研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  水上滝太郎 >  『水上滝太郎全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『水上滝太郎全集』全12巻

『水上滝太郎全集』全12巻(岩波書店、1940.11~1941.11)



第1巻 小説 1 1941.3.25
 
山の手の子…………………………………… 1
ものゝ哀れ……………………………………35
ぼたん…………………………………………89
うすごほり………………………………… 121
噂…………………………………………… 145
賢さん……………………………………… 177
沈丁花……………………………………… 195
途すがら…………………………………… 255
その春の頃………………………………… 303
心づくし…………………………………… 405
友だち……………………………………… 437
世の中……………………………………… 457
先生………………………………………… 487
海上日記…………………………………… 529
船中………………………………………… 611
*後記(平松幹夫)………………………… 1
 

第2巻 小説 2 1941.6.30
 
同窓…………………………………………… 1
楡の樹蔭………………………………………45
大都の一隅……………………………………67
ベルファストの一日……………………… 121
汽車の旅…………………………………… 163
火事………………………………………… 241
新嘉坡の一夜……………………………… 295
霧の都……………………………………… 353
倶楽部……………………………………… 373
日曜………………………………………… 455
*後記(井汲清治)………………………… 1
 

第3巻 小説 3 1941.8.30
 
落葉の頃……………………………………… 1
紐育―リヴアプウル…………………………29
大空の下………………………………………79
友情………………………………………… 175
秋…………………………………………… 239
正月………………………………………… 259
祭の日……………………………………… 325
水夫の家…………………………………… 355
隣室の犬…………………………………… 381
辻君………………………………………… 409
失職………………………………………… 431
葡萄酒……………………………………… 467
虫の命……………………………………… 483
霙…………………………………………… 503
師表………………………………………… 535
喧嘩………………………………………… 567
邂逅………………………………………… 591
九月一日…………………………………… 609
*後記(井汲清治)………………………… 1
 

第4巻 小説 4 1940.11.10
 
大阪…………………………………………… 1
大阪の宿…………………………………… 351
*後記和木清三郎〔記〕…………………… 1
 

第5巻 小説 5 1941.1.20
 
勤人…………………………………………… 1
晩年………………………………………… 195
罹災者……………………………………… 247
女事務員…………………………………… 293
兇刃………………………………………… 391
鳩…………………………………………… 431
素人小説家の経験………………………… 461
果樹………………………………………… 511
命の親……………………………………… 543
花束………………………………………… 591
十年………………………………………… 617
級友会……………………………………… 643
*後記(水木京太)………………………… 1
 

第6巻 小説 6 随筆 1941.10.20
 
倫敦の宿……………………………………… 1
第1部 英京雑記 ………………………… 3
第2部 都塵 …………………………… 217
随筆
伊太利亜の女優…………………………… 417
ロバアトソンの一世一代………………… 449
フアンニイの処女作……………………… 495
久しぶりで芝居を見るの記……………… 531
無名会の「夜の潮」……………………… 547
食卓の人々………………………………… 567
*後記(和木清三郎)……………………… 1
 

第7巻 小説 7 1941.8.11
 
順風…………………………………………… 1
画布………………………………………… 147
遺産………………………………………… 187
夏期実習…………………………………… 219
銀座復興…………………………………… 295
停年………………………………………… 407
二代目……………………………………… 441
樹齢………………………………………… 501
世継………………………………………… 571
*後記(平松幹夫)………………………… 1
 

