研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  水原秋桜子 >  『水原秋桜子全集』全21巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『水原秋桜子全集』全21巻

『水原秋桜子全集』全21巻(講談社、1977.10~1979.6)



第1巻 句集 1 1978.3.20
 
葛飾…………………………………………… 5
『南風』抄………………………………… 113
『秋桜子句集』抄………………………… 125
『葛飾』以後…………………………… 128
新樹………………………………………… 151
秋苑………………………………………… 227
『浮葉抄』抄……………………………… 333
*解題(村山古郷)……………………… 417
 

第2巻 句集 2 1978.9.20
 
岩礁…………………………………………… 5
蘆刈……………………………………………69
古鏡………………………………………… 149
『雪蘆抄』抄……………………………… 249
『古鏡』以後…………………………… 251
磐梯………………………………………… 259
*解題(村山古郷)……………………… 357
 

第3巻 句集 3 1977.11.20
 
重陽…………………………………………… 5
梅下抄…………………………………………95
霜林………………………………………… 133
残鐘………………………………………… 243
帰心………………………………………… 329
*解題(堀口星眠)……………………… 427
 

第4巻 句集 4 1978.2.20
 
玄魚…………………………………………… 5
蓬壷………………………………………… 149
旅愁………………………………………… 225
晩華………………………………………… 273
*解題(堀口星眠)……………………… 352
 

第5巻 句集 5 1979.5.20
 
『殉教』……………………………………… 5
『緑雲』…………………………………… 128
『余生』…………………………………… 221
*解題(堀口星眠)……………………… 300
 

第6巻 俳論 1978.8.20
 
「自然の真」と「文芸上の真」…………… 7
俳句の本質……………………………………26
連作俳句の設計図………………………… 133
連作俳句私見……………………………… 149
連作の季語………………………………… 159
連作と無季俳句…………………………… 161
無季俳句…………………………………… 165
無季俳句を排す…………………………… 169
俳句における「感情移入」……………… 263
旅行作句の説……………………………… 271
風景句作者の言葉………………………… 275
生活を詠む………………………………… 281
山岳俳句…………………………………… 291
空想俳句…………………………………… 301
新題材の開拓……………………………… 305
俳句と朗誦の問題………………………… 313
誤解されやすき俳句……………………… 321
技巧雑話…………………………………… 331
短歌と俳句との関係……………………… 339
*解題(村山古郷)……………………… 356
 

第7巻 作家論 1979.2.20
 
山口誓子論…………………………………… 7
後藤夜半論……………………………………21
『わかれじも』(久保田万太郎)…………31
『 子の花』(軽部烏頭子)………………40
蛇笏氏と石鼎氏………………………………59
『松本たかし句集』…………………………73
渡辺水巴………………………………………77
大場白水郎……………………………………85
川端茅舎………………………………………94
鬼城翁のことども………………………… 101
『古暦』雑感(安住敦)………………… 106
『四季貧窮』の句勢(小林康治)……… 118
『明日』の持つ誠実さ(富永寒四郎)… 130
『小石川』の技巧(野村喜舟)………… 145
『青水輪』の柔らかさ(大野林火)…… 157
『凡医の歌』の十五句(川畑火川)…… 168
『百戸の谿』の覇気(飯田龍太)……… 179
『雪櫟』の武蔵野ぶり(森澄雄)……… 190
『微茫集』の含蓄(相生垣瓜人)……… 201
『聖樹』の含むもの(貞弘衛)………… 213
『秋風琴』の幅(石原八束)…………… 225
『寒雷』(加藤楸邨)…………………… 237
『海郷』(佐野まもる)………………… 246
『絵硝子』(殿村菟糸子)……………… 249
『山国』(相馬遷子)…………………… 252
相馬遷子君を悼む………………………… 258
『苔時雨』(水内鬼灯)………………… 261
『峡の音』(馬場移公子)……………… 265
『火山灰の道』(堀口星眠)…………… 269
『童顔』(米沢吾亦紅)………………… 273
『石階聖母』(下村ひろし)…………… 277
『洗礼』(古賀まり子)………………… 280
『旅人木』(千代田葛彦)……………… 286
『夕焼』(及川貞)……………………… 290
『酒中花』を読みて……………………… 293
『酒中花以後』抄………………………… 315
石田波郷君を悼む………………………… 326
小沢満佐子『小紋』……………………… 329
福永耕二『鳥語』………………………… 332
遠藤はつ『初明り』……………………… 336
市村究一郎『東皐』……………………… 339
土方秋湖『鯰止め』……………………… 345
*解題(村山古郷)……………………… 351
 

