払ひ―日本文化会議発足に寄せて…… 455
五月革命………………………………… 457
栄誉の絆でつなげ菊と刀……………… 458
橋川文三氏への公開状………………… 465
秩序の方が大切か―学生問題私見…… 468
不満と自己満足………………………… 471
自由と権力の状況……………………… 473
東大を動物園にしろ…………………… 486
現代青年論……………………………… 496
維新の若者……………………………… 499
民青の力こそ恐るべきものだ………… 500
反革命宣言……………………………… 501
自衛隊二分論…………………………… 513
「占領憲法下の日本」に寄せる……… 521
討論を終へて(「討論 三島由紀夫VS.東大全共闘」)…… 523
北一輝論―「日本改造法案大綱」を中心として…… 534
大野明男氏の新著にふれて―情緒の底にあるもの…… 539
再び大野明男氏に―制度と「文化的」伝統…… 542
「国を守る」とは何か………………… 544
同志の心情と非情―同志感と団結心の最後的表章の考察…… 547
「変革の思想」とは―道理の実現…… 553
新知識人論……………………………… 559
士道について―石原慎太郎氏への公開状…… 562
革命哲学としての陽明学……………… 564
わが同志観……………………………… 587
問題提起(日本国憲法)……………… 590
壮年の狂気……………………………… 603
第二部 (演劇論)
感情の古典美…………………………… 609
悲劇の在処……………………………… 610
戯曲を書きたがる小説書きのノート… 611
雲の会報告……………………………… 616
日本の小説家はなぜ戯曲を書かないか?…… 617
演劇の本質……………………………… 620
「班女」拝見…………………………… 622
海風の吹きめぐる劇場………………… 626
芝居と私………………………………… 627
戯曲の誘惑……………………………… 630
無題(扉のことば)…………………… 633
私の永遠の女性………………………… 633
楽屋で書かれた演劇論………………… 636
カブキ・新劇・アメリカ演劇………… 646
近松ばやり私観………………………… 647
「演劇のよろこび」の復活…………… 651
能―その心に学ぶ……………………… 653
ロマンチック演劇の復興……………… 653
変質した優雅…………………………… 658
文学座の諸君への「公開状」―「喜びの琴」の上演拒否について…… 661
戦後観客的随想―「あゝ荒野」について…… 663
俳優座に望む…………………………… 666
近代劇「速水女塾」―三越文学座評… 667
「速水女塾」について………………… 667
文化議員の一票―演舞場・俳優座…… 670
劇評 アメリカの世話場―「ガラスの動物園」評…… 671
パリの芝居見物―パリにて…………… 672
岸田今日子さん………………………… 673
矢代君と「狐憑」……………………… 674
ロミオ(良チャン)とジュリエット(コーチャン)…… 675
女優……………………………………… 675
岸田国士先生…………………………… 676
ギリシア古劇の風味―俳優座「女の平和」評…… 677
田中千禾夫氏の二つの一幕物………… 678
田中千禾夫氏の戯曲「教育・笛」…… 679
加藤道夫氏のこと……………………… 680
青年座の人々―明日のホープ………… 682
小池朝雄さん…………………………… 682
本物の「舞台の人」…………………… 683
芥川比呂志の「マクベス」…………… 683
オセロー雑観…………………………… 684
地獄のオルフェウス…………………… 686
現代女優論―越路吹雪………………… 688
「ブリタニキュス」のこと…………… 690
ALBEEとのつかのまの出会 …………… 691
幸せな革命……………………………… 692
ジュネの「女中たち」………………… 693
雷蔵丈のこと…………………………… 693
現代女優論―賀原夏子………………… 694
NLTの顔 ………………………………… 696
「六人を乗せた馬車」をみて………… 698
花柳章太郎丈回顧……………………… 701
テネシー・ウヰリアムズのこと……… 701
中山仁君について……………………… 705
宗教的情熱による壮挙………………… 706
