研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  武者小路実篤 >  『武者小路実篤全集』全18巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『武者小路実篤全集』全18巻

『武者小路実篤全集』全18巻(小学館、1987.12~1991.4)



第1巻 1987.12.10
 
荒野…………………………………………… 1
序…………………………………………… 3
小説
彼…………………………………………12
二日………………………………………18
聖なる恋…………………………………32
隣室の話…………………………………37
不幸なる恋………………………………40
論文
人間の価値………………………………43
正義の力…………………………………48
光の子と闇の子…………………………53
背かせんが為なり………………………59
人生に就て………………………………61
自戒………………………………………67
短文………………………………………68
新体詩
女…………………………………………72
男波………………………………………72
机によりて………………………………72
人道の偉人………………………………73
我が天使…………………………………74
平和の人…………………………………74
恋の悲劇…………………………………75
お目出たき人…………………………………77
お目出たき人………………………………79
付録
無知万歳……………………………… 108
生れなかつたら?…………………… 110
亡友…………………………………… 112
空想…………………………………… 114
世間知らず………………………………… 117
自序……………………………………… 119
世間知らず……………………………… 119
AよりC子に……………………………… 170
彼の青年時代……………………………… 189
自序……………………………………… 191
彼の青年時代…………………………… 192
一九〇六年の日記…………………… 192
一九〇八年の日記…………………… 227
旧稿の内より(潔の日記)…………… 281
新編 生長………………………………… 293
一九〇八年(明治四一年)
クリンゲルの「貧窮」を見て……… 295
四つの絵に顕はされたる快楽……… 298
一九〇九年(明治四二年)
彼女の手……………………………… 302
猜みと尊敬…………………………… 303
なまぬるい室………………………… 306
なまぬるい室……………………… 306
小さい樫…………………………… 307
秋が来た…………………………… 308
全身に力が満ちた………………… 308
淋しい……………………………… 309
長い廊下…………………………… 310
亀の如し…………………………… 310
お目出たう………………………… 311
わが一生…………………………… 311
生れ来る子の為に…………………… 312
自分と他人…………………………… 317
死の恐怖……………………………… 318
夢……………………………………… 321
一九一〇年(明治四三年)
〔白樺創刊の辞〕…………………… 324
発刊に際して………………………… 324
重い歌………………………………… 325
我にたよれ………………………… 325
二つの歌…………………………… 325
二人………………………………… 325
「それから」に就て………………… 326
代助と良平…………………………… 333
賞翫者と批評家と創作家に………… 334
作家に対する要求…………………… 335
昔は…………………………………… 336
五月雨………………………………… 336
ガイエルスタム作「トーラ」の梗概…… 337
友達…………………………………… 343
三つ…………………………………… 345
個人主義の道徳…………………… 345
自分の筆でする仕事……………… 346
逃げ場……………………………… 348
ロダンと人生………………………… 349
六号雑感〔1〕 ……………………… 352
一九一一年(明治四四年)
六号雑感〔2〕 ……………………… 354
六号雑感〔3〕 ……………………… 356
(猜みと尊敬)及び其他…………… 358
或男………………………………… 358
友…………………………………… 358
或もの……………………………… 359
自我………………………………… 359
ある聖人…………………………… 359
一種の笑…………………………… 360
人間………………………………… 360
美と愛……………………………… 361
六号雑感〔4〕 ……………………… 362
武郎さんに…………………………… 364
恋人の夢を見て……………………… 364
六号雑感〔5〕 ……………………… 366
自分の立場…………………………… 367
日記の内より………………………… 369
笑つてやりたい…………………… 369
世間………………………………… 369
我は鉄なり………………………… 370
自分の慾望………………………… 370
生の為に…………………………… 370
我はよわし………………………… 370
天才と芸人………………………… 370
我を憎め!………………………… 371
嘲笑へ……………………………… 372
我は軽蔑す………………………… 372
彼は天才か………………………… 372
自己と他人………………………… 372
誕生日に際しての妄想…………… 372
他人の親切………………………… 375
今の自分の仕事…………………… 375
彼の風評…………………………… 375
我は孤独に非ず…………………… 376
罪悪の犠牲者……………………… 376
黙して歩け………………………… 376
ある批評家とある画家…………… 377
成長…………………………………… 377
自分達は…………………………… 377
五十まで…………………………… 377
意力をもつて……………………… 378
死…………………………………… 378
新らしき家………………………… 378
若い男と若い女…………………… 378
一人の女と三人の男……………… 378
師よ師よ…………………………… 379
バン,ゴォホ ……………………… 379
ホイットマン……………………… 379
ホドラー…………………………… 379
ドストエウスキーの顔…………… 379
淋しさ……………………………… 380
汝よ………………………………… 380
神の意志…………………………… 380
巨人………………………………… 380
卵の殻……………………………… 381
鼓舞してくれる人………………… 381
希望に満てる日本………………… 381
どつちが勝つか…………………… 382
泉の嘆き…………………………… 382
別れた処…………………………… 382
流…………………………………… 382
太陽と月…………………………… 383
自由になる女……………………… 383
批評家の軽蔑……………………… 384
百里歩く人と,千里歩く人 ……… 384
会話…………………………………… 384
宿屋の設計………………………… 384
気の毒だね………………………… 385
ある意味で………………………… 385
わからない………………………… 385
負け惜み…………………………… 385
不快な雛つ児……………………… 386
土台………………………………… 386
ころばぬ先の杖…………………… 386
或種まく人………………………… 386
君の仕事…………………………… 386
六号雑感〔6〕 ……………………… 387
「個人主義者の感謝」と「能成君に」…… 389
個人主義者の感謝………………… 389
能成君に…………………………… 390
六号雑感〔7〕 ……………………… 394
人類からくる滋養分……………… 394
会話………………………………… 395
六号雑感〔8〕 ……………………… 397
動機………………………………… 397
ゴヤ,ドミエ,ミレー,ゴオホ …… 399
六号雑感〔9〕 ……………………… 400
自己の為の芸術…………………… 400
自我を圧へつけやうとするもの… 402
手紙四つ……………………………… 403
その一……………………………… 403
その二……………………………… 404
その三……………………………… 404
その四……………………………… 405
六号雑感〔10〕……………………… 406
日本人の悪口……………………… 406
遠い国よりの唄…………………… 407
自分の言葉の内にも……………… 407
正直に顕はすために……………… 407
拙劣な技巧………………………… 407
十の力をもつ者が………………… 407
沈黙すべき時に…………………… 408
あまり巧みなことを……………… 408
模倣者……………………………… 408
偉大なる芸術家の技巧…………… 408
個性………………………………… 408
他人と喧嘩………………………… 409
今を昔に…………………………… 409
杢太郎君に…………………………… 409
後印象派に就て……………………… 410
杢太郎君に〔再び〕………………… 411
一九一二年(明治四五年)
杢太郎君に(三度び)……………… 412
他人の内の自分に…………………… 416
ジヨーンの仲間…………………… 416
日本の若者の心臓を……………… 417
ロダンから送られた三つの作品… 417
自分は時々………………………… 417
食ふことに………………………… 418
日本に理想的文学………………… 419
他人の内の自分…………………… 419
自分の真価………………………… 420
生長と調和………………………… 420
ある克己…………………………… 420
無限の言葉………………………… 421
面白い時代………………………… 421
ある兄の返事………………………… 422
「自己の為」及び其他について…… 427
ロダンの彫刻の来た事について…… 430
不倒翁………………………………… 432
自分は弱いから強い……………… 432
賞められる時と罵しられる時…… 432
意志と恋…………………………… 432
自分の内の君主…………………… 433
西洋の文豪………………………… 433
今の時代と青年…………………… 433
天才と自由………………………… 434
待たれてる人……………………… 434
富籤………………………………… 434
あるものは云ふ…………………… 434
赤坊の未来………………………… 434
一種の狂者………………………… 435
歩けるだけ………………………… 435
軽蔑と軽蔑………………………… 435
他人の言責………………………… 435
独立と友達………………………… 436
利己主義者としての自分………… 436
自分達と危険な思想……………… 436
勝手な事…………………………… 437
ある迷信(?)…………………… 437
一躍………………………………… 438
新らしい人間の目ざしてゐる処… 438
自分の尊敬する芸術家…………… 438
生長した人………………………… 439
最も恐ろしい誘惑………………… 439
価値ある文芸……………………… 439
或る若き女…………………………… 441
或る若き男…………………………… 444
今に見ろ……………………………… 456
二人…………………………………… 457
生長…………………………………… 459
六号感想〔1〕 ……………………… 463
彼……………………………………… 463
六号感想〔2〕 ……………………… 466
個性に就ての雑感…………………… 467
三井甲之氏の白樺評を読んで……… 472
ゴオホの二面………………………… 475
Aの手紙三つ ………………………… 479
或人に……………………………… 479
C子に ……………………………… 481
友に………………………………… 482
雑感〔1〕 …………………………… 483
自分のものをほめた人が………… 483
今の日本の創作…………………… 483
常に一人の敵を…………………… 484
疑問を入れよ……………………… 484
疑問の入れ方……………………… 484
生長に害のある人とは…………… 485
今の時代…………………………… 485
気がつかないふり………………… 485
何事にもムキになるのは………… 486
日本人の特色(?)……………… 486
味のぬけた塩のやうな小説……… 486
内容のリズムが…………………… 486
真の日本人は……………………… 487
旧劇………………………………… 487
個性ある人………………………… 487
自然とか人類とか云ふ言葉……… 487
軽い思ひつきで…………………… 488
自分の感想と創作………………… 488
或人に好かれるには……………… 488
一時的経験………………………… 488
真の詩人…………………………… 488
三井甲之君に………………………… 489
国民的と世界的…………………… 489
フオーゲラー氏の手紙,東洋思想と西洋思想…… 490
性格………………………………… 491
マーテルリンクに就て…………… 491
シヤバンヌ………………………… 492
再びマーテルリンク……………… 492
自然派前…………………………… 493
人類的,附乃木大将の殉死 ……… 494
個性,乃木大将の歌 ……………… 495
静的,静止的 ……………………… 496
いろいろ……………………………… 497
俺の目……………………………… 497
男と女……………………………… 497
ある男の星………………………… 498
プラス,マイナス ………………… 498
光…………………………………… 498
耶蘇は……………………………… 498
熟さない前………………………… 498
熟すと云ふこと…………………… 498
小鳥の独言………………………… 498
真綿で……………………………… 499
もつと迫害………………………… 499
演説………………………………… 499
孫と仕事…………………………… 499
微笑………………………………… 499
自分ではない,自然だ …………… 500
自然の意志と道徳………………… 500
彼の驕慢…………………………… 500
ある謙遜…………………………… 500
団栗同士…………………………… 500
彼は笑つてゐる…………………… 500
笑はれる為………………………… 501
世間の後ろ指……………………… 501
神様は……………………………… 501
いゝ事……………………………… 501
泣くな……………………………… 501
押してくるもの…………………… 502
ある風評を聞いて………………… 502
Aの独白 …………………………… 502
或若者の言葉……………………… 503
自分の境遇と性格と嵐…………… 503
新聞記事……………………………… 503
〔小品三ツ〕………………………… 505
鰻と鮭……………………………… 505
お城の殿様………………………… 506
善良な彼の女が…………………… 506
一九一三年(大正二年)
再び三井甲之君に…………………… 507
記憶のきれぎれ……………………… 510
父…………………………………… 510
自分の星…………………………… 511
三十三の時の子…………………… 512
まい児……………………………… 512
うがひ……………………………… 513
祖母の目鏡………………………… 513
月は西から………………………… 514
海老………………………………… 514
鎌倉………………………………… 514
運動会……………………………… 515
アフガニスタンの王様…………… 516
金田………………………………… 516
姉の死……………………………… 518
六号感想〔3〕 ……………………… 520
ほめてくれる人…………………… 520
自分の言葉………………………… 520
ほめられても……………………… 520
自由にかきたいものを…………… 521
聞き手があつてもなくても……… 521
従軍記者ではない………………… 521
充実しない時……………………… 521
人類と日本………………………… 521
面白くなつて来た………………… 522
巨人と批評家……………………… 522
美しいものと盲人………………… 523
盲人と目あき……………………… 523
醜い女と美しい女………………… 523
かう云ふ文学……………………… 523
若い人の作は……………………… 523
材量と個性………………………… 524
今の自分とトルストイとマーテルリンク…… 524
偉い文士と外国人………………… 525
雑感〔2〕 …………………………… 525
大きい本物のないこと…………… 525
自分が日本人を軽蔑してゐる?… 525
彼等の言に従へば………………… 526
他人を軽蔑すること……………… 526
自分のゆく道……………………… 526
西洋の一流の作家………………… 526
誇大妄想狂だ……………………… 527
究極の点…………………………… 527
愛と冷酷…………………………… 527
食ふことに困つても困らないでも…… 527
心と心の舞踏……………………… 527
今の自分にとつての謙遜………… 527
考へなければならないことを考へない人…… 527
一行でかけるものを……………… 527
言葉の貧弱………………………… 528
こんなことを思つてゐる人が何処かにゐる…… 528
あと八年…………………………… 528
生長しつゝある人の自惚………… 528
賞められないことには不服はない…… 528
エネルギーのない時……………… 528
身体をつかつてゐる人と頭をつかつてゐる人…… 529
鍛へるだけ鍛へたら……………… 529
文芸と社会………………………… 529
社会改良家,記者,文士…………… 529
詩人………………………………… 529
生命ある文章……………………… 529
筆をとる時………………………… 529
〔文芸の士〕……………………… 530
〔思想の借り着〕………………… 530
三井甲之君に………………………… 530
雑感〔3〕 …………………………… 531
自己の要求する人………………… 531
求めよ……………………………… 532
他人の笛…………………………… 532
パンを求めて……………………… 532
耶蘇と神…………………………… 532
〔王様の病気〕…………………… 532
自分は尊敬したが崇拝しなかつた…… 533
自分に適応しない世間…………… 533
世間を支配してゐるリズム……… 534
自己の歌…………………………… 534
乃木大将…………………………… 534
前の世の約束事…………………… 534
酸素に……………………………… 535
生きる為には……………………… 535
見えない処………………………… 535
自分達は恐れない………………… 536
如才ない人間……………………… 536
文芸の仕事………………………… 536
〔小品二つ〕………………………… 536
韓信の股くゞり…………………… 537
Cの結婚と作物 …………………… 537
雑感〔4〕 …………………………… 540
自分の文章をかく時……………… 540
切りはなされた個人……………… 540
或る作者と批評家………………… 541
あいつ……………………………… 541
賢い人……………………………… 542
自分に荷へる重荷………………… 542
充実したライフ…………………… 543
「或る画に就て」及び其他感想…… 543
ある画に就て……………………… 543
人類的の芸術家…………………… 546
文芸復興期に於けるミケルアンゼロ…… 548
日本と人類的の人間……………… 548
日本と人類的の人間二…………… 548
力のある人間……………………… 549
人類的……………………………… 549
君達は偉いよ……………………… 549
自己のある人……………………… 549
自我のない奴……………………… 550
自己と人類………………………… 550
生命以上のもの…………………… 550
お前の創作………………………… 550
「今に」…………………………… 550
現在………………………………… 551
先輩………………………………… 551
生きた思想と死んだ思想………… 552
ある人の詩………………………… 552
全体と部分………………………… 553
反響のない時……………………… 553
暫くかゝない理由(手紙の断片)…… 554
馬鹿は馬鹿同士…………………… 555
党派の真価………………………… 555
汝の仕事…………………………… 556
いくら書いても…………………… 556
自己の仕事及び其他………………… 557
自己の仕事………………………… 557
自分達と彼等……………………… 558
自分達の空想……………………… 558
〔我が要求する物〕……………… 559
協力………………………………… 559
自分の友達…………………………… 559
六号感想〔4〕 ……………………… 563
文芸上に起る運動…………………… 565
六号感想〔5〕 ……………………… 567
雑感〔5〕 …………………………… 571
運命の狂ひと祈り………………… 571
運命に祝福された自我…………… 571
先輩と自覚………………………… 572
作家の寿命と批評家……………… 573
時運と我等………………………… 573
運命と自分………………………… 574
自分達の空気と自分……………… 574
六号評………………………………… 575
「仏御前」に就て…………………… 577
里見兄に……………………………… 578
雑感〔6〕 …………………………… 580
自己の生長の意識………………… 580
大事な齢…………………………… 581
西洋の文豪を気にする理由……… 582
非常に安価な偶像破壊…………… 583
芸術には…………………………… 584
六号感想〔6〕 ……………………… 585
三つ…………………………………… 587
自分の仕事と他人………………… 587
「闇に輝く光」を読んで………… 587
耶蘇と神…………………………… 588
挿画に就て
挿画に就て…………………………… 589
コンスタンタン・ムュニエー…… 589
挿画に就て…………………………… 591
ルドヰヒ・フオン・ホフマン…… 591
ルイ・ルグラン(Louis Legrand)…… 593
挿画に就て…………………………… 597
エドフアード・ムンヒ…………… 597
アンダース・ツオルン…………… 598
ルドヰヒ・ホン・ホフマン……… 598
ヴィンツェント・ヴァン・ゴオホ…… 598
エミル・オルリツク……………… 598
エドヴァード・ムンヒ……………… 599
挿画解説……………………………… 605
ドーミエに就いて………………… 605
ゴオホに就いて…………………… 606
挿画に就て…………………………… 606
オディロン・ルドン………………… 608
本号の挿画に就て…………………… 609
技巧に就てのロダンの言葉………… 612
挿画に就て…………………………… 615
編輯室にて
旅からの通信〔明治四三年五月号〕…… 617
近作批評〔明治四三年六月号〕…… 618
寄贈書籍及雑誌〔明治四三年七月号〕…… 620
編輯室にて〔1・明治四三年八月号〕…… 620
批評〔明治四三年九月号〕………… 621
おみよ 上巻(水野舟葉著)…… 621
笛(小山内薫著)………………… 621
寄贈書籍雑誌〔明治四三年一〇月号〕…… 622
編輯記事〔2・明治四三年一一月号〕…… 622
編輯室にて〔3・明治四三年一二月号〕…… 623
新刊批評及紹介〔明治四三年一二月号〕
レモンの花の咲く丘へ(国枝史郎著)…… 625
自由劇場試演に就て(座談)〔明治四四年一月号〕…… 625
編輯室〔4・明治四四年一月号〕 … 631
寄贈書目〔明治四四年二月号〕闇(小川未明著)…… 633
編輯室より〔5・明治四四年四月号〕…… 633
編輯室にて〔6・明治四四年五月号〕…… 634
札幌より〔明治四四年六月号〕…… 636
編輯室にて〔7・明治四四年六月号〕…… 638
新刊紹介〔明治四四年七月号〕幻影と夜曲 秋田雨雀著…… 639
編輯室にて〔8・明治四四年七月号〕…… 639
編輯室にて〔9・明治四四年八月号〕…… 640
編輯室にて〔10・明治四四年九月号〕…… 642
編輯室にて〔11・明治四四年一〇月号〕…… 643
編輯室より〔12・明治四四年一一月号〕…… 644
編輯室にて〔13・明治四五年一月号〕…… 644
編輯室にて〔14・明治四五年二月号〕…… 645
編輯室にて〔15・明治四五年三月号〕…… 646
編輯室にて〔16・明治四五年四月号〕…… 648
京都通信〔明治四五年五月号〕…… 649
編輯室にて〔17・明治四五年六月号〕…… 650
編輯室にて〔18・明治四五年七月号〕…… 651
編輯室にて〔19・明治四五年一〇月号〕…… 653
編輯室にて〔20・明治四五年一一月号〕…… 653
編輯室にて〔21・明治四五年一二月号〕…… 654
編輯室にて〔22・大正二年四月号〕…… 654
編輯室〔23・大正二年五月号〕…… 654
編輯室にて〔24・大正二年七月号〕…… 655
編輯室にて〔25・大正二年八月号〕…… 656
編輯室にて〔26・大正二年九月号〕…… 658
編輯室にて〔27・大正二年一〇月号〕…… 659
編輯室にて〔28・大正二年一一月号〕…… 659
編輯室にて〔29・大正二年一二月号〕…… 660
編輯室にて〔30・大正三年一月号〕…… 660
初期習作・未発表草稿…………………… 663
所感録〔1〕 …………………………… 665
一 大慾……………………………… 665
二 少年……………………………… 665
三 目前の慾………………………… 666
四 意志教育を望む………………… 666
五 人身攻撃を許せ………………… 667
六 何れが勇にして何れが怯なるか…… 668
七 偶感漫筆………………………… 668
所感録〔2〕 …………………………… 669
嗚呼我れ罪を犯せり………………… 669
願はくは誤解し給ふな……………… 669
我が花園……………………………… 670
角を矯むるは可なりされど願はくは牛を殺す勿れ…… 670
時代の愛児とならんか,はた神の愛児とならんか…… 670
灰殻…………………………………… 671
弱者よ………………………………… 672
偶感録…………………………………… 671
現代の文明に就きて…………………… 673
如何にして世は改良せらるゝか……… 675
高等商業学校に於ける連合演説会…… 678
遺伝……………………………………… 679
修養の根本要件………………………… 681
「お京」をよむ………………………… 687
雲雀の歌………………………………… 687
貴族主義………………………………… 689
道学者…………………………………… 690
父………………………………………… 694
病気……………………………………… 695
日はのぼれり…………………………… 697
過渡期…………………………………… 699
自分は父と母の子だ…………………… 699
心中の賊 山中の賊…………………… 700
返事……………………………………… 700
花園に(会話)………………………… 702
どつちか知らん………………………… 705
*解説・解題
*解説・武者小路実篤の「自己」形成期(本多秋五)…… 708
*解題(紅野敏郎)…………………… 742
 

第2巻 1988.2.10
 
心と心………………………………………… 1
序…………………………………………… 3
ある家庭…………………………………… 3
桃色の室……………………………………21
或る日の夢…………………………………32
二つの心……………………………………39
或る日の一休………………………………46
「嬰児殺戮」中の一小出来事……………51
養父…………………………………………56
対話九篇
平凡な四人の男の会話…………………74
おどりくらべ……………………………77
呑気な二人の女の会話…………………80
後ちに来る者……………………………85
私生児……………………………………88
釘を打つ音………………………………90
庭にゐる男………………………………92
人間造りの一瞬間の会話………………95
死後のイスカリオテのユダ……………96
向日葵……………………………………… 101
清盛と仏御前…………………………… 103
わしも知らない………………………… 128
二十八歳の耶蘇………………………… 137
母親の心配……………………………… 144
或る日の事……………………………… 165
未能力者の仲間………………………… 180
罪なき罪………………………………… 194
Aと運命 ………………………………… 225
三和尚…………………………………… 255
悪夢……………………………………… 261
四人……………………………………… 294
彼が三十の時……………………………… 325
その妹……………………………………… 437
ある青年の夢……………………………… 497
童話劇三篇………………………………… 607
かちかち山……………………………… 609
花咲爺…………………………………… 626
地蔵と鬼………………………………… 639
*解説・解題
*解説(関口弥重吉)………………… 656
*解題(関口弥重吉)………………… 667
 

