研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  水上勉 >  『新編水上勉全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『新編水上勉全集』全16巻

『新編水上勉全集』全16巻(中央公論社、1995.10~1997.1)



1 1996.3.10
 
その橋まで…………………………………… 3
*あとがき………………………………… 731
*〈付録〉
*一つの事件(藤田昌司)…………… 735
*禅僧とは―水上勉と仏教6(祖田浩一)…… 739
 

2 1996.6.10
 
一休のこと…………………………………… 3
再び一休のこと………………………………59
森女のこと……………………………………69
江部の女のこと………………………………77
義昭のこと……………………………………97
放哉のこと………………………………… 113
夜雨のこと………………………………… 143
放哉、山頭火、良寛のこと……………… 157
灯明………………………………………… 179
秋末の一日………………………………… 201
母一夜……………………………………… 219
雪三景……………………………………… 233
加奈子のこと……………………………… 253
朽葉の棺…………………………………… 271
私の履歴書………………………………… 285
「般若心経」を読む……………………… 363
*あとがき………………………………… 475
*〈付録〉
*水上勉さんとの長い交際(中村真一郎)…… 480
*還俗をめぐって―水上勉と仏教9(祖田浩一)…… 483
 

3 1996.1.10
 
片しぐれの記………………………………… 3
わが風車…………………………………… 123
墨染………………………………………… 145
また、リヤカーを曳いて………………… 159
ながるる水の……………………………… 173
わが女ひとの記…………………………… 207
八瀬の片しぐれ…………………………… 369
高瀬川冬…………………………………… 393
高野川桜堤………………………………… 417
*あとがき………………………………… 443
*〈付録〉
*潤一郎と直哉との間(秦恒平)…… 447
*寺への誘い―水上勉と仏教4(祖田浩一)…… 450
 

4 1996.8.10
 
乳病み―霊異十話…………………………… 3
鯉とり文左………………………………… 179
穴堀り又助………………………………… 195
てんぐさお峯……………………………… 221
稗田のおすえ……………………………… 243
祇園のくるみ……………………………… 275
箒川………………………………………… 307
石屋の音…………………………………… 327
つや………………………………………… 343
紅守………………………………………… 359
フレスノの空……………………………… 377
馬たちの行方……………………………… 397
夢閨………………………………………… 419
秋夜………………………………………… 459
椿寺………………………………………… 477
馬の話……………………………………… 497
狐の話……………………………………… 517
くがみの埋み火…………………………… 537
*あとがき………………………………… 575
*〈付録〉
*水上文学の先見性(紀田順一郎)… 580
*三作品の良寛像―水上勉と仏教11(祖田浩一)…… 583
 

5 1996.9.10
 
湖岸暮色……………………………………… 3
清富記…………………………………………39
狂猿記…………………………………………63
慧能……………………………………………85
曹源一滴のこと…………………………… 109
禅とは何か―それは達磨から始まった… 129
*あとがき………………………………… 435
 

6 1995.10.10
 
金閣炎上……………………………………… 3
白蛇抄……………………………………… 311
*あとがき………………………………… 453
*〈付録〉
*共苦と鎮魂の文学(饗庭孝男)…… 456
*寺へ入った道―水上勉と仏教1(祖田浩一)…… 459
 

7 1996.4.10
 
冬の光景……………………………………… 3
昨日の雪…………………………………… 411
金槌の話…………………………………… 425
音次郎の庭………………………………… 447
渓の声……………………………………… 463
*あとがき………………………………… 529
*〈付録〉
*二十歳の小品(曾根博義)………… 533
*小僧としての生活―水上勉と仏教7(祖田浩一)…… 537
 

8 1996.5.10
 
父と子………………………………………… 3
*あとがき………………………………… 525
*〈付録〉
*水上文学の人間味(岩橋邦枝)…… 529
*出家の儀式と後悔―水上勉と仏教8(祖田浩一)…… 533
 

9 1996.7.10
 
地の乳房……………………………………… 3
*あとがき………………………………… 581
*〈付録〉
*私の中の水上さん(灰谷健次郎)… 585
*水上文学の原点―水上勉と仏教10(祖田浩一)…… 589
 

