研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三好十郎 >  『三好十郎著作集』全63巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三好十郎著作集』全63巻

『三好十郎著作集』全63巻(三好十郎著作集刊行会、1960.9~1966.9)



第1巻 1960.11.8
 
峯の雪(戯曲)……………………………… 1
「峯の雪」に関するノート…………………45
神という殺人者(小説)……………………49
神という殺人者(戯曲)……………………89
ノート 神と人との間 神という殺人者…… 114
創作ノートについて……………………… 128
*後記……………………………………… 129
 


第2巻 1960.9.18
 
好日 (一幕)……………………………… 1
おりき (一幕)……………………………66
 


第3巻 1960.11.26
 
評論・随筆篇 1
小伝…………………………………………… 1
百姓吾八の言葉……………………………… 2
芝居のこと二三……………………………… 4
ドラマとテアトル…………………………… 9
打砕かるる人…………………………………14
未だ答へは否定的だ…………………………27
俳優を捜す……………………………………37
自分の事その他………………………………41
新劇時評………………………………………47
老大家達………………………………………51
山本安英の半生記……………………………52
新劇当面の諸問題……………………………63
喰はれてゐる…………………………………65
再び職人風に…………………………………66
パセテイックなもの…………………………76
*後記…………………………………………85
 


第4巻 1961.1.21
 
彦六大いに笑う……………………………… 1
彦六なぐらる…………………………………41
彦六の歓び……………………………………87
「彦六のよろこび」に関する『ノート』…92
決闘……………………………………………95
*後記……………………………………… 116
 


第5巻 1961.3.2
 
せき (六場)……………………………… 1
字・西の田……………………………………43
焼酎(四場)―「字・西の田」のつづき―……67
 


第6巻 1961.4.5
 
朝霧…………………………………………… 1
捨吉……………………………………………13
獣の行方………………………………………43
内の鴬…………………………………………93
「朝霧」の出演者に……………………… 108
*あとがき………………………………… 110
 


第7巻 1961.5.17
 
天狗外伝 斬られの仙太…………………… 1
『好日』補筆のための覚え書…………… 151
「廃墟」第2部のための覚え書 ………… 152
 


第8巻 1961.6.15
 
賭ける女……………………………………… 1
横町の消息……………………………………95
*あとがき………………………………… 106
 


第9巻 1961.7.11
 
首を切るのは誰だ (一幕)……………… 1
疵だらけのお秋 (四幕)…………………17
おまつり (一幕)…………………………71
唸れロボット (一幕)……………………89
*あとがき………………………………… 107
 


第10巻 1961.8.19
 
じぶんの顔…………………………………… 1
生活から……………………………………… 2
文体…………………………………………… 3
寝ざめぎわ…………………………………… 4
二三のくふう………………………………… 6
十年二十年のこと……………………………11
〔無題〕………………………………………17
宗教について…………………………………19
原始と近代……………………………………21
戯曲座にて……………………………………26
若さの本質について…………………………29
東京の美………………………………………33
ある人に………………………………………37
或る人に………………………………………38
自分との論争…………………………………40
マチエールへの愛……………………………42
ピカソのつまらなさ…………………………43
現代演劇について……………………………47
不安について…………………………………50
二十五時の問題について……………………57
或る案内状の草稿……………………………61
話し合えぬ相手………………………………65
日本語のよさ…………………………………66
共産主義と私…………………………………73
マチエールへの愛……………………………87
行き倒れ………………………………………89
*あとがき……………………………………98
 


第11巻 1961.9.30
 
傾斜…………………………………………… 1
危険な演技……………………………………33
鐘乳洞…………………………………………55
一夜(戯曲)…………………………………81
*あとがき………………………………… 104
 


第12巻 1961.10.30
 
無明一番槍…………………………………… 1
「無明一番槍」に就て………………………50
露路の奥………………………………………51
青春……………………………………………95
*あとがき………………………………… 100
 


第13巻 1961.11.25
 
報国七生院 (九景)……………………… 1
横に!そしてタテに…………………………51
熊手隊…………………………………………73
童話 花と卵…………………………………96
*あとがき………………………………… 102
 