序(堂本正樹著「菊と刀」)………… 706
清新な戯曲を網羅―推薦のことば…… 709
真面目くさつた祝辞…………………… 709
真の花…………………………………… 710
ドラマに於ける未来…………………… 710
旧日本と新日本を結ぶもの…………… 712
椎名麟三氏の新作について…………… 713
「智恵子抄」に期待する……………… 715
松浦精神………………………………… 716
出発の弁………………………………… 716
「朝の躑躅」について………………… 717
魔女の厨の火…………………………… 717
出るべきものが出たといふ感―推薦の言葉…… 718
発光体の思想―石川淳「おまへの敵はおまへだ」について…… 718
無題(高田一郎氏について)………… 720
無題(芝居の陶酔と戦慄を私は望む。…)…… 721
「黒の悲劇」の悲劇性………………… 721
季節はづれの猟人―堂本正樹氏のこと…… 722
女はしかし伝説みたいに……………… 723
松浦演出の「シラノ」………………… 724
演劇史上光彩陸離……………………… 725
N・L・Tの未来 ………………………… 726
ラシイヌの季節来る…………………… 726
松浦竹夫氏の夢の実現………………… 726
異国趣味について……………………… 728
堂本正樹氏のこと……………………… 728
N・L・Tの未来図 ……………………… 729
「雙頭の鷲」について………………… 730
岸田国士氏の思ひ出…………………… 731
「道成寺」私見………………………… 732
「皇女フェドラ」について…………… 733
無題(「東の博士たち」説明・梗概)…… 735
「火宅」について―作者の言葉……… 736
「火宅」について……………………… 738
作者の言葉(「灯台」)……………… 739
無題(「灯台」の演出について)…… 740
七彩の几帳のかげに(「姫君と鏡」)…… 740
卒塔婆小町覚書………………………… 741
卒塔婆小町演出覚え書………………… 742
あとがき(「夜の向日葵」)………… 743
芝居の恐怖……………………………… 744
「室町反魂香」について……………… 745
私の好きな…―芝居…………………… 745
「若人よ蘇れ」について……………… 746
あとがき(「若人よ蘇れ」)………… 748
上演される私の作品―「葵上」と「只ほど高いものはない」…… 750
「葵上」と「只ほど高いものはない」…… 750
演出覚書(「三原色」)……………… 751
「白蟻の巣」について………………… 753
武智版「綾の鼓」について…………… 753
岸田賞受賞の感想……………………… 754
班女について…………………………… 755
作者の言葉(「鹿鳴館」)…………… 756
「卒塔婆小町」について……………… 756
「鹿鳴館」について…………………… 757
「鹿鳴館」について…………………… 757
「ブリタニキュス」修辞の弁………… 758
あとがき(「鹿鳴館」)……………… 759
作者の寝言……………………………… 761
長篇小説の劇化―「金閣寺」について…… 762
修辞者あとがき………………………… 763
班女について…………………………… 766
覚書(「綾の鼓」「邯鄲」)………… 767
薔薇と海賊について…………………… 768
あとがき(「薔薇と海賊」)………… 769
「薔薇と海賊」について……………… 769
月に祈る………………………………… 770
「橋づくし」について………………… 771
俳優といふ素材(「女は占領されない」)…… 772
「熱帯樹」の成り立ち………………… 773
「サロメ」の演出について…………… 774
わが夢のサロメ………………………… 775
「橋づくし」について………………… 776
十日の菊………………………………… 777
初心に帰らう(読売文学賞受賞のことば)…… 778
「黒蜥蜴」について…………………… 779
近代能楽集について…………………… 780
関係者の言葉(「黒蜥蜴」について)…… 786
「綾の鼓」について…………………… 786
作家と女優―深夜に遊ぶ三島由紀夫と水谷八重子氏…… 787
美しき鹿鳴館時代―再演「鹿鳴館」について…… 788
「トスカ」について…………………… 789