第8巻 日記 1979.4.30
 
日記抄………………………………………… 7
序…………………………………………… 9
昭和41年……………………………………12
昭和42年……………………………………19
昭和43年……………………………………29
昭和44年……………………………………54
昭和45年……………………………………81
昭和46年……………………………………99
夜明けを待ちて…………………………… 133
前書……………………………………… 135
『群馬の石仏』………………………… 138
『山河』巻末の諸句…………………… 143
狂言袴…………………………………… 153
牡丹燈篭………………………………… 157
植松寿樹氏の全歌集…………………… 160
鏡獅子…………………………………… 163
三崎港…………………………………… 167
長崎と島原……………………………… 170
堀川寛一氏の追憶……………………… 183
木の芽会の人々………………………… 190
利根川の水源…………………………… 201
同人総会にて…………………………… 206
文化の日………………………………… 210
藤原如水君のこと……………………… 214
三年前の今頃…………………………… 217
『花野』を読む………………………… 221
下蕪花生………………………………… 228
散歩受難………………………………… 235
庭の春…………………………………… 242
オセロー………………………………… 247
画廊びらき……………………………… 254
鯵の干もの……………………………… 261
句集『余生』のこと…………………… 268
湧泉……………………………………… 272
宗 流茶席……………………………… 276
沙美君と伊昔紅君とを悼む…………… 282
羽子板の師直…………………………… 290
青畝旅吟………………………………… 300
「羽子板の師直」後日譚……………… 312
続青畝旅吟……………………………… 315
春の彼岸………………………………… 320
あかぎれ………………………………… 326
掛け替え………………………………… 331
佐久行…………………………………… 339
朝顔日記………………………………… 347
立秋前後………………………………… 352
序文・序句・帯………………………… 360
師走初旬日記…………………………… 365
*解題(福永耕二)……………………… 373
 

第9巻 鑑賞 1 1977.10.10
 
新修三代俳句鑑賞「春夏の巻」…………… 5
序…………………………………………… 7
春の部………………………………………15
夏の部…………………………………… 133
新修三代俳句鑑賞「秋冬新年の巻」…… 263
序………………………………………… 265
後序……………………………………… 266
秋の部…………………………………… 267
*解題(草間時彦)……………………… 393
 

第10巻 鑑賞 2 1978.4.20
 
新修三代俳句鑑賞「秋冬新年の巻」(続)…… 7
冬の部……………………………………… 9
新年の部……………………………………99
新修三代俳句鑑賞・索引……………… 119
『麗日抄』抄……………………………… 139
『評釈百句・添削百例』抄……………… 163
『俳句の評釈』抄………………………… 203
俳句のはなし……………………………… 253
加住の丘…………………………………… 281
『新選俳句評釈』抄……………………… 307
*解題(草間時彦)……………………… 402
 

第11巻 鑑賞 3 1978.11.20
 
馬酔木俳句の評釈(昭和25年~26年)…… 5
選後対談(昭和27年~29年)………………65
選後小憩(昭和30年~31年)…………… 111
選後雑談(昭和32年)…………………… 149
選後小憩(昭和33年~34年)…………… 157
選後小憩(昭和36年)…………………… 193
『俳句の花』抄 日本の美と教養……… 201
『俳句の境界』抄………………………… 241
選後小憩(昭和47年~48年)…………… 339
選後に(昭和51年~53年)……………… 359
*解題(堀口星眠)……………………… 375
 

