研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  宮沢賢治 >  『宮沢賢治名作集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『宮沢賢治名作集』

『宮沢賢治名作集』全1巻(笠間書院、1986、横井博編)



1986.2.10
 
短歌・俳句
短歌抄……………………………………… 2
俳句抄………………………………………24
詩I<春と修羅 他>
詩集「春と修羅」序………………………28
屈折率………………………………………29
くらかけ山の雪……………………………30
日輪と太市…………………………………30
丘の眩惑……………………………………30
カーバイト倉庫……………………………31
コバルト山地………………………………31
ぬすびと……………………………………32
恋と病熱……………………………………32
春と修羅……………………………………32
有明…………………………………………34
谷……………………………………………34
幻聴…………………………………………34
雲の信号……………………………………35
蠕虫舞手(アンネリダタンツエーリン)……36
童話I<北守将軍と三人兄弟の医者 他>
童話集「注文の多い料理店」序…………40
童話集「注文の多い料理店」広告文……41
竜と詩人……………………………………42
注文の多い料理店…………………………45
蜘蛛となめくぢと狸………………………52
月夜のけだもの……………………………61
北守将軍と三人兄弟の医者………………67
詩II<小岩井農場 他>
小岩井農場パート一………………………80
小岩井農場パート七………………………82
小岩井農場パート九………………………86
林と思想……………………………………88
芝生…………………………………………89
報告…………………………………………89
風景観察官…………………………………89
岩手山………………………………………90
高原…………………………………………90
原体剣舞連…………………………………90
童話II<鹿踊りのはじまり 他>
林の底………………………………………94
蟻ときのこ(朝に就ての童話的構図)…… 100
ざしき童子のはなし…………………… 102
かしはばやしの夜……………………… 104
どんぐりと山猫………………………… 114
狼森と笊森,盗森 ……………………… 121
鹿踊りのはじまり……………………… 127
詩III<永訣の朝 他>
永訣の朝………………………………… 136
松の針…………………………………… 137
無声慟哭………………………………… 138
白い鳥…………………………………… 139
青森挽歌………………………………… 141
オホーツク挽歌………………………… 147
鈴谷平原………………………………… 150
噴火湾(ノクターン)………………… 151
宗教風の恋……………………………… 153
風景とオルゴール……………………… 154
一本木野………………………………… 155
郊外……………………………………… 156
熔岩流…………………………………… 157
厨川停車場……………………………… 158
早春独白………………………………… 159
(堅い瓔珞は…)……………………… 160
作品第七四番…………………………… 161
命令……………………………………… 162
花鳥図譜 七月………………………… 162
寄鳥想亡妹……………………………… 165
薤露青…………………………………… 166
童話III<銀河鉄道の夜 他>
よだかの星……………………………… 170
インドラの網…………………………… 175
雁の童子………………………………… 180
なめとこ山の熊………………………… 188
銀河鉄道の夜…………………………… 196
詩IV<稲作挿話 他>
業の花びら……………………………… 242
異途の出発……………………………… 242
未来圏からの影………………………… 243
詩への愛憎……………………………… 243
朝餐……………………………………… 245
山の晨明に関する童話風の構想……… 246
告別……………………………………… 247
春………………………………………… 248
第三芸術………………………………… 249
井戸……………………………………… 249
朝………………………………………… 250
林中乱思………………………………… 250
圃道……………………………………… 252
作品第一〇〇八番……………………… 252
作品第一〇一二番……………………… 253
開墾……………………………………… 253
札幌市…………………………………… 254
ローマンス……………………………… 254
作品第一〇二三番……………………… 255
作品第一〇二六番……………………… 255
作品第一〇三一番……………………… 256
燕麦播き………………………………… 256
作品第一〇四〇番……………………… 256
作品第一〇四二番……………………… 257
市場帰り………………………………… 258
作品第一〇四八番……………………… 258
作品第一〇六五番……………………… 259
菊芋……………………………………… 259
