研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  宮地嘉六 >  『宮地嘉六著作集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『宮地嘉六著作集』全6巻

『宮地嘉六著作集』全6巻(慶友社、1984.1~1985.2)



第1巻 1984.1.20
 
凡例
鉄工場………………………………………… 3
煤煙の市……………………………………… 9
佐吉……………………………………………16
卒塔婆の家……………………………………29
窮迫と幻想……………………………………47
その一人………………………………………61
免囚者の如く…………………………………79
煤煙の臭ひ……………………………………96
風の叫び…………………………………… 133
甕…………………………………………… 147
河岸の強人………………………………… 165
彼の生涯の第二期………………………… 192
騒擾後……………………………………… 216
ある職工の手記…………………………… 236
音戸の瀬戸………………………………… 268
双六の駒…………………………………… 302
第三の継母………………………………… 320
*後記 宮地嘉六 その出発(堀切利高)…… 331
*第1巻収録作品出典一覧 ……………… 349
 

第2巻 1984.2.20
 
凡例
放浪者富蔵…………………………………… 3
時計と清吉……………………………………59
竹本一座………………………………………66
適齢前…………………………………………71
悪夢の思ひ出…………………………………85
観劇会…………………………………………93
裏切られた人々…………………………… 101
河畔………………………………………… 131
赤シヤツの仲間…………………………… 136
生活の沼…………………………………… 171
青い狸……………………………………… 224
豆腐屋の笛………………………………… 242
第一号檻房にて…………………………… 266
橋本氏の半生……………………………… 298
*後記 労働小説家から文壇私小説家へ(大和田茂)…… 327
*第2巻収録作品出典一覧 ……………… 344
 

第3巻 1984.4.15
 
凡例
群像…………………………………………… 3
*後記 自虐の人・宮地嘉六(黒古一夫)…… 325
 

第4巻 1984.5.30
 
凡例
ひとりごとをいふ男………………………… 3
素描…………………………………………… 9
やきもち………………………………………27
結婚難…………………………………………38
放浪物語…………………………………… 101
義妹の断髪………………………………… 113
客…………………………………………… 122
第二温泉場スケツチ……………………… 133
累…………………………………………… 151
妻…………………………………………… 180
真珠を持つ男……………………………… 200
軍港風景…………………………………… 218
新開町スケツチ…………………………… 231
ステーシヨン附近………………………… 246
父を嗤ふ…………………………………… 270
即吟………………………………………… 299
*後記 宮地嘉六 その私小説(堀切利高)…… 303
*第4巻収録作品出典一覧 ……………… 315
 

第5巻 1984.8.25
 
凡例
夜半の歌……………………………………… 3
愛情山河………………………………………30
子を育てる……………………………………53
職工物語………………………………………95
老残………………………………………… 221
八ツ手の蔭………………………………… 254
王子権現抄………………………………… 284
*後記 宮地嘉六 その私小説(2)(森本修)…… 315
*第5巻収録作品出典一覧 ……………… 329
 

第6巻 1985.2.28
 
評論・感想……………………………… 3
I 評論……………………………………… 4
欺かれたる日本の労働者…………………… 4
最近の感想…………………………………… 8
感じのまゝ……………………………………12
文壇の理想家…………………………………15
プロレタリアート芸術………………………17
地下室にて……………………………………20
プロレタリア芸術とブルヂヨア芸術と……27
芸術に対する一考察…………………………30
言ひたくはないが……………………………35
片上伸氏の一文を読みて……………………41
文芸と思想……………………………………44
芸術の本質……………………………………46
態度を厳粛にする意味に於て………………51
II 時評 ……………………………………56
客臘の小説から………………………………56
七月の創作界…………………………………65
自由であるが稍稀薄…………………………70
読んだものいろいろ…………………………71
読んだものから………………………………74
「三等客船」と「人さまざま」……………76
此頃の感想……………………………………78
小寺菊子女史の作品を語る…………………83
III 自作について…………………………86
小説「煤煙の臭ひ」…………………………86
「放浪者富蔵」は何うして書いたか………88
独学小説道……………………………………90
掌の三つの筋…………………………………92
凡六荘出版……………………………………96
「竹本一座」作者附記………………………97
『老残』あとがき……………………………97
本年発表せる作品に就て(『新潮』所載・大正9年~昭和5年)……98
人物記…………………………………… 111
まれにみる立派な人―藤森成吉氏の印象…… 112
岩野氏と私………………………………… 115
学問のある人格の人として―豊島与志雄氏…… 116
爽快な氏の生涯―瀧田樗陰追憶記……… 117
志賀直哉氏に会ふ………………………… 121
室生犀星論………………………………… 125
逝ける葛西善蔵君………………………… 132
堅忍不屈の人―堺利彦氏を語る………… 136
田中さんを憶ふ―田中貢太郎追悼……… 138
資夫君と私―宮嶋資夫追憶……………… 139
私には文学上の育ての兄―舟木重雄回想…… 141
奇人山崎今朝弥…………………………… 143
菊池寛氏と僕……………………………… 149
宮本百合子女史のことなど……………… 155
回想……………………………………… 159
在獄四ケ月の夢…………………………… 160
職工から身を起こして…………………… 163
小説家になつた動機……………………… 170
投書家時代の回顧………………………… 171
交友昔語…………………………………… 172
私の正しき追憶…………………………… 174
文芸運動としての『奇蹟』同人の進出… 178
創作苦行…………………………………… 185
旋盤職工時代……………………………… 195
回顧の一端………………………………… 199
ふるさとの今昔…………………………… 203
一時代前の回想…………………………… 206
宮島の処女作としての「坑夫」………… 212
徳田秋声先生と僕………………………… 214
随筆・他………………………………… 219
女にかけては小心者……………………… 220
倒れた馬…………………………………… 224
蒟蒻の味…………………………………… 228
赤ん坊がほしい…………………………… 233
思つたまゝを言ふ………………………… 235
私は沈黙主義……………………………… 237
足の裏をきれいにすること……………… 240
感じたまゝを……………………………… 251
私の生活と芸術…………………………… 253
すべては文学修養か……………………… 263
近状を報ずるの愚書……………………… 267
作家生活余談……………………………… 270
余技としての版画………………………… 273
あれやこれやの感想……………………… 277
杭州思ひ出の記…………………………… 279
雪…………………………………………… 282
パチンコの玉……………………………… 285
『老残』の挨拶…………………………… 287
〔童話〕京太郎…………………………… 290
〔公判傍聴記〕一家総心中惨劇………… 294
日録……………………………………… 301
九月の日記(大正九年)………………… 302
新婚日記(大正十年)…………………… 307
暑中日記(昭和二年)…………………… 309
早春の記(昭和三年)…………………… 310
私の三日間(昭和三年)………………… 316
最後の日記(昭和三十二年~三十三年)…… 217
続二月の日記(絶筆)…………………… 328
*あとがき(森本修)…………………… 331
*宮地嘉六年譜・著作目録……………… 331
*年譜………………………………… 332
*著作目録…………………………… 339
一 単行本……………………… 339
二 全集等所収作品…………… 341
作品……………………………… 342
*完結にあたって(小田切秀雄)……… 363
[ 2011/04/01 22:25 ] 宮地嘉六 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。