第3巻 1988.4.10
 
小さき世界・新らしき家…………………… 1
死…………………………………………… 3
芳子…………………………………………18
西幸熊………………………………………36
ペルシヤ人…………………………………38
初恋…………………………………………43
小さき世界…………………………………60
姉……………………………………………79
新らしき家…………………………………85
我孫子刊行会本…………………………… 107
第一集 日本武尊……………………… 109
日本武尊……………………………… 109
第二集 雑感・第一集………………… 148
序文のかはり………………………… 148
一夫一婦に就て……………………… 149
本気になつて書ける道……………… 154
レンブラントの晩年の作…………… 156
トルストイに就いて………………… 158
トルストイの力(手紙)…………… 160
夏目さんの手紙……………………… 163
雑感〔我1〕 ………………………… 168
ある説教者………………………… 168
新らしい文学……………………… 169
書き損なひ………………………… 169
創作も力だ………………………… 170
文芸をやる人の大胆……………… 170
時代………………………………… 171
三つの本能…………………………… 172
第三集 不幸な男……………………… 177
序のかはり…………………………… 177
不幸な男……………………………… 179
或る日の出来事……………………… 204
拙著刊行会に就て…………………… 214
第四集 雑感・第二集………………… 215
刊行会に就て………………………… 215
運命に就ての雑感…………………… 216
道徳の力……………………………… 221
労働の義務…………………………… 224
合理的社会には……………………… 226
合理的になる方が…………………… 228
雑感〔我2〕 ………………………… 231
噂…………………………………… 231
良心のない批評家………………… 231
若い作家と反響…………………… 232
善を信じないもの………………… 233
真心………………………………… 233
花咲爺に就て………………………… 234
トルストイに就ていろいろ………… 235
トルストイの肖像………………… 235
善と悪……………………………… 237
人類的愛と現世的愛……………… 237
ある人に……………………………… 239
第五集 AとB…………………………… 243
序文のかはり………………………… 243
AとB…………………………………… 244
ある母………………………………… 259
ある父………………………………… 267
第六集 雑感…………………………… 283
序文のかはり………………………… 283
文学者の一生………………………… 283
雑感〔我3〕 ………………………… 288
鳶ぢや心細いよ…………………… 288
自分の実力は……………………… 288
君の影響…………………………… 289
文壇がこの頃……………………… 289
附録
ロダンの展覧会に就てのある風説を聞いて…… 291
詩十八篇……………………………… 292
或人は俺を………………………… 292
我が妻に…………………………… 293
おゝ川よ,川よ …………………… 293
火を………………………………… 293
芝居にて…………………………… 293
さうして自分は勝つ……………… 294
天才は云つた……………………… 294
女よ(女の無知を喜ぶ人の多いのを見て)…… 294
先輩に……………………………… 294
俺は金だ…………………………… 295
だが………………………………… 295
俺は安心だ………………………… 295
批評家に…………………………… 295
彼等は……………………………… 295
お前のかくもの…………………… 295
お前は天才か……………………… 296
しやうがない奴…………………… 296
僕から見ると……………………… 296
第七集 雑感…………………………… 297
第七集のあとに……………………… 297
ある父の手紙………………………… 298
日記の一節…………………………… 302
母としてのわが母…………………… 304
野島先生の夢………………………… 309
第八集 我孫子より…………………… 327
序文のかはり………………………… 327
白樺美術館に就て…………………… 328
手帳の内より………………………… 332
読者………………………………… 332
詩人としての千家………………… 332
論争………………………………… 333
「ロダンの言葉」と「カラマゾフの兄弟」…… 333
自分に用が出来たら……………… 334
尊敬する作………………………… 334
伝統主義でも……………………… 335
雑感〔我4〕 ………………………… 336
後ちに来る者に…………………………… 341
後ちに来る者に………………………… 343
自分の今後の道……………………… 343
美術に就ての雑感…………………… 345
手紙三つ……………………………… 349
一 イフヰゲニヱを読んで……… 349
二 創作的エネルギー…………… 351
三 無題…………………………… 352
宗教心の芽…………………………… 353
「彼」は云ふ………………………… 357
浦島太郎の出発……………………… 359
浦島の独白…………………………… 364
与へるものは………………………… 365
又戦争か……………………………… 366
雑感(一九一四年)〔1〕 ………… 368
最も罪を許すものは……………… 368
うかされない強み………………… 368
厳粛な気分………………………… 369
生理的……………………………… 369
思想は……………………………… 369
余りに生理的……………………… 369
怠惰………………………………… 369
鴉を見習ふ鷲……………………… 369
実感からくる言葉………………… 370
与へる人は………………………… 370
光のくせに………………………… 370
光のないくせに…………………… 370
ヘツベルの「マリア・マグダレナ」を読む…… 370
自分は怠惰者だ…………………… 372
本…………………………………… 373
死以上のもの……………………… 373
メーテルリンクの初期の作……… 373
夢の内の死………………………… 374
耶蘇は……………………………… 374
似而非ニイチエと似而非謙遜家… 374
軽蔑………………………………… 374
自分だつて………………………… 375
天才を要求す……………………… 375
賞めてくれる人には……………… 375
若い人の傲慢……………………… 375
より本物…………………………… 375
無良心なもの……………………… 376
なぜ金持を尊敬するか…………… 376
一種の自然の意志………………… 376
犬は死ぬ時………………………… 376
低級な意味での…………………… 376
義務心許りあつて………………… 377
すべてまちがいのないこと……… 377
ゲーテの「イフヰゲニヱ」を読んで…… 377
したい仕事………………………… 378
自分は自分にとつて……………… 378
自分の個性………………………… 378
自分の長処………………………… 379
書くのが容易だから……………… 379
〔他人に淋しさを与へることは〕…… 380
自己を捧げきれる芸術…………… 380
厚意と無理解……………………… 380
話相手と同格……………………… 380
〔相手と平等になれない間〕…… 381
小才子……………………………… 381
淋しさを与へてくれた人………… 381
一人舞台…………………………… 381
人類的愛…………………………… 381
自分を厳粛にしてくれるもの…… 381
厳粛な気分………………………… 382
他人に……………………………… 382
自分の神経………………………… 382
自分は……………………………… 382
この帝王気質……………………… 382
ニイチエ…………………………… 382
彼は………………………………… 383
自分の作品と軽蔑する人の作品… 383
饒舌る人…………………………… 383
時間よ……………………………… 383
何年か後…………………………… 383
死後の光栄………………………… 384
物質に主義者なくて……………… 384
人類的本能………………………… 384
創作家の天職……………………… 384
厳粛な所の皆無な作……………… 384
西洋人には………………………… 385
〔少くも来年〕…………………… 385
〔最後の勝利〕…………………… 386
〔自分の光栄〕…………………… 386
偉い人と本国……………………… 386
馬鹿批評家………………………… 386
彼等の知らないことを一つ……… 386
ベートベンの伝記………………… 386
夏だ………………………………… 387
生きることは……………………… 387
自分の頭…………………………… 387
創作を……………………………… 387
自分は希望を……………………… 387
小品の内にも……………………… 387
〔暫くまて!〕…………………… 388
仕事を重ねてゆくと……………… 388
真の創作家………………………… 388
短かい目…………………………… 388
他人のもの………………………… 388
何を要求されても………………… 389
何か書いてゐる時………………… 389
嫂の死……………………………… 389
一幕物「或る日の事」に就て…… 389
言語………………………………… 390
気軽に物を云ふ人………………… 391
何にでも口を出す奴……………… 392
世界の一員になりつゝある……… 392
国家の目から……………………… 392
トルストイが死刑を見た時……… 392
自分を導く意志…………………… 393
平和協会の会長としての大隈伯… 394
思想家……………………………… 394
自分の一生を……………………… 394
自分の仕事と国家………………… 395
いくら余裕のない国でも………… 395
余りに本当のこと………………… 395
文章について苦心する人………… 396
自分の自覚を……………………… 396
個人だけの立場から……………… 397
〔自分の作品が〕………………… 397
〔人々に愛されてゐると思ふ時〕…… 397
〔有名にもならないのに〕……… 397
〔賞められて〕…………………… 398
〔書いて書いて〕………………… 398
あまりに自分のことを…………… 398
さう云ふ人々がなつかしい……… 398
よしそれ知つてゐても…………… 399
今度の戦争………………………… 399
平和の為めの戦争(一)………… 399
平和の為の戦争(二)…………… 399
〔尊敬するのは夏目さんだけだ〕…… 399
〔執念深い敵〕…………………… 400
有縁者と無縁者とに………………… 400
読者………………………………… 400
わが友……………………………… 401
レンブラント……………………… 402
俺が立つてゐるのは……………… 403
君達………………………………… 403
自分が……………………………… 403
悪評と云ふものに就て…………… 404
定評………………………………… 405
忠告………………………………… 407
〔悪魔の子分〕…………………… 408
滋養分……………………………… 409
最も他人を罵詈した者…………… 409
雑九種………………………………… 409
もし君がパリスだつたら………… 409
時よ来い…………………………… 411
自由だ……………………………… 413
自由に裏切られるな……………… 415
今にひどい目に逢ふぞ…………… 415
勝つとか負けるとか……………… 415
非戦論者…………………………… 415
春だ………………………………… 416
先祖………………………………… 417
或る人は云つた……………………… 418
或人は云つた……………………… 418
他人の不幸………………………… 418
人類は叫ぶよ……………………… 418
返してはやらない………………… 418
之からは…………………………… 419
世界的の恐怖時代………………… 419
ほつたらかしておいても………… 419
神の国は近づいた………………… 420
考へたくないこと………………… 420
こんな風に………………………… 420
人類に逢つた……………………… 420
人種同士…………………………… 421
国家以上の国……………………… 421
国家の為には……………………… 422
神のつくれる処…………………… 422
都合のいゝ神……………………… 422
本当の神様………………………… 423
だから宗教は……………………… 423
社会の制裁を利用して…………… 423
宗教家と借金……………………… 423
女と金の支配……………………… 423
自分は……………………………… 424
手紙四つ……………………………… 424
確さと本当の事……………………… 429
確さ………………………………… 429
本当の事…………………………… 431
八百人の死刑………………………… 432
偶然者の独言………………………… 434
芸術品に就て………………………… 437
自然と云ふ言葉……………………… 439
自分の創作する時の態度…………… 440
雑感(一九一五,六年)〔2〕……… 442
自分達の自己肯定………………… 442
その妹をかきつゝ………………… 442
金の世の中と文士………………… 443
くず………………………………… 444
盗賊………………………………… 444
お慰み……………………………… 444
或る人々は………………………… 444
なぜ彼は生長がとまつた………… 444
なぜ彼は進歩した………………… 445
他人と彼…………………………… 445
今時に珍らしい…………………… 445
待つてゐる………………………… 446
美人………………………………… 446
死後………………………………… 446
この本能…………………………… 447
武士の名を惜しむこと…………… 447
死後………………………………… 447
傲慢………………………………… 447
暴君………………………………… 447
自分は今…………………………… 448
そんなもの………………………… 448
楽しさうに笑つた………………… 448
彼等は淋しさうだ………………… 449
淋しい人…………………………… 449
稀代の良心………………………… 449
天気………………………………… 449
呑気な奴がゐる…………………… 450
物好きな奴がゐる………………… 450
他人の内の自分…………………… 450
競争心……………………………… 450
君の本……………………………… 450
戦かうものと……………………… 451
自分の良心………………………… 452
社会主義者………………………… 452
自分は……………………………… 452
選ばれた人間……………………… 452
自分だとて………………………… 453
牢屋………………………………… 453
未来………………………………… 453
私情的愛…………………………… 453
ある世界…………………………… 453
あはよくば………………………… 454
自分は一生………………………… 454
然し自分は………………………… 454
社会と文学………………………… 455
日本の社会………………………… 455
真の作品を見ても………………… 456
〔古狸〕…………………………… 456
明治維新の若者…………………… 456
埋草的……………………………… 456
先づ青年を害して………………… 457
自覚の時…………………………… 457
一人で……………………………… 457
牛刀をもつて……………………… 457
真面目になるのが恐ろしくなつた人…… 457
彼の気持…………………………… 458
何しても始まらないと思ふ人…… 458
成功………………………………… 458
真実にふれる唯一の道…………… 458
自分に就て云へば………………… 459
自分の生活………………………… 459
夢でも……………………………… 460
自分の文章………………………… 460
芸術界の遊び人…………………… 462
詩人のあそび……………………… 462
自分の本職………………………… 462
ぬく時で…………………………… 462
真面目になつても(再び)……… 462
真面目にならないではゐられない気持…… 463
なぜ馬鹿ものだけを……………… 463
自己に正直………………………… 463
裸の王様…………………………… 463
自己をだます……………………… 463
ある新聞記者に…………………… 464
気がひけてゐる処に……………… 464
人の嫌がること…………………… 464
二倍の祝福………………………… 464
過去の罪…………………………… 464
ストリントベルヒの「父」……… 465
大きい仕事………………………… 465
「わしも知らない」上演に於て… 466
虫のいゝこと……………………… 467
彼等は大勢で……………………… 468
大きい自分と小さい自分………… 470
死…………………………………… 470
批評が嫌い………………………… 471
傲慢………………………………… 471
怒つてゐるな……………………… 472
相手にしないよ…………………… 472
あの獅子…………………………… 472
君のもの…………………………… 472
まるでわからない………………… 472
自殺………………………………… 473
愛…………………………………… 474
他人の愛の生活…………………… 474
軽卒な神の子……………………… 475
他人の死…………………………… 476
自然はいろいろのものを………… 476
野狐禅……………………………… 476
理想的なこと……………………… 478
芸術家として……………………… 479
「わしも知らない」を見て……… 479
批評に臆病………………………… 481
感心しない作品と………………… 482
自分と現在………………………… 484
自国にのみ都合のいゝ真理……… 486
無くて叶はぬもの………………… 486
セザンヌは画家だ………………… 486
〔キタナイ感じと清い感じ〕…… 486
人類の火…………………………… 487
お前の仕事………………………… 488
勝利の道…………………………… 488
お前は空想家か…………………… 489
台湾の土人のこと………………… 489
台湾の土人は……………………… 490
僕のかくもの……………………… 490
デュラーの画……………………… 490
すべて芸術品は…………………… 491
日本の文芸の未来………………… 492
愛するものゝ悲哀………………… 493
諸君はほめてくれるが…………… 494
素質を……………………………… 494
白樺以外に………………………… 495
気がきいた真似をするな………… 496
偶像破壊…………………………… 496
或人は……………………………… 497
世評………………………………… 497
たへず……………………………… 497
この頃……………………………… 498
僕のものを………………………… 498
小悪魔……………………………… 498
「我等は何をなすべき乎」をよんで…… 499
同上………………………………… 499
忍辱………………………………… 500
今一歩……………………………… 500
いくらでも………………………… 500
君の理想的人物は………………… 500
自己以上のもの…………………… 501
全力を……………………………… 502
死よ………………………………… 502
お前はこの頃……………………… 502
Aの迷信 …………………………… 503
立つた以上は……………………… 503
筆をとる以上は…………………… 503
生れた以上は……………………… 503
それ等の人………………………… 503
心の美さ…………………………… 504
道徳………………………………… 505
同上………………………………… 505
貴き空気…………………………… 505
雑感―「第一次世界大戦」から「新しき村」まで
「白樺」その他
六号雑感〔1〕 …………………… 507
人々はまだ……………………… 507
事実だけ………………………… 507
日本の文壇の為に……………… 508
バツクの色……………………… 508
馬鹿族…………………………… 508
まだゝ,まだゝ。今に,今に…… 508
俺の精神………………………… 509
手紙(千家元麿兄に)…………… 509
雑談………………………………… 510
執着及び其他……………………… 518
面白いこと……………………… 518
執念深い………………………… 518
彼等……………………………… 518
自分だつて……………………… 519
得意……………………………… 519
大家……………………………… 520
愛されること…………………… 520
もう一歩………………………… 520
自分の作………………………… 520
かうよ〔1〕 ……………………… 521
Giovanni Heitaro……………… 521
あまりに予定通り……………… 522
かうよ〔2〕 ……………………… 525
僕の立場と三井甲之氏の立場… 525
手紙の内より……………………… 528
六号雑感〔2〕 …………………… 529
雑感(自称批評家に就て)……… 532
三十歳迄の耶蘇…………………… 534
手紙一つ…………………………… 535
歯の療治に際しての雑感………… 537
労働に就て………………………… 539
手紙………………………………… 540
雑感〔3〕 ………………………… 542
自分の肯定……………………… 542
自分のかくものと自分………… 543
自分の内からの要求で………… 544
泣きながらも…………………… 545
自分を自分の思ふ通りの……… 545
こつちを馬鹿にするもの……… 546
日本武尊をかいて……………… 546
大きな真抜さ…………………… 546
自分の逢つた人は……………… 547
ロダンの言葉…………………… 548
雑感〔4〕 ………………………… 549
材料……………………………… 549
ある批評家が…………………… 549
何を見ても……………………… 550
いゝものをかけば……………… 550
或人の評に答ふ………………… 550
不自然なもの…………………… 551
金の為に………………………… 551
夏目さんの死にぎは…………… 551
或る人の説教…………………… 552
大きな仕事をするのに………… 553
先輩らしいことを……………… 553
或る青年の夢について………… 554
自分のかくものに……………… 554
材料は…………………………… 554
自分から洗礼…………………… 555
雑感〔5〕 ………………………… 555
チントレットよ………………… 555
或る本の序……………………… 556
予言者の声……………………… 558
海は静かゝも知れない………… 558
流行児…………………………… 559
自分の芸術……………………… 560
理想的…………………………… 561
生長する人間と生長しない人間の言葉…… 562
露骨な改宗者…………………… 563
自分が進歩してゐる時は……… 564
文学の仕事……………………… 564
日本現代文学の米訳に就て…… 566
プサンとドメニキノ…………… 567
材料に(作家より)…………… 568
雑感〔6〕 ………………………… 569
小品九つ…………………………… 572
魚………………………………… 573
蛇………………………………… 573
燕………………………………… 575
銀杏の実………………………… 576
噴きぬきの井戸………………… 576
芝………………………………… 577
燕の子…………………………… 578
一疋の蜻蛉の毒殺……………… 578
河鹿……………………………… 580
雑感〔7〕 ………………………… 581
美術館をつくる計画に就て……… 589
日記のかはり……………………… 591
いろいろ…………………………… 602
ある旅人………………………… 602
ある川…………………………… 602
甲と乙…………………………… 602
ある獅子と狐…………………… 603
ある猫…………………………… 603
嵐………………………………… 603
親友と親友……………………… 603
善人……………………………… 604
自分達で………………………… 604
何がやりたいのだ……………… 604
自分達の意志…………………… 604
自分は戦ふものだ……………… 605
そを疑ふものよ………………… 605
自分達は………………………… 605
人類そのもの…………………… 605
英雄崇拝………………………… 605
小さき同情……………………… 605
仮面をとれば…………………… 606
戦争は…………………………… 606
俺は……………………………… 606
俺は好んで……………………… 606
俺は利口だ……………………… 610
友達……………………………… 611
皆の助力………………………… 611
俺を強がりのやうに云ふ人がゐる…… 611
自分の脚本……………………… 612
何をかいても…………………… 612
米国の一将軍…………………… 613
展覧会なぞに行つて…………… 613
僕は……………………………… 614
もう一歩だ……………………… 614
カラマゾフ兄弟………………… 614
一人で…………………………… 615
自分達に力がないと云ふことを耻ぢやう…… 615
俺の内には……………………… 616
信用してくれ…………………… 617
死んでも………………………… 617
天才……………………………… 617
精神主義か……………………… 617
今度は,今度は ………………… 617
大きな河………………………… 619
三十三歳の子供………………… 619
落撰………………………………… 619
手紙一つ(新らしき生活への道の追加)…… 620
六号雑記〔1〕 …………………… 622
僕は意志の人間………………… 622
新らしい世界を………………… 622
自称神仏………………………… 623
自分の人気……………………… 624
田舎の真面目な若い人………… 624
新らしき村に就て………………… 625
小品三つ…………………………… 626
母の貞操………………………… 626
妻よりの第一の手紙…………… 628
自分の逢つた人々……………… 629
雑四つ……………………………… 631
脳貧血…………………………… 631
ある教育家,小説家は恐ろしい…… 633
彼は……………………………… 637
若い男の手紙…………………… 638
新聞その他
秋田雨雀君に……………………… 641
中村孤月氏へ……………………… 641
生きてゐる間……………………… 643
生田長江氏に戦を宣せられて一寸…… 645
雑感〔8〕 ………………………… 648
岸田劉生画会主意書……………… 651
白樺の展覧会に就て……………… 651
手紙の内より……………………… 654
「人道主義」に就て……………… 657
神経はなかなか暴君(志賀直哉氏の印象)…… 658
本当のことの分る男(長与善郎氏の印象)…… 659
Sの叔父さんの話 ………………… 661
旧い日記の内より(小説には非ず)…… 662
「編輯室にて」その他
編輯室にて〔1・大正三年三月号〕…… 665
蛇足〔大正三年三月号〕………… 666
編輯室にて〔2・大正三年四月号〕…… 669
雑〔大正三年五月号〕…………… 671
編輯室にて〔3・大正三年六月号〕…… 672
編輯室にて〔4・大正三年七月号〕…… 672
寄贈書籍〔大正三年七月号〕ユデイツト 吹田蘆風氏訳 南江堂…… 673
編輯室にて〔5・大正三年八月号〕…… 673
新刊寄贈書〔大正三年八月号〕波 藤森成吉氏著 中興館…… 674
編輯室にて〔6・大正三年九月号〕…… 675
編輯室にて〔7・大正三年一〇月号〕…… 677
編輯室にて〔8・大正三年一一月号〕…… 679
虫よき本の広告,及び其他〔大正三年一二月号〕…… 680
編輯室にて〔9・大正三年一二月号〕…… 682
編輯室にて〔10・大正四年一月号〕…… 683
編輯室にて〔11・大正四年二月号〕…… 684
六号雑記〔2・大正四年三月号〕…… 684
編輯室にて〔12・大正四年五月号〕…… 686
六号雑記〔3・大正四年七月号〕…… 687
六号雑記〔4・大正四年八月号〕…… 693
「向日葵」出版に就て………… 693
「向日葵」の序文の内より…… 694
編輯室にて〔13・大正四年八月号〕…… 695
編輯室にて〔14・大正四年九月号〕…… 695
六号雑記〔5・大正四年一〇月号〕…… 696
六号雑記〔6・大正四年一一月号〕…… 701
編輯室にて〔15・大正四年一一月号〕…… 703
六号雑記〔7・大正四年一二月号〕…… 703
編輯室にて〔16・大正四年一二月号〕…… 705
編輯室にて〔17・大正五年一月号〕…… 706
編輯室にて〔18・大正五年二月号〕…… 707
編輯室にて〔19・大正五年三月号〕…… 709
編輯室にて〔20・大正五年四月号〕…… 709
六号雑記〔8・大正五年五月号〕…… 712
編輯室にて〔21・大正五年六月号〕…… 716
編輯室にて〔22・大正五年七月号〕…… 720
六号雑記〔9・大正五年八月号〕…… 720
六号雑記〔10・大正五年九月号〕…… 723
六号雑記〔11・大正五年一〇月号〕…… 725
六号雑記〔12・大正五年一一月号〕…… 731
六号雑記〔13・大正五年一二月号〕…… 733
六号記事〔14・大正六年二月号〕…… 734
六号雑記〔15・大正六年三月号〕…… 735
六号雑記〔16・大正六年四月号〕…… 737
編輯室にて〔23・大正六年四月号〕…… 743
六号雑記〔17・大正六年五月号〕…… 743
六号雑記〔18・大正六年六月号〕…… 747
六号雑記〔19・大正六年七月号〕…… 752
編輯室にて〔24・大正六年八月号〕…… 756
六号雑記〔20・大正六年九月号〕…… 757
編輯室にて〔25・大正六年一〇月号〕…… 760
編輯室にて〔26・大正六年一一月号〕…… 762
六号雑記〔21・大正六年一二月号〕…… 765
編輯室にて〔27・大正六年一二月号〕…… 768
六号雑記〔22・大正七年一月号〕…… 769
編輯室にて〔28・大正七年一月号〕…… 773
六号雑記〔23・大正七年三月号〕…… 774
六号雑記〔24・大正七年四月号〕…… 777
編輯室にて〔29・大正七年五月号〕…… 780
編輯室にて〔30・大正七年六月号〕…… 782
編輯室にて〔31・大正七年七月号〕…… 783
六号雑感〔25・大正七年八月号〕…… 784
六号雑記〔26・大正七年九月号〕…… 786
編輯室にて〔32・大正七年九月号〕…… 790
六号雑記〔27・大正七年一〇月号〕…… 790
編輯室にて〔33・大正七年一一月号〕…… 790
今度の夏目さんの小説には……… 791
*解説・解題
*解説(紅野敏郎)…………………… 794
*解題(紅野敏郎)…………………… 814
 