第12巻 芸術論 1978.10.20
 
天心先生の言………………………………… 7
龍子画伯の個展……………………………… 8
魔障図…………………………………………10
七絃会を見て…………………………………12
青山熊治氏遺作展……………………………15
色の感じ………………………………………17
梅原氏の絵……………………………………19
「愛染」を見て………………………………22
佐伯祐三氏遺作展……………………………25
座右宝二、三…………………………………27
三つの展覧会…………………………………31
染付茶碗………………………………………34
洋画展瞥見記…………………………………37
雅邦翁の画……………………………………41
青龍展、二科展、院展………………………44
文展洋画部瞥見………………………………52
霜林会にて……………………………………57
游魚図…………………………………………61
研究の深さ 福田平八郎氏の作品に就いて……65
俳句と短歌の美しさ…………………………67
安井曽太郎……………………………………75
第1章 安井曽太郎の画風 ………………77
第2章 京都時代 …………………………85
第3章 仏蘭西留学時代 …………………95
第4章 二科会時代 …………………… 136
第5章 一水会時代 …………………… 172
第6章 画をめぐりて ………………… 179
第7章 「素描」その他 ……………… 221
第8章 連袖会 ………………………… 236
後記……………………………………… 243
日本美術展覧会を見て…………………… 253
洋画遺作展………………………………… 261
国立博物館にて…………………………… 264
佐伯祐三…………………………………… 270
富本先生の草花写生図巻………………… 277
レンブラントとボナール………………… 281
ユトリロの空……………………………… 285
「青水沫」と「鏡葉」…………………… 289
*解題(市村究一郎)…………………… 356
 

第13巻 自句自解 1979.1.20
 
葛飾…………………………………………… 5
新樹……………………………………………53
秋苑……………………………………………77
浮葉抄……………………………………… 119
岩礁………………………………………… 137
蘆刈………………………………………… 179
古鏡………………………………………… 205
磐梯………………………………………… 221
重陽………………………………………… 227
霜林………………………………………… 235
残鐘………………………………………… 261
帰心………………………………………… 303
玄魚………………………………………… 345
蓬壷………………………………………… 361
旅愁………………………………………… 389
晩華………………………………………… 407
殉教………………………………………… 423
*解題(福永耕二)……………………… 433
 

第14巻 入門 吟行 添削 1977.12.20
 
やさしい俳句………………………………… 7
第1課 作文と俳句 ………………………11
第2課 自然を観察すること ……………15
第3課 四季の美しさ ……………………19
第4課 俳句作家の眼のつけどころ ……24
第5課 衣食住と自然との関係 …………35
第6課 俳句のよみ方 ……………………37
第7課 注意六つ …………………………41
第8課 俳句の解釈 ………………………47
第9課 実作指導 …………………………78
第10課 四季の季語…………………… 112
俳句のつくり方…………………………… 125
第1章 俳句作者となる種子 ………… 128
第2章 発芽して後 …………………… 132
第3章 真の修業の出発 ……………… 138
第4章 季感をおぼえることと歳時記の使い方…… 142
第5章 定型を頭に入れること ……… 151
第6章 佳句鑑賞 ……………………… 154
第7章 注意六条 ……………………… 187
第8章 避けるべきこと七条 ………… 199
第9章 添削実例 ……………………… 211
第10章 俳句会について……………… 256
第11章 吟行について………………… 262
第12章 句を読むこと、他の文芸を読むこと…… 268
第13章 見学をすること……………… 276
第14章 句作不振の場合の心得……… 280
第15章 飛躍的進歩ということ……… 284
十句吟行…………………………………… 295
1 葛飾の巻……………………………… 297
2 多摩川の巻…………………………… 309
3 古利根の巻…………………………… 317
4 赤城山の巻(1) …………………… 325
5 赤城山の巻(2) …………………… 333
6 元荒川の巻…………………………… 341
7 手賀沼の巻…………………………… 349
8 奈良郊外の巻………………………… 357
9 浄瑠璃寺の巻………………………… 364
添作五十例………………………………… 371
*解題(市村究一郎)…………………… 425
 

第15巻 俳句作法 1978.7.20
 
『俳句作法』抄(花・魚・鳥)…………… 5
花…………………………………………… 7
魚……………………………………………76
鳥……………………………………………97
『生活俳句の作り方』抄………………… 117
作句問答………………………………… 122
学生の俳句……………………………… 146
教師の俳句……………………………… 165
心………………………………………… 176
人………………………………………… 205
日用品…………………………………… 229
衣………………………………………… 252
食………………………………………… 261
住………………………………………… 291
職………………………………………… 341
交通機関………………………………… 354
趣味……………………………………… 371
病………………………………………… 392
*解題(市村究一郎)…………………… 423
 

