研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三宅やす子 >  『三宅やす子全集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三宅やす子全集』全5巻

『三宅やす子全集』全5巻(中央公論社、1932.5~1932.9)



第1巻 1932.5.1
 
奔流…………………………………………… 1
奔流を脱稿するまで…………………… 212
金…………………………………………… 217
第二の反抗………………………………… 505
 

第2巻 1932.6.15
 
未亡人論……………………………………… 1
自序………………………………………… 2
夫婦生活中の愛と憎みの心理……………39
夫婦相互の思想……………………………44
女性が持つ特殊の愛………………………47
女性として…………………………………48
女性の要望する男性改造…………………55
結婚せんとする男子に送る………………58
現代の婦人…………………………………64
母として生きんが為に……………………67
母の教育(前篇)……………………………71
はしがき……………………………………72
母の教育(後篇)………………………… 145
我子の性教育……………………………… 173
自序……………………………………… 174
成長する芽生…………………………… 209
生活革新の機来る………………………… 243
自序……………………………………… 244
女学校当事者に望む…………………… 248
愛と死との問題………………………… 252
婦人参政権問題について……………… 257
公娼廃止についての私見……………… 261
誤解されたる貞操観念………………… 264
文芸中毒か……………………………… 268
男女平等は此処までを………………… 272
犠牲の価値……………………………… 277
買ひものをする女……………………… 281
文化生活と主婦………………………… 283
自己に偽らざる心の把握……………… 286
嘘が生んだ悲劇………………………… 288
災後雑感………………………………… 290
震災後の通信機関について………… 293
復興について婦人の立場から……… 294
其日の恐怖……………………………… 297
汽車中にて…………………………… 301
墓参…………………………………… 303
千葉から帰京するまで……………… 305
幼者の驚異……………………………… 310
新東京記………………………………… 315
暑い日に………………………………… 318
思ひ出のふるさと……………………… 321
他家の不幸……………………………… 325
夏の一日………………………………… 327
ありし日の銀座………………………… 330
婦人の立場から…………………………… 331
自序……………………………………… 332
婦人の立場から社会に対する要求…… 333
男子の専制に対して…………………… 335
男子の貞操に関する考察……………… 336
婦人の職業と家庭との問題…………… 339
離婚に就いて…………………………… 343
婦人の独身生活と文化事業…………… 349
流行に対する不満……………………… 351
女中問題………………………………… 353
消費経済の根本義……………………… 357
文化中毒………………………………… 360
婦人と手芸……………………………… 365
婦人雑誌の告白記事…………………… 367
責任と生命との関係…………………… 370
産児制限論の影響……………………… 372
婦人の洋装……………………………… 374
女学生の志望する良人の職業………… 376
文化村…………………………………… 378
流行と婦人……………………………… 380
避暑地の気分…………………………… 382
妻の負担と夫婦間の道徳……………… 384
軍縮と家庭……………………………… 386
家庭電化について……………………… 388
中流の家計と嫁入支度………………… 390
アインシユタイン博士夫人…………… 392
自殺した二夫人………………………… 394
学者の恋愛問題………………………… 396
ある凌辱事件…………………………… 399
ある少女の犠牲………………………… 403
女子師範学校寄宿舎の虱事件………… 405
島田氏対芳江子の問題について……… 408
文学者と女性と………………………… 411
新しく進むべき途……………………… 414
ひま人…………………………………… 416
柳の芽を眺めつゝ……………………… 419
その折々………………………………… 421
旅………………………………………… 425
波の音と婦人の運命…………………… 427
南総の浜辺より………………………… 429
鶏を飼ふ日……………………………… 432
旅館の一夜……………………………… 435
或る日の心……………………………… 438
おもひ浮ぶ事…………………………… 440
秋晴の日………………………………… 442
夜店……………………………………… 445
海外の友に送る………………………… 449
現代日本の小説に就いて……………… 451
万有還銀の詐術………………………… 454
独立と服従……………………………… 456
目標の推移……………………………… 460
故郷の山………………………………… 466
私達の問題………………………………… 471
自序……………………………………… 472
新旧混同時代の欠陥…………………… 473
近代的母性……………………………… 477
個人の責任観念………………………… 480
生産経済か消費経済か………………… 484
婦人職業についての考察 久米正雄への公開状…… 488
私達の問題……………………………… 495
創意を尚ぶ……………………………… 499
貞操観念の推移………………………… 501
婦人解放の黎明期に立ちて…………… 503
生活難と貞操問題……………………… 506
現代の流行について…………………… 508
婦人の化粧……………………………… 511
教養ある婦人と結婚難………………… 513
子供の科学的教育……………………… 516
妖怪談と子供…………………………… 518
贅沢とは何か…………………………… 521
女性と生活倦怠の慰安………………… 523
心の河を読んで………………………… 529
婦人界座談……………………………… 531
婦人と会話……………………………… 535
女学校の風紀紊乱事件………………… 537
最近婦人界の傾向……………………… 540
男性美といふこと……………………… 542
矛盾の中に住む………………………… 545
廃娼デーの見聞………………………… 554
幼い頃のお正月………………………… 559
あたたかい日に………………………… 561
柔きひかり……………………………… 563
春日……………………………………… 567
夏二題…………………………………… 570
山……………………………………… 570
夜店…………………………………… 573
旅芝居…………………………………… 574
或る日の日記…………………………… 577
三郎就学日記…………………………… 581
海辺日記………………………………… 586
スケツチ………………………………… 589
母のこゝろ……………………………… 591
愛し得ぬ悲しみ…………………………… 595
序にかえて……………………………… 596
地下室の金庫…………………………… 601
真昼の電車……………………………… 602
かひもの………………………………… 605
静かな明るさ…………………………… 607
笑ひ……………………………………… 610
貸美住…………………………………… 612
ミリ……………………………………… 615
原稿料…………………………………… 619
わがまゝな日記………………………… 621
らくがしたい…………………………… 625
尼………………………………………… 627
猿の病気………………………………… 629
よくばり………………………………… 632
新年……………………………………… 634
凉味小品………………………………… 638
秋………………………………………… 641
冬のひとり旅…………………………… 643
はなびら………………………………… 647
私と日記………………………………… 649
避暑地で………………………………… 651
鹿と遊ぶ………………………………… 655
鉄瓶……………………………………… 657
海岸より………………………………… 658
松茸狩…………………………………… 660
ある夜思ふ……………………………… 663
美人と金持……………………………… 665
先生の顔他一篇………………………… 668
先生の顔……………………………… 668
乞食の子……………………………… 669
旅の気分………………………………… 669
断片……………………………………… 672
時計屋…………………………………… 676
初めての美容術………………………… 681
料理と性格……………………………… 683
書斎……………………………………… 684
羅漢の眼………………………………… 685