第14巻 1961.12.23
 
詩劇 水仙と木魚…………………………… 1
大福と予言者…………………………………33
夜の饗宴………………………………………57
やかましい人…………………………………83
オペレッタ 大福と予言者……………… 107
「夜の饗宴」についての覚え書………… 110
*あとがき………………………………… 112
 


第15巻 1962.1.31
 
雨夜三曲……………………………………… 1
一番外側のもの……………………………… 1
今私の友は…………………………………… 2
空と涙と……………………………………… 3
怠けた放浪者………………………………… 3
賽の河原……………………………………… 4
月かげを埋葬す……………………………… 4
味噌買いに行く……………………………… 5
旅行をする精神……………………………… 6
月の出ぬ夜は………………………………… 7
中世紀の天文学……………………………… 7
詩的でない考へ……………………………… 7
叙事詩唯物神………………………………… 8
ものすごい甦生………………………………36
丘での風………………………………………37
壁の上の愛……………………………………37
世界の停止……………………………………39
秋霊幻怪………………………………………39
幾何学的風景…………………………………48
宇宙の大きさと望楼…………………………49
寂光……………………………………………50
山東へやった手紙……………………………52
おい、執行委員………………………………55
棺の後ろから…………………………………57
トモダチ エ!………………………………61
霧―俺は一兵卒だ……………………………62
手は血を?……………………………………67
正義を忘れる!………………………………68
職工、技術工諸君……………………………70
町の赤旗に向って……………………………72
川向ふへどなる………………………………75
彼等の一人……………………………………75
マリヤ達………………………………………76
汝等の中の柩車………………………………84
病院で…………………………………………89
決議された日…………………………………91
姉さん!………………………………………93
金たたき………………………………………94
ピォニール……………………………………94
職代……………………………………………95
大川がだまって流れる………………………96
三人の言ったこと……………………………97
セカイのトモダチヨ……………………… 100
敗れて帰る俺達…………………………… 100
水尾………………………………………… 103
高原にて…………………………………… 105
山独活のうた……………………………… 111
ヘドの花…………………………………… 111
*あとがき………………………………… 113
 


第16巻 1962.2.27
 
新劇と映画…………………………………… 1
作家渡世……………………………………… 5
新劇の弱さ……………………………………16
新劇を強めるために…………………………21
商業劇団のレパートリー……………………24
ラジオの演目…………………………………27
愉しいから……………………………………29
誰に読ませる?………………………………31
他意無之………………………………………33
仲町貞子管見…………………………………34
新築地の「桜の園」…………………………37
諷刺文学のむづかしさ………………………43
一新劇人への手紙……………………………47
演劇時評………………………………………51
わが作家論 村山知義を語る………………58
ロッパ一座……………………………………60
怒れる喜劇……………………………………61
「戦国群盗伝」のこと………………………63
劇作家の希望…………………………………66
補遺
近代ゴシックと日夏耿之介…………………71
時評……………………………………………86
書け、落合三郎其他…………………………92
舞台裏の涙……………………………………94
 


第17巻 1962.3.31
 
彦六大いに笑ふ……………………………… 1
地熱……………………………………………51
おスミの持参金…………………………… 102
*あとがき………………………………… 140
 


第18巻 1962.4.30
 
炎の人………………………………………… 1
あとがき………………………………… 111
ゴオホの三本の柱………………………… 113
人生画家ゴッホ…………………………… 117
炎の人(作品集より)…………………… 121
ゴッホとのめぐりあい…………………… 127
*あとがき………………………………… 132
 


第19巻 1962.5.26
 
大きい車輪…………………………………… 1
女ごころ………………………………………15
妙な女…………………………………………33
撮影所の幽霊…………………………………55
美しい手紙……………………………………91
*あとがき………………………………… 104
 


第20巻 1962.6.12
 
胎内…………………………………………… 1
戯曲研究会のノートから……………………87
*あとがき………………………………… 106
 


第21巻 1962.7.17
 
妻恋行………………………………………… 1
屠殺場へ行く路………………………………23
鏡………………………………………………57
*あとがき………………………………… 111
 