可憐なるトスカ………………………… 790
女の業…………………………………… 791
「鹿鳴館」再演………………………… 791
前書―ムジナの弁(「喜びの琴」)… 792
「喜びの琴」について………………… 792
「喜びの琴」について………………… 793
無題(「三島さんと「喜びの琴」写真説明)…… 794
私がハッスルする時―「喜びの琴」上演に感じる責任…… 795
「恋の帆影」について………………… 798
美の亡霊―「恋の帆影」……………… 799
跋(「サド侯爵夫人」)……………… 801
「サド侯爵夫人」について…………… 802
「リュイ・ブラス」の上演について… 804
「サド侯爵夫人」の再演……………… 804
あとがき(「聖セバスチァンの殉教」)…… 806
木造りのたのしみ―「聖セバスチァンの殉教」の翻訳…… 813
戯曲「アラビアン・ナイト」について…… 814
「アラビアン・ナイト」……………… 816
歴史的題材と演劇……………………… 817
「聖女」と「煙草の害について」…… 818
豪華版のための補跋(「サド侯爵夫人」)…… 819
「朱雀家の滅亡」について…………… 820
「朱雀家の滅亡」について…………… 821
「黒蜥蜴」……………………………… 823
「黒蜥蜴」について…………………… 824
無題(「週刊新潮掲示板」)………… 825
作品の背景―「わが友ヒットラー」… 825
「わが友ヒットラー」覚書…………… 826
一対の作品―「サド侯爵夫人」と「わが友ヒットラー」…… 828
わたしがこんどの帝劇でやりたいこと…… 829
あとがき(「癩王のテラス」)……… 829
「癩王のテラス」について…………… 830
「春の雪」について…………………… 832
「薔薇と海賊」について……………… 833
佳品廓文章―東劇十一月評…………… 834
沢村宗十郎について…………………… 835
宗十郎覚書……………………………… 841
宗十郎の「蘭蝶」……………………… 842
中村芝翫論……………………………… 844
戸板康二氏の「歌舞伎の周囲」……… 847
無題(歌舞伎役者について)………… 848
歌舞伎評………………………………… 849
芝翫……………………………………… 857
新歌右衛門のこと……………………… 860
歌右衛門丈のこと……………………… 862
無題(「壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段」について)…… 862
歌右衛門丈へ…………………………… 863
竹本劇「地獄変」……………………… 863
好きな芝居,好きな役者―歌舞伎と私…… 865
芸術時評………………………………… 867
僕の「地獄変」………………………… 869
「鰯売恋曳網」について……………… 870
「鰯売恋曳網」について……………… 871
「熊野」について……………………… 872
「芙蓉露大内実記」について………… 873
頑張って下さい,延二郎君 …………… 874
復返熊野春……………………………… 875
豪奢な哀愁……………………………… 876
作者の言葉(「 むすめごのみ 帯取池」)…… 877
無題(「 むすめごのみ 帯取池」注記)…… 878
六世中村歌右衛門序説………………… 878
桜姫と権助……………………………… 887
「俳優即演出家の演劇」としての歌舞伎…… 888
初芝居…………………………………… 890
カブキはどうなるか…………………… 891
捨てきれぬ異常の美―女形は亡びるかどうか…… 892
新延若丈の洋々たる未来……………… 894
市村竹之丞に期待する………………… 895
「熊野」について……………………… 895
鳳凰台上鳳凰遊ぶ……………………… 896
南北的世界(「桜姫東文章」)……… 897
推薦のことば(「名作歌舞伎全集」)…… 898
レコード化に当つて…………………… 899
「弓張月」の劇化と演出……………… 900
「椿説弓張月」の演出………………… 903
歌舞伎の脚本と現代語―「椿説弓張月」を制作して…… 905
玉三郎君のこと………………………… 906
「歌舞伎の幻」序文…………………… 908
*解題(田中美代子)…………………… 909
 

第4巻 1989.7.5
 
第一部 (芸術論・スポーツ)