第4巻 1988.6.10
 
新しき村の生活……………………………… 1
序…………………………………………… 3
新しき村に就ての対話…………………… 4
第一の対話……………………………… 4
第二の対話………………………………12
第三の対話………………………………23
新しき村の小問答…………………………32
新しき村に就ての雑感……………………35
失敗しても………………………………35
自分達のまく種…………………………35
新しき村が出来たら……………………35
一つの帳面………………………………35
生活に逐はれすぎるのは………………36
寄附金……………………………………36
金もうけ…………………………………36
一番の特色………………………………36
自分達の強み……………………………36
自分だけが………………………………36
畑をたがやし……………………………36
土地だけ…………………………………37
第一の村…………………………………37
新しい村のやうな仕事…………………37
いゝこと…………………………………37
不愉快なこと……………………………37
少くも始め二三年は……………………37
勝ちぬくとは……………………………38
太陽ですら………………………………38
ともかく毎年……………………………38
会員になりたい人………………………39
地主(自戒)……………………………39
勝利の道…………………………………39
二種の会員………………………………39
自分達は…………………………………40
或る国の話…………………………………42
土地…………………………………………45
新しき村叢書…………………………………61
第一篇 自分の人生観……………………63
自分の人生観(新しき村の目的)……63
第二篇 新しき村の信仰…………………80
新しき村の信仰…………………………80
新しき村と他の主義……………………85
新しき村の将来…………………………89
正しき信仰と不正な信仰………………92
第三篇 演説二つ…………………………96
自序………………………………………96
新しき村の使命…………………………97
死に克つ為には……………………… 109
第四篇 理想的社会…………………… 122
理想的社会…………………………… 122
神の国………………………………… 143
第五篇 愛に就て……………………… 147
愛に就て……………………………… 147
人類愛について……………………… 164
隣人愛に就て………………………… 167
第六篇 人間と社会…………………… 179
諸兄姉………………………………… 179
人生に就て…………………………… 181
まちがつた思想とは………………… 192
階級闘争に就て……………………… 200
第十篇 人間的社会…………………… 204
人間的社会…………………………… 204
ありのまゝに見る…………………… 206
神に就て……………………………… 208
人間と人間とが,其他 ……………… 210
村の仕事……………………………… 212
雑感…………………………………… 215
自己を生かした者…………………… 216
新しいものが………………………… 218
人間をつくつたもの………………… 219
未知の兄弟姉妹に…………………… 222
第十五篇 自分達の使命……………… 229
兄弟よ………………………………… 229
自分達の使命………………………… 230
新しき村……………………………… 232
今の村の経済………………………… 234
決心を新にすれば,其他 …………… 237
君に本当のことを聞くが…………… 243
種よ…………………………………… 246
新しき村の建設……………………… 247
社会の改造と自己の改造,其他 …… 248
〔社会の改造と自己の改造〕…… 248
新しき生活………………………… 248
すきまがあつたら………………… 248
生きる条件………………………… 248
希望にもえてゐる………………… 249
幹からはなれた枝………………… 249
藪医者……………………………… 249
讃美する…………………………… 249
新しき村に就て……………………… 250
聖人になれるものは,其他 ………… 252
隣人への奉仕の日…………………… 256
村が出来たこと……………………… 257
幸福者……………………………………… 259
耶蘇………………………………………… 329
第三の隠者の運命………………………… 399
序………………………………………… 401
第三の隠者の運命……………………… 401
自分の三部作について―「幸福者」と「耶蘇」と「出鱈目」(解題「第三の隠者の運命」或は「運命」)と…… 541
ユダの弁解……………………………… 555
ヨハネ,ユダの弁解を聞いて ………… 560
へんな原稿(戦にゆく前)……………… 563
「新しき村」より………………………… 587
祈り……………………………………… 589
母上に…………………………………… 590
第一の村をつくる土地に就いて及びその他…… 592
手紙三つ………………………………… 594
新しき村と現在の生活及びその他…… 598
雑二十六………………………………… 602
一 兄弟……………………………… 602
二 オルガン運び…………………… 603
三 加藤勘助兄の目………………… 603
四 米良重穂兄……………………… 604
五 新しき村と男女………………… 604
六 かう云ふことが起つたら……… 604
七 隕石……………………………… 604
八 我等の仕事……………………… 605
九 経済学者………………………… 605
十 新しき村にとつて……………… 605
十一 村の為に……………………… 605
十二 村の利己心…………………… 605
十三 村の為め……………………… 605
十四 自分の考へと村の人の考へ… 606
十五 害虫…………………………… 606
十六 幸福者………………………… 606
十七 村の歴史……………………… 607
十八 自分は………………………… 607
十九 村にとつて…………………… 607
二十 土地さへあれば……………… 607
二十一 村の仕事では……………… 607
二十二 経済のこと………………… 608
二十三 ごたごた…………………… 608
二十四 善良な人間でも…………… 608
二十五 あんまり理想的に………… 609
二十六 日光の通らぬ処…………… 609
叔父さんに……………………………… 609
*解説・解題
*解説(大津山国夫)………………… 614
*解題(大津山国夫)………………… 627
 

第5巻 1988.8.20
 
友情…………………………………………… 1
自序………………………………………… 1
友情………………………………………… 3
或る男…………………………………………59
序……………………………………………61
或る男………………………………………63
続「或る男」…………………………… 303
或る男の話……………………………… 312
エピソート……………………………… 336
新しき村の生長…………………………… 341
それを信ぜよ…………………………… 343
人々の真心…………………………… 344
自活と云ふこと……………………… 344
独立するもの………………………… 345
新しき村を…………………………… 345
新しき村は…………………………… 345
新しき村そのもの…………………… 345
俺も…………………………………… 346
安心して進め………………………… 346
我が尊敬する人々…………………… 346
兄弟姉妹……………………………… 346
夜中に(一)………………………… 347
夜中に(二)………………………… 347
仕合せだ……………………………… 347
神の愛………………………………… 347
俺は尊敬する………………………… 347
愛する人間…………………………… 347
俺は…………………………………… 348
俺のやうな人間……………………… 348
俺は死ねる…………………………… 348
小さき泉と思ふな…………………… 348
一九二一年四月雑記…………………… 349
村の仕事の宣伝に就て………………… 351
雑誌の満三年を祝す…………………… 354
一九二一年六月雑記…………………… 355
笠井三郎兄の死を聞いて……………… 357
第一新しき村の今後の方針に就て…… 358
工業的な本をよむと…………………… 361
政府の力と個人の自覚………………… 362
一九二一年七月雑記…………………… 363
雑感……………………………………… 364
一九二一年八月雑記…………………… 367
新しき村を生み出すには……………… 370
協力生活……………………………… 370
今の新しき村の欠点………………… 370
新しき村は…………………………… 370
どの位労働したらいゝか…………… 371
新しき村の設備……………………… 372
我等は………………………………… 372
一九二一年九月雑記…………………… 374
一九二一年十月雑記…………………… 376
満三年に際して………………………… 377
一九二二年……………………………… 379
一九二二年一月雑記…………………… 382
一九二二年二月雑記…………………… 384
新しき村よ……………………………… 386
一九二二年四月雑記…………………… 387
雑感……………………………………… 388
一九二二年六月雑記…………………… 393
新しき村に就ての返事―シルビア・バンカースト氏に…… 394
新しき村が……………………………… 396
新しき村について……………………… 398
我等の使命……………………………… 404
気まぐれ日記……………………………… 407
序………………………………………… 409
気まぐれ日記…………………………… 409
一九二三年(大正一二年)………… 409
一九二四年(大正一三年)………… 500
附録…………………………………… 554
*解説・解題
*解説(小田切進)…………………… 558
*解題(小田切進)…………………… 568
 

第6巻 1988.10.20
 
人間万歳……………………………………… 1
神と男と女(一幕)……………………… 3
人間万歳(狂言)…………………………13
秀吉と曾呂利………………………………43
楠正成(五幕悲劇)………………………56
父と娘…………………………………… 103
秋の曲(三幕)………………………… 127
愛慾………………………………………… 139
愛慾(四幕)…………………………… 141
「愛慾」上演に………………………… 177
「愛慾」を見て………………………… 179
孤独の魂(四幕六場)………………… 181
ある画室の主(愛慾後日譚)………… 227
「或る画室の主」の上演……………… 253
桃源にて・運命と人々…………………… 255
西伯と呂尚……………………………… 257
小喜劇…………………………………… 260
小曲……………………………………… 283
仏陀と孫悟空…………………………… 290
一日の素盞嗚尊………………………… 295
張男の最後の日………………………… 305
桃源にて………………………………… 326
だるま(一幕)………………………… 337
堯(一幕)……………………………… 342
呑気な親子(対話)…………………… 348
断片(脚本習作)……………………… 355
はね子の夢(狂言)…………………… 360
楽園の一隅……………………………… 365
地獄の姉(狂言)……………………… 369
七つの夢・運命と碁をする男…………… 373
七つの夢………………………………… 375
浦島と乙姫…………………………… 375
或る犬の品評会……………………… 401
或る画室の午後……………………… 408
想像の世界では……………………… 418
ある物語(三幕五場)……………… 425
夢の国………………………………… 444
出鱈目(狂言)……………………… 451
運命と碁をする男……………………… 462
序……………………………………… 462
運命と碁をする男(五幕)………… 462
一休の独白…………………………… 488
みない鳥(一幕)…………………… 490
須世理姫(一幕)…………………… 497
生命の王(一幕)…………………… 504
Aと幻影 ……………………………… 534
*解説・解題
*解説(武者小路辰子)……………… 558
*解題(武者小路辰子)……………… 570
*武者小路実篤作品上演年表………… 623
 

第7巻 1988.12.20
 
草原・泉と鐘………………………………… 1
草原………………………………………… 1
序………………………………………… 1
来年は三十六…………………………… 3
一九二一年その他……………………… 4
社会主義其他…………………………… 8
政治運動其他……………………………11
芸術の世界では…………………………12
今の時代…………………………………14
政治家を嫌ふのは………………………15
よき批評家其他…………………………17
武郎さんの死……………………………19
今後の文芸………………………………21
日記………………………………………23
新しき村より……………………………31
泉と鐘………………………………………33
序…………………………………………33
実感に就て………………………………33
読んだ脚本六つについて………………38
雑感………………………………………42
嘲笑………………………………………44
筆の向くまゝ……………………………47
人生を斯く考へる……………………………55
序……………………………………………57
瞑想(人生について)……………………57
生命に役立つ為に………………………… 173
序文がはり……………………………… 175
文芸と人生……………………………… 176
生活と芸術……………………………… 187
創作的エネルギー……………………… 189
祭りの曲………………………………… 192
生と熟…………………………………… 193
自分の実力……………………………… 194
ドストエフスキーに就て(断片)…… 200
読んだもの其他………………………… 202
倉田のことなど………………………… 203
自分はこの頃…………………………… 207
自分の詩………………………………… 209
同志の人々に…………………………… 210
同志の人々に………………………… 210
すべての人に………………………… 213
秋……………………………………… 217
喜び…………………………………… 217
豪健…………………………………… 217
田舎…………………………………… 218
雑感三十五……………………………… 218
力の泉…………………………………… 225
自分は…………………………………… 242
心覚え…………………………………… 244
文芸雑感…………………………………… 247
文芸雑感………………………………… 249
無題…………………………………… 249
超個人主義文学……………………… 251
プロレタリア文学…………………… 252
ブルジヨアの弱点…………………… 253
東洋人のあきらめ…………………… 253
科学的料理…………………………… 254
文学の一つの特色…………………… 254
プロレタリア………………………… 255
人間が生きてゆくのに……………… 255
一人の作家…………………………… 256
いかなる時代にも…………………… 256
理解しないで………………………… 256
藤村の「嵐」をよむ………………… 257
其他…………………………………… 258
今生きてゐる人では………………… 259
文壇の人は…………………………… 260
自分の望む生活と文学……………… 260
今度も読めなかつた理由…………… 261
批評について………………………… 262
批評家として………………………… 263
自分のこと…………………………… 265
平和な生活…………………………… 266
文学者………………………………… 266
色魔について………………………… 267
読んだもの…………………………… 269
見たもの……………………………… 271
芸術の種類…………………………… 272
「生活」及びその他…………………… 276
生活者…………………………………… 280
真人主義………………………………… 282
雑記……………………………………… 283
無題……………………………………… 288
断片語…………………………………… 291
芸術の価値は何によつて決まるか…… 302
平和の民…………………………………… 313
三浦の叔父さん,其他 ………………… 315
三浦の叔父さん……………………… 315
齢の顔………………………………… 318
画をかいて見て……………………… 320
遺伝と性格…………………………… 321
亡き父の手紙,其他 …………………… 322
亡き父の手紙………………………… 322
姉の墓………………………………… 324
木下は死んだ…………………………… 327
木下の死は,其他 ……………………… 330
平和な民………………………………… 332
友へ(奈良通信)……………………… 335
奈良通信………………………………… 338
母に感謝してゐることなど…………… 340
新しき村現状…………………………… 343
日記がはり……………………………… 344
同人雑誌………………………………… 346
夢と現実………………………………… 349
自分の心にも…………………………… 354
雑感……………………………………… 357
日米戦争はまさかないと思ふが……… 358
人類の本…………………………………… 361
女の人の為に…………………………… 363
序……………………………………… 363
清浄な幸福…………………………… 364
美人に就て…………………………… 365
生れたまゝの美しさ………………… 367
父娘問答……………………………… 368
がらんどう…………………………… 372
雑感…………………………………… 374
男女…………………………………… 377
友達…………………………………… 379
男女の交際…………………………… 382
男にだまされる女…………………… 383
新しき社会と女性…………………… 385
だんだん賢くなる…………………… 387
自分の希望(わかり切つたことだが)…… 388
男と女のある優劣論から…………… 389
女性に………………………………… 390
食慾と性慾…………………………… 392
他人の恋愛…………………………… 394
愛情に就て…………………………… 397
恋愛と結婚…………………………… 399
若き女に読ませる感想……………… 401
結婚に就て…………………………… 405
夫婦…………………………………… 407
一夫一婦のために…………………… 411
妻子に対して………………………… 412
家庭的エゴイズム…………………… 415
不幸な人妻に………………………… 419
子供を育てる人……………………… 422
子供を………………………………… 422
母と子の無理心中…………………… 423
ある手紙……………………………… 424
新しき村と女………………………… 426
新しき村に入りたい女に…………… 429
附録……………………………………… 431
女と女の価値に就て………………… 431
建設の時代……………………………… 434
建設…………………………………… 434
村と金………………………………… 438
新しき村と政争……………………… 440
新しい世界…………………………… 442
自分と他人…………………………… 442
すべての人は云つた………………… 445
新しき村と土地……………………… 446
正しい世界が来たら………………… 447
新しき村にて(対話)……………… 453
新しき村についての対話…………… 460
或る入村希望者に…………………… 464
馬鹿な武者小路……………………… 469
思慮の足りない……………………… 469
生きてること………………………… 470
大樹の苗……………………………… 470
金にかはるもの……………………… 471
新しき村雑感………………………… 471
新しき村小品………………………… 473
噂…………………………………… 473
赤坊………………………………… 476
水路………………………………… 478
新しき村の馬……………………… 481
三方面…………………………………… 483
三方面………………………………… 483
ある作家…………………………… 483
ある社会の人間…………………… 483
人間として………………………… 484
芸術家の使命………………………… 485
創作家の資格………………………… 486
無限の味……………………………… 489
役者か脚本か………………………… 489
「桃源にて」の評を見て…………… 492
日記の内より………………………… 494
思つたまゝ…………………………… 495
生命主義…………………………… 495
自分のかくものに………………… 496
作者と材料………………………… 496
芝居と嘘…………………………… 497
文士の喜び………………………… 499
文芸偶感…………………………… 500
芥川君の死………………………… 502
読みたい時に読む………………… 503
無題…………………………………… 505
死……………………………………… 520
武郎さんについて…………………… 523
ある兄弟姉妹達に…………………… 532
決心せる人々………………………… 534
雑感…………………………………… 537
此頃は何を考へてゐる(対話)…… 541
生命に役立つ程度で………………… 545
独立人………………………………… 547
何処へ行つても……………………… 548
人間について………………………… 550
或る蜘蛛の死………………………… 561
*解説・解題
*解説(関口弥重吉)………………… 568
*解題(関口弥重吉)………………… 576
 

第8巻 1989.2.20
 
若き人々……………………………………… 1
序…………………………………………… 3
若き人々…………………………………… 3
母と子……………………………………… 195
棘まで美し………………………………… 401
自序……………………………………… 403
棘まで美し……………………………… 404
哲学者ラメーの死……………………… 477
「大調和」前後(一)…………………… 487
「白樺」………………………………… 489
六号雑記〔1〕 ……………………… 489
六号雑記〔2〕 ……………………… 491
編輯室にて〔1〕 …………………… 492
編輯室にて〔2〕 …………………… 493
編輯室にて〔3〕 …………………… 494
六号雑記〔3〕 ……………………… 495
六号雑記〔4〕 ……………………… 497
六号雑記〔5〕 ……………………… 498
編輯室にて〔4〕 …………………… 499
六号雑記〔6〕 ……………………… 499
六号雑記〔7〕 ……………………… 503
六号雑記〔8〕 ……………………… 505
六号雑記〔9〕 ……………………… 506
六号雑記〔10〕……………………… 507
六号雑記〔11〕……………………… 509
六号雑記〔12〕……………………… 510
六号雑記〔13〕……………………… 511
六号雑記〔14〕……………………… 513
岸田劉生装幀画集の発行…………… 514
六号雑記〔15〕……………………… 514
六号雑記〔16〕……………………… 514
六号雑記〔17〕……………………… 515
編輯室にて〔5〕 …………………… 516
六号雑記〔18〕……………………… 516
六号雑記〔19〕……………………… 519
六号雑記〔20〕……………………… 520
岸田の画その他……………………… 523
岸田の画…………………………… 523
倉田の脚本………………………… 523
国民的……………………………… 524
自分はいろいろのことに………… 524
六号雑記〔21〕……………………… 525
編輯室にて〔6〕 …………………… 526
編輯室にて〔7〕 …………………… 526
六号雑記〔22〕……………………… 526
編輯室にて〔8〕 …………………… 527
六号雑記〔23〕……………………… 527
六号雑記〔24〕……………………… 528
六号雑記〔25〕……………………… 528
六号雑記〔26〕……………………… 531
六号雑記〔27〕……………………… 532
六号雑記〔28〕……………………… 533
六号雑記〔29〕……………………… 534
六号雑記〔30〕……………………… 536
六号雑記〔31〕……………………… 537
六号雑記〔32〕……………………… 538
「新しき村」…………………………… 542
会員諸兄に…………………………… 542
堺枯川氏の評を見て一寸…………… 543
編輯室にて〔9〕 …………………… 545
六号〔1〕 …………………………… 546
六号〔2〕 …………………………… 547
六号雑記〔33〕……………………… 548
報告…………………………………… 549
雑感〔1〕 …………………………… 551
新しき村らしい労働のよろこび… 551
なぜ田舎で仕事を始めたか……… 552
なぜ百姓の仕事を撰んだか……… 552
文明の利器………………………… 552
仕事の始めには…………………… 553
ドストエフスキーの言葉………… 553
村の精神と国家…………………… 553
新しき村と亡国の民……………… 554
六号雑記〔34〕……………………… 554
六号雑記〔35〕……………………… 556
雑記〔1〕 …………………………… 559
新しき村の為に……………………… 560
六号雑記―村より―〔36〕………… 561
六号雑記〔37〕……………………… 563
六号雑記〔38〕……………………… 564
六号雑記〔39〕……………………… 566
六号雑記〔40〕……………………… 567
新しき村の第三歳になるを祝して… 570
六号雑記〔41〕……………………… 571
六号雑記〔42〕……………………… 575
六号雑記〔43〕……………………… 578
新しき村より〔1〕 ………………… 579
第一新しき村より〔1〕 …………… 582
土地の為の会………………………… 584
第一新しき村より〔2〕 …………… 584
第一新しき村より〔3〕 …………… 585
第一新しき村より〔4〕 …………… 587
第一新しき村より追加〔5〕 ……… 590
東京にて……………………………… 591
躓づく者……………………………… 593
六号雑記〔44〕……………………… 594
六号〔雑記〕追加〔45〕…………… 597
六号雑記〔46〕……………………… 600
六号雑記〔47〕……………………… 601
六号雑記〔48〕……………………… 603
「ニウス」の号外から……………… 605
六号雑記〔49〕……………………… 605
六号雑記〔50〕……………………… 607
六号雑記〔51〕……………………… 607
六号〔3〕 …………………………… 609
六号雑記〔52〕……………………… 610
六号雑記〔53〕……………………… 610
第一新しき村より〔6〕 …………… 611
六号雑記〔54〕……………………… 613
新しき村の今後……………………… 614
六号雑記〔55〕……………………… 616
六号雑記〔56〕……………………… 617
六号雑記〔57〕……………………… 619
六号雑記〔58〕……………………… 620
新しき村より〔2〕 ………………… 623
雑感〔2〕 …………………………… 624
「生長する星の群」…………………… 627
「生長する星の群」発刊に就て…… 627
六号雑記〔59〕……………………… 627
今度戦争したら……………………… 628
六号雑記〔60〕……………………… 630
六号雑記〔61〕……………………… 631
六号雑記〔62〕……………………… 632
六号雑記〔63〕……………………… 633
六号雑記〔64〕……………………… 634
「父の心配」を読んで……………… 636
六号〔4〕 …………………………… 640
六号雑記〔65〕……………………… 640
六号雑記〔66〕……………………… 641
六号雑記〔67〕……………………… 642
六号雑記〔68〕……………………… 643
六号雑記〔69〕……………………… 645
六号雑記〔70〕……………………… 645
六号雑記〔71〕……………………… 647
自分の考へ、其他…………………… 647
今度のこと…………………………… 651
六号雑記〔72〕……………………… 654
「人間生活」…………………………… 656
一九二四年を迎へるにさいし……… 656
新しき村より〔3〕 ………………… 657
六号雑記〔73〕……………………… 660
この門に入る者は…………………… 661
新しき村より〔4〕 ………………… 664
新しき村より〔5〕 ………………… 664
新しき村より(六月四日)〔6〕 … 665
新しき村より〔7〕 ………………… 666
「不二」………………………………… 668
六号雑記〔74〕……………………… 668
六号雑記〔75〕……………………… 669
六号雑記〔76〕……………………… 670
六号雑記〔77〕……………………… 671
六号雑記〔78〕……………………… 673
六号雑記〔79〕……………………… 676
六号雑記〔80〕……………………… 676
六号雑記〔81〕……………………… 679
六号雑記〔82〕……………………… 680
六号雑記〔83〕……………………… 681
六号雑記〔84〕……………………… 683
六号雑記〔85〕……………………… 684
旅行記………………………………… 685
六号雑記〔86〕……………………… 689
六号雑記〔87〕……………………… 690
六号雑記〔88〕……………………… 695
六号雑記〔89〕……………………… 696
「ひ 新しき村」……………………… 698
編輯雑記〔1〕 ……………………… 698
雑記〔2〕 …………………………… 699
協力すれば…………………………… 700
雑感〔3〕 …………………………… 703
奈良より〔1〕 ……………………… 705
奈良より〔2〕 ……………………… 707
階級闘争について…………………… 709
雑記〔3〕 …………………………… 712
雑感〔4〕 …………………………… 713
雑記〔4〕 …………………………… 715
雑記〔5〕 …………………………… 715
村にて………………………………… 716
久々に村に帰る…………………… 716
支那から…………………………… 717
村の祭……………………………… 717
自分のくはだてゝゐる仕事……… 717
一九二七年………………………… 717
石川秀太郎画会趣意書……………… 718
雑感〔5〕 …………………………… 718
雑感〔6〕 …………………………… 719
東京より〔1〕 ……………………… 720
手帳より……………………………… 720
新しいもの…………………………… 721
断片その他…………………………… 723
東京より〔2〕 ……………………… 724
反省させる時も……………………… 725
会員諸兄姉に………………………… 726
内に燃ゆる力………………………… 727
小川竜一兄の感想を読んで………… 728
川越の土地について………………… 729
*解説・解題
*解説(紅野敏郎)…………………… 732
*解題(紅野敏郎)…………………… 747
 