10 1995.11.10
 
良寛…………………………………………… 3
才市………………………………………… 303
*あとがき………………………………… 423
*〈付録〉
*童心(司修)………………………… 427
*『金閣炎上』の主人公と作者―水上勉と仏教2(祖田浩一)…… 430
 

11 1996.10.10
 
良寛を歩く…………………………………… 3
一休を歩く………………………………… 181
李永泰……………………………………… 371
八条坊城界隈……………………………… 395
間人(たいざ)心中……………………… 415
タンタカタン……………………………… 435
骨壺の話…………………………………… 455
ふたたび、骨壺のこと…………………… 477
*あとがき………………………………… 485
*〈付録〉
*竹の精霊の宿る里(津村節子)…… 489
* 居士と孟阿―水上勉と仏教13(祖田浩一)…… 493
 

12 1995.12.10
 
沢庵…………………………………………… 3
一休文芸私抄……………………………… 223
大徳寺随想………………………………… 385
*あとがき………………………………… 397
*〈付録〉
*一休、沢庵と大徳寺(柳田聖山)… 401
*『金閣炎上』と池の鯉―水上勉と仏教3(祖田浩一)…… 404
 

13 1996.2.10
 
破鞋―雪門玄松の生涯……………………… 3
土を喰う日々―わが精進十二ヵ月……… 165
妙好人の世界……………………………… 359
白隠と仙 ………………………………… 399
*あとがき………………………………… 415
*〈付録〉
*『土を喰ふ日々』再読(玉村豊男)…… 419
*出家をめぐって―水上勉と仏教5(祖田浩一)…… 422
 

14 1996.11.10
 
瀋陽の月……………………………………… 3
虎丘雲巌寺………………………………… 133
黄色い写真………………………………… 161
北京の柿…………………………………… 171
上海にて…………………………………… 185
天目山にて………………………………… 199
東山の枇杷………………………………… 213
西湖にて…………………………………… 231
こほろぎの壺と柿………………………… 243
飛奴記……………………………………… 257
瘋癲記……………………………………… 281
南宋望郷譚(一)西湖の忘れ笛………… 303
南宋望郷譚(二)西湖黄昏……………… 321
私版京都図絵……………………………… 337
*あとがき………………………………… 465
*〈付録〉
*もしかしたら幻かもしれない 浜辺について(鈴木貞美)…… 470
*盤珪と不生禅―水上勉と仏教14(祖田浩一)…… 474
 

15 1996.12.10
 
山の暮れに…………………………………… 3
*あとがき………………………………… 561
*〈付録〉
*水上文学のトポス(清原康正)…… 565
*桃水と良寛―水上勉と仏教15(祖田浩一)…… 568
 

16 1997.1.10
 
この冬………………………………………… 5
蛍………………………………………………27
鼠捕り…………………………………………45
醍醐の桜………………………………………57
しののめの空明かり…………………………99
病友記……………………………………… 179
ひとすじの光……………………………… 243
和田芳恵さんのこと……………………… 255
柴田錬三郎さんのこと…………………… 265
中野重治さんのこと……………………… 273
中野重治さんの思い出…………………… 279
誠心の人…………………………………… 285
小林さんを悼む…………………………… 303
小林秀雄の語り…………………………… 315
石川達三さんを偲ぶ……………………… 325
川崎長太郎さんを偲ぶ…………………… 337
大岡さんのきびしさ 温かさ…………… 343
清張さん、中上さんを悼む……………… 357
へしこと鯨………………………………… 369
野口さんの思い出………………………… 375
吉行さん追悼……………………………… 381
*年譜(祖田浩一編)…………………… 387
*著書目録(祖田浩一編)……………… 419
*あとがき………………………………… 433
*〈付録〉
*慟哭のお力にうたれて(岡部伊都子)…… 438
*白隠と白幽―水上勉と仏教16(祖田浩一)…… 441
[ 2011/04/01 22:12 ] 水上勉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。