作品第一〇五四番……………………… 260
開墾地検察……………………………… 261
若き耕地課技手のIrisに対するレシタティヴ…… 262
県技師の雲に対するステートメント… 263
(それでは計算いたしませう)……… 265
火祭……………………………………… 266
来訪……………………………………… 267
(十いくつかの夜とひる)…………… 268
僚友……………………………………… 269
稲作挿話………………………………… 269
野の師父………………………………… 271
和風は河谷いっぱいに吹く…………… 273
作品第一〇八八番……………………… 275
停車場にてスヰトンを喫す…………… 276
穂孕期…………………………………… 277
童話IV<グスコーブドリの伝記 他>
貝の火…………………………………… 280
セロ弾きのゴーシュ…………………… 296
グスコーブドリの伝記………………… 309
詩V<病中 他>
(雨が霙に変ってくると)…………… 336
(風がおもてで呼んでゐる)………… 336
(その恐ろしい黒雲が)……………… 336
(丁丁丁丁丁)………………………… 337
病中……………………………………… 338
眼にて言ふ……………………………… 339
(まなこを開けば四月の風が)……… 339
夜………………………………………… 340
幻想……………………………………… 340
(われのみみちにただしきと)……… 341
病中幻想………………………………… 342
(ああ今日ここに果てんとや)……… 342
(手は熱く足はなゆれど)…………… 343
鼓者……………………………………… 343
(この夜半おどろきさめ)…………… 344
童話V<水仙月の四日 他>
気のいい火山弾………………………… 348
虔十公園林……………………………… 353
やまなし………………………………… 358
双子の星………………………………… 362
水仙月の四日…………………………… 374
詩VI<文語詩>
(弓のごとく)………………………… 382
(わが雲に関心し)…………………… 382
早池峯山巓……………………………… 382
眺望……………………………………… 382
(西のあをじろがらん洞)…………… 383
種山ヶ原………………………………… 384
烏百態…………………………………… 384
(遠く琥珀のいろなして)…………… 385
(このみちのいつともしらね)……… 385
恋………………………………………… 386
(血のいろにゆがめる月は)………… 386
(桐の木に青き花咲き)……………… 387
(森の上のこの神楽殿)……………… 387
百合を掘る……………………………… 388
(業うちはてし夕暮を)……………… 389
(きみにならびて野に立てば)……… 389
流氷(ザエ)…………………………… 390
敗れし少年の歌へる…………………… 390
(温く妊みて黒雲の)………………… 391
驟雨……………………………………… 391
上流……………………………………… 392
岩手公園………………………………… 392
(あかつき眠るみどりごを)………… 393
旱害地帯………………………………… 393
峡野早春………………………………… 394
(小きメリヤス塩の魚)……………… 394
(鉛のいろの冬海の)………………… 394
(ながれたり)………………………… 395
病技師…………………………………… 397
(川しろじろとまじはりて)………… 397
(ひとひははかなく)………………… 398
(あらたなる)………………………… 399
(せなうち痛み息熱く)……………… 400
早春……………………………………… 401
(うたがふをやめよ)………………… 401
臘月……………………………………… 402
童話VI<風の又三郎 他>
雪渡り…………………………………… 404
風の又三郎……………………………… 412
諸稿
雨ニモマケズ(手帳より・十一月三日)…… 446
遺詠……………………………………… 447
農民芸術概論綱要……………………… 447
浮世絵版画の話………………………… 452
修学旅行復命書………………………… 455
集会案内………………………………… 459
歌曲……………………………………… 461
精神歌………………………………… 461
牧歌…………………………………… 462
星めぐりの歌………………………… 463
ポラーノの広場の歌………………… 464
イギリス海岸の歌…………………… 465
大菩薩峠の歌………………………… 466
手紙……………………………………… 467
手紙I 大正七年十月 保阪嘉内あて…… 467
手紙II 大正十年一月三十日 関徳弥あて…… 469
手紙III 大正十四年二月九日 森佐一あて…… 471
手紙IV 大正十五年十二月十五日 宮沢政次郎あて…… 472
手紙V 昭和六年三月二十一日 工藤藤一あて…… 473
手紙VI 昭和八年九月十一日 柳原昌悦あて…… 474
*年譜 付関連作品索引………………… 477
*あとがき(横井博)…………………… 487
[ 2011/04/01 22:22 ] 宮沢賢治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。