自叙伝の一節…………………………… 687
1 約婚………………………………… 689
2 新婚時代…………………………… 694
3 母となりて………………………… 703
4 愛児の死の前後…………………… 710
5 病児の傍に………………………… 719
6 大病の前後………………………… 727
7 予期せざる出来事………………… 735
8 凡ては終れり……………………… 743
我子へ送る……………………………… 751
科学者の妻として……………………… 757
私の修学時代…………………………… 762
 

第3巻 1932.7.15
 
短篇小説集 第1部
距離…………………………………………… 3
女の記録………………………………………26
三つの遺骨……………………………………45
誕生日…………………………………………66
脈と心臓………………………………………81
蓉子の母………………………………………94
枕許の肖像画……………………………… 116
叔母さん…………………………………… 122
時無限……………………………………… 130
浪費者……………………………………… 136
愚かな疑ひ………………………………… 145
戸川豊と野島政太郎……………………… 153
ある科学者の妻…………………………… 158
白い部屋…………………………………… 181
過ぎゆく町………………………………… 199
若き妻の悩み……………………………… 215
秋…………………………………………… 235
妹の縁談…………………………………… 252
凡てを求むる心…………………………… 269
家に帰る日………………………………… 283
顔の腫物…………………………………… 300
自己といふもの…………………………… 316
髪…………………………………………… 329
或る夫人の手紙…………………………… 344
一つの偽り………………………………… 359
トランク…………………………………… 369
寄附の宿屋………………………………… 384
振袖………………………………………… 393
見知らぬ世界へ…………………………… 406
書斎と台所………………………………… 431
夜の幻想…………………………………… 441
孔雀の眼…………………………………… 448
永久の図面………………………………… 456
雨の降る朝………………………………… 461
短篇小説集 第2部
屏風を捨てる……………………………… 477
T …………………………………………… 487
見世物小屋の女…………………………… 492
サンタクロースの死んだ夜……………… 503
敵手………………………………………… 512
彼の名……………………………………… 524
チヤンヤ…………………………………… 534
失恋の幸福………………………………… 539
冲の太陽…………………………………… 551
隣の少女…………………………………… 563
一××四一………………………………… 566
金井先生…………………………………… 574
留守居……………………………………… 583
爺さんとトマト…………………………… 586
堀出しもの………………………………… 600
漂泊………………………………………… 606
返事の形式………………………………… 610
青く光る石………………………………… 635
午後………………………………………… 648
散歩………………………………………… 654
昔の恋人…………………………………… 661
始めての縁談……………………………… 672
回避………………………………………… 681
黙つてゐる………………………………… 690
浅い眼……………………………………… 696
にくみ……………………………………… 706
針の片……………………………………… 713
 

