研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  宮嶋資夫 >  『宮嶋資夫著作集』全7巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『宮嶋資夫著作集』全7巻

『宮嶋資夫著作集』全7巻(慶友社、1983.4~1983.11)



第1巻 1983.4.25
 
凡例
坑夫…………………………………………… 3
〔資料〕坑夫の死…………………………91
恨なき殺人………………………………… 117
雪の夜……………………………………… 165
犬の死まで………………………………… 189
山の鍛冶屋………………………………… 311
*この巻のこと(小田切秀雄)………… 343
*解題(黒古一夫)……………………… 365
 

第2巻 1983.5.25
 
凡例
土方部屋……………………………………… 3
道草……………………………………………49
閃光……………………………………………67
残骸……………………………………………95
角兵衛の子………………………………… 145
赤いコップ………………………………… 173
虚脱者……………………………………… 181
母と子……………………………………… 247
あこう鯛…………………………………… 269
*〈家〉・〈青春〉との格闘(黒古一夫)…… 283
*解題(黒古一夫)……………………… 297
 

第3巻 1983.6.25
 
凡例
流転…………………………………………… 3
安全弁…………………………………………75
機関室……………………………………… 101
野呂間の独言……………………………… 137
真偽………………………………………… 153
憎しみの後に……………………………… 173
開墾小舎…………………………………… 241
彼の哄笑…………………………………… 257
階梯………………………………………… 281
*体験から虚構への階梯(森山重雄)… 311
*解題(黒古一夫)……………………… 323
 

第4巻 1983.7.25
 
凡例
黄金地獄……………………………………… 3
仮想者の恋………………………………… 151
その頃のこと……………………………… 233
違算………………………………………… 269
*“壊体”からの脱出を求めて(中山和子)…… 311
*解題(黒古一夫)……………………… 321
 

第5巻 1983.8.25
 
凡例
金……………………………………………… 3
*長篇小説「金」について(久保田正文)…… 355
*解題(黒古一夫)……………………… 365
 

第6巻 1983.11.10
 
凡例
第四階級の文学……………………………… 3
第四階級の文学…………………………… 4
労働文学の主張……………………………11
小資本家的知識階級に対する反感………20
大杉栄論……………………………………27
社会主義運動の現状………………………33
労働者の友に与ふ…………………………57
山上より……………………………………62
断片(1) …………………………………71
断片(2) …………………………………79
比叡の雪……………………………………88
仏門に入りて(抄)…………………………99
序………………………………………… 100
私を語る………………………………… 103
私を語る……………………………… 103
農民生活思慕………………………… 105
憂鬱を罵る…………………………… 116
矛盾だらけ…………………………… 121
愚・痴………………………………… 126
マソ自嘲……………………………… 129
憐れなる彼の繰言…………………… 132
とんづまり…………………………… 138
文芸を語る……………………………… 146
独断…………………………………… 146
政治と文学…………………………… 154
文芸時評……………………………… 159
ふみにぢつた形式…………………… 169
進出した新興文学…………………… 178
窓を開く………………………………… 180
生田春月君の事……………………… 180
年末偶感……………………………… 186
古ぼけた思想………………………… 189
幸福とは……………………………… 197
何故仏門に帰依したか………………… 203
人間随筆…………………………………… 207
辻潤……………………………………… 208
鬼権……………………………………… 214
松辰……………………………………… 219
和田久太郎……………………………… 225
雨敬と福桃……………………………… 230
三宮先生………………………………… 235
東屋古満の助…………………………… 240
労働社の人々…………………………… 246
有島武郎について……………………… 251
大下藤次郎……………………………… 254
評論・随筆
職業病……………………………………… 262
一種の手淫に過ぎない…………………… 267
予の観たる大杉事件の真相……………… 273
転々三十年………………………………… 288
自ら語る…………………………………… 296
監獄部屋の話……………………………… 302
此頃の私の生活…………………………… 310
『文芸時評』創刊の辞…………………… 316
断想………………………………………… 318
自殺雑感…………………………………… 323
歓喜と苦痛と……………………………… 329
*実行と文学の間で(西田勝)………… 335
*解題(黒古一夫)……………………… 345
 

第7巻 1983.11.20
 
遍歴…………………………………………… 3
巡礼と遍歴………………………………… 4
生ひ立ち……………………………………17
無限の恐怖…………………………………20
混迷への出発(丁稚)……………………24
文学志望……………………………………32
家庭の混乱(家出)………………………35
人生への出発………………………………47
失恋…………………………………………50
投機の誘惑…………………………………56
鬼権・鉱山・流転・絶望…………………62
大杉等の無政府主義に共鳴す……………76
恋愛より結婚へ……………………………89
大杉の恋愛と煩悶…………………………97
『労働者』の発刊……………………… 103
サンジカリズム研究会の発展………… 108
大杉の三角関係の成立と辻潤………… 113
三角関係の破綻・日蔭茶屋事件以後の大杉…… 121
享楽と悔恨の反覆……………………… 135
叡山生活………………………………… 145
運動と創作……………………………… 159
大震災・虐殺…………………………… 178
死の恐怖………………………………… 192
禅門に入る……………………………… 205
禅病・停滞・無変化の苦悩…………… 222
転換の動機……………………………… 247
真宗に帰す……………………………… 268
*宮嶋資夫年譜黒古一夫〔編〕………… 273
1 履歴………………………………… 274
2 著書………………………………… 280
3 文学選集・再録類………………… 283
4 著作年譜…………………………… 284
*混濁から澄明へ(宮山栄之助)……… 293
[ 2011/04/01 22:23 ] 宮嶋資夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。