研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  武者小路実篤 >  『武者小路実篤全集』全25巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『武者小路実篤全集』全25巻

『武者小路実篤全集』全25巻(新潮社、1954.11~1957.3)



第1巻 小説 1 1954.11.15
 
幸福者………………………………………… 7
第三の隠者の運命………………………… 145
*後書き…………………………………… 445
 

第2巻 小説 2 1954.11.30
 
お目出たき人………………………………… 7
世間知らず……………………………………69
彼が三十の時……………………………… 201
*後書き…………………………………… 425
 

第3巻 小説 3 1954.12.25
 
或る男………………………………………… 3
*後書き…………………………………… 481
 

第4巻 小説 4 1955.1.15
 
母と子………………………………………… 3
*後書き…………………………………… 449
 

第5巻 小説 5 1955.2.15
 
友情…………………………………………… 7
愛と死……………………………………… 117
幸福な家族………………………………… 213
*後書き…………………………………… 453
 

第6巻 小説 6 1955.3.30
 
愚者の夢……………………………………… 7
楽園の子等………………………………… 137
棘まで美し………………………………… 293
*後書き…………………………………… 457
 

第7巻 小説 7 1955.4.21
 
暁……………………………………………… 7
若き日の思ひ出…………………………… 117
虹…………………………………………… 331
*後書き…………………………………… 455
 

第8巻 小説 8 1955.5.30
 
耶蘇…………………………………………… 7
井原西鶴…………………………………… 147
一休………………………………………… 229
良寛………………………………………… 365
*後書き…………………………………… 423
 

第9巻 小説 9 1955.6.30
 
芳子…………………………………………… 7
ペルシャ人……………………………………45
西幸熊…………………………………………57
初恋……………………………………………65
死………………………………………………99
小さき世界………………………………… 131
姉…………………………………………… 171
新らしき家………………………………… 187
不幸な男…………………………………… 229
母としてのわが母………………………… 283
土地………………………………………… 295
へんな原稿………………………………… 327
A夫婦 ……………………………………… 377
一休に聞いた話…………………………… 403
Cの話 ……………………………………… 409
友の話……………………………………… 417
*後書き…………………………………… 437
 

第10巻 小説 10 1955.7.30
 
ある母………………………………………… 7
ある父…………………………………………25
久米仙人………………………………………57
ユダの弁解……………………………………63
ヨハネ、ユダの弁解を聞いて………………73
エピソート……………………………………79
レオナルドの母………………………………89
迦留陀夷………………………………………97
大国主の命………………………………… 115
須佐之男の命と大国主の命……………… 129
老彫刻家の道徳心………………………… 139
黒住宗忠…………………………………… 145
白隠………………………………………… 165
A先生の遺稿 ……………………………… 179
哲学者ラメーの死………………………… 257
宮本武蔵…………………………………… 277
黒田如水…………………………………… 301
日蓮と千日尼……………………………… 321
親鸞の結婚………………………………… 341
齢…………………………………………… 361
彼の日常生活……………………………… 375
或る女の物語……………………………… 411
*後書き…………………………………… 435
 

第11巻 小説 11 1955.8.30
 
七代将軍の告白……………………………… 7
断片……………………………………………31
ある男、神の如き……………………………47
池の大雅………………………………………57
孔子……………………………………………87
盲目と聾者………………………………… 131
ある彫刻家………………………………… 141
女の一念…………………………………… 167
山をかく男………………………………… 177
一休と地獄太夫…………………………… 193
一休と地獄太夫の対話…………………… 223
生き残つた者……………………………… 233
業の深い男………………………………… 245
或日の午前………………………………… 253
牟礼の生活………………………………… 261
英次の手紙………………………………… 293
或る作家の演説…………………………… 303
友達………………………………………… 315
岸田劉生…………………………………… 331
鏡の話……………………………………… 365
仙崖和尚…………………………………… 379
飛田先生…………………………………… 397
志賀直哉…………………………………… 427
*後書き…………………………………… 441
 