第8巻 戯曲 短歌 其他 1941.11.30
 
戯曲
嵐……………………………………………… 3
夢がたり 評議員会…………………………27
いたづら………………………………………49
良縁……………………………………………73
武士と町人と狼…………………………… 163
地下室……………………………………… 185
律子と瑞枝………………………………… 221
隣同志……………………………………… 293
姉と妹……………………………………… 359
短歌
ひとりの歌………………………………… 455
歌…………………………………………… 515
〔無題〕………………………………… 515
母………………………………………… 529
朝………………………………………… 531
牡丹……………………………………… 533
夕………………………………………… 535
1 堀口大学を送る……………………… 537
2 暗き壁にもたれて…………………… 539
青葉……………………………………… 542
蚊………………………………………… 543
蝉………………………………………… 544
扇………………………………………… 545
佐藤春夫に与ふ………………………… 546
〔無題〕………………………………… 549
送別……………………………………… 550
月………………………………………… 552
〔無題〕………………………………… 554
山の手の子の歌………………………… 558
雁………………………………………… 560
萩………………………………………… 561
紅葉……………………………………… 562
故郷……………………………………… 562
年暮……………………………………… 563
霜………………………………………… 564
海辺山辺………………………………… 565
紙つぶて………………………………… 566
松上鶴…………………………………… 569
酒………………………………………… 570
鴬………………………………………… 571
雪………………………………………… 571
摘草……………………………………… 572
霞………………………………………… 572
かへらぬこと…………………………… 573
夢………………………………………… 576
卒業……………………………………… 576
ひとりの歌……………………………… 580
心づくし………………………………… 585
堀口大学に……………………………… 589
此の頃…………………………………… 591
落書……………………………………… 594
三味線草………………………………… 600
旅客哀歌………………………………… 604
素人の歌………………………………… 609
歌十七首………………………………… 615
つとめさき……………………………… 618
酒後……………………………………… 619
雑纂
海外消息…………………………………… 623
附記………………………………………… 637
課題葉書回答……………………………… 639
紹介………………………………………… 641
追憶………………………………………… 644
慶応義塾応援歌…………………………… 647
年譜………………………………………… 648
遺稿
ポオに関するノオト……………………… 657
春の旅……………………………………… 690
観劇雑感…………………………………… 692
無題1 ……………………………………… 697
無題2 ……………………………………… 708
都会悲劇…………………………………… 720
貝殻追放…………………………………… 729
歌稿………………………………………… 732
梅………………………………………… 732
海………………………………………… 733
桜………………………………………… 734
雨………………………………………… 735
誕生……………………………………… 736
燕………………………………………… 739
創作覚書1 ………………………………… 751
創作覚書2 ………………………………… 765
創作覚書3 ………………………………… 782
*後記(水木京太)………………………… 1
*全集刊行後記(小泉信三)……………… 9
 

第9巻 貝殻追放 1 1940.12.15
 
貝殻追放 1
はしがき…………………………………… 1
新聞記者を憎むの記………………………… 1
「文明一周年の辞」を読みて………………24
「幻の絵馬」の作者…………………………27
永井荷風先生の印象…………………………29
「八千代集」を読む…………………………30
愚者の鼻息……………………………………50
「その春の頃」の序…………………………68
「心づくし」の序……………………………81
「海上日記」の序……………………………82
購書美談………………………………………84
向不見の強味…………………………………97
先生の忠告………………………………… 119
本年発表せる創作に就いて……………… 143
「末枯」の作者…………………………… 145
女人崇拝…………………………………… 167
泉鏡花先生と里見 さん………………… 182
初夢………………………………………… 199
此頃の事…………………………………… 221
妾の子……………………………………… 229
札の辻―桜田門…………………………… 237
余が愛読の紀行文………………………… 249
秋声花袋両氏祝賀会に際し余の感想…… 250
戯曲に対する圧迫と国民性……………… 251
「雪」を見る前後の感想………………… 277
予が本年発表せる創作に就いて………… 290
日曜の癇癪………………………………… 292
「新樹」雑感……………………………… 305
新劇運動の回顧及び希望………………… 315
麪麭と扇…………………………………… 316
「御柱」雑感……………………………… 333
「第一の世界」雑感……………………… 344
鎌田栄吉先生……………………………… 357
赤坂の家…………………………………… 358
先駆者……………………………………… 376
素人芝居…………………………………… 387
世界的……………………………………… 399
撒水車……………………………………… 410
「明窓集」の序…………………………… 426
大人の眼と子供の眼……………………… 427
「含羞」の作者…………………………… 442
所感………………………………………… 466
友人久保田万太郎氏……………………… 474
帝国劇場の質問に答ふ…………………… 476
都新聞讃美論……………………………… 478
画家仙波均平氏…………………………… 500
紙屑………………………………………… 516
友はえらぶ可し…………………………… 520
はじめて泉鏡花先生に見ゆるの記……… 533
永井荷風先生招待会……………………… 547
或日の小山内先生………………………… 564
築地小劇場に就いて……………………… 571
青山の家…………………………………… 585
我家の犬…………………………………… 606
倫敦時代の郡虎彦君……………………… 628
人真似……………………………………… 647
廉売………………………………………… 656
*後記井汲清治〔記〕……………………… 1
 