第9巻 1989.4.20
 
二宮尊徳……………………………………… 1
自序………………………………………… 3
二宮尊徳…………………………………… 5
大石良雄………………………………………69
自序…………………………………………71
大石良雄……………………………………73
釈迦………………………………………… 195
序………………………………………… 197
釈迦……………………………………… 199
後書……………………………………… 334
釈迦の伝記書かうとして……………… 336
日本の偉れた人々………………………… 339
序………………………………………… 341
〔伝記・小説〕
親鸞の結婚…………………………… 341
日蓮と千日尼………………………… 350
黒田如水……………………………… 359
宮本武蔵……………………………… 368
白隠…………………………………… 378
頼山陽と川上儀左衛門……………… 384
黒住宗忠……………………………… 388
〔感想・人物評論〕
空海に就いて………………………… 397
柳里恭に就いて……………………… 404
宮本武蔵の一面……………………… 406
自分の好きな日本画家三四………… 415
黒住宗忠に就いて…………………… 417
黒住宗忠のこと…………………… 417
黒住宗忠のことなど……………… 420
法然のことを一寸…………………… 423
一休和尚に就いて…………………… 425
西郷隆盛と二宮尊徳の挿話………… 431
西郷隆盛と二宮尊徳……………… 431
前文西郷の話の訂正……………… 432
二宮尊徳に就いて…………………… 434
二宮尊徳の仕事の一つ…………… 434
二宮尊徳に就いて………………… 438
二宮尊徳…………………………… 442
二宮尊徳の言葉…………………… 453
「二宮翁夜話」から……………… 454
二宮尊徳の言葉をよんで………… 456
北斎雑感……………………………… 458
雪舟に就いて………………………… 461
楠正成一巻書………………………… 462
三条実美公…………………………… 464
幸田露伴…………………………………… 471
序………………………………………… 473
露伴の一面……………………………… 474
露伴の小説について…………………… 477
幻談…………………………………… 477
雪たたき……………………………… 478
連環記………………………………… 480
対髑髏と風流魔……………………… 482
風流仏と五重塔……………………… 485
風流微塵蔵…………………………… 489
天うつ浪……………………………… 493
土偶木偶……………………………… 495
露伴翁家語を読んで…………………… 497
一 大博識露伴……………………… 497
二 露伴先生自伝補註……………… 500
露伴との対談記………………………… 502
幸田露伴先生を訪ふ………………… 502
露伴に関する雑録……………………… 507
露伴翁に敬意を表して……………… 507
国宝的な露伴―人物素描…………… 509
露伴の死を聞いて…………………… 509
講演二章……………………………… 510
口絵の字について…………………… 513
「大調和」前後(二)…………………… 515
「大調和」……………………………… 517
発刊の辞……………………………… 517
六号雑記〔90〕……………………… 517
編輯後記〔1〕 ……………………… 519
独立人と奴隷人……………………… 520
編輯後記〔2〕 ……………………… 520
小さい調和大きな調和……………… 521
編輯後記〔3〕 ……………………… 522
三段雑記〔1〕 ……………………… 522
編輯後記〔4〕 ……………………… 523
六号雑記〔91〕……………………… 524
編輯後記〔5〕 ……………………… 524
大きく生きろ………………………… 525
六号雑記〔92〕……………………… 525
編輯後記〔6〕 ……………………… 526
謎の国支那と印度…………………… 526
大調和展について…………………… 527
編輯後記〔7〕 ……………………… 527
巻頭言〔1〕 ………………………… 528
三段雑記〔2〕 ……………………… 529
編輯後記〔8〕 ……………………… 530
巻頭言〔2〕 ………………………… 531
東京より〔3〕 ……………………… 531
編輯後記〔9〕 ……………………… 532
巻頭言〔3〕 ………………………… 533
千九百二十八年を迎へるに際し…… 534
三段雑記〔3〕 ……………………… 538
巻頭言〔4〕 ………………………… 539
三段雑記〔4〕 ……………………… 540
巻頭言〔5〕 ………………………… 541
三段雑記〔5〕 ……………………… 541
巻頭言〔6〕 ………………………… 544
村の会場報告………………………… 544
巻頭言〔7〕 ………………………… 545
三段詩 其他………………………… 546
巻頭言〔8〕 ………………………… 548
三段雑記〔6〕 ……………………… 548
巻頭言〔9〕 ………………………… 551
三段雑記〔7〕 ……………………… 552
巻頭言〔10〕………………………… 553
三段雑記〔8〕 ……………………… 554
トルストイ雑感……………………… 555
三段雑記〔9〕 ……………………… 561
夏目さん……………………………… 563
三段雑記〔10〕……………………… 565
「独立人」……………………………… 567
感想…………………………………… 567
独立人と奴隷人…………………… 567
煮え切れ…………………………… 568
二宮尊徳の言葉…………………… 568
材料を歪にすること……………… 569
多くかくこと……………………… 570
充実し切った人間………………… 570
宿泊所の計画……………………… 570
他人本位の画……………………… 571
私信がはり〔1〕 …………………… 573
林久男様…………………………… 573
某様………………………………… 573
加藤勘助兄………………………… 573
外山楢夫兄………………………… 573
志賀直哉兄………………………… 574
村の諸兄姉様……………………… 575
K様 ………………………………… 576
編輯雑記……………………………… 579
私信がはり〔2〕 …………………… 579
お兄さん…………………………… 579
E様 ………………………………… 583
G様 ………………………………… 584
K様 ………………………………… 585
大阪の某君………………………… 587
川島伝吉、松本広吉両兄………… 587
岸田劉生兄………………………… 588
又志賀に…………………………… 588
三段雑記〔11〕……………………… 588
私信がはり〔3〕 …………………… 590
志賀に……………………………… 590
某兄………………………………… 592
ロシアのトルストイアンに……… 593
西川百子様………………………… 593
三段雑記〔12〕……………………… 594
私信がはり〔4〕 …………………… 595
村の兄弟姉妹に…………………… 595
直木憲一兄………………………… 596
茶谷半次郎兄……………………… 597
岸田に……………………………… 597
内藤其士兄………………………… 598
志賀に……………………………… 598
入村したい方に…………………… 599
三段雑記〔13〕……………………… 600
私信がはり〔5〕 …………………… 600
志賀に……………………………… 601
愛読者諸兄姉……………………… 602
増田様……………………………… 602
村の兄姉…………………………… 604
三段雑記〔14〕……………………… 605
人類の意志(私信がはりのかはり)…… 607
K、K様……………………………… 607
私信がはり〔6〕 …………………… 608
東坊城恭長兄……………………… 608
村の諸兄姉に……………………… 609
志賀に……………………………… 610
三段雑記〔15〕……………………… 611
後ろに………………………………… 613
英国に於けるトルストイ主義者の村と新しき村…… 613
私信がはり〔7〕 …………………… 616
某兄………………………………… 616
編輯だより〔1〕 …………………… 618
私信がはり〔8〕 …………………… 619
志賀に……………………………… 619
松本広吉兄………………………… 620
編輯記事……………………………… 621
コクトオ抄とジヤム詩抄を読む…… 622
コクトオ抄………………………… 622
フランシス・ジヤム詩抄………… 624
私信がはり其他〔9〕 ……………… 626
編輯だより〔2〕 …………………… 628
私信がはり〔10〕…………………… 628
直哉兄……………………………… 628
永原織治様………………………… 631
増田様……………………………… 631
川島兄……………………………… 631
編輯だより〔3〕 …………………… 633
私信がはり〔11〕…………………… 633
村を愛する人々に………………… 633
外山楢夫兄の死をいたむ…………… 636
加藤勘助兄の死……………………… 636
三段雑記〔16〕……………………… 639
三段雑記〔17〕……………………… 641
編輯後記〔10〕……………………… 642
日向堂開業について………………… 643
私信がはり〔12〕…………………… 644
編輯だより〔4〕 …………………… 646
再び日向堂の仕事に就て…………… 646
村の会員になつてほしく思ひます… 647
岸田劉生思ひ出……………………… 648
岸田の思ひ出(二)………………… 651
六号雑記〔93〕……………………… 653
義務教育について…………………… 654
私信がはり〔13〕…………………… 655
善郎兄……………………………… 655
三段雑記〔18〕……………………… 657
私信がはり〔14〕…………………… 658
茶谷半次郎兄……………………… 658
三段雑記〔19〕……………………… 659
私信がはり〔15〕…………………… 661
倉田百三兄………………………… 661
村の兄弟へ………………………… 662
三段雑記〔20〕……………………… 663
私信がはり〔16〕…………………… 664
志賀直哉兄………………………… 664
三段雑記〔21〕……………………… 666
「星雲」………………………………… 668
三段雑記〔22〕……………………… 668
アンデパンダンの欄について……… 669
編輯後記〔11〕……………………… 670
三段雑記〔23〕……………………… 670
編輯後記〔12〕……………………… 673
実篤の仕事を助ける会……………… 675
三段雑記〔24〕……………………… 677
三段雑記〔25〕……………………… 679
新しき村演劇部第二回公演………… 680
編輯後記〔13〕……………………… 681
三段雑記〔26〕……………………… 681
昨今の自分…………………………… 685
私信がはり〔17〕…………………… 687
三段雑記〔27〕……………………… 688
「重光」………………………………… 691
雑感〔7〕 …………………………… 691
重光発行に就て及びその他………… 695
無題〔1〕 …………………………… 696
雑記〔6〕 …………………………… 700
志賀あての手紙……………………… 701
雑感〔8〕 …………………………… 704
岡田正三訳「詩経」……………… 704
青山熊治の画……………………… 707
自分のものの芝居………………… 707
志賀あてに………………………… 708
思ひつくまま………………………… 710
「僕」考……………………………… 713
いろいろのこと……………………… 716
六号雑記〔94〕……………………… 720
日記がはり…………………………… 720
断片語………………………………… 722
面白半分面黒半分…………………… 722
六号雑記〔95〕……………………… 731
子規の手紙の文句より……………… 732
爪切り………………………………… 733
無題〔2〕 …………………………… 734
六号雑記〔96〕……………………… 737
手紙〔私信〕がはり〔18〕………… 738
善郎兄……………………………… 738
長浜随筆……………………………… 742
重光を休刊するに際して…………… 746
*解説・解題
*解説(大津山国夫)………………… 748
*解題(大津山国夫)………………… 759
 

第10巻 1989.6.20
 
井原西鶴……………………………………… 1
序…………………………………………… 3
井原西鶴…………………………………… 4
伝記小説に就て……………………………40
西鶴のことを一寸…………………………44
愛と死…………………………………………47
幸福な家族……………………………………97
幸福な家族…………………………………99
齢………………………………………… 206
暁………………………………………… 212
人生論……………………………………… 265
序………………………………………… 267
人生論…………………………………… 267
論語私感…………………………………… 341
序………………………………………… 343
論語私感………………………………… 343
学而第一より………………………… 343
為政第二より………………………… 347
八 第三より………………………… 352
里仁第四より………………………… 325
公冶長第五より……………………… 360
雍也第六より………………………… 367
述而第七より………………………… 373
泰伯第八より………………………… 382
子 第九より………………………… 385
郷党第十より………………………… 392
先進第十一より……………………… 393
顔淵第十二より……………………… 400
子路第十三より……………………… 406
憲問第十四より……………………… 409
衛霊公第十五より…………………… 419
季子第十六より……………………… 428
陽貨第十七より……………………… 432
微子第十八より……………………… 439
子張第十九より……………………… 440
堯曰第二十より……………………… 440
政治に就て…………………………… 441
孔子に就て…………………………… 452
徒然草私感………………………………… 463
序………………………………………… 465
徒然草私感……………………………… 465
人類の意志に就て………………………… 517
自序……………………………………… 519
前篇……………………………………… 520
後篇……………………………………… 563
人生問答…………………………………… 591
序………………………………………… 593
自序……………………………………… 593
人生問答………………………………… 594
第一話 死其他に就て……………… 594
第二話 感情と理性に就て………… 608
第三話 美に就て…………………… 619
第四話 道徳に就て………………… 628
第五話 奉仕に就て,其他 ………… 634
第六話 賢者に就て………………… 641
第七話 結婚に就て………………… 649
第八話 不思議に就て……………… 660
第九話 青年に就て………………… 668
*解説・解題
*解説(紅野敏郎)…………………… 676
*解題(紅野敏郎)…………………… 686
 