第12巻 小説 12 1955.9.30
 
彼の羨望……………………………………… 7
美人……………………………………………21
兄弟……………………………………………33
優しい心………………………………………51
馬鹿一…………………………………………63
真理先生………………………………………81
不思議……………………………………… 315
今にやるぞ………………………………… 329
山谷の結婚………………………………… 345
書家泰山の夢……………………………… 361
ある島の話………………………………… 381
天衣無縫…………………………………… 397
玄妙………………………………………… 407
拾ふ神……………………………………… 417
悪魔の微笑………………………………… 427
*後書き…………………………………… 447
 

第13巻 小説 13 1956.3.31
 
泰山の個展…………………………………… 7
二老人…………………………………………19
自然讃美者……………………………………37
幸福な女………………………………………71
罪の子…………………………………………87
一滴の涙…………………………………… 101
仕合せな男………………………………… 115
どつちが笑ふ……………………………… 139
馬鹿一の夢………………………………… 159
大愛………………………………………… 169
泰山の結婚………………………………… 181
美神とその忠僕…………………………… 203
死んだ男…………………………………… 223
空想先生…………………………………… 239
馬鹿一万歳………………………………… 253
暴君と書家………………………………… 265
泰山の怒…………………………………… 277
山谷五兵衛………………………………… 287
*後書き…………………………………… 419
 

第14巻 戯曲 1 1955.10.30
 
桃色の室……………………………………… 7
或る日の夢……………………………………31
二つの心………………………………………49
或る日の一休…………………………………63
「嬰児殺戮」中の一小出来事………………77
養父……………………………………………89
わしも知らない…………………………… 127
二十八歳の耶蘇…………………………… 149
三和尚……………………………………… 165
未能力者の仲間…………………………… 177
野島先生の夢……………………………… 209
仏陀と孫悟空……………………………… 249
一日の素盞嗚尊…………………………… 261
神と男と女………………………………… 283
秀吉と曽呂利……………………………… 307
だるま……………………………………… 335
はね子の夢………………………………… 345
楽園の一隅………………………………… 359
みない鳥…………………………………… 369
須世理姫…………………………………… 387
牛若丸……………………………………… 405
若き大雅堂………………………………… 419
*後書き…………………………………… 437
 

第15巻 戯曲 2 1955.11.30
 
ある家庭……………………………………… 7
母親の心配……………………………………49
その妹…………………………………………97
愛慾………………………………………… 217
ある画室の主……………………………… 295
息子の結婚………………………………… 355
*後書き…………………………………… 425
 

第16巻 戯曲 3 1956.1.10
 
或る青年の夢………………………………… 7
人間万歳…………………………………… 225
変な村……………………………………… 291
七福神……………………………………… 321
それ程でもないよ………………………… 369
*後書き…………………………………… 433
 

第17巻 戯曲 4 1956.2.10
 
日本武尊……………………………………… 7
楠正成…………………………………………89
桃源にて…………………………………… 195
木龍忠臣蔵………………………………… 223
実朝の死…………………………………… 311
義時と泰時………………………………… 331
かちかち山………………………………… 343
地蔵と鬼…………………………………… 377
花咲爺……………………………………… 403
*後書き…………………………………… 427
 