第16巻 随筆 1 1978.12.20
 
ジャンダークの像…………………………… 7
木兎を飼う……………………………………15
友………………………………………………22
シャン縁起……………………………………32
鰕………………………………………………35
葭切の巣………………………………………38
或る風景………………………………………40
古利根川の岸辺………………………………47
蟋蟀……………………………………………54
おだまきの花…………………………………57
浄瑠璃寺の写真………………………………60
三峰山その他…………………………………62
売立……………………………………………69
青流氏を悼む…………………………………73
猛獣……………………………………………81
独語抄…………………………………………88
仲秋名月………………………………………98
武蔵野の秋………………………………… 103
景樹と宣長の歌…………………………… 109
甘藷掘句会………………………………… 113
初冬………………………………………… 120
野の池のほとり…………………………… 127
凧の話……………………………………… 136
冬至………………………………………… 142
鴨渡る……………………………………… 146
自然勉強…………………………………… 150
サイン球…………………………………… 160
北郊初夏…………………………………… 164
続独語抄…………………………………… 168
職業野球戦を見る………………………… 175
野鳥覚書…………………………………… 179
論説の愛読者……………………………… 182
新春漁港…………………………………… 185
裏磐梯の鳥………………………………… 187
あかぎれ…………………………………… 194
新春雑記…………………………………… 196
大木葉木兎………………………………… 201
子葉・春帆の句…………………………… 205
霧降滝……………………………………… 209
東儀鉄笛…………………………………… 212
俳句作者の覚書…………………………… 215
昇仙峡……………………………………… 219
入沢先生…………………………………… 223
江山無尽(上)…………………………… 227
伊豆新春…………………………………… 259
春二題……………………………………… 267
江山無尽(下)…………………………… 271
牡丹記……………………………………… 302
杜鵑………………………………………… 305
喜雨亭随筆………………………………… 309
漱石句稿子規朱筆………………………… 319
恩地喜多八のモデル……………………… 324
芝居を観はじめた頃……………………… 328
梅…………………………………………… 331
蝦夷春蝉…………………………………… 346
山路の初秋………………………………… 351
小鳥の網…………………………………… 356
*解題(福永耕二)……………………… 371
 

第17巻 随筆 2 1979.3.20
 
夜々の月……………………………………… 7
草花写生稿……………………………………15
宗入の茶碗……………………………………24
梅見日記………………………………………31
春祭……………………………………………44
百済観音………………………………………51
頬白……………………………………………57
碓氷峠…………………………………………66
鯊釣……………………………………………71
豊年踊…………………………………………78
雪の高尾………………………………………85
雨の一日………………………………………91
桂離宮…………………………………………96
白魚網……………………………………… 101
富士………………………………………… 106
『あさゆふ』と『夕焼』………………… 109
第二芸術説について……………………… 112
『集雲抄』を読みつつ…………………… 115
吟行と句会………………………………… 118
北条と保田………………………………… 121
名栗川の奥………………………………… 124
富士の裾野………………………………… 127
虫時雨……………………………………… 130
四つ手網…………………………………… 133
句集について……………………………… 136
喜雨亭閑話………………………………… 139
南縁の椅子………………………………… 153
晩秋………………………………………… 176
薩摩山菊…………………………………… 184
俳句開眼…………………………………… 192
六日の旅…………………………………… 200
南アルプス展望…………………………… 211
梅祭………………………………………… 219
藤咲く旅…………………………………… 229
『残鐘』雑記……………………………… 244
墨色など…………………………………… 253
冬のあいだ………………………………… 257
茶人好み…………………………………… 261
山刀伐峠…………………………………… 265
仏法僧の句碑……………………………… 269
俄か板前…………………………………… 273
舞台装置…………………………………… 277
六根清浄…………………………………… 281
鴬…………………………………………… 285
自信のない芸……………………………… 289
五月の梅…………………………………… 293
紅葉と松…………………………………… 297
シャム猫と乗込鮒………………………… 301
陶器のつくろい…………………………… 305
句碑の番号………………………………… 313
電気毛布…………………………………… 323
耳学問……………………………………… 327
この秋の月見……………………………… 335
富山空港…………………………………… 339
猪供養……………………………………… 343
ドナト神父………………………………… 348
水石………………………………………… 353
平林寺……………………………………… 357
松の内……………………………………… 361
梅の画など………………………………… 365
『殉教』附記……………………………… 369
*解題(福永耕二)……………………… 373
 