芸術断想……………………………………15
あとがき(「目―ある芸術断想」)……65
わが世代の革命……………………………66
顔さまざま―連合展をみて………………70
リファール待望……………………………71
ノラ・ケイの公演をみて…………………72
芸術ばやり―風俗時評……………………73
疾走するイメーヂ―世界一アイスショウに寄せて……74
ワットオの《シテエルへの船出》………75
鳥に託した女性の哀歓―ノラ・ケイの「白鳥の湖」……82
盛りあがりのすばらしさ…………………84
俵屋宗達……………………………………88
ニューヨークでミュージカルを見て……89
現代の夢魔―「禁色」を踊る前衛舞踊団……94
ベラフォンテ讃……………………………96
細江英公氏のリリシズム―撮られた立場より……97
ギュスターヴ・モロオの「雅歌」―わが愛する女性像……98
Four Rooms…………………………………98
ダリ「磔刑の基督」…………………… 100
早田雄二氏とヌード…………………… 101
踊り……………………………………… 102
小沢征爾の音楽会をきいて…………… 104
細江英公序説…………………………… 106
顔―この刻まれた魂にふれる………… 110
「薔薇刑」体験記……………………… 111
見えない絵本(細江英公他作「オンディーヌ」評)…… 113
迫力ある「ウエストサイド物語」―初日を見て…… 114
鵬雲斎におくることば………………… 115
団蔵・芸道・再軍備…………………… 115
青年像…………………………………… 121
誘惑―音楽のとびら…………………… 127
無題(「三島由紀夫の幻想美術館」絵画説明)…… 128
「仙洞御所」序文……………………… 128
デカダンス美術………………………… 143
蕗谷虹児氏の少女像…………………… 144
篠山紀信論……………………………… 145
序(矢頭保写真集「裸祭り」)……… 147
ポップコーンの心霊術―横尾忠則論… 152
「ボクシング」について……………… 157
フェティシズム―作者の言葉………… 157
黛氏のこと……………………………… 158
元禄版「オルフェ」について………… 159
「サーカス」について………………… 160
中村八大氏……………………………… 160
危機の舞踊……………………………… 161
純粋とは………………………………… 162
前衛舞踊と物との関係………………… 163
ミュージカル病の療法………………… 164
無題(鈴木徳義個展推薦文)………… 165
オペラといふ怪物……………………… 166
舞楽礼讃………………………………… 167
無題(服部智恵子バレエリサイタルに寄せて)…… 168
夜を告げる星…………………………… 169
無題(丸山明宏チャリティーリサイタルに寄せて)…… 170
無題(「メリー大須賀モードを着てムードを唄う」)…… 171
無題(寺崎武男回顧展推薦文)……… 171
「天と海」について…………………… 172
無題(山下清澄個展推薦文)………… 173
無題(人間国宝新作展推薦文)……… 173
バレエ「憂国」について……………… 174
バレエ「ミランダ」について………… 175
高山辰雄の作画………………………… 176
無題(望月衛著「欲望」推薦文)…… 177
閑雅な「女の学校」(「現代女性講座」推薦文)…… 177
見物客に重宝ですネ(「旅行の手帖」推薦文)…… 177
浜田靖一著「図説徒手体操」………… 177
三谷君の写真によせて………………… 178
私は期待する(「週刊コウロン」推薦文)…… 179
晴朗な,大らかな―日本美術大系を推す…… 179
無題(市川崑 和田夏十著「成城町271番地」序)…… 179
私の尽きざる信頼―私と朝日新聞…… 180
跋(団伊玖磨著「不心得12楽章」)… 180
序(久富志子著「食いしんぼうママ」)…… 181
講談社現代新書を推す………………… 183
朝吹さんと「パリの男たち」………… 183
無題(「中央公論」推薦文)………… 183
未開の世界ひらく……………………… 183
プレステージ―集英社と私…………… 184
推薦のことば(酒井美意子著「マナー小事典」)…… 184
すいせんのことば(「いるいるおばけがすんでいる」)…… 185
序(矢頭保写真集「体道・日本のボディビルダーたち」)…… 185