第18巻 美術論 1 1956.5.10
 
美術論集……………………………………… 7
1部 美に就て …………………………… 9
美に就ての断片…………………………10
美の追求…………………………………19
美に就ての雑感…………………………21
画家と美…………………………………26
本当の画…………………………………30
いゝ画を見る喜び………………………33
写生に就て………………………………36
偶感………………………………………39
芸術の価値………………………………41
東洋画と西洋画…………………………44
2部 東洋画に就て ………………………51
日本の南画について……………………52
南画………………………………………58
支那の画を………………………………62
梁楷の出山の釈迦、其他………………63
石涛雑感…………………………………65
八大山人雑感……………………………68
李龍眠のある画を見て…………………75
牧谿………………………………………76
禅月大師の羅漢を見る…………………78
自分の好きな日本画家三四……………83
雪舟の益田兼尭像………………………87
大雅堂に就て(1) ……………………88
大雅堂に就て(2) ……………………91
大雅堂の五百羅漢………………………93
木米の画…………………………………94
宗達の草花の画…………………………96
北斎雑感…………………………………98
文晁…………………………………… 104
白隠の絵……………………………… 107
腕の冴………………………………… 109
武蔵の画……………………………… 110
鉄斎…………………………………… 112
富岡鉄斎(1) ……………………… 113
明治以後の最大芸術家……………… 117
富岡鉄斎(2) ……………………… 119
3部 西洋画に就て …………………… 123
レンブラント(1) ………………… 124
レンブラント(2) ………………… 125
レンブラントの絵に題する………… 137
老いたるレンブラント……………… 138
アンリ・ルーソーの画を見て……… 139
アンリ・ルーソーの子供の画を見て…… 146
ラフアエルの二つの画……………… 148
ゴヤの画に就て……………………… 153
テュラーの聖ゼエローム…………… 160
チントレットよ……………………… 161
ルノアール・セザンヌを見て……… 163
ドラクロアのパガニーニの画……… 165
ホドラー……………………………… 166
ブレークについて…………………… 167
ブルデルの画を見て………………… 169
マチスの言葉………………………… 171
好きな画……………………………… 172
バン・ゴオホ………………………… 176
ゴオホの二面………………………… 177
ロダンと人生………………………… 185
4部 現代の画家に就て ……………… 191
生きてゐる画と死んだ画…………… 192
日本画雑感…………………………… 197
日本画に就ての断片………………… 200
岸田劉生思ひ出……………………… 204
岸田の画……………………………… 214
梅原龍三郎の芸術…………………… 216
梅原龍三郎の個展を見て…………… 220
梅原の最近の画……………………… 222
土田麦僊の画………………………… 226
村上華岳の芸術……………………… 227
古径・靭彦・華岳…………………… 229
美人画雑感…………………………… 232
安田靭彦君…………………………… 235
靭彦の孫子勒姫兵…………………… 237
5部 自分の画に就て ………………… 239
芸術雑感……………………………… 240
真剣に生きる男を見る……………… 243
自戒その他…………………………… 249
画の仕事……………………………… 252
感想…………………………………… 256
新しいと言ふことに就て…………… 260
自分の画に就て (1) …………… 265
自惚…………………………………… 269
画家としての自分…………………… 270
書をかく時…………………………… 272
こつこつ……………………………… 274
隠世造宝……………………………… 276
柿と蜜柑の画………………………… 277
ある画の讃…………………………… 280
個展…………………………………… 281
個展に就て…………………………… 287
自分の画に就て……………………… 291
レムブラント……………………………… 297
附録……………………………………… 351
1 サムソン…………………………… 352
2 アブラハム………………………… 357
美はどこにも……………………………… 365
*後書き…………………………………… 413
 

第19巻 美術論 2 1956.6.15
 
東西六大画家………………………………… 7
序文がはり………………………………… 9
画人としての富岡鉄斎……………………25
レンブラント………………………………42
梁楷の人物画………………………………59
雪舟に就て…………………………………76
ラファエロ…………………………………91
ポール・セザンヌ……………………… 104
美術を語る………………………………… 115
牧谿と梁楷………………………………… 289
画論………………………………………… 357
自然のつくつたもの……………………… 429
*後書き…………………………………… 433
 