第4巻 1932.8.15
 
短篇小説
永久に?……………………………………… 3
第二の新婚……………………………………13
五月の夜………………………………………24
自動電話………………………………………36
お蔦……………………………………………40
婚約……………………………………………48
不用意な言葉…………………………………59
お芳……………………………………………66
天才教育………………………………………81
二つの運命線…………………………………94
故郷………………………………………… 109
忘れ得ぬ人………………………………… 139
形見………………………………………… 145
静江さん…………………………………… 161
メス………………………………………… 177
F子様へ …………………………………… 185
丘の家……………………………………… 192
牧師の娘…………………………………… 199
こはれた飛行機…………………………… 205
お光………………………………………… 208
人さらひ…………………………………… 212
おとよの記憶……………………………… 216
黄昏………………………………………… 220
波子の日記………………………………… 223
春の陰影…………………………………… 227
曙…………………………………………… 243
朝子………………………………………… 284
少女小説
ゆめの花…………………………………… 297
流れ星……………………………………… 335
林檎の絵…………………………………… 368
百貨店の売子……………………………… 376
記念日……………………………………… 382
ゆすら梅…………………………………… 391
お礼の西瓜………………………………… 397
ほこり……………………………………… 407
約束………………………………………… 414
心のあと…………………………… 421
女性のために……………………………… 423
花柳病に罹れる男子結婚禁止問題……… 425
拒婚同盟に就いて………………………… 429
女学校寄宿舎の改造を促す……………… 432
矛盾生活に堪えぬ………………………… 436
主婦の三別………………………………… 438
改善といふ事……………………………… 442
主婦の修養………………………………… 445
暑中休暇の小学校の宿題に就いて……… 448
小学校に望む事…………………………… 450
私の見た女性美…………………………… 453
思ひ出す事………………………………… 457
真の婦人の高等教育……………………… 460
まぼろしの恋……………………………… 462
自分の痛み………………………………… 463
水と光と…………………………………… 464
話題………………………………………… 466
婦人の話題………………………………… 468
簡易生活と不精の差……………………… 477
此頃の正月………………………………… 478
流行の変遷………………………………… 481
生…………………………………………… 482
ある年の春の思ひ出……………………… 483
愛児を失つた経験………………………… 485
我子の臨終………………………………… 491
解剖室に行く前後………………………… 495
三宝寺池…………………………………… 504
蟲供養……………………………………… 507
中條百合子夫人に送る…………………… 508
箏の師のことなど………………………… 512

父の子・母の子…………………………… 513
強かるべきもの…………………………… 518
母性に関する考察………………………… 521
さまざまの離婚…………………………… 524
女性と惨虐性……………………………… 528
現代の女性………………………………… 531
国語と外国語……………………………… 534
妻の勤労…………………………………… 537
女性の芸術………………………………… 539
換算………………………………………… 540
女性の悩み………………………………… 543
娯楽を持たぬ婦人………………………… 546
母型婦娼婦型婦私見……………………… 548

父の写真…………………………………… 551
附木の話…………………………………… 556
随筆数篇…………………………………… 558
床の中…………………………………… 558
自然……………………………………… 561
手紙の表情……………………………… 561
旅………………………………………… 563
自叙伝…………………………………… 563
齢………………………………………… 564
樹………………………………………… 564
女性……………………………………… 565
こゝろ…………………………………… 566
風の吹く夕………………………………… 567
わが断片…………………………………… 571
歩き方……………………………………… 572
二月二十五日……………………………… 575
二人の男…………………………………… 577
春といふ字の聯想………………………… 579
静かな春…………………………………… 581
きらひなもの……………………………… 584
秋…………………………………………… 586
秋の小品…………………………………… 587
恐ろしい話………………………………… 590
座談折々…………………………………… 591
越後の旅…………………………………… 608
北陸をめぐつて…………………………… 611
二十四日間………………………………… 616
帰京した夕………………………………… 621
ある心中…………………………………… 631
小説と女性との関係……………………… 633
嘘と真実…………………………………… 642
盗難の後…………………………………… 644
初夏の影…………………………………… 649
修学旅行…………………………………… 651
机の思ひ出………………………………… 654
髯の魅力…………………………………… 657
訪問服の意匠について…………………… 658
娘の結婚…………………………………… 660
小学校の頃………………………………… 662
入学試験季節……………………………… 664
断片………………………………………… 666
秋日………………………………………… 667
梅雨晴れ…………………………………… 668
雨のふる日………………………………… 672
小春日……………………………………… 674
年たつころ………………………………… 677
北海道の旅………………………………… 680
夏の旅……………………………………… 688
近文にて…………………………………… 690
熱海の夜…………………………………… 692
日記一日…………………………………… 694
病院の四ケ月……………………………… 697
感想書翰…………………………………… 700
秋風を聴きつゝ…………………………… 703
出石紀行…………………………………… 706
人物評論数則……………………………… 710
夏目先生の印象………………………… 710
矢島楫子刀自の印象…………………… 718
中條百合子夫人の印象………………… 721
尼になつた白蓮女史…………………… 724
江木欣々女史…………………………… 728
九条武子夫人…………………………… 730
逝ける人見絹枝嬢に就いて…………… 733
合評会での作家の印象………………… 735
田園の春…………………………………… 738
このごろの私……………………………… 740
信濃の旅…………………………………… 744
新時代……………………………………… 749
縁談と結婚………………………………… 750
常識といふこと…………………………… 754
ある場合…………………………………… 758
丸帯………………………………………… 760
恋愛は試煉か……………………………… 762
 

第5巻 1932.9.15
 
偽れる未亡人………………………………… 1
燃ゆる花びら……………………………… 105
奪はれたる者……………………………… 243
海を越えて………………………………… 383
朝の霧……………………………………… 557
母の秘密…………………………………… 643
[ 2011/04/01 22:20 ] 三宅やす子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。