第11巻 1989.8.20
 
無車詩集……………………………………… 1
自序………………………………………… 3
秋が来た…………………………………… 4
淋しい……………………………………… 4
長い廊下…………………………………… 5
亀の如し…………………………………… 5
笑つてやりたい…………………………… 6
嘲笑へ……………………………………… 6
誕生日に際しての妄想…………………… 6
他人の親切………………………………… 9
今の自分の仕事…………………………… 9
黙して歩け………………………………… 9
自分達は……………………………………10
五十まで……………………………………10
意力をもつて………………………………10
死……………………………………………10
若い男と若い女……………………………10
一人の女と三人の男………………………11
師よ師よ……………………………………11
バン・ゴオホ………………………………11
ホイットマン………………………………11
ホドラー……………………………………12
ドストエフスキーの顔……………………12
淋しさ………………………………………42
汝よ…………………………………………12
神の意志……………………………………12
巨人…………………………………………13
卵の殻………………………………………13
希望に満てる日本…………………………13
泉の嘆き……………………………………14
流……………………………………………14
太陽と月……………………………………14
お城の殿様…………………………………15
先輩に………………………………………15
批評家に……………………………………15
彼等は………………………………………15
しやうがない奴……………………………16
僕から見ると………………………………16
浦島太郎の出発……………………………16
レンブラント………………………………21
春……………………………………………22
喜びは………………………………………22
キタナイ詩…………………………………22
疲れたら……………………………………23
書く,耕す …………………………………23
身体中が……………………………………23
いかにも春…………………………………23
花も…………………………………………23
俺の子供の時から…………………………23
其処は………………………………………24
美しい花が…………………………………24
極楽の空気…………………………………24
見たもの……………………………………24
俺の真剣に…………………………………24
神に愛されて………………………………24
まあいゝ……………………………………24
大きな木……………………………………25
さあ俺も……………………………………25
果報は………………………………………25
俺は,俺は …………………………………25
俺をやつてしまへ…………………………25
袋はくさつたが……………………………25
仏陀と云ふ…………………………………26
俺は又………………………………………26
一寸(春)…………………………………26
健全な………………………………………26
神を忘れて…………………………………26
だが大きく(春)…………………………26
雨が降つた…………………………………26
真理で………………………………………26
金山へ行つて………………………………27
すべてのことは……………………………27
子供は………………………………………27
神を見た者…………………………………28
若き木と春…………………………………28
ある大きな木の歌…………………………29
神……………………………………………30
或る日………………………………………30
本気な者が…………………………………30
私は…………………………………………30
他人の………………………………………30
人類の内の…………………………………31
よろこびよ…………………………………31
戸をたゝく音(一)………………………31
戸をたゝく音(二)………………………31
戸をたゝく音(三)………………………31
戸をたゝく音(四)………………………31
待つてゐるものが…………………………32
兄弟で………………………………………32
俺は…………………………………………32
罪人を………………………………………32
生長…………………………………………33
自然は元気…………………………………33
もう一歩……………………………………33
愛と憎………………………………………33
心愛に満つる時(一)……………………33
心愛に満つる時(二)……………………33
よろこび……………………………………34
誰がなんと云つても………………………34
俺は一生ぶつ通して………………………34
俺は…………………………………………34
俺はどうせ強情張りだ(一)……………34
俺はどうせ強情張りだ(二)……………34
俺はどうせ強情張りだ(三)……………35
俺はどうせ強情張りだ(四)……………35
俺はどうせ強情張りだ(五)……………35
未来の人間(一)…………………………35
未来の人間(二)…………………………36
未来の人間(三)…………………………36
過去の人間…………………………………36
我等は………………………………………36
俺に托されたもの…………………………37
托された……………………………………37
一人の人……………………………………37
働かないでゐられない人間………………37
怠け者………………………………………38
俺の空想……………………………………38
俺は聖人でも………………………………39
本気になつて………………………………39
なるやうになる……………………………39
或る朝………………………………………40
自然,必然,当然……………………………40
この道より…………………………………40
いざと云ふ迄は……………………………40
俺達は杉の林………………………………40
生命と神の如き自然………………………40
男子一生の仕事……………………………41
人間の耳……………………………………41
夏の夕………………………………………41
平和…………………………………………41
俺はこの幸福を……………………………42
天界の生活…………………………………42
愛は…………………………………………42
海のなかの灯台……………………………42
俺は嬉しい…………………………………42
笛を吹く……………………………………43
悔ひ改めた(一)…………………………43
悔ひ改めた(二)…………………………43
神は…………………………………………44
どの枝も……………………………………44
耶蘇は生れた今日…………………………44
神の国とは 其他…………………………45
進め,進め …………………………………46
地獄にゐてもいゝ人間が…………………47
人間の本心の………………………………47
老いたるレンブラント……………………47
春になつた…………………………………48
トビアスの帰り(レンブラントの画を見て)……48
死の恐怖……………………………………49
いくら楽器が………………………………49
混沌たるものよ……………………………49
静かな淋しさ………………………………49
支那の画を…………………………………50
花のなかゝら………………………………50
働く時には…………………………………50
郵便のくる前………………………………50
郵便の来たあと……………………………50
目をつむつて………………………………51
あの人を見よ………………………………51
遠大な志……………………………………52
ヘンドリツケよ……………………………52
静かなねむり………………………………52
いぢけて……………………………………53
心のよろこび………………………………53
のどかな空気………………………………54
殺された者に………………………………54
燃ゆるサバクと……………………………54
矢を射る者…………………………………55
生命の王と愛の女神………………………55
生命の王……………………………………56
リンゴの画に題す…………………………56
美に向つて…………………………………56
死神に………………………………………56
釣してゐる男………………………………57
巨人…………………………………………57
作家と批評家………………………………57
失題…………………………………………57
達人は………………………………………59
巨人の足あと………………………………59
元の木阿弥…………………………………60
一人の男……………………………………60
日常の勇士…………………………………60
思はぬ時に…………………………………60
開かれない戸………………………………61
ありがたし…………………………………61
大きな山は…………………………………62
いけない……………………………………62
碁打は………………………………………62
美人と宝玉…………………………………62
宝玉…………………………………………62
宝玉をつくるもの…………………………63
一つの花……………………………………63
二人の死……………………………………63
朝から晩まで………………………………64
老人…………………………………………64
獅子王は隠遁………………………………64
暢気ものゝ夢………………………………66
稀代の暢気もの……………………………66
五月…………………………………………66
書きたいもの………………………………67
レンブラント………………………………68
二疋の馬……………………………………69
二頭の獅子…………………………………69
勉強…………………………………………70
怒れる獅子は………………………………70
一生の仕事…………………………………70
一寸法師……………………………………70
第五十回の誕生日の朝の感想……………70
巨人…………………………………………73
日々進歩……………………………………74
春……………………………………………74
かくれた所…………………………………74
泉……………………………………………75
あふれたいから……………………………75
よき画を見るよろこび……………………76
たゞ前進……………………………………76
一個の人間…………………………………76
役に立つか 立たぬか……………………77
登山…………………………………………78
死神…………………………………………78
鉄斎…………………………………………78
もう一歩……………………………………78
もくもくと歩く男…………………………79
山を登る男に………………………………79
生れたことは………………………………79
私の仲間,私の友達 ………………………80
へんに生きてゐる…………………………81
静物…………………………………………81
画讃一束……………………………………81
野菜の画に…………………………………83
老婆…………………………………………84
柿の賦………………………………………85
或る男………………………………………85
歓喜……………………………………………87
序詩…………………………………………89
喜びの天使…………………………………89
仕事の喜び…………………………………91
美しい人間…………………………………92
チゝアンのある画を見て…………………94
いゝ墨………………………………………94
稲住温泉にて………………………………94
君も僕も美しい……………………………95
梁楷の「踊布袋」を見て(一)…………95
梁楷の「踊布袋」を見て(二)…………95
歓喜雀躍……………………………………96
志賀と僕……………………………………97
その男を礼拝する…………………………97
もう一息……………………………………98
二頭立の馬車………………………………98
歩くなり(梁楷の「李太白」から暗示されて)……99
雑草…………………………………………99
ある画家とある蛙……………………… 100
大きな心………………………………… 100
一本の杉………………………………… 100
一日一日………………………………… 101
 イオリンの名人……………………… 101
人間の心………………………………… 102
山上に二人……………………………… 102
孫………………………………………… 103
不思議さよ……………………………… 103
一筋の道を歩くなり…………………… 103
馬鈴薯…………………………………… 104
美神と人間……………………………… 104
一人の画家……………………………… 106
山をかきたい画家……………………… 106
夢………………………………………… 107
原稿書かうと思へども………………… 107
馬鈴薯讃………………………………… 108
意力……………………………………… 109
笛吹く男………………………………… 111
完全にこの土地を……………………… 112
それが新しき村………………………… 112
底ぬけに大きい………………………… 113
進め 進め……………………………… 113
天を目ざして…………………………… 113
日々新…………………………………… 114
無絃琴…………………………………… 114
自分の好きな人………………………… 114
自分と他人……………………………… 114
最後のもの……………………………… 114
風吹けども(渡欧の船中にて)……… 114
クレタ島を見て………………………… 115
フローレンスにて……………………… 115
汽車からチエッコの農場を見て……… 115
大西洋上にて…………………………… 116
サンフランシスコにゆく汽車中にて… 116
一個の人間(太平洋航行船中にて)… 116
牧谿と梁楷を讃美す…………………… 117
図々しく………………………………… 119
新しい種族よ…………………………… 119
何処までも生きよ……………………… 120
満八十になつて………………………… 120
ありがたき世になる哉………………… 123
第八十回の誕生日に…………………… 124
後書き…………………………………… 128
或る男と創物者…………………………… 131
のんき者,のんきな造物者に逢う …… 133
私の願い………………………………… 136
一滴の涙………………………………… 141
明るい笑を……………………………… 146
楽天家独語……………………………… 152
無心の世界…………………………… 152
ありのまゝの世界…………………… 153
恐ろしい……………………………… 153
真理…………………………………… 153
真理と暴力…………………………… 154
私は信ず……………………………… 154
生れてよかつた……………………… 154
人間の為に……………………………… 154
ある男の独言…………………………… 158
僕はこの頃考える……………………… 160
ぼんやりいい気持……………………… 163
純粋の人間……………………………… 166
一老人の独語…………………………… 169
梁楷 松下琴客………………………… 170
李成と署名のある或る画を見て……… 171
無準 布袋……………………………… 171
伝牧谿 布袋…………………………… 172
伝牧谿 面壁九年達磨………………… 173
雪舟 「雷」…………………………… 174
後書き…………………………………… 176
詩千八百…………………………………… 177
弱き者よ………………………………… 179
女………………………………………… 180
男波……………………………………… 180
机によりて……………………………… 180
人道の偉人……………………………… 180
我が天使………………………………… 181
平和の人………………………………… 181
恋の悲劇………………………………… 182
日はのぼれり…………………………… 182
過渡期…………………………………… 183
自分は父と母の子だ…………………… 183
心中の賊 山中の賊…………………… 183
全身に力が満ちた……………………… 184
お目出たう……………………………… 184
我にたよれ……………………………… 184
二つの歌………………………………… 185
二人……………………………………… 185
日は照り………………………………… 185
恋人の夢を見て………………………… 185
世間……………………………………… 186
我は鉄なり……………………………… 186
自分の慾望……………………………… 186
生の為に………………………………… 186
我は弱し………………………………… 187
天才と芸人……………………………… 187
我を憎め………………………………… 187
我は軽蔑す……………………………… 187
彼は天才か……………………………… 188
序のかはり……………………………… 188
自己と他人……………………………… 188
彼の風評………………………………… 188
我は孤独に非ず………………………… 188
罪悪の犠牲者…………………………… 189
ある批評家とある画家………………… 189
新しき家………………………………… 189
鼓舞してくれる人……………………… 189
どつちが勝つか………………………… 189
別れた処………………………………… 189
自由になる女…………………………… 189
批評家の軽蔑…………………………… 190
百里歩く人と,千里歩く人 …………… 190
すべてのものは我に…………………… 190
或人に好かれやうと思へば…………… 190
泣くな…………………………………… 190
押してくるもの………………………… 191
或若者の言葉…………………………… 191
善良な彼の女が………………………… 191
この頃自分を…………………………… 192
或人は俺を……………………………… 192
我が妻に………………………………… 192
おゝ川よ,川よ ………………………… 192
火を……………………………………… 193
芝居にて………………………………… 193
さうして自分は勝つ…………………… 193
天才は云つた…………………………… 193
女よ(女の無智を喜ぶ人の多いのを見て)…… 193
俺は金だ………………………………… 193
だが……………………………………… 193
俺は安心だ……………………………… 194
お前のかくもの………………………… 194
お前は天才か…………………………… 194
自分は自分にとつて…………………… 194
浦島の独白……………………………… 194
与へるものは…………………………… 195
読者……………………………………… 195
わが友…………………………………… 196
俺が立つてゐるのは…………………… 197
君達……………………………………… 197
自分が…………………………………… 197
自由だ…………………………………… 198
自由に裏切られるな…………………… 198
今にひどい目に逢ふぞ………………… 199
他人の不幸……………………………… 199
人類に逢つた…………………………… 199
彼等は大勢で…………………………… 199
あの獅子………………………………… 201
人類の火………………………………… 201
小悪魔…………………………………… 201
少女は…………………………………… 201
友達の喜び……………………………… 205
飼犬よ…………………………………… 205
雷………………………………………… 205
材料に(作家より)…………………… 205
空想家の歌……………………………… 206
仮面をとれば…………………………… 206
戦争は…………………………………… 206
俺は〔1〕 ……………………………… 206
俺は好んで……………………………… 207
俺は利口だ……………………………… 209
皆の助力………………………………… 210
大きな河………………………………… 210
デイオの死……………………………… 210
おお,石河内の土よ …………………… 210
短詩二十四……………………………… 211
兄弟〔1〕 ……………………………… 215
村の歴史………………………………… 215
心を一つにしやう……………………… 216
火をうちに持つものよ………………… 216
小さき川よ……………………………… 216
何処からこの力はくる………………… 217
神と人類は……………………………… 217
ある支那の兄弟に……………………… 217
喜べ,喜べ ……………………………… 218
器械と人間……………………………… 219
夜はふけて来た………………………… 219
夜はふけてゆく………………………… 219
人間は如何に生くべきか……………… 219
我等痩せたり…………………………… 219
神はほむべき哉………………………… 220
村に五人………………………………… 220
君達の顔………………………………… 220
人間の為に……………………………… 220
女よ……………………………………… 220
我等の火………………………………… 220
助け……………………………………… 221
神………………………………………… 221
我等の内に……………………………… 221
働きて…………………………………… 221
君達は死んだ…………………………… 221
働きの歌 六…………………………… 222
心清き時は……………………………… 223
よき人よ………………………………… 223
人間よりも……………………………… 223
正直であれ……………………………… 223
我が仕事………………………………… 223
我は人間を信用する…………………… 224
神とは何ぞや…………………………… 224
一生を真剣に…………………………… 224
我等に…………………………………… 224
支那人が………………………………… 224
自然のまゝは…………………………… 224
頭が……………………………………… 224
工場で…………………………………… 224
神と云ふものは………………………… 225
立ち上つたら…………………………… 225
本気に…………………………………… 225
死ぬ淋しさ……………………………… 225
だが……………………………………… 225
お前と(春)…………………………… 225
俺も(春)……………………………… 225
病人は(春)…………………………… 225
だが皆が………………………………… 225
ふやけて(春)………………………… 225
俺は大したことを……………………… 226
いゝ本を………………………………… 226
悪いものは……………………………… 226
粗雑な…………………………………… 226
真剣になつて…………………………… 226
俺は人間として………………………… 226
俺が人間に……………………………… 226
坂をあがる車…………………………… 226
お前の心………………………………… 226
枯草をやく……………………………… 226
もう一息………………………………… 227
正しいことをするものが……………… 227
不正な奴が……………………………… 227
お前のかくもの………………………… 227
俺の嫌ひな人間………………………… 227
草や木は………………………………… 227
馬鹿な…………………………………… 228
何歳から何歳の男……………………… 228
することだけはする…………………… 228
金と暴力で……………………………… 228
俺は俺の頭に切り……………………… 228
正しいと思ふことならする…………… 228
つくれるか……………………………… 228
今の人間………………………………… 228
昔………………………………………… 229
基礎……………………………………… 229
その家は………………………………… 229
俺の望みは……………………………… 229
十年後…………………………………… 229
俺が俺がと……………………………… 229
俺の生きてゐる間は…………………… 229
仏陀の…………………………………… 230
この真理が……………………………… 230
真理より………………………………… 230
俺には何もかも………………………… 230
俺にはたしかに………………………… 230
大きな舟は……………………………… 230
一通りの美しさでは…………………… 230
人類の傲りになるもの………………… 230
俺達の内に……………………………… 231
見かけは………………………………… 231
お前はお前が…………………………… 231
俺の仕事は……………………………… 231
その覚悟が……………………………… 231
俺の友に………………………………… 231
自分さへ………………………………… 231
自分の欠点……………………………… 231
太陽……………………………………… 232
喜びの使よ……………………………… 232
仲間は…………………………………… 232
淋しさ…………………………………… 232
すべてが………………………………… 232
命令……………………………………… 232
妻や子(あるロシヤ人の歌)………… 232
私は生きてゐる間……………………… 232
俺は〔2〕 ……………………………… 233
心の清められたる時…………………… 233
下等なこと……………………………… 233
雨は降る………………………………… 233
俺だつて………………………………… 233
真理の光………………………………… 234
妾が(ロシアのある女にかはつて)… 234
自分の子供……………………………… 234
我等は〔1〕 …………………………… 234
人類の多数……………………………… 234
よき兄弟姉妹…………………………… 235
能力者…………………………………… 235
我等は兄弟姉妹………………………… 235
兄弟姉妹よ……………………………… 235
ある支那人に…………………………… 236
人類……………………………………… 236
時は来つゝあり………………………… 236
他人と自分……………………………… 236
協力して………………………………… 236
皆が……………………………………… 236
背のび…………………………………… 237
生命……………………………………… 237
もう二三年……………………………… 237
方々で…………………………………… 237
面白い時………………………………… 237
より正しいもの………………………… 237
正しいと云ふことの…………………… 238
愛してくれるもの……………………… 238
俺は感謝する者だ……………………… 238
俺は一歩ふみはづせば………………… 238
天才……………………………………… 238
夏が来た………………………………… 239
暑い……………………………………… 239
木の葉の色……………………………… 239
生きると………………………………… 239
怒鳴り…………………………………… 239
ある友達………………………………… 239
一滴の水………………………………… 239
一滴の水で……………………………… 240
一滴の水よ……………………………… 240
俺一人では……………………………… 240
諸君の力………………………………… 240
何処を見まはしても…………………… 240
君達の真心……………………………… 241
力を一つにすることは………………… 241
兄弟姉妹(一)〔1〕 ………………… 241
私は返事してゐるのです……………… 241
兄弟姉妹(二)〔2〕 ………………… 241
新しき村〔1〕 ………………………… 241
兄弟〔2〕 ……………………………… 241
個人を個人に…………………………… 242
自己を…………………………………… 242
俺達には………………………………… 242
自分達の力も…………………………… 242
暴力でも………………………………… 242
わかつた………………………………… 242
真心……………………………………… 242
神と人間………………………………… 243
人の云ふこと…………………………… 243
小鳥が…………………………………… 244
自分の兄弟姉妹と思へないもの……… 244
俺の兄弟姉妹は(一)………………… 244
俺の兄弟姉妹は(二)………………… 244
俺の兄弟姉妹は(三)………………… 245
俺の兄弟姉妹は(四)………………… 245
俺の兄弟姉妹は(五)………………… 245
一生勝手なこと………………………… 245
虫のいゝ………………………………… 245
いくら説教されたつて………………… 245
俺は人間だ……………………………… 245
俺を感心させれば……………………… 245
悪にも善にも…………………………… 246
新しい生活……………………………… 246
自然が…………………………………… 246
戸をたゝいた…………………………… 246
なんでもかんでも……………………… 247
この事…………………………………… 247
皆が黙つたら…………………………… 247
真心を…………………………………… 247
真心を生かす敵………………………… 247
芸術家は………………………………… 248
何時か…………………………………… 248
兄弟〔3〕 ……………………………… 248
一本のマツチの火……………………… 248
一人の人の……………………………… 248
卵………………………………………… 248
君と同じ人間…………………………… 249
かゞみを見ると………………………… 249
自然のままに…………………………… 249
美しい女………………………………… 249
自分の仕事……………………………… 249
自分に出来ない仕事…………………… 249
思はぬ処に……………………………… 249
無理して………………………………… 249
夏の朝…………………………………… 249
この力よ………………………………… 250
雲雀よ…………………………………… 250
もう一歩………………………………… 250
兄弟姉妹〔3〕 ………………………… 250
独立と協力……………………………… 250
覚めよ…………………………………… 250
ほとゝぎす……………………………… 250
鶯よ……………………………………… 251
戸をあけて……………………………… 251
平和なよろこび(一)………………… 251
俺は都会の内にも……………………… 251
平和なよろこび(二)………………… 251
平和なよろこび(三)………………… 252
我等の使命……………………………… 252
兄弟姉妹〔4〕 ………………………… 252
兄弟姉妹を……………………………… 252
よろこびを……………………………… 253
清きよろこびを………………………… 253
心清まり………………………………… 253
よろこび〔1〕 ………………………… 253
よろこび〔2〕 ………………………… 253
汝と我と………………………………… 253
マルクスとトルストイ………………… 254
正しく生きやうとする………………… 254
正しく生きやうと欲する者…………… 254
正しく生きやうと欲する者は………… 254
人間の美徳……………………………… 254
新しき村が……………………………… 255
我等は〔2〕 …………………………… 255
俺は誰が………………………………… 255
新しい世界は…………………………… 255
自己の頭を……………………………… 255
俺は〔3〕 ……………………………… 255
短文四十………………………………… 255
我等の内にある………………………… 257
人類の運命を…………………………… 257
俺達が立つてゐなかつたら…………… 257
人類の為に役立つもの………………… 257
親に……………………………………… 257
俺は〔4〕 ……………………………… 257
人間らしく生きたいものは…………… 258
新しき村〔2〕 ………………………… 258
自分は〔1〕 …………………………… 258
一度その人の真心を…………………… 258
嫌悪……………………………………… 258
醜い男…………………………………… 258
善良な人間……………………………… 258
俺の思てつゐる通り…………………… 259
どうしても負けない道………………… 259
心の清い時……………………………… 259
心が清くない時………………………… 259
俺はへんに……………………………… 259
こんなこと……………………………… 259
エゴイストから………………………… 259
他人のこと……………………………… 259
涼しい風………………………………… 259
月の夜…………………………………… 260
Aの雑記帳より ………………………… 260
一ねむり………………………………… 260
泉よ……………………………………… 260
罵詈と賞讃……………………………… 260
悪口云はれて…………………………… 260
議論多し………………………………… 260
立ち上る者……………………………… 260
さう力まないでも……………………… 261
宝の山…………………………………… 261
自分と同じ主義者の…………………… 261
右に許り………………………………… 261
兄弟姉妹〔5〕 ………………………… 261
俺は〔5〕 ……………………………… 261
俺は〔6〕 ……………………………… 261
我等のもつ……………………………… 262
人類の生長力…………………………… 262
水は……………………………………… 262
俺に……………………………………… 262
実に多くの詩人は……………………… 263
雨がふりつゞく………………………… 263
この内からの力………………………… 263
偉い奴だ………………………………… 264
ホドラーの伝記をよんでゐる………… 264
俺の望み………………………………… 264
俺は旗手だ……………………………… 264
一人の女………………………………… 265
見えない処に…………………………… 265
俺は出ては……………………………… 265
俺は兄弟姉妹…………………………… 265
俺は〔7〕 ……………………………… 265
下界にあつては………………………… 265
俺はどん底の覚悟……………………… 266
或人は云つた…………………………… 266
お前に与へられた人間………………… 266
義務……………………………………… 266
日常の勇士……………………………… 266
労働は…………………………………… 267
労働……………………………………… 267
労働の奴隷……………………………… 267
人間が…………………………………… 267
自分は〔2〕 …………………………… 267
目的地は遠いが………………………… 267
人間の幸福……………………………… 267
我等は死骸ではない…………………… 268
大雷雨〔1〕 …………………………… 268
大雷雨〔2〕 …………………………… 268
何となく心うれしい…………………… 268
村に危期が来て………………………… 268
僕は君を………………………………… 268
村がくるしくなると…………………… 268
君には随分……………………………… 268
いゝ友が………………………………… 268
しかし友を許り………………………… 269
神の国を求めよ………………………… 269
俺は耻かしい…………………………… 269
今の俺より……………………………… 269
俺は恐ろしく…………………………… 269
ありがたう……………………………… 269
貧乏しても……………………………… 269
他人を非難したあとの………………… 269
だが制裁しなければ…………………… 269
信じ切れる人間………………………… 270
淋しくつたつて………………………… 270
運がよすぎる…………………………… 270
人間は皆………………………………… 270
己を知らないものは…………………… 270
己を知るものは………………………… 270
口の両わきに…………………………… 270
子供を見ると…………………………… 270
人々よ恐れよ…………………………… 271
神よ〔1〕 ……………………………… 271
神よ〔2〕 ……………………………… 271
どんなに誤解されても………………… 271
だが恐ろしいのは……………………… 271
僕は村の畑が…………………………… 271
かくの如き確信を……………………… 272
駄目になつた人間……………………… 272
あんまり村を信用して………………… 272
青空を見つめると……………………… 272
どの方面から云つても………………… 272
自己をまげて…………………………… 272
俺は一方………………………………… 272
枝から…………………………………… 273
神に忠実になることは………………… 273
神はあるかないか……………………… 273
もう人が………………………………… 273
神でないものを………………………… 273
俺は泣きたいよ………………………… 273
俺の内にある…………………………… 274
俺はたしかに…………………………… 274
自分はもう……………………………… 274
神の国では……………………………… 274
蝮の裔は………………………………… 274
天国に入り得るものは………………… 274
天国に入る……………………………… 275
昇天した魂が…………………………… 275
決心がつよまると……………………… 275
すべてを俺に任せて…………………… 275
すべてを神に任せて…………………… 275
他人の油を……………………………… 275
あなた(一)…………………………… 275
あなた(二)…………………………… 276
すべてをよしと………………………… 276
神の愛…………………………………… 276
もしこの仕事が………………………… 276
一人で立つても………………………… 276
種よ(一)……………………………… 276
種よ(二)……………………………… 277
種よ(三)……………………………… 277
すきまがあつたら……………………… 277
生きる条件……………………………… 277
希望にもえてゐる……………………… 277
幹からはなれた枝……………………… 277
薮医者…………………………………… 278
讃美する………………………………… 278
自分の知らぬ処に……………………… 278
打出にて………………………………… 278
手頃の荷物を背負つて………………… 279
力を入れて……………………………… 279
女は(一)……………………………… 279
あの女は………………………………… 279
女は(二)……………………………… 279
俺の仕事は……………………………… 279
俺は女を………………………………… 279
どんな女と……………………………… 279
お前は遠くから………………………… 279
どんなことがあつても………………… 280
俺の生命がやすつぽければ…………… 280
俺の生命………………………………… 280
愛する人の……………………………… 280
石橋をたゝいてあるく理想家………… 280
俺を信ぜよ……………………………… 280
神なしには……………………………… 280
よろこびは……………………………… 280
苦しみも………………………………… 281
我等は〔3〕 …………………………… 281
一つの大理石から……………………… 281
罪を重ねることに……………………… 281
兄弟よ…………………………………… 281
自分は〔3〕 …………………………… 282
唯一の道を……………………………… 282
自己を生かし切つて…………………… 282
よろこびの……………………………… 282
生長する星よ…………………………… 282
どんな人間も…………………………… 282
今日第一新しき村は…………………… 283
方々にゐる……………………………… 283
兄弟姉妹〔6〕 ………………………… 283
病のなほりたての……………………… 283
方々から………………………………… 283
我等はまづ……………………………… 284
希望に満ちた…………………………… 284
僕達はどうしても……………………… 284
いゝ人間が……………………………… 284
しかし自惚れちや……………………… 284
日常の心がけに………………………… 284
向上することも………………………… 284
俺はうれしいよ………………………… 285
村のなかに……………………………… 285
村の空気に……………………………… 285
俺は〔8〕 ……………………………… 285
村にはいつも…………………………… 285
千家に…………………………………… 286
よろこび(一)………………………… 286
よろこび(二)………………………… 286
よろこび(三)………………………… 286
よろこびの使…………………………… 286
清きよろこび…………………………… 286
ふと目ざめて…………………………… 287
自分の心は……………………………… 287
旅人よ…………………………………… 287
皆の気がつかない処に………………… 287
皆が……………………………………… 287
或る木の歌……………………………… 288
不思議な木……………………………… 288
川の流れ………………………………… 288
建設せよ………………………………… 288
兄弟姉妹〔7〕 ………………………… 289
めきめきと……………………………… 289
見よ……………………………………… 289
聖人になれるものは…………………… 290
冬になつた……………………………… 290
無邪気にあそばふね…………………… 290
百貫目のものを………………………… 290
しかし時々は…………………………… 291
自分の足もとを………………………… 291
僕は人のことを………………………… 291
村はどうだと…………………………… 291
生長力の強い村に……………………… 291
村の医者に……………………………… 291
農業に…………………………………… 292
僕の生活か……………………………… 292
俺達の力は……………………………… 292
兄弟姉妹〔8〕 ………………………… 292
千九百二十一年………………………… 293
永遠のよろこびの流れ………………… 293
人殺し…………………………………… 294
人を殺したこと………………………… 294
人を殺した人間………………………… 294
人を殺さなければ……………………… 294
俺は〔9〕 ……………………………… 294
主義の為に……………………………… 295
どつちか………………………………… 295
兄弟の丹精した………………………… 295
豆が芽を出した………………………… 295
いい人間の……………………………… 295
労働……………………………………… 295
神の国に………………………………… 295
心の宮居………………………………… 295
自分に託された………………………… 296
泉の喜び………………………………… 296
一九二一年よ…………………………… 296
新しい生活に…………………………… 296
神の国…………………………………… 296
やつと身体がなほつて………………… 297
あしたは………………………………… 297
兄弟達は………………………………… 297
自分は病気して………………………… 297
自分は〔4〕 …………………………… 297
今 自分達は…………………………… 298
決心を新にすることだ………………… 298
自分に出来ることを…………………… 298
自分は生きてゐる……………………… 298
人々の真心……………………………… 298
自活と云ふこと………………………… 298
独立するもの…………………………… 298
新しき村を……………………………… 299
新しき村は……………………………… 299
新しき村そのもの……………………… 299
俺も……………………………………… 299
安心して進め…………………………… 299
我が尊敬する人々(一)……………… 299
兄弟姉妹〔9〕 ………………………… 299
新しき村にかはりて…………………… 300
新しき村にかはりて(二)…………… 300
新しき村にかはりて(三)…………… 300
新しき村にかはりて(四)…………… 301
新しき村にかはりて(五)…………… 301
夜中に(一)…………………………… 301
夜中に(二)…………………………… 301
仕合せだ………………………………… 301
神の愛…………………………………… 301
俺は尊敬する…………………………… 301
愛する人間……………………………… 301
俺は〔10〕……………………………… 301
俺のやうな人間………………………… 302
俺は死ねる……………………………… 302
小さき泉と思ふな……………………… 302
もう一歩である………………………… 302
自分は結果を…………………………… 302
結果をあせると………………………… 302
天の光…………………………………… 302
妻の病気………………………………… 303
雑誌よ…………………………………… 306
自分は誰をも…………………………… 306
人間はかう云ふ風に…………………… 306
自分の幸福が…………………………… 306
村の生活を……………………………… 306
自分のよろこびを……………………… 306
屁理屈云ふより………………………… 306
神から来るよろこびを………………… 306
自己を生かし切りたいがために……… 307
自己を根底から………………………… 307
太陽は…………………………………… 307
正邪以下の……………………………… 307
地上に於ては…………………………… 307
しかし我等は…………………………… 307
生きることが…………………………… 307
神の国に住むのに……………………… 308
不平家より……………………………… 308
私のやうな人間を……………………… 308
虫のいゝ処がありますぜ……………… 308
こんなに………………………………… 309
人間の智恵と…………………………… 310
神,我と共に …………………………… 310
(或時の祈り)………………………… 310
栗の木よ………………………………… 310
害虫よ…………………………………… 310
殺生がいやなら………………………… 310
遊びに殺生するのは…………………… 311
天使は…………………………………… 311
天使と話が出来る俺は………………… 311
俺のやうな人間が……………………… 311
俺も今死ぬのはいやだ………………… 311
神と人類の祝福をうけて……………… 311
橋の上を歩く子馬を見て……………… 311
自己……………………………………… 312
要求……………………………………… 312
あつちこつち…………………………… 312
もう少し………………………………… 312
俺は〔11〕……………………………… 312
木を見ると……………………………… 312
いろいろの木…………………………… 312
金と俺…………………………………… 313
馬鹿者…………………………………… 313
私達は生きてゐる……………………… 313
正しいものを…………………………… 313
お互いに………………………………… 313
自分の幸福は…………………………… 313
愛すると云ふことは…………………… 313
あなたゞけは…………………………… 314
あらゆる方面に………………………… 314
自分は信じて…………………………… 314
あなた方に……………………………… 314
我等は〔4〕 …………………………… 314
多くの兄弟姉妹よ……………………… 314
今の人類が……………………………… 315
万人の力よ……………………………… 315
自分を生かすことは…………………… 315
戦争はよくない………………………… 315
俺を導くものは………………………… 316
ジユノーよ……………………………… 316
孔雀は…………………………………… 316
汝よし罪人となるも…………………… 316
清き生活………………………………… 317
死に打ちかつ生活……………………… 317
自分は快楽を…………………………… 317
俺は罰せられて………………………… 317
誰も……………………………………… 317
運のいゝもの…………………………… 317
愛される為……………………………… 317
仕合せもの(一)……………………… 317
仕合せもの(二)……………………… 318
愛と感謝で……………………………… 318
姉妹に…………………………………… 318
水のむ牛(ミレーの素描を見て)…… 319
重荷負ふ女(ミレーの素描を見て)… 319
雨の中の樹々…………………………… 319
いろいろの野菜………………………… 319
一九二二年……………………………… 320
兄弟 水よ……………………………… 321
電気の兄弟も…………………………… 322
この地上に……………………………… 322
自分の身体よ…………………………… 322
お前自身の……………………………… 322
たへず決心は…………………………… 322
自分は幸福者…………………………… 322
あなたから……………………………… 322
汝の目的は……………………………… 322
罵詈も,誤解も ………………………… 322
唯一の弱点を…………………………… 322
この唯一の弱点に……………………… 323
本当に…………………………………… 323
我等は〔5〕 …………………………… 323
自分の独立性まで……………………… 323
私の一生はさゝげる…………………… 323
私は仕合せものすぎる………………… 323
自分は一人でゐても…………………… 323
神があるかないか……………………… 323
決心をもつて…………………………… 323
自分は今〔1〕 ………………………… 324
名誉,不名誉には ……………………… 324
自分は今〔2〕 ………………………… 324
根気よきものゝ………………………… 324
五十にならなければ…………………… 324
静かに…………………………………… 324
女をつくつたものは…………………… 324
我等はいづれ…………………………… 324
滅びざるもの…………………………… 325
本当のことは…………………………… 325
憎めないものは………………………… 325
或る新しい女…………………………… 325
何者にも………………………………… 325
新しく生れるものよ…………………… 326
したいことが多すぎる………………… 326
自分でなければ………………………… 326
自分には………………………………… 326
愛情の多い処に………………………… 326
初夏……………………………………… 326
怒りつぽさ……………………………… 326
燃えたる火を…………………………… 326
ブレークと……………………………… 326
人間の前には…………………………… 327
嵐に……………………………………… 327
偶然に…………………………………… 327
神があるか,ないか …………………… 327
人類と欲望を一つにする……………… 327
人類はいつかは………………………… 327
人間を…………………………………… 328
こゝに立つてゐるものがある………… 328
新しき村よ……………………………… 328
確信のもとに進め……………………… 328
汝は〔1〕 ……………………………… 329
汝が立ち………………………………… 329
いろいろの問題は……………………… 329
一つの新しき村が……………………… 329
我が頭の内にある汝が………………… 329
汝は〔2〕 ……………………………… 329
我は汝の思想…………………………… 330
汝の仕事は……………………………… 330
人類の意志の…………………………… 330
大きな木が……………………………… 330
やりたいことは………………………… 330
力を一つに……………………………… 330
詩をかいたから………………………… 330
俺はやりたいことを…………………… 330
俺は他人の……………………………… 331
俺のうちにある力が…………………… 331
花よ咲け………………………………… 331
実もむすべ……………………………… 331
自然はそれを…………………………… 331
自然にまかされた……………………… 331
その力を最も自由に…………………… 331
それが自分達に………………………… 331
天にある星は…………………………… 332
其処では………………………………… 332
運命で満足し…………………………… 332
それが天界の生活……………………… 332
生きるも死ぬも………………………… 332
下界の生活は…………………………… 332
之以上の調和は………………………… 332
だが,我等は …………………………… 332
この愛を………………………………… 332
自分と友達との関係は………………… 333
一個の人間が…………………………… 333
自然は自分の法則に…………………… 333
やりとげよ……………………………… 333
我等は覚悟してゐる…………………… 333
よき人よ集れ…………………………… 334
林檎や梨の木…………………………… 334
レンブラントのフアウストの画……… 334
疳癪を起こしたあと…………………… 334
つまらぬことを………………………… 334
私の頭が………………………………… 335
俺は子供の時に………………………… 335
一寸の虫にも…………………………… 335
誰かと思つたら………………………… 335
或時の俺は聖人………………………… 335
俺の内には……………………………… 336
二ついゝことはないと………………… 336
自ら進んで……………………………… 336
待つてゐる間…………………………… 336
私のまいた種は………………………… 336
はへても,はへないでも ……………… 336
お前のかくものは……………………… 336
松が杉にならうと……………………… 336
何と云ふことなしに…………………… 336
夜中の空想……………………………… 336
亡びゆく生命に………………………… 337
本当のこと許り………………………… 337