第20巻 美術論 3 1956.7.20
 
湖畔の画商…………………………………… 7
欧米旅行日記……………………………… 281
*後書き…………………………………… 443
 

第21巻 詩 1956.8.20
 
秋が来た………………………………………17
淋しい…………………………………………18
長い廊下………………………………………21
亀の如し………………………………………23
我にたよれ……………………………………24
笑つてやりたい………………………………25
世間……………………………………………26
我は鉄なり……………………………………26
嘲笑へ…………………………………………27
誕生日に際しての妄想………………………28
他人の親切……………………………………36
今の自分の仕事………………………………36
彼の風評………………………………………37
黙して歩け……………………………………38
死………………………………………………39
一人の女と三人の男…………………………40
師よ師よ………………………………………41
バン・ゴオホ…………………………………42
ホイットマン…………………………………42
ホドラー………………………………………43
ドストエウスキーの顔………………………44
淋しさ…………………………………………44
汝よ……………………………………………45
神の意志………………………………………45
巨人……………………………………………46
卵の殻…………………………………………48
鼓舞してくれる人……………………………49
泉の嘆き………………………………………49
流………………………………………………50
太陽と月………………………………………51
百里歩く人と、千里歩く人…………………52
お城の殿様……………………………………53
火を……………………………………………54
しやうがない奴………………………………55
僕から見ると…………………………………55
浦島太郎の出発………………………………56
浦島の独白……………………………………73
与へるものは…………………………………75
わが友よ………………………………………78
レムブラント…………………………………79
自分が…………………………………………80
春………………………………………………82
友達の喜び……………………………………84
喜びは…………………………………………84
飼犬デイオの死………………………………85
働きの歌 六…………………………………87
疲れたら………………………………………92
書く、耕す……………………………………92
身体中が………………………………………93
いかにも春……………………………………93
花も……………………………………………94
俺の子供の時から……………………………94
自然のまゝは…………………………………95
其処は…………………………………………95
美しい花が……………………………………96
極楽の空気……………………………………96
見たもの………………………………………97
頭が……………………………………………97
俺の真剣に……………………………………98
神といふものは………………………………98
神に愛されて…………………………………99
まあいゝ………………………………………99
大きな木…………………………………… 100
さあ俺も…………………………………… 100
果報は……………………………………… 101
本気に……………………………………… 101
俺は、俺は………………………………… 101
俺をやつてしまへ………………………… 102
袋はくさつたが…………………………… 102
仏陀と云ふ………………………………… 103
俺は又……………………………………… 103
死ぬ淋しさ………………………………… 104
だが………………………………………… 104
一寸(春)………………………………… 105
お前と(春)……………………………… 105
俺も(春)………………………………… 106
健全な……………………………………… 106
神を忘れて………………………………… 107
だが大きく………………………………… 107
雨が降つた………………………………… 108
坂をあがる車……………………………… 108
枯草をやく………………………………… 109
もう一息…………………………………… 110
基礎はかたまつた………………………… 110
人間よりも………………………………… 111
正直であれ………………………………… 112
我が仕事…………………………………… 113
真理で……………………………………… 114
仏陀の……………………………………… 114
金山へ行つて……………………………… 115
すべてのことは…………………………… 115
子供は……………………………………… 117
大きな舟は………………………………… 118
一通りの美しさでは……………………… 118
見かけは…………………………………… 119
俺の仕事は………………………………… 119
自分の欠点………………………………… 120
神を見た者………………………………… 121
太陽………………………………………… 124
喜びの使よ………………………………… 125
若き木と春………………………………… 125
雨は降る…………………………………… 127
ある大きな木の歌………………………… 129
神よ………………………………………… 130
夏が来た…………………………………… 130
暑い………………………………………… 131
木の葉の色………………………………… 132
或る日……………………………………… 133
ある友達…………………………………… 134
よろこびよ………………………………… 134
戸をたゝく音……………………………… 135
待つてゐるものが………………………… 136
兄弟で……………………………………… 137
新しい生活………………………………… 137
兄弟………………………………………… 138
生長………………………………………… 138
自然のままに……………………………… 139