第10巻 貝殻追放 2 1941.5.10
 
貝殻追放 2
久米秀治氏…………………………………… 1
「鏡花全集」の記……………………………16
いましめ………………………………………41
噂の迷惑………………………………………52
取消……………………………………………63
小説家小島政二郎氏…………………………69
「三田文学」の復活…………………………73
島崎藤村先生のこと…………………………93
無題1 ……………………………………… 115
「古渓随筆」読後感……………………… 117
読後所感…………………………………… 127
紅蓮洞……………………………………… 129
「愛慾」を見て…………………………… 149
「デリケート時代」を読みて…………… 151
山を想ふ…………………………………… 153
藤原誠一氏紹介…………………………… 169
小島政二郎氏の第二小説集……………… 171
新聞嫌……………………………………… 176
「ブルドツグ」の序……………………… 179
芥川龍之介氏の死………………………… 186
手帖の落書………………………………… 200
押の一手…………………………………… 202
感謝………………………………………… 213
対話………………………………………… 223
無題2 ……………………………………… 235
「多情仏心」を評す……………………… 240
応援歌……………………………………… 257
無題3 ……………………………………… 262
「緑の騎士」とその作者………………… 263
原稿紙……………………………………… 281
芝居の「すみだ川」……………………… 290
「嫉妬」寸評……………………………… 307
「嫉妬」私見……………………………… 308
原稿拝見…………………………………… 319
三宅周太郎氏の世界……………………… 330
信仰の作者………………………………… 345
白水郎句集………………………………… 349
築地小劇場をたたふ……………………… 351
「たのむ」と「大寺学校」……………… 363
鏡花世界瞥見……………………………… 379
小山内先生終焉の夜……………………… 415
小山内先生のことども…………………… 422
通勤のみち………………………………… 431
「春泥」雑感……………………………… 445
小山内家後事……………………………… 467
島崎藤村先生の足跡……………………… 475
早慶野球決勝戦の日……………………… 497
小山内先生の戯曲………………………… 511
「一つの時代」と「南京六月祭」……… 519
倉島竹二郎氏の人と作品………………… 544
今年の夏・鯉・金魚……………………… 555
素人の小説………………………………… 564
休暇・典型的勤人・人造人間…………… 586
天覧野球試合陪観之記…………………… 593
三田新聞記者の態度を難ず……………… 605
帝劇嗟嘆…………………………………… 610
我が飲屋…………………………………… 624
大江賢次氏の印象………………………… 629
父の「米国紀行」………………………… 641
卒業式……………………………………… 658
帝都復興祭余興…………………………… 666
加宮和香子の追悼………………………… 672
「ベース・ボール」創刊号埋草………… 674
*後記(和木清三郎)……………………… 1
 