遠くにゐる友…………………………… 337
本屋……………………………………… 337
我が理屈………………………………… 337
無題……………………………………… 338
責めて見ろ……………………………… 338
其処は…………………………………… 338
天気よ…………………………………… 338
川よ……………………………………… 338
ころがり落ちる石に…………………… 339
俺の内にある…………………………… 339
百の卵子………………………………… 339
自分は十四五年の……………………… 339
結果をあせるな………………………… 340
新しき村は……………………………… 340
トルストイの言葉……………………… 340
早く出て来い…………………………… 340
呪ひの返上……………………………… 341
自分は〔5〕 …………………………… 341
水平社の運動…………………………… 341
武士階級………………………………… 341
暴力否定………………………………… 341
自分は〔6〕 …………………………… 341
自己に托された生命…………………… 341
山道を一人で歩く……………………… 342
パンが笛を吹く時……………………… 342
二人の女は……………………………… 342
無題(自分達は)……………………… 342
人類は…………………………………… 343
蝿………………………………………… 343
太陽よ…………………………………… 343
俺の頭も………………………………… 344
病気でねてゐると……………………… 344
私はのんきに…………………………… 344
噂の足のはやさ………………………… 344
滑稽夫婦………………………………… 344
すぐ愛を………………………………… 345
眠つてゐるものが……………………… 345
性慾……………………………………… 346
病気もなほつた………………………… 346
虫のいゝことを………………………… 346
ある登山者の歌………………………… 346
生れけり………………………………… 347
急がしい気持でゐる最中……………… 347
僕は一個の人間………………………… 347
ともかく自分は………………………… 347
村に来て………………………………… 348
私は働くものである…………………… 348
この暑い最中…………………………… 349
働かずに………………………………… 350
筆の仕事………………………………… 350
暑い……………………………………… 350
自分は〔7〕 …………………………… 350
自分は我儘もので……………………… 350
自分は〔8〕 …………………………… 350
力を……………………………………… 351
自分の希望は…………………………… 351
武郎さんは死んだ……………………… 351
釈迦や耶蘇が…………………………… 351
どんなことがあつても………………… 351
水は自由自在だが……………………… 351
他人の生命と…………………………… 351
他人の悪口……………………………… 351
自分は自分に出来ない………………… 352
他人の不幸の間は……………………… 352
乙を幸福にするには…………………… 352
おれはその一滴の水だ………………… 352
内から…………………………………… 352
礼儀は大事でないとは………………… 352
過去のことを…………………………… 352
我こそ仕合せもの……………………… 352
いつか死んであげる…………………… 353
私は大きな岩だ………………………… 353
自己弁護は……………………………… 353
男子,一たび …………………………… 353
俺は百人人を殺しても………………… 353
俺は覚りの道を歩く…………………… 353
心うれしき……………………………… 353
雨やんで………………………………… 354
楽天家…………………………………… 354
愛する者も忘れて……………………… 354
一刀又一刀……………………………… 354
俺が死ぬと……………………………… 354
何事があつても………………………… 354
僕を信じ切れるものは………………… 354
鉛は鉛で………………………………… 354
夜中ふと目がさめる…………………… 355
お前達の………………………………… 355
娘を持つ父……………………………… 355
この心のよろこび……………………… 355
晴天に…………………………………… 355
病気のなほりかけの…………………… 355
俺は一個の人間………………………… 355
秋(習作)……………………………… 356
創作するものは………………………… 356
お前は仕合せ男………………………… 356
決心して立つ男あり…………………… 356
権威を内に……………………………… 356
安子の…………………………………… 356
用意はいゝか…………………………… 357
何処までも……………………………… 358
よはつてはゐられない………………… 358
碁の名人は……………………………… 358
セキが出る度に………………………… 358
なぜある人を愛し……………………… 358
つくられたまゝに……………………… 358
冬らしくなつた………………………… 359
自分は今迄……………………………… 359
いろいろのことが……………………… 359
名工が…………………………………… 360
ベビー…………………………………… 360
運命,我に ……………………………… 360
日本に…………………………………… 360
静かな生活……………………………… 360
御機嫌のいゝ時の……………………… 360
饒舌る人許り…………………………… 360
都会と云ふものは……………………… 361
あはたゞしいのは……………………… 361
生命を生かさないことに……………… 361
自己の生命をもつ人間………………… 361
一時に二つのことがしたい時は……… 361
正当な要求……………………………… 362
金あればあるがよし…………………… 362
噴火山よ………………………………… 362
あまりとけやすい謎…………………… 362
小景……………………………………… 362
内の火…………………………………… 362
今の俺に出来る事……………………… 363
二三才の女の子………………………… 363
どんな女になるか(遠くに居て)…… 363
自分は〔9〕 …………………………… 363
愛する者を……………………………… 363
土呂……………………………………… 364
イブ……………………………………… 364
肉体の美と高貴な魂…………………… 364
尊敬する人間…………………………… 365
作者の喜び……………………………… 365
この門に入る者は……………………… 365
眠れる獅子……………………………… 367
小景〔2〕 ……………………………… 367
木の芽…………………………………… 367
柿の枝ぶり……………………………… 367
栗の木…………………………………… 368
松の芽生………………………………… 368
赤坊〔1〕 ……………………………… 368
自然の内に……………………………… 369
花つくり………………………………… 369
新印象派………………………………… 369
赤坊〔2〕 ……………………………… 369
お前の内には…………………………… 370
新子……………………………………… 370
親………………………………………… 370
年とること……………………………… 370
程度の低い処で………………………… 371
夜中に…………………………………… 371
蚤………………………………………… 371
村に雨のなかを道を迷つて来た人に… 371
楽器……………………………………… 371
いゝ楽器………………………………… 371
国と国と………………………………… 372
郷に入つては…………………………… 372
天希天君の死…………………………… 372
赤坊のうんち…………………………… 373
ルーサー バーバンク………………… 373
赤児のよろこび………………………… 373
新しき村より…………………………… 373
段々暑くなつてくる…………………… 374
僕一人を………………………………… 374
お山の大将……………………………… 374
蝿は獅子に云つた……………………… 374
嘲笑,嘲笑 ……………………………… 374
暑し,暑し ……………………………… 375
なまけて………………………………… 375
面白い時は……………………………… 375
一人では………………………………… 375
人間生れた以上は……………………… 375
戦争をしたいものが…………………… 375
馬鹿ものゝために……………………… 375
戦争の好きなものは…………………… 375
自己の生命の…………………………… 376
自己を生かしぬいた…………………… 376
夏が来た………………………………… 376
面白い御代が…………………………… 376
幸福なものは…………………………… 376
自分を…………………………………… 376
金持にはなつた………………………… 376
僕は今に………………………………… 377
ロシヤの馬鹿は………………………… 377
人と人との関係は……………………… 377
見よ……………………………………… 377
独立した人間同志の…………………… 377
自分は〔10〕…………………………… 377
エジプトの彫刻を見て若き彫刻家の独白…… 378
赤坊の寝姿……………………………… 378
あつくなつた…………………………… 379
日本と云ふ国は………………………… 379
すべての人に…………………………… 379
人は自分を……………………………… 381
神は何処にゐるか……………………… 381
地上にとび出した一つの生命………… 381
戦友は傷つき倒れるとも……………… 381
流れる川は……………………………… 382
生長する大木…………………………… 382
呑気に…………………………………… 382
立派だ,立派だ ………………………… 382
何のために生きてゐるか……………… 383
わき出る泉の美しさ…………………… 383
死を……………………………………… 383
理屈で見ず……………………………… 383
喜びのくる源…………………………… 383
心愛に満つる時は……………………… 384
人生は完全にはつくられてはゐないが…… 384
青年で死ぬ人…………………………… 384
何ごとにも……………………………… 384
美しい木だと思つて…………………… 384
美しき心の動き………………………… 384
不幸は閉口なれども…………………… 384
赤坊は一つの生命……………………… 385
耶蘇と聖フランシス…………………… 385
内心の要求……………………………… 385
経済はどうであらうと………………… 385
僕達も人間……………………………… 386
面白いかな……………………………… 386
真人の美しさ…………………………… 386
ある籠城せる男………………………… 386
赤坊がはつた…………………………… 386
赤坊は〔1〕 …………………………… 386
親つかいの名人(一)………………… 387
同(二)………………………………… 387
憧がれの国……………………………… 387
虫のいゝこと…………………………… 388
自分は夢みる人間……………………… 388
幸福な人は……………………………… 388
金………………………………………… 389
貧乏……………………………………… 389
赤坊の内に働く力……………………… 389
赤坊は〔2〕 …………………………… 390
いゝ芸術品……………………………… 390
政府の役人……………………………… 390
レニンのミーラ………………………… 390
自分は仕合せ者………………………… 391
詩をかいてゐると……………………… 392
仕事をするのは………………………… 392
ある滑稽人種…………………………… 392
いろいろの事が………………………… 393
今日は…………………………………… 393
平和な心………………………………… 393
質素な生活……………………………… 393
働かなければ…………………………… 394
デユラーの聖ゼエローム……………… 394
尻尾のある人間………………………… 394
自分は人間の内に……………………… 394
いつのまにか…………………………… 395
他人の独立性を………………………… 395
仕事をしてゐると……………………… 395
皆が云ひたくつて……………………… 395
天気は好きだが………………………… 396
風雨いかにつゞくとも………………… 396
黒すけ(犬)…………………………… 396
自分は秋は好きだ……………………… 396
又日が照つた…………………………… 396
新しき村にて…………………………… 396
人間の瞳子……………………………… 397
事実ありのまゝに……………………… 397
自分が死ぬことに……………………… 397
どんどん生長するのも………………… 397
金がなくつて…………………………… 397
俺の晩年は……………………………… 397
俺は死ぬ人間だが……………………… 397
自分の仕事に…………………………… 398
彼はひたすら…………………………… 398
耶蘇よりもユダを尊敬し……………… 398
又逢へず………………………………… 398
今何をしてゐる………………………… 398
すべての人が…………………………… 399
人間が…………………………………… 399
勝手にしろ……………………………… 399
あいつが………………………………… 399
今日はよろこびの日…………………… 399
幸福すぎる……………………………… 400
心を清くします………………………… 400
若者は…………………………………… 400
我が内の………………………………… 400
今にも…………………………………… 400
喜びの使ひよ…………………………… 400
必ずものになる男……………………… 401
お調子のり……………………………… 401
自分は〔11〕…………………………… 401
小さいものを…………………………… 401
歯医者に………………………………… 401
天下泰平………………………………… 402
すべての人が…………………………… 402
又々春が来た…………………………… 402
いゝ人間を……………………………… 403
生々した男女…………………………… 403
そろそろ………………………………… 403
兄弟姉妹達の内に……………………… 403
日はながし……………………………… 403
梅の香…………………………………… 403
木下よ…………………………………… 403
死は……………………………………… 404
想像の世界……………………………… 404
廃物で…………………………………… 408
自分は金持の…………………………… 408
自分は生活の…………………………… 408
自分は呑気ものに……………………… 408
自分は革命家の………………………… 408
毎日毎日………………………………… 408
世の中には……………………………… 408
なまけもの……………………………… 409
いざと云ふ時…………………………… 409
難関に…………………………………… 409
同じことを……………………………… 409
水は……………………………………… 409
天運……………………………………… 409
今迄……………………………………… 409
自分の考へに…………………………… 409
自分がもう少し………………………… 409
俺はたゞの人間で……………………… 410
調子の高いもの………………………… 410
日本の小ぽけ人種……………………… 410
青空のやうな芸術……………………… 410
雨がふる………………………………… 410
全力を出せ……………………………… 411
一寸の間………………………………… 411
運命に…………………………………… 411
限りなく望む…………………………… 411
心がすみ切り…………………………… 411
自分の内に……………………………… 411
自分はすぐ……………………………… 412
何かしても……………………………… 412
静かに雨がふる………………………… 412
今日は風がない………………………… 412
俺の仕事部屋に………………………… 412
運命……………………………………… 412
生れたもの……………………………… 413
生れて死ぬこと………………………… 413
咲いては………………………………… 413
赤坊や…………………………………… 413
人々に愛され…………………………… 413
この世の………………………………… 413
麦は穂を出し…………………………… 413
何がうれしくつて……………………… 414
日本の活動を見ると…………………… 414
他人の出やうで………………………… 414
生てゐることは………………………… 414
地上に…………………………………… 414
元気な男………………………………… 414
新しき村より…………………………… 414
人類の意志のまゝ……………………… 415
自分は人間に…………………………… 417
木々の美しさ…………………………… 418
朝が近づく……………………………… 418
朝の美を………………………………… 418
朝のよろこび…………………………… 418
子供の時………………………………… 418
魚のおよぐのを………………………… 418
日向の山のなかに……………………… 419
見知らぬ男の話………………………… 419
青空のもとで…………………………… 424
何かしやう……………………………… 424
ぢりぢりと進むもの…………………… 424
マリア・マグダレナ…………………… 424
面白いことは…………………………… 424
金のいらない…………………………… 424
生命本来の姿…………………………… 424
金袋……………………………………… 424
親馬鹿の詩〔五つ〕…………………… 425
子を愛することは……………………… 426
パ パー!……………………………… 426
うかれて歩く…………………………… 426
現世では………………………………… 426
暴力が…………………………………… 426
自分の心を……………………………… 427
子がない時は…………………………… 427
子を失なつた人に……………………… 427
自分は生々したもの…………………… 427
巨人は出て来た………………………… 427
巨人のかいた字………………………… 428
珍らしい男……………………………… 428
昨日僕は電車で………………………… 429
この小さき詩集よ……………………… 431
托されてゐる生命……………………… 431
沈黙せる一人の男……………………… 431
破壊は人に任せる……………………… 431
夢と現実………………………………… 431
日本にも………………………………… 432
秋になつた……………………………… 432
国民皆が………………………………… 432
満月は山の上にあつて………………… 432
父と姉の死……………………………… 432
勝手にしやがれ………………………… 433
協力しやう……………………………… 433
或る日自分は…………………………… 435
独立が出来るもの……………………… 436
新しき村の……………………………… 436
互に一つの利益の……………………… 436
助けあつて……………………………… 436
祝された関係…………………………… 436
損しても………………………………… 436
損してもしたい仕事をして…………… 437
いぢけた生命…………………………… 437
心に毒なく……………………………… 437
愛すべき人多し………………………… 437
桜………………………………………… 437
自分の心は……………………………… 438
出来ないことは………………………… 438
自分の荷,他人の荷 …………………… 438
心覚え…………………………………… 438
たえず新鮮……………………………… 439
人間の生命の豊富さ…………………… 439
秋が来た。秋が来た…………………… 440
赤坊のねがほ…………………………… 440
久々に村に帰る………………………… 440
一九二七年……………………………… 440
友あり遠方で…………………………… 440
兄弟姉妹よ(習作)…………………… 441
オツチヨコチヨイと大胆不敵………… 441
俺は反動家か…………………………… 442
俺は益々元気で………………………… 442
仲間よ仲間よと………………………… 442
短所が長所……………………………… 442
五月……………………………………… 442
電気の光りで…………………………… 442
短句十一………………………………… 443
村へ行けば……………………………… 444
絵をかくは……………………………… 444
景色をかいても………………………… 444
人は……………………………………… 444
我らは一生を…………………………… 444
大きな字を……………………………… 445
私は鐘だ………………………………… 445
大豆の画に……………………………… 445
一度でものにならない………………… 445
今の自分を……………………………… 445
本当のことは…………………………… 445
ゴオホの画の老人……………………… 445
或る男の歌……………………………… 445
不徳漢…………………………………… 446
村の十年を祝す………………………… 446
第三のもの……………………………… 447
遠慮はやめやう………………………… 447
よき人間………………………………… 447
いざと云ふ時…………………………… 448
生長力…………………………………… 448
前進……………………………………… 448
我等の仲間……………………………… 448
生てゐる限り…………………………… 449
東京の真中に…………………………… 449
極右と極左……………………………… 449
はつ切りしたもの……………………… 450
私の小さい室には……………………… 450
牧谿は支那では………………………… 450
春になつた……………………………… 451
私はあなたの…………………………… 451
生てゐる間は…………………………… 451
母は僕に………………………………… 451
死に克つものは………………………… 451
あゝこの苦しさ………………………… 451
動物園の雁や鴨よ……………………… 451
僕は今限りなく………………………… 452
臆病者が多い…………………………… 452
人間よ,人間よ ………………………… 452
俺は好きだよ…………………………… 452
ビーナス………………………………… 453
忠実な批評家…………………………… 453
敵か味方か……………………………… 453
生命の王の曰く………………………… 453
生きてゐるものだ……………………… 454
仕事……………………………………… 454
生長力の弱いもの(断片)…………… 454
自然は云ふのである…………………… 455
協力の世界……………………………… 455
自分は美を……………………………… 455
机に向つてゐる………………………… 455
机の上の………………………………… 456
いゝ脚本も……………………………… 456
度胸をすへて…………………………… 456
出たらめな画を………………………… 456
真剣に生きる男………………………… 456
我等の望む世界………………………… 458
何でもいい……………………………… 460
生長力の………………………………… 460
僕の内の生命力は……………………… 460
生るものよ……………………………… 460
生命力の強い…………………………… 460
彼は人類の一人の男だ………………… 461
批評家に………………………………… 461
同じことを……………………………… 461
ある批評家は…………………………… 461
ある画家は……………………………… 461
僕は簡単に……………………………… 461
駿馬の喜び……………………………… 461
ランプをこわせば……………………… 462
木葉と石………………………………… 462
徽宗皇帝の独白………………………… 463
泉の水量………………………………… 464
長が生きがしたい……………………… 464
人生は空かも知れない………………… 464
なんでもかんでも……………………… 464
淋しい…………………………………… 465
最後まで………………………………… 465
俺の内の生命が………………………… 465
俺にはわかつてゐるのだ……………… 465
淋しく死んで行くものゝの心は(不幸な男の序詩)…… 465
ある蜜柑の歌…………………………… 465
人類の意志……………………………… 466
我等は大きな木だ……………………… 466
生長力…………………………………… 466
ホイツトマンが………………………… 466
ちいぽけ人種…………………………… 466
クルベー………………………………… 466
ドウミエ………………………………… 467
ドラクロア……………………………… 467
四十五の子供…………………………… 467
俺は今迄………………………………… 467
俺は世間が……………………………… 467
俺の内にある力が……………………… 467
根をはれ………………………………… 467
生てゐる花……………………………… 467
虫をよぶには…………………………… 468
誰にも…………………………………… 468
ごまかしものが………………………… 468
性慾に…………………………………… 468
空想家…………………………………… 468
人類はさう云つた……………………… 468
仕事こそ………………………………… 470
最奥の声………………………………… 470
内に力がみちて………………………… 470
宗教心は本能である…………………… 470
宗教心は………………………………… 470
無心になれた時………………………… 470
自己を生かし切つた時………………… 470
内にかへり見て………………………… 471
本当の宗教家は………………………… 471
つかれたら休み………………………… 471
彼は男らしい一個の人間(レンブラント)…… 471
なすべきことを………………………… 471
妥協せずに……………………………… 471
内心の要求……………………………… 471
人類が生長して………………………… 471
花の美しさ……………………………… 471
優しいものも…………………………… 471
一人の男が力強く……………………… 472
自己に正直に…………………………… 472
駿馬不遇時代…………………………… 472
勝手に…………………………………… 472
他人を…………………………………… 472
山を見て………………………………… 472
老ひたる労働者………………………… 472
心の底から……………………………… 473
なぜだか知らぬ………………………… 473
皆が生きなければ……………………… 473
一心こめた仕事………………………… 473
都会にゐる或る男の空想……………… 473
こばむもの……………………………… 474
俺も男だ………………………………… 474
バクダン………………………………… 474
生きろ,生きろ ………………………… 474
性慾と恋愛……………………………… 474
ルノアールのある裸婦を見て………… 474
底ぬけに美しいもの…………………… 474
見えてゐる美が………………………… 475
死にもの狂ひで………………………… 475
気がはやる……………………………… 475
自分の道は……………………………… 475
僕はエゴイストかも…………………… 475
娑婆気は………………………………… 475
見よ……………………………………… 475
人間はしいたげられ…………………… 475
ある男の空想…………………………… 476
よはらないのではない………………… 476
レンブラントは………………………… 476
涙ぐみながら…………………………… 476
男に生れたり…………………………… 476
生てゐる内は…………………………… 476
俺は革命を……………………………… 476
滑稽……………………………………… 476
いろいろのことを云ふ………………… 477
画をかく時の自戒……………………… 477
色慾……………………………………… 477
ひきしめた心…………………………… 477
金………………………………………… 477
石………………………………………… 477
自由を失つた馬………………………… 477
疲れた男………………………………… 477
この国…………………………………… 478
最上の仕事……………………………… 478
徽宗皇帝………………………………… 478
この僕に………………………………… 478
俺の内には……………………………… 478
ありあまる力が………………………… 478
としのせいか…………………………… 478
下らない人間が………………………… 478
こんな男も……………………………… 479
僕は愛国者だ…………………………… 479
外国人は軽蔑しない…………………… 479
いゝ奴は………………………………… 479
ホイツトマン…………………………… 479
泉があふれるのは……………………… 480
自分のかきたいものを………………… 480
全力……………………………………… 480
一日正味一時間………………………… 480
葦の葉一枚……………………………… 481
或る処に男があつた…………………… 481
画をかけば……………………………… 481
画をかいてなにゝなる………………… 481
四海は同胞だ…………………………… 481
僕の頭は………………………………… 482
人類がうち出した……………………… 482
やるだけは……………………………… 482
暑い……………………………………… 482
疲れ……………………………………… 482
机と寝床………………………………… 483
力を出し切つたら……………………… 483
丁度いゝ暑さ…………………………… 483
暑さ……………………………………… 483
原稿をかく喜び………………………… 483
食ひこめ,食ひこめ …………………… 483
生きてゐる間は………………………… 484
秋………………………………………… 484
我等はあふれる泉……………………… 484
ブクデルの画を見て…………………… 484
西洋人が段々ふえる…………………… 485
何事も…………………………………… 485
今日の海の静かさ……………………… 485
渡航船中の詩…………………………… 485
あれ狂ふ風よ…………………………… 486
コロンボにて…………………………… 487
人間の内に力あり……………………… 487
いくぢのない勇士……………………… 487
弓の名人………………………………… 488
時のすぎるのは早い…………………… 488
子供達は………………………………… 488
苦労多くして…………………………… 489
私の子供は……………………………… 489
一個の人間……………………………… 489
自然の目………………………………… 490
レンブラントの乞食の画に題する…… 490
生活の法則に従ひて…………………… 490
死んでゆくものの……………………… 490
愛………………………………………… 490
死に克つ愛……………………………… 491
極楽の道………………………………… 491
神と悪魔………………………………… 491
するだけのことは……………………… 492
太陽と大地の子………………………… 492
人間に目を与へたもの………………… 492
喜びの待つ国へ………………………… 493
恋と仕事………………………………… 493
真心生きる処に………………………… 493
吾等は…………………………………… 494
神にさゝげられた……………………… 494
あなたに従ふが故に…………………… 494
人類の希望は…………………………… 494
愛が……………………………………… 494
第五十四回の誕生日に………………… 495
見たもの驚け…………………………… 495
馬鈴薯の花……………………………… 495
実は食へずとも………………………… 495
新しき村は……………………………… 495
植ゑたい木……………………………… 495
村は村の………………………………… 495
村は……………………………………… 495
土地を…………………………………… 496
挨拶……………………………………… 496
生命さながらの………………………… 496
巨人は進む……………………………… 496
いろいろの人がゐる…………………… 497
死に神が………………………………… 497
人間を侮辱するもの…………………… 497
安眠,以上の安眠 ……………………… 498
いろいろの……………………………… 498
雨はしとしとと………………………… 498
三人の子供から………………………… 498
高貴な老人……………………………… 499
大きな頭の男…………………………… 499
すべての人が…………………………… 499
若き人々よ……………………………… 499
生命の火………………………………… 500
人類はわが味方………………………… 500
生きる限りは…………………………… 500
勝利の道………………………………… 500
虫のいゝ考は…………………………… 500
我が道を………………………………… 500
君も愛してゐる………………………… 500
人間は他愛ないもの…………………… 501
勇敢な男は……………………………… 501
楽園は未来に…………………………… 501
我は欠伸をし…………………………… 502
金がある時は…………………………… 502
楽園に住む人種………………………… 502
静かな楽園……………………………… 502
天使と老人……………………………… 502
楽園の子等よ…………………………… 503
赤坊はたゞ……………………………… 503
乳をのむ赤坊…………………………… 503
赤坊は泣く名人………………………… 503
赤坊の世界……………………………… 504
赤坊の表情……………………………… 504
喜びこそ無限…………………………… 504
子供は生命の泉………………………… 504
すぐれた少年,少女 …………………… 504
一人の男,一人の女 …………………… 504
下らないことに………………………… 504
本当の馬鹿……………………………… 505
悪口言はれるのは……………………… 505
少しでも賢く…………………………… 505
同じでなければ………………………… 505
生命の王の愛児………………………… 505
虫のいゝ楽天家………………………… 505
自然は目がないが……………………… 505
男と女…………………………………… 506
人間すべてが…………………………… 506
仲よくくらすことは…………………… 506
我等の望むことは……………………… 506
我等は楽しき哉………………………… 506
毎日何か仕事をし……………………… 506
自分の生命は…………………………… 506
我等は鉄のかたまりだ………………… 507
新嘉坡陥落……………………………… 507
大東亜戦争第二年の春を迎へて……… 507
善意を持て……………………………… 509
他人はだませるが……………………… 509
赤児の心を……………………………… 509
自分はこの世で………………………… 509
死んだらどうなる……………………… 509
死後の名誉は…………………………… 509
死は何んでもない……………………… 510
チゝアンの毛皮を着る女……………… 510
我等十数人……………………………… 510
花………………………………………… 510
自分を生かし切れ……………………… 510
真剣に仕事をする男…………………… 511
一つの線………………………………… 511
進歩……………………………………… 511
夢(その一)…………………………… 511
何度かいても…………………………… 511
かきたいもの…………………………… 512
朝晩山を眺めて………………………… 512
美人画―近代で………………………… 512
かく時に………………………………… 512
自分の画………………………………… 512
臆病に…………………………………… 513
馬鈴薯三つ……………………………… 513
庭の柿…………………………………… 513
笑つて進もう…………………………… 513
アツツ島勇士達の進軍………………… 514
新しき村満二十五年を迎へて………… 515
不思議さよ……………………………… 515
人間が生れる…………………………… 516
愛すべき人々よ………………………… 516
亜米利加に与ふ………………………… 517
私は昭和二十年だ未曾有の年だ……… 517
どんな時でも…………………………… 518
生れた以上は…………………………… 518
大木……………………………………… 518
大道……………………………………… 518
私は讃美する…………………………… 518
この世に………………………………… 518
くよくよ………………………………… 518
勇士……………………………………… 519
僕は〔1〕 ……………………………… 519
尊敬する人間…………………………… 519
勇士の散歩……………………………… 520
元気な男………………………………… 520
ある若き友の言へる…………………… 520
その人を尊敬する……………………… 520
真剣に生きる…………………………… 521
昨日この室に…………………………… 521
月のいゝ夜……………………………… 521
生命の川は……………………………… 521
画をかく喜び…………………………… 522
歌を忘れたカナリヤ…………………… 522
自分は仕合せ者だ……………………… 522
祖父さん………………………………… 522
ゴツホの噴水の画……………………… 523
あふれる泉……………………………… 523
誰にも頭をさげず……………………… 523
村と我等は二つで一つ………………… 523
千家元麿………………………………… 524
元麿の死………………………………… 524
協力万歳………………………………… 524
自然のつくつたもの…………………… 524
人間を…………………………………… 524
人生は美しい…………………………… 525
信じる道………………………………… 525
美の国…………………………………… 525
老画家の詩……………………………… 525
道ばたに落ちてゐた石………………… 525
石………………………………………… 525
私は……………………………………… 526
こどものせかい………………………… 526
或る木の歌へる………………………… 526
大海と大空の詩人……………………… 526
醜い木の独白…………………………… 526
僕等はもう一人ではない……………… 527
梅の画に題す…………………………… 527
人間と石………………………………… 527
人間の手〔1〕 ………………………… 527
誰も死ぬものなり……………………… 527
石,石 …………………………………… 528
狼と羊…………………………………… 528
天に星…………………………………… 528
柿と柚子………………………………… 528
僕は〔2〕 ……………………………… 528
自然は玄妙……………………………… 528
真剣に仕事する喜び…………………… 528
自分がまだ至らぬ処が………………… 529
今にいゝ画をかくぞ…………………… 529
林檎と蜜柑……………………………… 529
柿と柚…………………………………… 529
玄妙……………………………………… 529
我等は数百の…………………………… 529
人生讃美の詩…………………………… 530
私は人間〔1〕 ………………………… 531
美しい花(一)………………………… 534
美しい花(二)………………………… 534
我等は望む美しき世界………………… 534
真実……………………………………… 535
雲漠漠…………………………………… 535
老いたる雌 …………………………… 535
人間の手〔2〕 ………………………… 535
私は画家………………………………… 535
四人の孫………………………………… 535
画がかきたくて………………………… 536
紅一点…………………………………… 536
短句二十………………………………… 536
出来る,出来る ………………………… 536
いらいらせずに………………………… 537
山葵と蓮根……………………………… 537
今日こそ一歩…………………………… 537
大愛……………………………………… 537
天味無限………………………………… 537
生めよ生めよ…………………………… 538
その愛は………………………………… 538
黙々と歩く男…………………………… 538
我が道をゆく…………………………… 538
禍の種子を……………………………… 539
新しき村四十周年……………………… 539
新しき村四十年を迎えて……………… 540
七十四回誕生日の朝…………………… 541
私の父は誰だ…………………………… 541
私の目…………………………………… 541
見えていると…………………………… 542
昨日は一歩進めた……………………… 542
石,沈黙 ………………………………… 542
私はかく小さき花を…………………… 543
人間だけが……………………………… 543
画をかけば……………………………… 543
仕合せなる哉…………………………… 544
私の画が売れた………………………… 544
ぶつ倒れた男…………………………… 545
石をかけば……………………………… 546
与えられた運命に……………………… 546
私はたしかに…………………………… 546
杉子さんよ……………………………… 546
私はすべてを…………………………… 547
朝からお前を…………………………… 547
そのままで……………………………… 547
私は松である…………………………… 548
三人の料理人…………………………… 548
喜寿を迎えるに際して………………… 549
かかれるものは………………………… 550
私も人間………………………………… 550
自然の傑作,人間の傑作 ……………… 550
見ていると……………………………… 551
貝殻……………………………………… 551
南瓜に…………………………………… 551
この本…………………………………… 551
南瓜との問答…………………………… 552
不自由な画家…………………………… 552
自然の傑作……………………………… 553
行く道…………………………………… 553
沈黙〔1〕 ……………………………… 553
じやが芋は……………………………… 553
一つの種………………………………… 553
沈黙〔2〕 ……………………………… 554
生きている者よ………………………… 554
レオナルド・ダ・ウインチ・百合…… 554
私の心の音信…………………………… 554
不思議の因縁…………………………… 555
自己の真価……………………………… 555
努力……………………………………… 555
老人の願い……………………………… 555
人間の手〔3〕 ………………………… 555
かぼちゃとじゃがいも………………… 556
山を描く男……………………………… 556
画讃四つ………………………………… 557
この世には……………………………… 557
天与の喜び……………………………… 557
人生讃歌………………………………… 558
自分の道………………………………… 558
お互いに進歩する世界………………… 558
進歩……………………………………… 559
私の願い………………………………… 559
私は尊敬する…………………………… 559
毎日……………………………………… 559
新たな年………………………………… 560
幸運……………………………………… 560
梁楷よ…………………………………… 560
牧谿の柿の画…………………………… 561
目出たき彼……………………………… 561
新しき村〔3〕 ………………………… 563
百合根に代りて………………………… 564
負けない道……………………………… 564
よきみのり……………………………… 564
生きる喜び……………………………… 565
健康……………………………………… 565
若木の囁き……………………………… 565
今年も…………………………………… 565
平凡な生活……………………………… 566
皆が咲く世界…………………………… 566
天を目指して…………………………… 566
同じ生活の内…………………………… 566
二人の男………………………………… 567
ひとりで歩いてゆきたい……………… 567
平然と生きる喜び……………………… 567
毎日毎日………………………………… 567
新年お目出とう………………………… 568
心にうかんだまま……………………… 568
それが人間〔1〕 ……………………… 570
空想か…………………………………… 571
私は生れた……………………………… 571
それが人間〔2〕 ……………………… 571
生きる喜び……………………………… 572
明日も元気で…………………………… 572
短詩十三………………………………… 572
子供の時から…………………………… 573
真剣に精神が生きる時………………… 573
他人の笛で……………………………… 574
無心有心………………………………… 574
愛しあいたいものだ…………………… 574
天命……………………………………… 575
老作家の願い…………………………… 575
もう老人だ……………………………… 576
元信のある人物画……………………… 576
自分を本当に生かす…………………… 576
自分の本心を生かす…………………… 577
現実は理想通りには…………………… 577
私も齢をとった〔1〕 ………………… 577
この世に愛する人々が………………… 577
人々が本当に…………………………… 577
子供が孫が……………………………… 577
純粋な愛すべき人々…………………… 578
善良な人々……………………………… 578
死もうちかてない……………………… 578
伝李安忠・水鳥………………………… 578
天命を全うした男……………………… 578
老人の心臓……………………………… 579
この事実の美しさ……………………… 579
ポピュラー作家(?)………………… 580
ピアノを聞いて………………………… 580
不思議な喜び…………………………… 581
幸福……………………………………… 581
生きたり,働いたり …………………… 582
事実……………………………………… 582
私の理想………………………………… 583
進むべきだ……………………………… 584
使命……………………………………… 584
生命本来の性質………………………… 592
純粋人間………………………………… 593
かくて私は私…………………………… 594
或日の会合……………………………… 594
生きている時は………………………… 595
私も齢をとつた〔2〕 ………………… 595
二種の人間……………………………… 596
真人……………………………………… 596
或る朝の偶感…………………………… 597
自分の望む国…………………………… 598
本当の人間〔1〕 ……………………… 598
出来る事………………………………… 599
村の向日葵……………………………… 600
どう生きるのが本当か………………… 600
そう言う人間を讃嘆する……………… 601
人間を信用する………………………… 601
人生の特急車の上で一人の老人……… 602
それでよし……………………………… 603
新しき村五十年の祭日に……………… 603
本当の人間〔2〕 ……………………… 606
山と山とが……………………………… 606
星と星とが……………………………… 606
静かに語りたいのだ…………………… 606
お母ちゃん……………………………… 607
私は人間〔2〕 ………………………… 607
それでこそ人間(楽天家の独語)…… 608
ある老人私に語る……………………… 608
人類の一人の人間……………………… 609
誠実に生きたいと思う………………… 610
ありがた涙……………………………… 610
それが人間〔1〕 ……………………… 611
平気で生きている……………………… 611
死………………………………………… 612
私は人間〔3〕 ………………………… 612
人間を愛する…………………………… 613
人間の進歩……………………………… 613
この世には……………………………… 613
純粋に生きて見たい…………………… 613
人間を愛する,宇宙を愛する(八十五歳の誕生日に)…… 614
そう言う自分を………………………… 615
人間の願い……………………………… 615
老人の僕………………………………… 616
玉虫が飛んでいる……………………… 616
老人独語………………………………… 617
人間讃美………………………………… 617
卒直に生きて見たい…………………… 618
私は感謝するね………………………… 618
それは不思議な物語…………………… 619
それが人間〔2〕 ……………………… 619
人間が好きだよ………………………… 620
今は生きている………………………… 620
私も既に八十五………………………… 621
美はいつも光っている………………… 621
老人の楽しみだ………………………… 621
一つの新鮮な画………………………… 622
すましてものを言っている世界……… 622
皆が生きている………………………… 623
私は嬉しい……………………………… 623
老人画家………………………………… 624
生きている間は(志賀に死なれて)… 625
人間は段々利口になる………………… 626
我一人を………………………………… 626
君も僕も一人の人間…………………… 626
愛すべき人は…………………………… 627
我人間を愛す…………………………… 627
生きているだけは……………………… 628
仕事する喜び…………………………… 628
二人のお客……………………………… 629
いゝ人は実にいゝよ…………………… 629
皆と生きる……………………………… 630
心底……………………………………… 630
八十八歳の自分………………………… 631
私の八十七回の誕生日………………… 631
それが人間〔3〕 ……………………… 631
美しい哉………………………………… 632
いつも生きている……………………… 632
私は人間だ〔1〕 ……………………… 633
のん気な老人…………………………… 633
愛するもの……………………………… 634
我が机…………………………………… 634
石川静さん……………………………… 635
鴨いつまでも居てほしい……………… 635
人間に生れた事………………………… 636
新しき村の今後………………………… 636
私は死んでゆく人間それは仕方がない…… 637
一本の棕梠……………………………… 637
私は静かに生きてゆく………………… 638
うれしいね……………………………… 638
わが愛する曾孫よ……………………… 639
本当の村に……………………………… 639
我ながらの喜び………………………… 640
よき人々………………………………… 641
私は画をかく時………………………… 641
どっちが生きているのか……………… 642
私は段々そとには出たくなくなる…… 643
だれも生きているのだ………………… 643
それを知らない………………………… 644
ともかく老人になった………………… 644
たえざるもう一歩……………………… 645
それは幸福を…………………………… 645
あてにはならない……………………… 646
或るひまご達…………………………… 646
そう思うのん気な男…………………… 647
村の雑誌は……………………………… 647
それだけしっかりしたい……………… 647
村の喜び………………………………… 648
其処が嬉しいのか……………………… 648
何とかなるよ…………………………… 649
私は人間だ〔2〕 ……………………… 649
お目出たいよう………………………… 650
老人の夢………………………………… 651
生まれくる人間に……………………… 651
そこが人間……………………………… 652
利口になる……………………………… 652
太陽の不思議さ………………………… 653
それが人間〔4〕 ……………………… 653
自分の生命の短じかさよ……………… 654
いずれは生きて来た…………………… 654
無題……………………………………… 654
埴輪……………………………………… 655
わたしは生きている…………………… 655
愛………………………………………… 655
詩について………………………………… 657
序文のかはり(「雑三百六十五」曠野社)…… 659
自分の詩(「自然・人生・社会」新潮社)…… 659
自分の詩(「生命に役立つ為に」春秋社)…… 660
序(「詩集」日向堂)………………… 660
後ろに(「詩集」日向堂)…………… 661
自分の詩に就て(「独立人」一九三〇年五月号)…… 662
はじめに(「人生詩集」農山漁村文化協会)…… 664
詩に就て(「詩学」一九四八年四月号)…… 665
序(「笛を吹く」新しき村)………… 667
序(「武者小路実篤詩集」新潮文庫)…… 668
後書き(「詩集」新潮社版全集第二一巻)…… 668
〔冒頭文〕(「我が人生」新潮社)… 669
はしがき(「人生賛歌」家の光協会)…… 670
まえがき(「武者小路実篤詩集」潮文社)…… 670
序(「人生の特急車の上で一人の老人」皆美社)…… 670
*解説・解題
*解説(渡辺貫二)…………………… 674
*解題(渡辺貫二)…………………… 685
 