或る男云ふ………………………………… 139
思はぬ処に………………………………… 140
無理して…………………………………… 140
自然は元気………………………………… 141
もう一歩…………………………………… 141
ほとゝぎす………………………………… 142
最奥の声…………………………………… 143
心愛に満つる時…………………………… 143
俺はどうせ強情張りだ…………………… 144
未来の人間………………………………… 146
過去の人間………………………………… 148
我等は……………………………………… 149
託された…………………………………… 149
一人の人に………………………………… 150
汝を讃美す………………………………… 151
怠け者……………………………………… 152
俺の空想…………………………………… 153
どうしても負けない道…………………… 156
俺は聖人でも……………………………… 156
心の清い時………………………………… 157
心が清くない時…………………………… 157
本気になつて……………………………… 158
なるやうになる…………………………… 158
俺はへんに………………………………… 159
俺はかう云ふ人間だ……………………… 159
或る朝……………………………………… 160
自然、必然、当然………………………… 160
この道より………………………………… 161
さう力まないでも………………………… 161
いざと云ふ迄は…………………………… 162
宝の山……………………………………… 162
俺達は杉の林……………………………… 163
人類の生長力……………………………… 163
水は………………………………………… 164
雨がふりつゞく…………………………… 165
生命と神の如き自然……………………… 167
俺はこの幸福を…………………………… 170
天界の生活………………………………… 170
愛は………………………………………… 171
俺はどん底の覚悟………………………… 171
人間が……………………………………… 172
夏の夕……………………………………… 173
平和………………………………………… 173
種よ………………………………………… 174
打出にて…………………………………… 175
男子一生の仕事…………………………… 177
俺は嬉しい………………………………… 178
俺の生命…………………………………… 178
よろこびは………………………………… 179
笛を吹く男………………………………… 180
一つの大理石から………………………… 181
悔い改めた罪人…………………………… 182
夜中ふと目がさめたら…………………… 182
地上におちた天使………………………… 183
どの枝も…………………………………… 183
耶蘇は生れた今日………………………… 184
進め、進め………………………………… 186
戦争はよくない…………………………… 189
俺は罰せられて…………………………… 191
誰も………………………………………… 191
運のいゝもの……………………………… 192
愛される為………………………………… 192
地獄にゐてもいゝ人間が………………… 193
愛と感謝で………………………………… 193
人間の本心の……………………………… 194
目をつむつて……………………………… 194
老いたるレムブラント…………………… 196
亡びゆく生命に…………………………… 196
本当のこと許り…………………………… 197
春になつた………………………………… 198
トビアスの帰り…………………………… 199
責めて見ろ………………………………… 201
其処は……………………………………… 201
どちらが本当か…………………………… 202
ころがり落ちる石に……………………… 203
百の卵子…………………………………… 203
人類は……………………………………… 204
人間の生かされた理由を………………… 205
静かな淋しさ……………………………… 205
私はのんきに……………………………… 206
支那の画を………………………………… 207
花のなかから……………………………… 207
眠つてゐるものが………………………… 208
働く時には………………………………… 209
郵便の来たあと…………………………… 209
虫のいゝことを…………………………… 210
あの人を見よ……………………………… 211
遠大な志…………………………………… 212
ヘンドリッケよ…………………………… 213
静かなねむり……………………………… 214
いぢけて…………………………………… 215
男子一たび………………………………… 216
叱られると………………………………… 217
心のよろこび……………………………… 217
のどかな空気……………………………… 219
殺された者に……………………………… 220
燃ゆるサバクと…………………………… 221
矢を射る者………………………………… 222
満月は山の上にあつて…………………… 223
生命の王と愛の女神……………………… 224
父と姉の死………………………………… 227
生命の王…………………………………… 230
私は鐘だ…………………………………… 231
リンゴの画に題す………………………… 231
桃栗………………………………………… 232
美に向つて………………………………… 232
死神に……………………………………… 233
釣してゐる男……………………………… 234
必ずものになる男………………………… 234
巨人………………………………………… 236
作家と批評家……………………………… 236
私はかきたい……………………………… 237
私は山にゆきたい………………………… 241
私はいつまでも生きたい………………… 242
達人は……………………………………… 243
朝から晩まで……………………………… 244
老人………………………………………… 245
暢気ものの夢……………………………… 246
