研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  水上勉 >  『水上勉全集』全26巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『水上勉全集』全26巻

『水上勉全集』全26巻(中央公論社、1976.6~1978.11)



第1巻 1976.6.20
 
雁の寺(全)………………………………… 3
案山子……………………………………… 315
桑の子……………………………………… 335
盲いの人…………………………………… 353
棺…………………………………………… 377
美濃のお民………………………………… 399
うつぼの筐舟……………………………… 435
*あとがき………………………………… 481
 

第2巻 1977.2.20
 
五番町夕霧楼………………………………… 3
高瀬川……………………………………… 201
那智滝情死考……………………………… 367
能登の細道………………………………… 533
*あとがき………………………………… 555
 

第3巻 1976.8.20
 
越前竹人形…………………………………… 3
三条木屋町通り…………………………… 169
凩…………………………………………… 227
蜘蛛飼い…………………………………… 415
水仙………………………………………… 435
ボコイの浜なす…………………………… 455
北野踊り…………………………………… 503
鴨川踊り…………………………………… 535
*あとがき………………………………… 559
 

第4巻 1976.8.20
 
越後つついし親不知………………………… 3
霰………………………………………………49
静原物語…………………………………… 253
*あとがき………………………………… 469
 

第5巻 1976.9.20
 
しがらき物語………………………………… 3
波影………………………………………… 169
西陣の蝶…………………………………… 329
鴉の穴……………………………………… 381
釈迦浜心中………………………………… 427
*あとがき………………………………… 465
 

第6巻 1976.10.20
 
飢餓海峡……………………………………… 3
*あとがき………………………………… 791
 

第7巻 1977.9.20
 
銀の庭………………………………………… 3
霙…………………………………………… 257
湖の琴……………………………………… 299
*あとがき………………………………… 635
 

第8巻 1977.8.20
 
城……………………………………………… 3
佐渡の埋れ火……………………………… 119
名塩川……………………………………… 207
畳職人谷捨蔵の憂鬱……………………… 235
京の川……………………………………… 283
*あとがき………………………………… 577
 

第9巻 1977.6.20
 
弥陀の舞……………………………………… 3
はなれ瞽女おりん………………………… 395
馬よ花野に眠るべし……………………… 523
*あとがき………………………………… 679
 

第10巻 1976.12.20
 
凍てる庭……………………………………… 3
こおろぎの壷……………………………… 489
*あとがき………………………………… 505
 

第11巻 1977.3.20
 
桜守…………………………………………… 3
冥府の月…………………………………… 171
坊の岬へ…………………………………… 279
破衣の人…………………………………… 377
欅の花……………………………………… 395
貴船川……………………………………… 421
竹の花……………………………………… 461
*あとがき………………………………… 477
 

第12巻 1976.11.20
 
好色…………………………………………… 3
男色………………………………………… 129
わが六道の闇夜…………………………… 289
破戒坊主の感想…………………………… 421
その人の涙………………………………… 481
鯉の話……………………………………… 507
*あとがき………………………………… 525
 

第13巻 1977.5.20
 
蓑笠の人……………………………………… 3
流れ公方記……………………………………93
越前一乗谷………………………………… 219
天正の橋…………………………………… 379
緋の雪……………………………………… 397
鴉…………………………………………… 427
*あとがき………………………………… 473
 

第14巻 1977.7.20
 
焚火…………………………………………… 3
有明物語…………………………………… 377
猿篭の牡丹………………………………… 413
椋鳥よ……………………………………… 443
*あとがき………………………………… 459
 

第15巻 1978.2.20
 
兵卒の ……………………………………… 3
冬日の道…………………………………… 141
草民記一章………………………………… 231
道の花……………………………………… 251
「ぼろんか騒動」の多吉………………… 547
*あとがき………………………………… 579
 

第16巻 1977.1.20
 
宇野浩二伝…………………………………… 3
*あとがき………………………………… 885
 

第17巻 1978.1.20
 
古河力作の生涯……………………………… 3
鶴の来る町………………………………… 293
*あとがき………………………………… 495
 

第18巻 1977.4.20
 
一休…………………………………………… 3
良寛………………………………………… 351
鈴木正三…………………………………… 417
白隠………………………………………… 479
金銀………………………………………… 543
*あとがき………………………………… 557
 

第19巻 1978.4.20
 
近松物語の女たち…………………………… 3
あひるの子―アンデルセン幻想………… 333
わが草木記………………………………… 449
*あとがき………………………………… 537
 

第20巻 1977.12.20
 
わが山河巡礼………………………………… 3
失われゆくものの記……………………… 193
日本海の人と自然………………………… 393
金閣と水俣………………………………… 415
*あとがき………………………………… 431
 

第21巻 1978.7.25
 
「禅の道」紀行……………………………… 3
越前戦国紀行……………………………… 101
義貞記……………………………………… 193
越前一乗谷地蔵私考……………………… 231
丹後路……………………………………… 245
枯木の周辺………………………………… 297
一会の人々………………………………… 359
わが華燭…………………………………… 511
池大雅……………………………………… 529
太白………………………………………… 543
若狭幻想…………………………………… 563
*あとがき………………………………… 687
 

第22巻 1977.10.20
 
霧と影………………………………………… 3
死の流域…………………………………… 307
*あとがき………………………………… 573
 

第23巻 1977.11.20
 
海の牙………………………………………… 3
火の笛……………………………………… 259
*あとがき………………………………… 639
 

第24巻 1978.5.20
 
寺泊…………………………………………… 5
太市……………………………………………21
千太郎…………………………………………33
棗………………………………………………51
冬日帖…………………………………………67
リヤカーを曳いて……………………………81
山寺……………………………………………95
踏切………………………………………… 121
雪みち……………………………………… 139
短かい旅…………………………………… 159
壷坂幻想…………………………………… 179
みかん水と棒剣…………………………… 211
下駄と仁丹………………………………… 227
鉱太郎……………………………………… 251
丹波ほおずき……………………………… 267
狐…………………………………………… 283
籾炭………………………………………… 301
冬の一日…………………………………… 315
戌の七十九歳……………………………… 329
近江石山晴嵐町…………………………… 341
ブンナよ、木からおりてこい…………… 363
*あとがき………………………………… 495
 

第25巻 1978.3.20
 
決潰…………………………………………… 3
棺の花……………………………………… 147
ちりめん物語……………………………… 323
*あとがき………………………………… 461
 

第26巻 1978.11.25
 
雁の寺………………………………………… 3
飢餓海峡………………………………………69
越前竹人形………………………………… 147
越後つついし親不知……………………… 207
はなれ瞽女おりん………………………… 251
五番町夕霧楼……………………………… 313
冬の柩―古河力作の生涯………………… 391
*あとがき………………………………… 459
*年譜祖田浩一〔編〕…………………… 467
*著書目録祖田浩一〔編〕……………… 525
[ 2011/04/01 22:19 ] 水上勉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。