第22巻 1962.8.21
 
破れわらじ…………………………………… 1
不良日記………………………………………25
健の犯罪………………………………………45
夜の潮…………………………………………67
願いごと………………………………………91
*あとがき………………………………… 112
 


第23巻 1962.9.27
 
世界最古の書籍……………………………… 1
熔接されたもの………………………………15
*「熔接されたもの」解題(川俣晃自)…85
*あとがき……………………………………90
 


第24巻 1962.11.5
 
村山知義へ…………………………………… 1
芝居随談……………………………………… 5
観客との合作………………………………… 7
安住の棲家…………………………………… 9
映画に関しない随筆…………………………11
三月の劇評……………………………………14
三面記事的リアリズム………………………21
自由劇場……………………………………22
演出家の貧困………………………………22
新劇職業化…………………………………23
文芸時評(1) ………………………………24
文芸時評(2) ………………………………25
文芸時評(3) ………………………………27
文芸時評(4) ………………………………28
文芸時評(5) ………………………………30
しなりお、余話………………………………32
春の追想………………………………………35
五月の各座を観る……………………………37
歌舞伎・新劇…………………………………38
私の夢想………………………………………39
「シナリオ文学論」読後……………………44
演劇慰問列車…………………………………47
新劇の幽霊……………………………………48
歌舞伎保存と伝承……………………………49
映画俳優雑論(その1) ……………………50
独語風自伝……………………………………58
芸術小劇場の「紋章」………………………86
国民に返せ!…………………………………87
映画俳優論(その2) ………………………89
劇評雑感…………………………………… 100
劇評談義…………………………………… 101
 


第25巻 1962.12.6
 
浮標…………………………………………… 1
病中手記…………………………………… 113
*あとがき………………………………… 118
 


第26巻 1962.12.16
 
生きてゐる狩野……………………………… 1
幽霊荘…………………………………………61
*あとがき………………………………… 137
 


第27巻 1963.1.31
 
恐山トンネル………………………………… 1
鉄のハンドル…………………………………47
*あとがき………………………………… 120
 


第28巻 1963.2.26
 
ぼたもち……………………………………… 1
初旅……………………………………………21
鈴が通る………………………………………45
ともしび………………………………………67
女体……………………………………………97
*あとがき………………………………… 113
 


第29巻 1963.4.5
 
「路地の奥」の作者として………………… 1
芸術至上主義と能率至上主義……………… 3
本職のこと…………………………………… 6
素裸になれ千田是也アマチュア論………… 8
講演ぎらひ…………………………………… 9
俳優いろいろ…………………………………11
映画に関する疑問……………………………14
言はざるの弁…………………………………21
時感二つ………………………………………22
映画批評家のこと…………………………22
政治の波長と芸術の波長…………………27
年期……………………………………………31
シナリオ作家への手紙………………………32
芸術の恐ろしさ………………………………41
自分のためのノートから……………………53
戯曲「三日間」に添へる私信………………59
千葉の上田さん………………………………62
俳優への手紙…………………………………64
 


第30巻 1963.7.27
 
冒した者……………………………………… 1
「冒した者」演出メモ………………………99
町はづれ…………………………………… 100
*あとがき………………………………… 102
 


第31巻 1963.5.15
 
崖……………………………………………… 1
稲葉小僧………………………………………47
満員列車………………………………………89
満員列車稲葉小僧 上演の手びき……… 107
*あとがき………………………………… 127
 


第32巻 1963.6.21
 
をさの音……………………………………… 1
俺は愛する……………………………………35
「俺は愛する」創作ノート……………… 107
*あとがき………………………………… 110
 