無題(渡辺正一郎著「宗教と科学」推薦文)…… 187
知らぬまにパリ通に(寺中作雄著「パリ物語」推薦文)…… 188
無題(「横尾忠則遺作集」序)……… 188
推せんのことば(中山正敏監修「平安四段」)…… 189
「紫の履歴書」序文…………………… 189
無題(「原色世界の美術」推薦文)… 190
本物の写真家…………………………… 191
無題(「古沢岩美作品展」推薦文)… 191
アンアン創刊おめでたう……………… 191
新輯版「薔薇刑」について(一九七一)…… 192
序にかへて(「血の晩餐―大蘇芳年の芸術 別冊」)…… 193
序(細江英公写真集「抱擁」)……… 193
序(印南清著「馬術読本」)………… 194
猫「ツウレの王」映画………………… 199
好きな女優……………………………… 200
映画評「シーザーとクレオパトラ」など…… 200
革命の詩………………………………… 202
映画「輪舞(ロンド)」のこと……… 203
映画「処女オリヴィア」……………… 205
肉体の悪魔……………………………… 206
死せる若き天才ラディゲの文学と映画「肉体の悪魔」に対する私の観察…… 207
現代にスネる―「肉体の冠」を見て… 209
映画「雙頭の鷲」について…………… 211
私の洋書経歴…………………………… 213
「地上より永遠に」評………………… 218
会見をへて(アンドレ・カイヤットとの対談「映画と文学のあひだ」)…… 219
美しいと思ふ七人の人………………… 220
無題(映画「アンリエットの巴里祭」推薦文)…… 222
アンリエットの巴里祭………………… 222
荒唐無稽………………………………… 223
「浮気は巴里で」……………………… 225
映画の中の思春期……………………… 228
アメリカ映画ノオト…………………… 230
映画「情事の終り」…………………… 233
「情事の終り」10の指摘……………… 234
みづみづしい生命力…………………… 236
ぼくの映画をみる尺度・シネマスコープと演劇…… 237
ウラノワのジュリエット―ソ連のバレー映画をみて…… 240
「処刑の部屋」の映画化について…… 242
西部劇礼讃……………………………… 242
夭折の資格に生きた男―ジェームス・ディーン現象…… 244
死んだアイドル生きてゐるイメージ… 246
八月十五夜の茶屋……………………… 247
「お茶と同情」の映画化……………… 249
ディーンとブロードウェイ…………… 251
「女優志願」をめぐつて……………… 258
映画見るべからず……………………… 260
若尾文子さん―表紙の女性…………… 261
無題(映画「黒いオルフェ」推薦文)…… 261
「黒いオルフェ」を見て……………… 261
「狂つた年輪」をみて………………… 263
若尾文子讃……………………………… 265
拷問と死のよろこび―映画「悪徳の栄え」をみて…… 268
残酷美について………………………… 269
二人の抒情―佐久間良子さん………… 272
無題(映画「肉体の学校」推薦文)… 272
赤い李の少女―私の秘蔵ッ子・本間千代子…… 273
映画的肉体論―その部分及び全体…… 273
「黒い雪」裁判………………………… 278
水着姿であひませう…………………… 280
「サムライ」について………………… 281
「總長賭博」と「飛車角と吉良常」のなかの鶴田浩二…… 283
性的変質から政治的変質へ―ヴィスコンティ「地獄に堕ちた勇者ども」をめぐつて…… 286
忘我……………………………………… 289
作者の言葉(「純白の夜」)………… 292
私の原作映画…………………………… 292
初出演の言葉(「からつ風野郎」)… 293
「からつ風野郎」の情婦論…………… 293
映画「潮騒」の想ひ出………………… 298
「複雑な彼」のこと…………………… 299
「憂国」の謎…………………………… 300
制作意図及び経過(「憂国 映画版」)…… 302
「憂国」………………………………… 322
人生の究極の夢を…―作者兼演出家兼俳優のことば…… 323
原作者登場―大映映画「複雑な彼」… 324
美しきもの……………………………… 325
スポーツ讃歌…………………………… 326
見事な若武者(矢尾板・ペレス戦観戦記)…… 326
追ふ者追はれる者―ペレス・米倉戦観戦記…… 327