第18巻 紀行 1978.5.20
 
浄瑠璃寺……………………………………… 7
銚子行…………………………………………16
乗鞍岳…………………………………………21
望岳行…………………………………………33
野尻湖の霧……………………………………40
海潮日記………………………………………44
養狐場…………………………………………48
裏磐梯にて……………………………………53
初冬……………………………………………58
蓑虫庵…………………………………………66
伊豆の旅………………………………………69
大和にて………………………………………81
桂離宮…………………………………………86
修学院離宮……………………………………94
谷川岳の麓へ…………………………………97
養狐場行…………………………………… 102
北陸晩秋…………………………………… 106
山霧………………………………………… 122
山陰行……………………………………… 130
志賀高原の月……………………………… 144
八幡野……………………………………… 151
若狭風景…………………………………… 159
白根登山のたより………………………… 167
島を縫う船旅……………………………… 171
魚島紀行…………………………………… 179
鱒の簗……………………………………… 217
山陶窯見学………………………………… 224
残雪………………………………………… 228
リラの花…………………………………… 245
益子行……………………………………… 253
麦秋紀行…………………………………… 258
寂鮎と朴の葉……………………………… 294
津和野にて………………………………… 306
簗と谷川岳………………………………… 310
粉挽噺……………………………………… 314
山寺の猫…………………………………… 318
岩礁………………………………………… 322
長崎所見…………………………………… 326
天草島……………………………………… 330
爽かや……………………………………… 334
川烏………………………………………… 338
利根川の水源……………………………… 342
小松山……………………………………… 350
日帰りの旅………………………………… 354
牛石峠……………………………………… 362
饅頭品さだめ……………………………… 366
潟の時雨…………………………………… 374
近江路……………………………………… 378
渡岸寺観音………………………………… 382
北浦めぐり………………………………… 386
月山………………………………………… 390
立山雑記…………………………………… 394
ユーカリ牧場……………………………… 398
雪を待つ山々……………………………… 402
*解題(市村究一郎)…………………… 411
 

第19巻 自伝回想 1978.1.20
 
高浜虚子 並びに周囲の作者達…………… 5
1 渋柿社…………………………………… 7
2 ホトトギス雑詠…………………………23
3 震災前後…………………………………32
4 客観写生…………………………………64
5 俳句の調べ………………………………82
6 虚子庵忘年会………………………… 111
7 友情…………………………………… 135
8 花鳥諷詠……………………………… 153
9 句集『葛飾』………………………… 189
10 別離 ………………………………… 210
私の履歴書………………………………… 245
1 一生医師として働きつづけた父…… 247
2 父に押し切られ独協中学にはいる… 251
3 問題がむずかしく一高を二度失敗… 255
4 一日十二時間の勉強で三度目に合格…… 259
5 一高時代、十日の練習で正三塁手に…… 263
6 東大医学部、教科書より文学書を… 268
7 「木の芽会」退き「ホトトギス」へ…… 274
8 勤務多忙、いつしか医局の最古参… 279
9 「ホトトギス」去り「馬酔木」による…… 283
10 月夜に梅の枝影をふむ …………… 288
俳句で煮しめた貌………………………… 295
俳句今昔談………………………………… 355
*解題(福永耕二)……………………… 423
 

第20巻 古典研究 1 1978.6.20
 
蕪村の句に関する覚書……………………… 5
春の部………………………………………11
夏の部…………………………………… 129
秋の部…………………………………… 257
*解題(福永耕二)……………………… 379
 

第21巻 古典研究 2 雑纂 1979.6.30
 
古典研究2
蕪村の句に関する覚書(続)……………… 5
冬の部……………………………………… 8
補遺の部………………………………… 121
蕪村雑記………………………………… 138
葱の句など……………………………… 154
雑纂
蕗の傘……………………………………… 175
病中記……………………………………… 196
小糸さんとの歳月………………………… 211
白磁と金銀彩……………………………… 226
『赤光』初版のころ……………………… 240
*水原秋桜子年譜村山古郷〔編〕……… 263
*全句索引………………………………… 287
*解題(村山古郷)……………………… 389
[ 2011/04/01 22:13 ] 水原秋桜子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。