研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三富朽葉 >  『三富朽葉全集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三富朽葉全集』全3巻

『三富朽葉全集』全3巻(牧神社、1978.2~1978.8)



第1巻 詩集篇 1978.2.28
 
総序(矢野峰人)………………………… 3
第一詩集……………………………………… 3
顫律………………………………………… 5
水のほとりに……………………………… 8
長嘯…………………………………………10
残余…………………………………………12
午睡の歌……………………………………15
夜の鳥………………………………………22
パステル……………………………………25
悲しい散歩…………………………………28
二階より……………………………………30
花弁と花粉…………………………………32
初花…………………………………………36
シルエット…………………………………38
雑沓の中……………………………………39
冬の初め……………………………………41
十二月の夜の曲……………………………43
STOVE ………………………………………45
冬の歌………………………………………47
夜曲…………………………………………49
黄昏の歌……………………………………52
夕暮の街……………………………………54
のぞみ………………………………………55
私は…………………………………………56
焔の絵………………………………………57
経験…………………………………………59
黒框…………………………………………61
午後の発熱…………………………………63
微笑…………………………………………65
SPLEEN………………………………………67
ピアノ………………………………………69
憂鬱病………………………………………71
四月…………………………………………74
六月…………………………………………76
切抜画………………………………………78
メランコリア………………………………82
メランコリア………………………………84
秋のなげき…………………………………87
夏の曙………………………………………89
黄昏の薄くらがりに………………………91
公園の秋……………………………………93
墓場のREFRAIN ……………………………96
盲人の歌……………………………………98
第二詩集 営み…………………………… 101
CANTIQUE………………………………… 103
仇花……………………………………… 107
SENTIMENT ……………………………… 109
現在……………………………………… 111
盲人の唄………………………………… 113
深夜……………………………………… 115
冬の唄…………………………………… 117
唄………………………………………… 123
寨を囲む麦の穂よ……………………… 125
雨の唄…………………………………… 127
日曜日…………………………………… 129
山の大木の中に………………………… 131
土地……………………………………… 132
序曲……………………………………… 134
補遺詩集…………………………………… 137
椰子の実………………………………… 139
後の夢…………………………………… 142
時雨日…………………………………… 145
おそれ…………………………………… 148
飴笛……………………………………… 150
夜気……………………………………… 153
危機……………………………………… 155
礎波……………………………………… 158
路………………………………………… 160
窓………………………………………… 162
古家……………………………………… 165
友………………………………………… 167
おそれ…………………………………… 169
汗………………………………………… 171
疲労……………………………………… 173
妹………………………………………… 176
冬ごもり………………………………… 178
響………………………………………… 180
なげき…………………………………… 183
悲しめる心……………………………… 185
灰………………………………………… 187
午後……………………………………… 190
老………………………………………… 192
白の花…………………………………… 195
黄粉……………………………………… 197
夜更……………………………………… 199
廊下……………………………………… 202
ほら穴のごと…………………………… 204
悪血……………………………………… 207
そのたまゆら…………………………… 210
病児……………………………………… 212
ときには………………………………… 214
老病……………………………………… 216
寄るところなき寂しさに……………… 218
青草の上………………………………… 220
火………………………………………… 221
朽葉……………………………………… 223
散文詩集 生活表………………………… 225
魂の夜…………………………………… 227
爍けた鍵………………………………… 229
海………………………………………… 235
生活表…………………………………… 236
微笑についての反省…………………… 245
短歌………………………………………… 253
戯曲 犠牲………………………………… 263
翻訳
冬の唄(アドルフ・レッテエ)………… 287
LIED(ギュスタアヴ・カアン)………… 289
LIED(ギュスタアヴ・カアン)………… 291
わがさすらひ(ジャン・アルテュウル・ランボオ)…… 293
SENSATION(ジャン・アルテュウル・ランボオ)…… 295
蜻蛉(アドルフ・ボッショオ)………… 296
ETAT D'AME(シャルル・アドルフ・カンタキュゼエヌ)…… 297
若き詩人河の対岸に住める愛人を思ふ(エミイル・ブレモン)…… 298
LE MAUVAIS SOIR(アンリ・ドゥ・レニエ)…… 300
NEVER MORE(ジャン・モレアス)……… 302
彼女は……(シャルル・ヰ゛ルドラック)…… 304
日曜日(ジュウル・ラフォルグ)……… 306
港(シャルル・ボオドレエル)………… 309
窓(シャルル・ボオドレエル)………… 310
酔ひ痴れよ(シャルル・ボオドレエル)…… 312
二重の室(シャルル・ボオドレエル)… 313
おどけ手(シャルル・ボオドレエル)… 317
鏡(シャルル・ボオドレエル)………… 319
老婆の絶望(シャルル・ボオドレエル)…… 320
犬と香壜(シャルル・ボオドレエル)… 321
異国人(シャルル・ボオドレエル)…… 322
芸術家告白の祷り(シャルル・ボオドレエル)…… 324
射的場と墓地(シャルル・ボオドレエル)…… 326
夕べの薄明り(シャルル・ボオドレエル)…… 328
スウプと雲(シャルル・ボオドレエル)…… 331
後光の紛失(シャルル・ボオドレエル)…… 332
貧人の玩具(シャルル・ボオドレエル)…… 334
秋の悲歎(ステファンヌ・マラルメ)… 336
哀れ蒼ざめた子供よ(ステファンヌ・マラルメ)…… 338
生ひたち(ジャン・アルテュウル・ランボオ)…… 341
朝の雨(ピエエル・ルイス)…………… 342
阿剌比亜の古詩より……………………… 343
化粧された愛(アマルウ)……………… 346
最上の愛(ヰ゛リエ・ドゥ・リイル・アダン)…… 348
ディヰ゛ンヌ・ボンタン(アルベエル・サマン)…… 352
MONCOEUR MIS A NU(シャルル・ボオドレエル)…… 362
語録(レミ・ドゥ・グウルモン)……… 364
生と芸術と(ロマン・ロオラン)……… 367
英雄の気息(ロマン・ロオラン)……… 380
芸術(アンリ・ベルグソン)…………… 389
*初出一覧………………………………… 395
*異文一覧………………………………… 403
 