稀代の暢気もの…………………………… 247
五月………………………………………… 248
二頭の獅子………………………………… 251
一生の仕事………………………………… 252
第五十回の誕生日の朝の感想…………… 253
泉…………………………………………… 261
よき画を見るよろこび…………………… 262
一個の人間………………………………… 263
役に立つか 立たぬか…………………… 265
野菜の画に………………………………… 267
柿の賦……………………………………… 270
序詩(詩集「歓喜」より)……………… 271
喜びの天使………………………………… 273
仕事の喜び………………………………… 280
美しい人間………………………………… 283
チヽアンのある画を見て………………… 287
いゝ墨……………………………………… 288
稲住温泉にて……………………………… 289
君も僕も美しい…………………………… 290
梁楷の「踊布袋」を見て(1) ………… 290
梁楷の「踊布袋」を見て(2) ………… 291
歓喜雀躍…………………………………… 292
志賀と僕…………………………………… 295
その男を礼拝する………………………… 298
もう一息…………………………………… 299
二頭立の馬車……………………………… 300
歩くなり…………………………………… 302
雑草………………………………………… 304
ある画家とある蛙………………………… 305
大きな心…………………………………… 306
一本の杉…………………………………… 307
一日一日…………………………………… 308
ワ゛イオリンの名人……………………… 309
人間の心…………………………………… 312
山上に二人………………………………… 313
孫…………………………………………… 314
不思議さよ………………………………… 315
一筋の道を歩くなり……………………… 316
馬鈴薯……………………………………… 319
美神と人間………………………………… 320
一人の画家………………………………… 324
山をかきたい画家………………………… 325
夢…………………………………………… 326
原稿書かうと思へども…………………… 328
馬鈴薯讃…………………………………… 330
意力………………………………………… 332
笛吹く男…………………………………… 339
完全にこの土地を………………………… 343
それが新しき村…………………………… 344
底ぬけに大きい…………………………… 345
進め 進め………………………………… 345
天を目ざして……………………………… 347
日々新……………………………………… 348
無絃琴……………………………………… 348
自分の好きな人…………………………… 349
自分と他人………………………………… 349
最後のもの………………………………… 350
風吹けども………………………………… 351
クレタ島を見て…………………………… 351
フローレンスにて………………………… 352
汽車からチエッコの農場を見て………… 352
大西洋上にて……………………………… 353
サンフランシスコにゆく汽車中にて…… 354
牧谿と梁楷を讃美す……………………… 355
図々しく…………………………………… 362
新しい種族よ……………………………… 363
何処までも生きよ………………………… 365
満八十になつて…………………………… 367
ありがたき世なる哉……………………… 374
第八十回の誕生日に……………………… 379
四人の孫…………………………………… 389
うんどうぐつ……………………………… 391
林檎と蜜柑………………………………… 392
柿と柚……………………………………… 392
玄妙………………………………………… 393
協力万歳…………………………………… 394
花…………………………………………… 395
馬鈴薯三つ………………………………… 395
自然のつくつたもの……………………… 396
人間を……………………………………… 397
人生は美しい……………………………… 398
信じる道…………………………………… 398
美の国……………………………………… 399
老画家の詩………………………………… 400
道ばたに落ちてゐた石…………………… 401
石…………………………………………… 402
私は………………………………………… 402
こどものせかい…………………………… 403
或る木の歌へる…………………………… 404
大海と大空の詩人………………………… 405
醜い木の独白……………………………… 406
我等は数百の頭脳を有し………………… 407
梅の画に題す……………………………… 408
人間と石…………………………………… 408
人間の手…………………………………… 409
誰も死ぬものなり………………………… 409
石、石……………………………………… 410
美しい花(1) …………………………… 411
美しい花(2) …………………………… 411
真実………………………………………… 412
雲漠漠……………………………………… 412
老いたる雌鶏……………………………… 413
人間の手はよきかな……………………… 414
私は画家…………………………………… 415
画がかきたくて…………………………… 416
紅一点……………………………………… 417
狼と羊……………………………………… 418
天に星……………………………………… 419
柿と柚子…………………………………… 419
僕は………………………………………… 420
自然は玄妙………………………………… 420
短句二十…………………………………… 421
出来る、出来る…………………………… 422
いらいらせずに…………………………… 424
山葵と蓮根………………………………… 424
今日こそ一歩……………………………… 425
我ある故に………………………………… 425
大愛………………………………………… 427
*後書き…………………………………… 429
 