第12巻 1989.10.20
 
湖畔の画商…………………………………… 1
湖畔の画商………………………………… 3
上海まで………………………………… 4
南十字星の下にて………………………10
航海中の日記より………………………16
地中海にて………………………………20
ベルリンにて(一)……………………23
ベルリンにて(二)……………………28
ベルリンにて(三)……………………34
オリンピツク伯林スタヂアム通信……46
オリンピツク回想………………………53
北欧見聞…………………………………56
レンブラント其他………………………64
美術館を見る……………………………70
ウヰン通信………………………………75
ナチス党大会……………………………77
ルチエルンより…………………………82
伊太利の旅………………………………89
ナポリ・ポンペイ………………………95
ミケルアンゼロ其他………………… 103
巴里…………………………………… 107
マチス・ルオー・ドラン・ピカソ訪問記…… 112
ロンドンの思ひ出…………………… 124
大西洋上のいたづらがき…………… 126
アメリカで見た画から……………… 132
太平洋上日記………………………… 138
欧州旅行雑感………………………… 145
斎藤の電報(追記)………………… 147
後書き………………………………… 147
欧米旅行日記…………………………… 149
序……………………………………… 150
出発からマルセーユまでの船中にて…… 150
ベルリンにて………………………… 183
北欧の旅中にて……………………… 185
プラーグへの車中にて……………… 189
大西洋上にて………………………… 190
アメリカにて………………………… 207
太平洋航行船中にて………………… 216
後書き………………………………… 231
美術論集…………………………………… 233
〔口絵・解説〕………………………… 235
序………………………………………… 238
一部 美に就て………………………… 239
美に就ての断片……………………… 239
美の追求……………………………… 244
美に就ての雑感……………………… 245
画家と美……………………………… 248
本当の画……………………………… 250
いゝ画を見る喜び…………………… 251
写生に就て…………………………… 253
偶感…………………………………… 254
芸術の価値…………………………… 255
東洋画と西洋画……………………… 257
二部 東洋画に就て…………………… 260
日本の南画について………………… 260
南画…………………………………… 263
支那の画を…………………………… 265
梁楷の出山の釈迦,其他 …………… 265
石濤雑感……………………………… 266
八大山人雑感………………………… 268
李龍眠のある画を見て……………… 272
牧谿……………………………………… 272
禅月大師の羅漢を見る……………… 273
自分の好きな日本画家三四………… 276
雪舟の益田兼堯像…………………… 278
大雅堂に就て(一)………………… 279
大雅堂に就て(二)………………… 280
大雅堂の五百羅漢…………………… 281
木米の画……………………………… 282
宗達の草花の画……………………… 283
北斎雑感……………………………… 284
文晁…………………………………… 287
白隠の絵……………………………… 288
腕の冴え……………………………… 289
武蔵の画……………………………… 290
鉄斎…………………………………… 291
富岡鉄斎(一)……………………… 291
明治以後の最大芸術家……………… 293
富岡鉄斎(二)……………………… 294
三部 西洋画に就て…………………… 296
レンブラント(一)………………… 296
レンブラント(二)………………… 296
レンブラントの絵に題する………… 302
老いたるレンブラント……………… 303
アンリ・ルーソーの画を見て……… 303
アンリ・ルーソーの子供の画を見て…… 307
ラフアエルの二つの画……………… 308
ゴヤの画に就て……………………… 310
デユラーの聖ゼエローム…………… 314
チントレツトよ……………………… 314
ルノアール,セザンヌを見て ……… 315
ドラクロアのパガニーニの画……… 316
ホドラー……………………………… 317
ブレークについて…………………… 317
ブルデルの画を見て………………… 318
マチスの言葉………………………… 319
好きな画……………………………… 320
バン・ゴオホ………………………… 322
ゴオホの二面(旧作)……………… 323
ロダンと人生(旧作)……………… 327
四部 現代の画家に就て……………… 330
生きてゐる画と死んだ画…………… 330
日本画雑感…………………………… 333
日本画に就ての断片………………… 334
岸田劉生思ひ出……………………… 336
岸田の画……………………………… 342
梅原龍三郎の芸術…………………… 343
梅原龍三郎の個展を見て…………… 345
梅原の最近の画……………………… 346
土田麦僊の画………………………… 348
村上華岳の芸術……………………… 349
古径,靫彦,華岳……………………… 350
美人画雑感…………………………… 352
安田靫彦君…………………………… 354
靫彦の孫子勒姫兵…………………… 355
五部 自分の画に就て………………… 356
芸術雑感……………………………… 356
真剣に生きる男を見る……………… 357
自戒その他…………………………… 360
根気………………………………… 360
いけない…………………………… 360
碁打は……………………………… 360
静物………………………………… 360
画の仕事……………………………… 361
感想…………………………………… 363
新しいと云ふことに就て…………… 365
自分の画について(一)…………… 367
自惚…………………………………… 369
画家としての自分…………………… 370
画をかく時…………………………… 371
こつこつ……………………………… 372
隠世造宝……………………………… 373
柿と蜜柑の画………………………… 373
ある画の讃…………………………… 375
個展…………………………………… 375
個展について………………………… 378
自分の画について(二)…………… 381
東西六大画家……………………………… 385
序文がはり……………………………… 387
画人としての富岡鉄斎………………… 395
レムブラント…………………………… 405
梁楷の人物画…………………………… 414
雪舟に就て……………………………… 423
ラファエロ……………………………… 432
ポール・セザンヌ……………………… 439
挿画解説………………………………… 446
美術を語る………………………………… 449
口絵……………………………………… 451
序………………………………………… 453
東洋と西洋の美術……………………… 454
牧谿讃美………………………………… 462
ミケルアンゼロに就て一寸…………… 466
美術の世界は広大……………………… 468
一つの花鳥画…………………………… 472
バン・ゴツホの画……………………… 475
黒牛の図………………………………… 482
明治以後の画家に就て一寸…………… 483
伴大納言絵詞…………………………… 485
薬師寺の吉祥天図……………………… 492
清滝権現図(絹本着色,縦二尺八寸横一尺四寸一分)…… 494
弘法大師の画…………………………… 495
日本の三大画家………………………… 496
元信……………………………………… 500
道安の静物……………………………… 502
将来の日本画…………………………… 503
西洋の好きな近代の画家達…………… 505
ミレー………………………………… 505
ドーミエ……………………………… 507
スーラ,アンリ・ルツソー ………… 508
画が好きになつた径路及び未来の夢… 512
自分の好きな芸術……………………… 515
梁楷の鶏骨図と武蔵の闘鶏図………… 521
美術讃美………………………………… 522
再び土佐光長に就て…………………… 528
「聖衆来迎図」………………………… 529
画の仕事はよき哉……………………… 531
マンテニアに就て……………………… 532
三和尚の画……………………………… 534
三人の興味を持つ日本の画家………… 536
画の価値………………………………… 537
挿画に就て……………………………… 542
武者小路実篤画集と画論………………… 545
〔画集〕………………………………… 546
〔画論〕
自分の画集に就て…………………… 549
画をかく時…………………………… 561
個性………………………………… 561
一筋の道を歩くなり……………… 563
馬鈴薯……………………………… 564
雑草………………………………… 564
美…………………………………… 564
美神と人間………………………… 566
自分の画…………………………… 568
すぐれた画を見ると……………… 568
自分を生かし切れ………………… 569
真剣に仕事をする男……………… 569
自戒 その一……………………… 570
自戒 その二……………………… 570
勉強………………………………… 570
画がうまくつて…………………… 570
自分の画…………………………… 571
一人の画家………………………… 571
一つの線…………………………… 571
進歩………………………………… 572
五十七歳…………………………… 572
自分の理想………………………… 573
夢 その一………………………… 573
夢 その二………………………… 574
雑草………………………………… 574
何度かいても……………………… 574
かきたいもの……………………… 575
朝晩山を眺めて…………………… 575
山…………………………………… 576
いろいろのもの…………………… 576
美人画―近代で…………………… 576
今後の自分の画…………………… 577
木の葉……………………………… 577
今杉の木を………………………… 577
自然の傑作を見ること…………… 578
かく時に…………………………… 579
自分の画…………………………… 579
誰でも画はかける………………… 579
一心………………………………… 580
原稿書かうと思へども…………… 580
臆病に……………………………… 581
僕は鉄斎の弟子か………………… 581
子供らしい興奮…………………… 582
進歩………………………………… 582
美術雑感(一)…………………………… 583
雑誌「白樺」…………………………… 585
挿絵に就て…………………………… 585
挿画説明……………………………… 586
挿画に就て…………………………… 586
挿画の説明(つけたり,云ひわけ)…… 587
ロダン(「ロダンの言葉を読んで」)…… 588
ロダン談(エレン・ケイ)………… 607
室の画………………………………… 609
雑誌「不二」…………………………… 610
人物評………………………………… 610
雑感…………………………………… 612
人物評追加…………………………… 614
「筆の向くまゝ」より……………… 616
ロダンとブルデル…………………… 617
唐画…………………………………… 618
エジプトの彫刻……………………… 619
雑誌「大調和」………………………… 620
口絵について………………………… 620
口絵について………………………… 621
明治大正名作展を見る……………… 621
挿画の説明…………………………… 622
六号雑記……………………………… 622
支那の三つの画について…………… 623
挿画について………………………… 631
口絵の説明…………………………… 631
挿画の説明…………………………… 632
挿画の説明…………………………… 633
八大山人……………………………… 634
挿画の説明…………………………… 636
雑誌「独立人」………………………… 637
二科のルオールの画マチス,ドランの画を見て…… 637
口絵について………………………… 638
口絵の説明…………………………… 638
口絵に就いて………………………… 639
黄子久の秋山放棹…………………… 639
口絵の説明…………………………… 640
口絵に就て…………………………… 640
優れた芸術品を見て………………… 641
挿画について………………………… 644
雑誌「星雲」…………………………… 644
ヘボ画家の雑記……………………… 644
口絵について………………………… 646
雑誌「重光」…………………………… 646
他人の為の画と自己の為の画……… 646
美人画………………………………… 647
偶感…………………………………… 648
「偶感雑記」より…………………… 649
生きてゐる限りは…………………… 651
*解説・解題
*解説(串田孫一)…………………… 654
*解題(大津山国夫)………………… 662
 