第11巻 貝殻追放 3 1941.11.20
 
貝殻追放 3
我家のドウガル……………………………… 1
浮名儲…………………………………………17
沢木四方吉氏素描……………………………28
年末年始………………………………………47
文壇游泳術……………………………………56
就職難…………………………………………67
宇野四郎氏を憶ふ……………………………77
いひわけ………………………………………89
その後のドウガル……………………………92
「吉野葛」を読て感あり………………… 100
「安城家の兄弟」を読む………………… 108
元禄屋敷…………………………………… 120
喰へない文学……………………………… 134
父となる記………………………………… 142
続父となる記……………………………… 153
酒七題……………………………………… 169
フアンのいろいろ………………………… 177
ことばの乱脈……………………………… 245
「福沢諭吉伝」の刊行に就て…………… 252
はせ川雑記………………………………… 254
「西洋美術史研究」の序………………… 263
「発端地」の作者………………………… 265
同人雑誌の弁……………………………… 271
一文学生に答ふ…………………………… 277
もう一度「三田文学」について………… 282
三宅悠紀子さんの戯曲…………………… 289
夜汽車、宿屋、その他の落書…………… 295
初老会前説………………………………… 305
「師・友・書籍」の序…………………… 313
春窓院梅誉妙音大姉……………………… 316
年輪の差…………………………………… 323
親馬鹿の記………………………………… 331
「二筋道」散策…………………………… 346
続親馬鹿の記……………………………… 361
根気くらべ………………………………… 372
「三田文学」編輯委員隠居の辞………… 382
なか ま屋の酒…………………………… 390
弔辞………………………………………… 391
鎌田栄吉先生を憶ふ……………………… 393
「雪女郎」立見の記……………………… 404
借家運……………………………………… 416
「註文帳画譜」ちらし…………………… 429
輝く編輯者………………………………… 432
から贔負…………………………………… 443
相撲雑記…………………………………… 449
修文院釈楽邦信士………………………… 465
芸術家の反吐……………………………… 470
鈴木三重吉氏の酒の上…………………… 475
街歌………………………………………… 481
ちやんぽん生活…………………………… 486
老父歎……………………………………… 492
「郡虎彦全集」に就て…………………… 500
極楽浄土…………………………………… 505
土産の石…………………………………… 511
空襲………………………………………… 517
涙いろいろ………………………………… 521
流行唄……………………………………… 527
留守番……………………………………… 533
取越苦労…………………………………… 538
旅篭苦労…………………………………… 543
草を踏む…………………………………… 549
朝鮮晴……………………………………… 553
老人激昂…………………………………… 557
売女の友…………………………………… 563
指定席の批評家…………………………… 567
わせだのわるもの………………………… 575
清順院貞室恵京大姉一周忌……………… 580
七生報国…………………………………… 585
大道狭し…………………………………… 590
空気の味…………………………………… 595
相撲客道…………………………………… 599
「人生案内」まへがき…………………… 604
前相撲見物記……………………………… 606
曽禰先生追憶……………………………… 617
嫁入支度…………………………………… 622
素人談義…………………………………… 633
ものゝふのみち…………………………… 637
覚書………………………………………… 645
*後記(平松幹夫)………………………… 1
 

第12巻 出張日記 その他 1941.10.31
 
出張日記……………………………………… 1
昭和6年
長岡行……………………………………… 3
昭和8年
伊東―京都…………………………………13
岡山―中村…………………………………21
長岡―富山…………………………………40
岡山―宮島…………………………………56
修善寺………………………………………71
函館―札幌…………………………………75
昭和9年
台湾…………………………………………85
名古屋―岐阜…………………………… 119
亀崎―四日市…………………………… 124
北支―満洲……………………………… 131
札幌―旭川……………………………… 148
昭和10年
岡山―福岡……………………………… 158
金沢―富山……………………………… 173
日光……………………………………… 181
長崎―京都……………………………… 185
高松―徳島……………………………… 198
甲府……………………………………… 209
昭和11年
福岡―佐世保…………………………… 215
大阪……………………………………… 222
福岡……………………………………… 227
札幌―青森……………………………… 234
高松―釜山……………………………… 244
京都―大阪……………………………… 255
昭和12年
福岡―門司……………………………… 260
長岡……………………………………… 276
秋田―仙台……………………………… 291
昭和13年
横浜―前橋……………………………… 300
福岡―伊豆山…………………………… 305
名古屋―佐渡…………………………… 328
台北―相模川…………………………… 353
札幌―仙台……………………………… 369
京城―福岡……………………………… 385
伊香保―名古屋………………………… 393
千葉……………………………………… 415
昭和14年
京都―大津……………………………… 418
福岡―鹿児島…………………………… 423
藤枝―清水……………………………… 433
神戸―湯田……………………………… 437
鮮満支―其他…………………………… 453
台湾……………………………………… 480
昭和15年
岡山……………………………………… 497
山中―金沢【遺稿】…………………… 502
東京市内事務所廻り…………………… 505
約款の説明………………………………… 517
外交一家言………………………………… 555
その他
福沢先生と生命保険……………………… 691
我国最初の生命保険会社「明治生命保険株式会社」に就て…… 699
岡山巌夫君を憶ふ………………………… 701
明治生命館人事…………………………… 706
明治生命号献納式………………………… 711
梅田真太郎氏を悼む……………………… 716
*後記(水木京太)………………………… 1
[ 2011/04/01 22:15 ] 水上滝太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。