第33巻 1963.8.20
 
樹氷(上)…………………………………… 1
「樹氷」舞台劇化のためのノート1 …… 105
*あとがき………………………………… 109
 


第34巻 1963.9.28
 
樹氷(下)…………………………………… 1
「樹氷」舞台劇化のためのノート2 ………94
*あとがき………………………………… 105
 


第35巻 1963.10.23
 
作者より……………………………………… 1
「ツーロン港」と「喋る」………………… 2
ソフィスト列伝……………………………… 3
或る役人……………………………………… 4
或る重役……………………………………… 4
或る町会長…………………………………… 5
或る名流夫人………………………………… 5
或る左翼文士………………………………… 6
或る闇商人…………………………………… 6
ちかごろの感想……………………………… 7
「火」のない新劇…………………………… 9
劇作家のくらし………………………………10
新劇の悪口……………………………………14
ことば…………………………………………16
演劇の往く道…………………………………24
劇曲研究会のこと……………………………26
ユウレイ観客…………………………………29
ソヴィエット文学私見………………………34
丸山定夫についての断片……………………42
望みを若い世代に……………………………53
創作戯曲の貧困………………………………55
望みを若き世代に……………………………56
魅力について…………………………………64
オハナさん……………………………………71
小説と戯曲……………………………………75
現代的症状……………………………………82
補遺
芝居らしくないものを………………………93
新劇の女優連…………………………………94
「戦国群盗伝」の主題………………………95
私の写真術……………………………………96
*あとがき……………………………………98
 


第36巻 1963.11.27
 
逃げる神様…………………………………… 1
噛みついた娘…………………………………27
寒駅……………………………………………69
マツコとユミコ………………………………87
*あとがき………………………………… 103
 


第37巻 1964.1.16
 
夢たち………………………………………… 1
夜の道づれ……………………………………71
 


第38巻 1964.1.31
 
廃墟…………………………………………… 1
橋の下…………………………………………87
*あとがき……………………………………95
 


第39巻 1964.3.20
 
大インテリ作家……………………………… 1
小説製造業者諸氏……………………………12
「日本製」ニヒリズム………………………23
ブルジョア気質の左翼作家…………………40
落伍者の弁……………………………………57
或る対話………………………………………72
ジヤナリストへの手紙………………………92
1 反省について……………………………92
2 論文について……………………………96
3 演劇雑誌について………………………98
4 平和運動について…………………… 101
5 大衆作家について…………………… 106
恐ろしい陥没……………………………… 109
小豚派作家論……………………………… 123
ぼろ市の散歩者(1) …………………… 131
ぼろ市の散歩者(2) …………………… 138
 


第40巻 1964
 
炭塵…………………………………………… 3
炭塵に添へて……………………………… 136
*あとがき………………………………… 138
 


第41巻 1964.4.28
 
天狗党余燼 襲はれた町…………………… 1
鷲の王峠………………………………………53
*あとがき………………………………… 103
 


第42巻 1964.5.31
 
その人を知らず……………………………… 1
「鏡」のためのノート…………………… 103
「寒駅」のためのノート………………… 108
*あとがき………………………………… 110
 


第43巻 1964.6.30
 
地熱…………………………………………… 1
獅子……………………………………………57
*あとがき………………………………… 111
 


第44巻 1964.7.31
 
一枚書評……………………………………… 1
真実はある…………………………………… 1
映画感覚……………………………………… 2
映画「ハムレット」……………………… 3
感覚の問題………………………………… 8
女流作家(上)………………………………16
女流作家(下)………………………………17
東西文学者比較研究…………………………18
催眠小説の流行………………………………29
エスキース二三………………………………30
いかに生きる…………………………………35
「瘤」を読む…………………………………43
バナナの皮……………………………………44
愛と性のこと…………………………………45
五批評家にたてまつる………………………54
日本より………………………………………63
日本映画にヘドを吐く………………………64
愛の中に在るもの……………………………73
小説の衰弱……………………………………76
詩の衰弱………………………………………83
刺戟失格(上)………………………………89
文章のたくらみ(下)………………………90
補遺
劇曲の独立……………………………………92
 