第2巻 散文篇 1978.3.3
 
研究
エミイル・エルハアレンの研究…………… 5
人物
エルハアレンを思ふ…………………………95
ポオル・エルレエヌ……………………… 105
紹介
仏蘭西文壇の現在………………………… 115
最近に物故せる仏蘭西の作家二三……… 147
ランボオの生ひたち……………………… 154
マクベスの城の真相……………………… 162
無告の民…………………………………… 167
意見
感性論 未定稿…………………………… 183
感性論覚書 (1915・12?)…………… 197
伝統主義に就いて………………………… 198
遺稿雑纂…………………………… 205
書簡………………………………… 257
I 1907―1908……………………………… 259
II 1909―1910 …………………………… 313
III 1911―1912…………………………… 333
IV 1913―1915 …………………………… 359
V 1916―1917……………………………… 375
 

第3巻(上) 研究篇 1978.7.31
 
追悼録
顛末…………………………………………… 9
顛末に添へて(三富道臣)…………………17
朽葉三富義臣君略伝…………………………19
父の回想(三富道臣)………………………24
故人の逸話二三(三富瑞衛)………………33
従妹の思出(石井菊枝)……………………38
三富君の最後の言葉(相馬御風)…………44
私は何を言はうか(長谷川時雨)…………48
蟹の泡(松居松葉)…………………………54
生と死と(荒木郁)…………………………57
大阪の友より(青木宏峰)…………………64
電報(荒野放浪)……………………………69
三富の兄さま(小林あやめ)………………70
あゝ義ちやん(三沢正三)…………………73
三富に(田代倫)……………………………78
噫、朽葉三富君の死(堀江朔)……………80
砂上追憶(三上於菟吉)……………………85
わが友三富(斎藤寛)………………………93
三富義臣君を憶ふ(福士幸次郎)…………95
感謝(増田篤夫)……………………………99
アンチソラチン(長谷川時雨)………… 105
今井君と私(谷崎精二)………………… 111
一握の芥子の実(秋田雨雀)…………… 113
二人は私に話しかけた(TK生)………… 118
小さき言葉(人見東明)………………… 125
悲しき思出(福田夕咲)………………… 127
級友として(河竹繁俊)………………… 132
両君の一面を偲ぶ(浦田芳朗)………… 135
弔詞(秋田雨雀)………………………… 145
憶、三富朽葉君(中村星湖)…………… 147
三富今井両氏の死(加藤介春)………… 151
三富朽葉君を憶ふ(秋田雨雀)………… 156
噫、三富義臣君(増田篤夫)…………… 160
おぼえ書(中村星湖)…………………… 165
回想
「涙痕之碑」の前に立つて(服部嘉香)…… 171
三富朽葉の生いたち(増田篤夫)……… 175
朽葉と白楊(宇野浩二)………………… 221
砂に残された文字(広津和郎)………… 226
三富朽葉(西条八十)…………………… 248
朽葉のノート(大鹿卓)………………… 251
時雨と朽葉(長谷川仁)………………… 256
流転の芝露子(長谷川時雨)…………… 259
 

第3巻(下) 研究篇 1978.8.25
 
自由詩社と詩人たち
明治詩壇の一角(人見東明)……………… 9
「自由詩社」の詩人たち(矢野峰人)……30
「自由詩社」とその詩人たち(乙骨明夫)……52
浦島太郎の想い出の記(人見東明)………80
詩壇の回想(蒲原有明)……………………87
新しい技巧と虚偽(服部嘉香)……………91
自由詩社同人に与ふる書(草野苳二)……97
自由詩社と自由詩の精神(加藤介春)… 105
早稲田詩社と自由詩社(加藤介春)…… 110
詩壇漫言(白鳥省吾)…………………… 117
白鳥省吾君に一言する(福士幸次郎)… 120
「自然と印象」の詩人と作品(乙骨明夫)…… 126
研究
三富朽葉評伝(杉本邦子)……………… 173
三富朽葉小論(春山行夫)……………… 221
三富朽葉の〈感性論〉について(福士幸次郎)…… 231
三富朽葉詩集(増田篤夫)……………… 238
気分詩の思出(加藤介春)……………… 256
三富朽葉(折戸彫夫)…………………… 263
三富朽葉論(阪本越郎)………………… 269
三富朽葉論・三富朽葉断片及び付記(伊藤信吉)…… 294
三富朽葉の位置(窪田般弥)…………… 315
三富朽葉―詩と土着―(境忠一)……… 345
朽葉と拓次(沢田弘明)………………… 367
三富朽葉(村松剛)……………………… 373
*三富朽葉年譜杉本邦子〔記〕………… 399
[ 2011/04/01 22:14 ] 三富朽葉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。