第22巻 日記 1956.9.29
 
彼の青年時代………………………………… 9
気まぐれ日記……………………………… 151
稲住日記…………………………………… 381
*後書き…………………………………… 415
 

第23巻 随筆 1956.11.29
 
白樺時代の感想……………………………… 7
「それから」に就て……………………… 9
個人主義の道徳……………………………22
自分の筆でする仕事………………………24
逃げ場………………………………………27
ロダンと人生………………………………31
或る男………………………………………37
或るもの……………………………………38
人間…………………………………………39
その折々……………………………………41
ロダンから送られた三つの作品…………79
自分は時々…………………………………80
食ふことに…………………………………82
他人の内の自分……………………………83
生長と調和…………………………………84
「自己の為」及び其他……………………85
自分は弱いから強い………………………90
独立と友達…………………………………91
利己主義者としての自分…………………92
ある迷信(?)……………………………93
自分の尊敬する芸術家……………………94
価値ある文芸………………………………95
生長…………………………………………98
彼………………………………………… 105
個性に就ての雑感……………………… 110
ゴツホの二面…………………………… 121
プラス、マイナス……………………… 129
光………………………………………… 129
耶蘇は…………………………………… 130
熟さない前……………………………… 130
笑はれる為……………………………… 131
世間の後ろ指…………………………… 131
神様は…………………………………… 131
いゝ事…………………………………… 132
押してくるもの………………………… 132
疑問を入れよ…………………………… 133
疑問の入れ方…………………………… 133
気がつかないふり……………………… 134
何事にもムキになるのは……………… 135
日本人の特色(?)…………………… 136
個性ある人……………………………… 136
自然とか人類とか云ふ言葉…………… 137
自分の言葉……………………………… 137
ほめられても…………………………… 138
聞き手があつてもなくつても………… 138
従軍記者ではない……………………… 139
充実しない時…………………………… 139
人類と日本……………………………… 140
巨人と批評家…………………………… 142
美しいものと盲人……………………… 142
盲人と目あき…………………………… 143
醜い女と美しい女……………………… 143
若い人の作は…………………………… 144
材料と個性……………………………… 144
今の自分とトルストイとメーテルリンク…… 145
大きい本物のないこと………………… 147
自分が日本人を軽蔑してゐる?……… 147
彼等の言に従へば……………………… 148
他人を軽蔑すること…………………… 148
自分のゆく道…………………………… 149
究極の点………………………………… 149
愛と冷酷………………………………… 150
食ふことに困つても困らないでも…… 150
心と心の舞踏…………………………… 150
今の自分に取つての謙遜……………… 151
考へなければならないことを考へない人…… 151
一行でかけるものを…………………… 151
生長しつゝある人の自惚……………… 152
賞められないことには不服はない…… 152
エネルギーのない時…………………… 153
身体をつかつてゐる人と頭をつかつてゐる人…… 153
鍛へるだけ鍛へたら…………………… 153
文芸と社会……………………………… 154
社会改良家、記者、文士……………… 154
詩人……………………………………… 155
生命ある文章…………………………… 155
筆をとる時……………………………… 155
自己の要求する人……………………… 156
求めよ…………………………………… 156
他人の笛………………………………… 157
パンを求めて…………………………… 157
耶蘇と神………………………………… 158
自分は尊敬したが崇拝しなかつた…… 158
世間を支配してゐるリズム…………… 159
自己の歌………………………………… 159
乃木大将………………………………… 160
前の世の約束事………………………… 161
酸素に…………………………………… 161
生きる為には…………………………… 162
見えない処……………………………… 162
自分の文章をかく時…………………… 163
切りはなされた個人…………………… 164
あいつ…………………………………… 166
自分に荷へる重荷……………………… 167
充実したライフ………………………… 168
どの枝が本当だい……………………… 169
人類的の芸術家………………………… 169
自己のある人…………………………… 173
自我のない奴…………………………… 174
自己と人類……………………………… 174
生命以上のもの………………………… 175
「今に」………………………………… 175
現在……………………………………… 176
先輩……………………………………… 176
生きた思想と死んだ思想……………… 178
汝の仕事………………………………… 179
自分の友達……………………………… 180
雑(厚意を持たれようと思へば)…… 186
運命の狂ひと祈り……………………… 190
先輩と自覚……………………………… 191
時運と我等……………………………… 192
運命と自分……………………………… 194
「闇に輝く光」読んで………………… 195
耶蘇と神………………………………… 197
新しき村に就ての感想…………………… 199
新しき村に就ての対話………………… 201
新しき村の小問答……………………… 253
新しき村と現在の生活及びその他…… 258
新しき村の説明………………………… 265
自分の人生観(新しき村の目的)…… 276
新しき村の信仰………………………… 309
新しき村と他の主義…………………… 321
新しき村の将来………………………… 328
正しき信仰と不正な信仰……………… 334
新しき村にて(対話)………………… 340
新しき村についての対話……………… 354
理想的社会……………………………… 362
神の国…………………………………… 402
*後書き…………………………………… 411
 