第45巻 1964.8.31
 
殺意(ストリップショウ)………………… 1
痴情……………………………………………67
*あとがき………………………………… 100
 


第46巻 1964.9.30
 
愚者の楽園…………………………………… 1
賢人今昔…………………………………… 1
清水幾太郎………………………………… 1
小林秀雄…………………………………… 1
愚者………………………………………… 1
動物第一類………………………………… 1
動物第二類………………………………… 1
動物第三類………………………………… 1
動物第四類………………………………… 2
そして……………………………………… 2
「異邦人」論争…………………………… 2
P …………………………………………… 2
百姓………………………………………… 2
ピカソは笑う……………………………… 3
画家と作品と……………………………… 3
ピカソの食欲……………………………… 3
狐…………………………………………… 3
狸…………………………………………… 3
ムジナ……………………………………… 3
猿…………………………………………… 3
そして人間………………………………… 4
ダイナマイトを食う……………………… 4
マグロ二貫目……………………………… 4
雑誌小説三十篇…………………………… 4
千個の原子爆弾…………………………… 4
物の質と量………………………………… 4
ラジオ……………………………………… 5
寒い朝鮮…………………………………… 5
パチンコ談義……………………………… 6
服装哲学…………………………………… 7
BCG論議 …………………………………… 7
チャタレイ判決…………………………… 8
民主主義雑考……………………………… 8
批評について……………………………… 9
歯について………………………………… 9
〔無題〕……………………………………10
判つて貰いたい善意 ナマ呑みこみは勿論いけない……11
“高い合理主義”へ誠意を汲んで再検討……13
〔無題〕……………………………………14
アチーヴメント・テスト…………………15
〔無題〕〔2篇〕 …………………………16
共通の広場…………………………………17
〔無題〕〔27篇〕…………………………18
辻政信的再登場……………………………39
〔無題〕〔11篇〕…………………………40
あと戻りする日本…………………………50
〔無題〕〔29篇〕…………………………52
日本の一市民の頼み………………………76
〔無題〕〔6篇〕 …………………………78
夕閑語…………………………………………83
日本の恐怖…………………………………83
俳優の宿業…………………………………84
良い国、日本………………………………85
芸術祭と入場税……………………………85
チャタレイ裁判……………………………86
女の型………………………………………87
平和署名……………………………………88
 


第47巻 1964.10.31
 
美しい人(上)……………………………… 1
 


第48巻 1964.11.30
 
美しい人(中)……………………………… 1
 


第49巻 1964.12.31
 
美しい人(下)……………………………… 1
 


第50巻 1965.1.31
 
三日間………………………………………… 1
劇場の真実……………………………………85
「三日間」のための覚え書…………………97
*あとがき……………………………………98
 


第51巻 1965.2.28
 
一九五二年をむかえて 平和署名………… 1
文学に於ける政治…………………………… 2
逆コースの恐怖………………………………24
ひとの命わが命………………………………25
百パーセントの女性…………………………34
平凡ですぐれた詩……………………………39
作品と自分……………………………………40
「冒した者」について………………………43
あるがままの事実と真実……………………44
言葉の暴力……………………………………46
歩くこと………………………………………47
日本語と詩……………………………………55
私の生活………………………………………61
カミユの政治参与……………………………65
文化座のこと…………………………………69
問題のむずかしさ……………………………70
劇作家の存立…………………………………76
歩いてきた道…………………………………80
抵抗のよりどころ……………………………84
 


第52巻 1965.3.31
 
バイロン伝…………………………………… 1
序…………………………………………… 1
第1章 血党と家族 ……………………… 2
第2章 幼時及び学校生活 ……………… 7
第3章 ケンブリッヂ ……………………20
第4章 旅行時代 …………………………30
第5章 ロンドン生活 ……………………37
第6章 結婚 ………………………………46
第7章 スヰス―ヴェニス ………………58
第8章 ラヴェンナ ………………………87
第9章 ピサ―ジェノア …………………94
第10章 ギリシャへ―死……………… 124
第11章 結論…………………………… 132
附 バイロン年表……………………… 134
 


第53巻 1965.4.30
 
トミイのスカートからミシンがとびだした話…… 1
魔の石……………………………………… 107
魔の石・ノート…………………………… 119
 


第54巻 1965.6.30
 
肌の匂い……………………………………… 1
補遺 詩4篇
赤いしもんさん…………………………… 216
あまのじやくな流浪者…………………… 217
雪と血と煙草の進軍……………………… 218
秋の軍隊…………………………………… 219
 