冷血熱血―小坂=オルチス…………… 328
未知への挑戦―海老原=ポーン……… 329
ウソのない世界―ひきつける野生の魅力…… 330
狐の宿命(関・ラモス戦観戦記)…… 331
合宿の青春……………………………… 332
東洋と西洋を結ぶ火―開会式………… 335
競技初日の風景―ボクシングを見て… 337
ジワジワしたスリル―重量あげ……… 339
白い叙情詩―女子百メートル背泳…… 341
空間の壁抜け男―陸上競技…………… 342
17分間の長い旅―男子千五百メートル自由形決勝…… 343
安全性への夢―体操…………………… 345
彼女も泣いた,私も泣いた―女子バレー…… 347
「別れもたのし」の祭典―閉会式…… 348
若さと体力の勝利―原田・ジョフレ戦…… 350
期待はづれの一戦(原田・ラドキン戦)…… 351
観戦記(原田・ジョフレ戦)………… 352
原田・メデル戦………………………… 354
第十一回空手道大会に寄せる………… 355
空手の秘義……………………………… 355
西城・スチーブンス戦………………… 356
第二部 (人生論・恋愛論・他)
新恋愛講座……………………………… 361
第一の性………………………………… 436
反貞女大学……………………………… 505
若きサムラヒのための精神講話……… 596
あとがき(「若きサムラヒのために」)…… 635
没落する貴族たち……………………… 636
情死について―やゝ矯激な議論……… 640
女学生よ白いエプロンの如くあれ…… 644
虚栄について…………………………… 645
女の友情について……………………… 647
中国服…………………………………… 648
若い二人の会話―といふよりも・口説について…… 648
蝋燭の灯―今月の表紙に因んで……… 657
男といふものは………………………… 658
女ぎらひの弁…………………………… 660
好きな女性……………………………… 665
わが漫画………………………………… 668
青春の倦怠(アンニュイ)…………… 670
私の見た日本の小社会………………… 676
心中論…………………………………… 681
女が美しく生きるには………………… 687
プライヴァシィ………………………… 692
春先の突風……………………………… 694
贋作東京二十不孝……………………… 695
見合ひ結婚のすすめ…………………… 696
愛のすがた―愛を語る………………… 698
男のおしやれ…………………………… 698
恋の殺し屋が選んだ服………………… 699
<美容整形>この神を怖れぬもの…… 700
をはりの美学…………………………… 708
闘牛士の美……………………………… 764
ナルシシズム論………………………… 765
ビートルズ見物記……………………… 775
美しい死………………………………… 778
機能と美………………………………… 779
All Japanese are perverse ………… 780
月々の心………………………………… 787
男らしさの美学………………………… 792
美食について…………………………… 795
劇画における若者論…………………… 797
女の色気と男の色気…………………… 799
愛するといふこと……………………… 802
私の好きな顔―川辺るみ子…………… 803
アダム・べらみ………………………… 803
三島由紀夫出題クイズ………………… 804
ハート・ブレイク・病院(ホスピタル)―トラブル一分間治療室…… 805
小説のモデルにできない人―上村嘉枝子さん…… 806
森光子さんにバトンタッチの弁……… 806
無題(「私の真夏の夜の夢」写真説明)…… 807
義父の若さ……………………………… 807
「レン Ren」をすいせんします! … 809
このひとこの魅力―川喜多かしこさん…… 809
鏡の中の恋……………………………… 809
銅像との対話―西郷隆盛……………… 810
源田実―こんな候補こんな人柄……… 811
わが愛する人妻―高木典子さん……… 812
*解題(田中美代子)…………………… 813
[ 2011/04/01 22:09 ] 三島由紀夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。