第24巻 随筆 2 1957.1.25
 
人生論………………………………………… 7
序…………………………………………… 9
人類の意志に就て………………………… 153
序………………………………………… 155
前篇……………………………………… 157
後篇……………………………………… 242
愛と人生…………………………………… 293
生涯を顧みて人生を語る………………… 409
*後書き…………………………………… 455
 

第25巻 随筆 3 1957.3.25
 
論語私感……………………………………… 7
学而第一より……………………………… 9
為政第二より………………………………17
八 第三より………………………………27
里仁第四より………………………………33
公冶長第五より……………………………43
雍也第六より………………………………56
述而第七より………………………………69
泰伯第八より………………………………86
子 第九より………………………………93
郷党第十より…………………………… 108
先進第十一より………………………… 109
顔淵第十二より………………………… 124
子路第十三より………………………… 137
憲問第十四より………………………… 144
衛霊公第十五より……………………… 164
李子第十六より………………………… 184
陽貨第十七より………………………… 191
微子第十八より………………………… 207
子張第十九より………………………… 210
尭曰第二十より………………………… 211
政治に就て……………………………… 212
孔子に就て……………………………… 236
「白樺」の運動…………………………… 257
人生問答…………………………………… 291
第一の会話 死其他に就て…………… 293
第二の会話 感情と理性に就て……… 318
第三の会話 美に就て………………… 338
第四の会話 道徳に就て……………… 354
第五の会話 奉仕に就て、其他……… 366
第六の会話 賢者に就て……………… 379
第七の会話 結婚に就て……………… 388
第八の会話 不思議に就て…………… 409
第九の会話 青年に就て……………… 425
*後書き…………………………………… 439
[ 2011/04/02 09:27 ] 武者小路実篤 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。