第55巻 1965.7.31
 
「火炎ビン」始末…………………………… 1
抵抗の姿勢…………………………………… 4
打ち砕かれた心………………………………17
清水幾太郎さんへの手紙……………………23
アメリカ人に問う……………………………43
夏虫の作者……………………………………52
幸福な戦争花嫁………………………………53
石がもの言う時………………………………55
獅子について…………………………………67
平和というバベルの塔………………………68
判決はまちがいです…………………………71
これでよいのか………………………………82
 


第56巻 1965.8.31
 
やまびこ……………………………………… 1
猿の図…………………………………………25
ごくつぶし……………………………………65
*あとがき……………………………………93
 


第57巻 1965.11.16
 
腰ぬけインテリ……………………………… 1
T君からの手紙 ……………………………… 8
T君への返事 …………………………………17
退屈している作家……………………………45
口舌の徒………………………………………47
くいちがい……………………………………54
この作品を観よ………………………………56
九洲まで歩く積り……………………………57
恥知らぬ徒……………………………………59
徒労……………………………………………61
断絶と倒錯……………………………………67
自信ある世界人………………………………69
人間の二つの型………………………………70
感想……………………………………………74
中国行きの文化人に望む……………………75
わからぬこと三題……………………………77
1 湯川博士と都築博士……………………77
2 松川事件その後…………………………78
3 スタニラフスキイ・システム…………80
対決からの逃避………………………………81
教育者よ恥じろ………………………………83
知識人とノイローゼ…………………………86
寛容と日和見…………………………………88
中年者の無責任………………………………92
生きのびるための世論………………………95
知識人のよろこばしい本務とのろわしい運命のこと……97
民衆の泣きどころ………………………… 105
日本よい国………………………………… 106
公約数の欠乏……………………………… 110
弟妹たちへの忠告………………………… 112
ちかごろの演劇…………………………… 115
 


第58巻 1965.12.22
 
生涯からのノート 第一…………………… 1
生涯からのノート 第二……………………31
戯曲のつくり方………………………………53
正直のところ…………………………………81
「おまつり」のことで ピオニールへ……83
「八月十五日に向って」……………………85
プロットの旗…………………………………89
婦人よ・列へ…………………………………90
*あとがき………………………………… 101
 


第59巻 1966.1.30
 
判断保留のこと……………………………… 1
二人の狂人……………………………………12
急進派の病気…………………………………13
寛容と人情……………………………………17
若い世代に失望………………………………21
偉大さのこわさ………………………………26
陶酔の不足……………………………………28
冒険の欠如……………………………………30
演劇のたそがれ………………………………32
現代人の声と言葉……………………………34
自由と解放の敵………………………………37
賢者の言葉……………………………………39
インテリ村の村八分…………………………41
押川昌一君のこと……………………………46
タイミング失調………………………………48
日々の恥はかきすて…………………………51
犬のように……………………………………53
テレビのチャンバラ…………………………55
愚かな声で……………………………………56
わが青春………………………………………58
頭に穴のあいた人間…………………………60
本来の効用……………………………………62
ほめるらん……開設の弁……………………64
ほめるらん……「蜜柑」と横関氏の小文…65
ほめるらん……非営利的映画………………66
ほめるらん……科学と修身…………………66
ほめるらん……徳永直の娘さん……………67
ほめるらん……ケーキと大福………………68
劇作家の立場…………………………………68
ほめるらん……前進座の正体………………71
ほめるらん……菊池寛の遺風………………71
ほめるらん……小雑誌………………………72
ほめるらん……ラジオ・ドラマのかげに…72
ほめるらん……教職員………………………73
ジンナイさん…………………………………74
ちかごろの感想から…………………………76
思いきった手紙………………………………79
観念劇の流行…………………………………80
退屈の話………………………………………82
悪人を求む……………………………………84
小さい同志……………………………………89
 


第60巻 1966.3.31
 
プロレタリア詩の内容……………………… 1
評論随筆補遺(1)
故園情…………………………………………10
現実主義の詩…………………………………11
詩が書けなくなれ!…………………………13
詩は如何に「行動」すべきか?……………16
バルザックに就ての第一のノート…………19
断片……………………………………………36
作者の言葉……………………………………39
戯曲座のために………………………………40
押川昌一君のこと……………………………40
この作品を観よ………………………………42
押川昌一君の歩み……………………………43
奈良……………………………………………44
評論随筆補遺(2)
応募戯曲読後に………………………………45
演劇断想………………………………………50
偶感二三………………………………………51
かねての情意…………………………………53
映画・演劇について…………………………54
不良心…………………………………………58
芸能祭と作家的志操…………………………60
劇作家飢う……………………………………61
言葉・文章……………………………………61
心温い良き人…………………………………63
演劇と諷刺……………………………………64
〔短歌など〕…………………………………65
談話
秋元さんの事…………………………………66
『地熱』について……………………………68

戯曲集「浮標」あとがき……………………70
戯曲集「三日間」あとがき…………………73
戯曲集「夢たち」あとがき…………………76
戯曲集「崖」あとがき………………………79
戯曲集「廃墟」あとがき……………………83
戯曲集「獅子」あとがき……………………85
三好十郎作品集第4巻あとがき ……………85
「冒した者」………………………………85
「廃墟」……………………………………87
「トミイのスカートからミシンがとびだした話」……88
三好十郎作品集第3巻あとがき ……………90
「稲葉小僧」………………………………90
「猿の図」…………………………………90
「胎内」……………………………………91
三好十郎作品集第2巻あとがき ……………92
「その人を知らず」………………………92
「崖」………………………………………93
「夜の道づれ」……………………………95
「殺意」……………………………………96
三好十郎作品集第1巻あとがき ……………97
「浮標」……………………………………97
「おさの音」………………………………98
「獅子」……………………………………99
「幽霊荘」……………………………… 100
「美しい人」あとがき…………………… 102
作者の言葉………………………………… 103
ぼたもち………………………………… 104
夜の潮…………………………………… 106
初旅……………………………………… 107
破れわらじ……………………………… 108
「樹氷」あとがき………………………… 109
「問い」に「答える」十四項目………… 110
(現詩壇に対する感想要望)………… 110
文学を志す人のために………………… 110
「文学案内」を諸君になぜ推薦するか?…… 110
私の最も影響された本………………… 111
独立作家クラブはどう活動すべきか… 111
魯迅逝く………………………………… 111
日本共産党への注文…………………… 112
公開質問………………………………… 112
誰のために小説を書くのか?………… 113
〔無題〕………………………………… 113
〔無題〕………………………………… 114
感銘を受けた作品……………………… 114
〔無題〕………………………………… 115
警職法改正と戦前の警察……………… 115
雑篇
中学時代の俳句・詩・短歌……………… 116
〔俳句〕………………………………… 116
冷やかな熱狂…………………………… 116
管金雄君逝く…………………………… 116
詩「踊る!」……………………………… 117
戦ひの歌…………………………………… 118
広告………………………………………… 118
「戦国群盗伝」の主題歌………………… 119
新戯曲文庫発刊の言葉…………………… 119
詩精神に…………………………………… 120
(尹紫遠著「三十八度線」序文)……… 120
三十八度線について…………………… 120
(口述筆記・未定稿)…………………… 121
広告………………………………………… 124
戦ひの歌(楽譜)………………………… 124
自伝………………………………………… 125
*年譜……………………………………… 125
*作品年譜………………………………… 126
*あとがき………………………………… 128
 


第61巻 1966.5.17
 
ノート 1 …………………………………… 1
ノート 2 ……………………………………55
 


第62巻 1966.7.2
 
書簡…………………………………………… 1
*索引……………………………………… 110
 


第63巻 1966.9.30
 
書簡…………………………………………… 1
*索引……………………………………… 159
[ 2011/04/02 09:21 ] 三好十郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。