第13巻 1989.12.20
 
ルオー………………………………………… 1
序…………………………………………… 4
ヂョルヂュ・ルオーの芸術……………… 4
レムブラント…………………………………11
レムブラント………………………………14
附録…………………………………………40
一 サムソン……………………………40
二 アブラハム…………………………43
後書き………………………………………47
牧谿と梁楷……………………………………51
追記…………………………………………83
岸田劉生………………………………………87
岸田劉生……………………………………90
劉生の画に就て………………………… 106
山人と劉生鬼退治に就て……………… 110
岸田から僕へ来た手紙………………… 111
岸田劉生年譜…………………………… 131
〔付〕
岸田について………………………… 136
岸田劉生兄…………………………… 137
岸田劉生画…………………………… 138
劉生展に……………………………… 139
岸田劉生展によせて………………… 140
岸田劉生とその友人達……………… 140
六人の現代画家…………………………… 143
序………………………………………… 145
梅原龍三郎……………………………… 146
前田青邨………………………………… 149
福田平八郎……………………………… 152
奥村土牛………………………………… 155
徳岡神泉………………………………… 158
林武……………………………………… 162
〔付〕
鈴木信太郎君の画…………………… 166
鳥海青児の画………………………… 168
梅原の画に就て……………………… 170
梅原龍三郎の画に就いて…………… 171
梅原龍三郎…………………………… 175
中川一政の画〔1〕 ………………… 177
中川一政の画〔2〕 ………………… 179
中川一政の画〔3〕 ………………… 180
中川一政の画〔4〕 ………………… 183
椿貞雄の画…………………………… 186
「画道精進」の序…………………… 188
椿貞雄回顧展に際して……………… 189
千家の色紙短冊の会に就て………… 189
美はどこにも……………………………… 191
序………………………………………… 193
落葉の美………………………………… 193
紅葉の美………………………………… 194
花の美…………………………………… 195
冬枯の牡丹……………………………… 196
葉の出方………………………………… 196
竹の葉…………………………………… 197
不可能を可能に………………………… 198
ぼたんの芽……………………………… 199
白い八重のさざん花…………………… 200
人形を写生す…………………………… 201
耳順ふ…………………………………… 201
馬鹿正直………………………………… 202
二宮尊徳(一)………………………… 203
二宮尊徳(二)………………………… 204
常盤木と落葉樹………………………… 205
雑草……………………………………… 206
冬枯れの無花果………………………… 207
山上を目ざして………………………… 208
愛と美…………………………………… 208
美について(一)……………………… 209
美について(二)……………………… 210
美の国…………………………………… 211
美のわかる人…………………………… 212
老画家の詩……………………………… 212
其処が嬉しいのだ……………………… 213
美の国…………………………………… 214
一つの草さへ…………………………… 215
あるがまゝ……………………………… 216
美への道………………………………… 217
自分の道………………………………… 218
後書……………………………………… 219
画をかく喜び……………………………… 221
柿と柚…………………………………… 223
石蕗(つわぶき)……………………… 224
画をかく楽しみ………………………… 225
素人と玄人……………………………… 228
線と色…………………………………… 229
写生の精神……………………………… 231
画をかくことと美の発見……………… 232
画の味について………………………… 234
馬鈴薯と南瓜の美……………………… 236
馬鈴薯讃……………………………… 238
馬鈴薯………………………………… 238
野菜の画に…………………………… 239
僕の画の線について…………………… 240
一心……………………………………… 242
林檎と蜜柑…………………………… 242
一つ一つの画について………………… 243
赤い小菊……………………………… 243
バラ…………………………………… 243
黄菊…………………………………… 244
百日草………………………………… 244
黄色いダリア………………………… 245
唐辛の一種…………………………… 246
御所人形……………………………… 246
南瓜,玉葱,りんご,ピーマン ……… 247
ほおずき……………………………… 247
枝のついた蜜柑……………………… 247
玉葱と桜桃と伊予柑………………… 248
筍……………………………………… 248
桔梗…………………………………… 249
鉄線花………………………………… 249
貝殻二つ……………………………… 250
薔薇…………………………………… 250
マーガレット………………………… 251
あざみの花…………………………… 251
水仙…………………………………… 252
野菜三種類…………………………… 252
南瓜と薩摩芋………………………… 253
山をかきたい画家…………………… 253
雑草…………………………………… 254
一人の画家…………………………… 254
個性……………………………………… 255
美………………………………………… 257
柿の賦………………………………… 259
夢……………………………………… 259
玄妙…………………………………… 260
画を見る喜び…………………………… 261
誰でも画はかける……………………… 262
私の貝殻…………………………………… 265
自序……………………………………… 267
僕の画に関する散文…………………… 269
僕の写生に就て……………………… 269
自然のつくつたもの………………… 270
沈黙の世界…………………………… 273
野菜をかく…………………………… 274
勉強,勉強 …………………………… 276
贋物と本物…………………………… 277
僕の画に関する詩……………………… 279
私の貝殻……………………………… 279
この本………………………………… 279
南瓜に………………………………… 280
南瓜との問答………………………… 281
不自由な画家………………………… 282
自然の傑作…………………………… 282
行く道………………………………… 283
沈黙…………………………………… 283
レンブラント………………………… 283
リンゴの画に題す…………………… 283
柿の賦………………………………… 284
いゝ墨………………………………… 284
雑草…………………………………… 284
野菜の画に…………………………… 285
桃栗…………………………………… 286
美に向つて…………………………… 286
ある画家とある蛙…………………… 286
馬鈴薯………………………………… 286
一人の画家…………………………… 287
山をかきたい画家…………………… 287
馬鈴薯讃……………………………… 287
林檎と蜜柑…………………………… 288
柿と柚………………………………… 288
玄妙…………………………………… 289
言葉の私と沈黙の私………………… 289
私の歩き方…………………………… 289
私は…………………………………… 290
挿画に就て……………………………… 290
後書き…………………………………… 292
私の美術遍歴……………………………… 293
この本を書いて………………………… 295
第一部
梁楷について………………………… 297
一 「松下琴客図」……………… 297
二 「 骨図」…………………… 298
三 「李白行吟図」……………… 300
四 「六祖截竹図」「経破図」… 302
五 「踊布袋図」………………… 304
六 「釈迦出山図」と「山水双幅」…… 306
七 「寒山拾得図」その他……… 308
八 梁楷の世界…………………… 311
布袋と達磨の画……………………… 313
李安忠の鶉の画……………………… 314
徽宗皇帝……………………………… 316
ある八大山人山水冊………………… 318
八大山人寸感………………………… 320
また八大山人の画について………… 322
禅月大師の羅漢像…………………… 323
第二部
大雅と元信…………………………… 326
村上華岳(一)……………………… 328
村上華岳(二)……………………… 330
華岳と大雅堂の一面………………… 333
一休の書二幅………………………… 334
若冲の ……………………………… 337
雪舟の馬と鶺鴒……………………… 339
良寛の髑髏…………………………… 340
光琳のことなど……………………… 342
白隠の画雑感………………………… 343
白隠の書……………………………… 346
唐宋名画と劉生のこと……………… 348
小林古径(一)……………………… 350
小林古径(二)……………………… 353
小出楢重の日本の裸婦……………… 354
安井君のある画……………………… 355
第三部
真剣な人々の作品…………………… 356
四十八体仏とギリシャ彫刻………… 358
僕を画かきにしたテラコッタ……… 361
フラ・アンジェリコ………………… 363
セザンヌの画………………………… 364
レンブラント………………………… 368
ティツィアーノの裸婦……………… 369
ドウミエの画………………………… 371
ブルデルの水彩……………………… 374
画家と個性(ピカソの画)………… 376
ルソーとゴッホ……………………… 379
ゴッホの「囲いのある土地」……… 381
ゴッホのある自画像………………… 383
マチスの影のない画………………… 385
ミレーとゴヤ………………………… 387
ゴヤとマネの二つの画……………… 389
第四部
好き者の独語………………………… 392
気らくに……………………………… 394
私は画を愛する……………………… 395
気のむくままに……………………… 397
のん気な空想………………………… 399
正直に生きてみたい………………… 401
ニセ物雑感…………………………… 402
毎日の生活…………………………… 405
自分の画(一)……………………… 407
自分の画(二)……………………… 409
自分の画を見て……………………… 411
老人の夢―八十九歳の男…………… 413
美術雑感(二)…………………………… 415
雑誌「向日葵」………………………… 417
向日葵独語…………………………… 417
向日葵随筆…………………………… 421
向日葵独語…………………………… 425
雑誌「座右宝」………………………… 428
美術雑感……………………………… 428
小林古径……………………………… 431
マチスのある石版画に就て………… 435
梅原の新しいデッサン……………… 436
雑誌「心」……………………………… 437
デュフィの或る海岸の画を見て…… 437
沈石田の「馬」に就て……………… 437
相阿弥に就て………………………… 438
雪舟「雷」…………………………… 438
御舟の「白椿」……………………… 439
デ・プロフンディス………………… 439
内藤夫人 岸田劉生………………… 439
風景 中川一政……………………… 440
素描 ブルデル……………………… 440
裸婦 ボナール……………………… 440
早春 熊谷守一……………………… 441
梅花図 八大山人…………………… 441
静物 安井曾太郎…………………… 441
童女図 小林古径…………………… 441
 見三元 金冬心…………………… 442
風景 ブラック……………………… 442
サロメ モロー……………………… 442
鐘馗 仙崖…………………………… 443
素描 マチス………………………… 443
風景 ユトリロ……………………… 443
深秋 榊原紫峰……………………… 443
山岳図 華岳………………………… 444
道化 ルオー………………………… 444
蘇東坡 鉄斎………………………… 444
女の顔 ピカソ……………………… 444
豆の花 御舟………………………… 445
牛の図 宗達………………………… 445
紅梅 小林古径……………………… 445
俑 安田靫彦………………………… 445
静物 中川一政……………………… 445
仁王 前田青邨……………………… 446
麗子裸像 劉生……………………… 446
山水 石濤…………………………… 446
天馬 ルドン………………………… 446
山帰来小禽 宗達…………………… 446
浅間山 梅原龍三郎………………… 447
桔梗 小林古径……………………… 447
素描 ピカソ………………………… 447
風景 ブラマンク…………………… 447
志賀直哉の書………………………… 448
福の神 仙崖………………………… 448
蓮葉上の蛙 榊原紫峰……………… 448
素描 安田靫彦……………………… 449
前田青邨の鴨………………………… 449
静物 中川一政……………………… 449
靫彦筆 桜…………………………… 449
鶉 八大山人………………………… 449
信実筆 柿本人麿像………………… 450
蟹之図 安井曾太郎………………… 450
素描 レダと白鳥 ブルデル……… 450
紅梅之図 安田靫彦………………… 450
筍之図 福田平八郎………………… 450
富士之図 横山大観………………… 451
パリのキャフエ 佐伯祐三………… 451
松関石門 村上華岳………………… 451
庭 ブルデル………………………… 451
バルザック ピカソ………………… 452
花瓶と蘭 八大山人………………… 452
自分の富士に就て…………………… 452
水彩画 ラプラード………………… 452
墨竹 大雅堂………………………… 453
アルノルフィニーの肖像 バン・エック…… 453
キリストと二人の使徒 ルオー…… 453
静物 岸田劉生……………………… 453
地霊 ルドン………………………… 453
石版裸婦 マチス…………………… 454
椿花研彩 速水御舟………………… 454
帆柱の立ち並ぶサン・トロペー風景 スゴンザック…… 454
素描(一) ピカソ………………… 454
素描(二) ピカソ………………… 455
夜の静物 ゴッホ…………………… 455
ギリシャのテラコッター…………… 455
男の裸体 ミケルアンゼロ………… 456
雪下のブルゾル村 ブラマンク…… 456
アルピーユ ゴッホ………………… 456
夜空の糸杉 ゴッホ………………… 456
漢時代の牛…………………………… 457
タヒチの少女 ゴーガン…………… 457
聖母(幼児イエスの宮詣り―部分) アンゼリコー…… 457
禿鷹 ゴヤ…………………………… 457
笛吹く人(エトルスク)…………… 457
クールブボア風景 スーラー……… 458
乾山作浪千鳥額皿(絵 光琳)…… 458
裸婦(デッサン) ルノアール…… 458
椿之図 椿貞雄……………………… 458
素描 セザンヌ……………………… 459
素描 ロダン………………………… 459
竹林七妍人 河野通勢……………… 459
山水 夏圭…………………………… 459
地獄(部分) 信実………………… 460
朝顔〔一九五一年作〕 福田平八郎…… 460
サンダナパールのための習作 ドラクロワ…… 460
接吻 ロダン………………………… 460
画竹 揚无咎………………………… 461
秋林万壑図 王蒙…………………… 461
芥子の図 安田靫彦………………… 461
男の顔 モヂリアニー……………… 461
素描 ボナール……………………… 462
イランの鳩…………………………… 462
アルノ川の岸 前田青邨…………… 462
画家の母 ヴィヤール……………… 463
タヒチの女 ゴーガン……………… 463
風景 中川一政……………………… 463
花菖蒲〔一九五〇年作〕 福田平八郎…… 463
幻影 オディロン・ルドン………… 464
MALEK ANDR の肖像 ルノアール … 464
若い女の頭部(クノッソス宮殿壁画の一部)…… 464
大なる幸福(版画) デューラー… 464
男の裸体(デッサン) レンブラント…… 465
アフロディテ 梅原龍三郎………… 465
山水 八大山人……………………… 465
素描 ブラック……………………… 465
少女像(エジプト。紀元前十三世紀)…… 466
素描 マチス………………………… 466
スープ ドーミエ…………………… 466
玉垣・龍門 写楽…………………… 467
芒野煙景 梅原龍三郎……………… 467
金閣寺 山下新太郎………………… 467
 骨 梁楷…………………………… 467
放蕩息子 レムブラント…………… 468
デッサン アングル………………… 468
ピラの帆船 マルケ………………… 468
裸婦 熊谷守一……………………… 468
素描(一) レオナルド…………… 469
素描(二) レオナルド…………… 469
舞子 奥村土牛……………………… 469
魚 前田青邨………………………… 469
野晒 良寛…………………………… 469
鳥女 シャガール…………………… 470
山水 長与善郎……………………… 470
仙人図 梁楷………………………… 471
山水 倪雲林………………………… 471
デッサン ブラック………………… 471
舞伎里代の顔(素描) 岸田劉生… 471
おかめ 光琳………………………… 472
おかめ 鉄斎………………………… 472
コペルニック 林武………………… 472
魚 リーチ…………………………… 472
海岸(エッチング) リーチ……… 473
紅梅 安田靫彦……………………… 473
自画像(素描) セザンヌ………… 473
踊子(素描) ドガ………………… 474
緑の壷 セザンヌ…………………… 474
西湖 長与善郎……………………… 474
長与善郎の書………………………… 474
福浦 中川一政……………………… 475
薔薇 林武…………………………… 475
竜……………………………………… 475
虎……………………………………… 476
蓮 奥村土牛………………………… 476
ポーを主題にした石版の一つ ルドン…… 476
聖アントニーの誘惑を主題にした,四番目の石版 ルドン…… 476
「裸婦」 ブルデル………………… 476
裸婦 ボナール……………………… 477
黒犬 ボナール……………………… 477
カンヌ風景 梅原龍三郎…………… 477
曙梅 安田靫彦……………………… 477
馬 坂本繁二郎……………………… 478
伊勢海老と蛤 林武………………… 478
松竹梅 福田平八郎………………… 478
午前四時 前田青邨………………… 478
裸婦 熊谷守一……………………… 479
麗子洋装之像 岸田劉生…………… 479
村娘図 岸田劉生…………………… 479
オダリスク マチス………………… 479
ペルシャの女(石版) マチス…… 479
裸婦 マチス………………………… 480
素描 ブラック……………………… 480
素描 ブラック……………………… 480
女楽偶人 安田靫彦………………… 480
ボラールの肖像 セザンヌ………… 480
水浴 セザンヌ……………………… 481
鯉 福田平八郎……………………… 481
ファウストの一場面 ドラクロア… 481
美術愛好家 ドーミエ……………… 481
ペルシャの壷と牡丹 前田青邨…… 482
アネモネとエジプト木人 梅原龍三郎…… 482
菖蒲 安田靫彦……………………… 482
ギリシャ 石彫婦人首 奥村土牛… 482
軒の菜の花 熊谷守一……………… 482
花菖蒲 福田平八郎………………… 483
川奈富士 林武……………………… 483
ヤンスン嬢 山下新太郎…………… 483
パリー散歩 中川一政……………… 483
植木鉢 坂本繁二郎………………… 484
松に小禽 榊原紫峰………………… 484
安底羅大将 前田青邨……………… 484
薔薇 中川一政……………………… 485
放蕩息子 レムブラント…………… 485
二人の裸体 アングル……………… 485
人形を持っている少女 コロー…… 485
男のトルソー(素描) ミケルアンゼロ…… 486
自画像 デューラー………………… 486
山嵐綺侶 石濤……………………… 486
女騎手 ドラクロア(一七九八―一八六三)…… 487
風景 クロード・ローラン(一六〇〇―八二)…… 487
聖母の死 ブレーク………………… 487
誘惑 ブレーク……………………… 488
静物 中川一政……………………… 488
自画像 白隠………………………… 488
一鏃破三関 白隠…………………… 489
椿 安田靫彦………………………… 489
マレエヌ王女 ルドン……………… 489
不毛の小山のある平野 ルドン…… 489
蜜柑 福田平八郎…………………… 490
畳の上に横たわる裸婦 熊谷守一… 490
バラ 梅原龍三郎…………………… 490
唐俑 奥村土牛……………………… 490
初秋 榊原紫峰……………………… 490
月 坂本繁二郎……………………… 491
静物 中川一政……………………… 491
静物 林武…………………………… 491
雪 福田平八郎……………………… 491
群獣のダンスパーチー 前田青邨… 491
鴨川茄子三つ 実篤………………… 492
木彫飛天像 安田靫彦……………… 492
光悦寺境内より鷹ケ峰をのぞむ 山下新太郎…… 492
陶器皿 リーチ……………………… 493
静物 実篤…………………………… 493
寒山拾得 因陀羅 国宝…………… 493
朝陽 無住子 重文………………… 493
百舌巣 御舟………………………… 494
牡牛をびっこにさせようとする群集 ゴヤ…… 494
闘牛場の惨事 ゴヤ〔一九六五・三〕…… 494
椿 奥村土牛………………………… 495
夕焼 梅原龍三郎…………………… 495
レモン 奥村土牛…………………… 495
鳥黒鶏 熊谷守一…………………… 495
能面 坂本繁二郎…………………… 495
薔薇 中川一政……………………… 495
富士 林武…………………………… 496
筍 福田平八郎……………………… 496
深沙大将 前田青邨………………… 496
ギリシャのテラコッタ 実篤……… 496
藤壷女御 安田靫彦………………… 496
マドリッド 山下新太郎…………… 497
実篤肖像 リーチ…………………… 497
月光 版画 ムンク………………… 497
マラルメ 版画 ムンク…………… 497
鴨 前田青邨………………………… 498
ある生活に疲れた男 ホドラー…… 498
モンタナの風景 ホドラー………… 498
折鶴 熊谷守一……………………… 498
モール伯の手 アングル…………… 499
弟Rene de Gasの横顔 ドガ ……… 499
サーカス デュフィ………………… 499
オーケストラ デュフィ…………… 499
赤い帆船とキリスト ルオー ルオーの画に就て…… 500
イル・ド・フランス ルオー ルオーの画に就て…… 500
木,鉛筆画 ルドン ………………… 501
水浴の為の素描 スーラー………… 501
瀬戸内海(吹上) 中川一政……… 501
墨梅図 無学………………………… 501
菊と猫 八大山人…………………… 502
静物 林武…………………………… 502
文殊菩薩 雪舟……………………… 502
芙蓉 伝銭舜挙……………………… 502
香港 山下新太郎…………………… 502
無 鈴木大拙………………………… 503
孤雲 安田靫彦……………………… 503
アネモネ 梅原龍三郎……………… 503
安倍能成 安井曾太郎……………… 504
白木蓮に四十雀 前田青邨………… 504
心 鈴木大拙………………………… 504
椿に黒鶇 熊谷守一………………… 504
筍 福田平八郎……………………… 505
プラネット・ハットの女 マチス… 505
横たわる裸婦 マチス……………… 505
富士山 奥村土牛…………………… 506
柳橋 華岳…………………………… 506
雲山飛鳥 華岳……………………… 506
牛 坂本繁二郎……………………… 506
炎舞 御舟…………………………… 507
静物 中川一政……………………… 507
妓女舞踊 村上華岳………………… 507
肖像 モヂリアニー………………… 508
裸婦 モヂリアニー………………… 508
バラ ルノアール…………………… 508
獅子 レムブラント………………… 508
裸婦 レムブラント………………… 508
自然玄妙 実篤……………………… 509
眺便 大雅堂………………………… 509
慈光 神泉…………………………… 509
美術愛好家 ドーミエ……………… 510
頭飾り ゴーガン…………………… 510
バラ 林武…………………………… 510
ルノアールのブロンズ像 梅原龍三郎…… 511
外人墓地 長与善郎………………… 511
山通一径斜 熊谷守一……………… 511
書 中川一政………………………… 512
紙雛 実篤…………………………… 512
筍 福田平八郎……………………… 513
ほゝえむサスキヤ レンブラント… 513
灯籠流し施餓鬼之図(油彩) 岸田劉生…… 513
死せるキリスト マンテニア……… 513
百合 中川一政……………………… 514
孫純子 梅原龍三郎………………… 514
目連尊名像 奥村土牛……………… 514
  熊谷守一………………………… 514
庭におけるコロー ドーミエ……… 515
ドガーのかいたマネー……………… 515
白梅 安田靫彦……………………… 515
おしどり 福田平八郎……………… 516
鯉 徳岡神泉………………………… 516
百舌 前田青邨……………………… 516
怒濤 林武…………………………… 516
浅間山 梅原龍三郎………………… 516
裸婦 熊谷守一 一九三四年……… 517
朝のはぢまり 熊谷守一…………… 517
赤蕪 奥村土牛……………………… 517
鯉 福田平八郎……………………… 517
富士山 武者小路実篤……………… 518
浅間山灰天 梅原龍三郎…………… 518
箱根二子山 中川一政……………… 518
閑野 徳岡神泉……………………… 518
鵠沼風景 岸田劉生………………… 518
椿花(紺紙油彩) 梅原龍三郎…… 519
あやめ 福田平八郎………………… 519
夕映 熊谷守一……………………… 519
出陣の舞 安田靫彦………………… 519
雅日 堅山南風……………………… 520
カンヌ風景 梅原龍三郎…………… 520
蔓もどき 前田青邨………………… 520
オシリス 武者小路実篤…………… 520
新神楽(牡丹) 熊谷守一………… 521
もも 梅原龍三郎…………………… 521
紅梅青花壷 安田靫彦……………… 521
双子山 中川一政…………………… 521
ユビュ親爺の再生 ルオー………… 521
花のある窓 東山魁夷……………… 522
瓶花 奥村土牛……………………… 522
つつじ 志賀直哉…………………… 522
マネーのエッチング………………… 523
画好き ドウミエ…………………… 523
南瓜三つと他 武者小路実篤……… 523
鮎 福田平八郎……………………… 523
あじさい 熊谷守一………………… 524
吉井長三肖像 中川一政…………… 524
黄昏 堅山南風……………………… 524
裸婦 林武…………………………… 524
醍醐 奥村土牛……………………… 525
湖青む頃 東山魁夷………………… 525
薔薇 中川一政……………………… 525
猫 熊谷守一………………………… 525
薔薇 梅原龍三郎…………………… 525
静物 武者小路実篤………………… 526
椿 安田靫彦………………………… 526
富士山 奥村土牛…………………… 526
扇面四幅対の冬 富岡鉄斎………… 526
梅原龍三郎の画……………………… 526
鶏骨図 梁楷………………………… 527
赤松 徳岡神泉(国立近代美術館所蔵)…… 527
てっせんと枇杷 中川一政………… 527
牡丹 梅原龍三郎…………………… 527
牡丹 熊谷守一……………………… 528
志賀直哉の画………………………… 528
僕の画………………………………… 528
長与善郎の「少女像」……………… 528
富士 長与善郎……………………… 529
幼児 児島喜久雄…………………… 529
鵠沼風景 岸田劉生………………… 529
志賀直哉の書「棲所清」…………… 530
「志賀直哉の顔」 バーナード・リーチ…… 530
僕がかいたバラ……………………… 530
仲よき仲間 武者小路実篤………… 530
「白樺同人」 岸田劉生―岸田劉生の多才…… 531
千家元麿 花々……………………… 531
雑誌「この道」………………………… 531
兀庵普寧筆「伝心」………………… 531
無学祖元の「梅」…………………… 532
光琳狗子……………………………… 532
口絵に就て…………………………… 533
一休「三冬」の書に就て…………… 533
雪舟筆叭叭鳥………………………… 534
梁楷 松下琴客……………………… 534
表紙の画に就て……………………… 535
日観の葡萄…………………………… 535
李成の「山水」……………………… 536
沈周(石田)山水…………………… 536
良寛の書無蓋………………………… 536
レンブラント フエニックス(不死鳥)…… 537
レンブラント 自画像 素描……… 537
良寛の自画像………………………… 537
レオナルド 若い女の顔…………… 538
岸田劉生最晩年の画………………… 538
レンブラントの獅子………………… 539
胡直夫 「仙女」…………………… 539
ルノアール 裸婦…………………… 539
セザンヌの髑髏……………………… 540
中川一政 マヂョリカ……………… 540
ミケルアンゼロ 素描 公爵夫人… 540
レムブラント ホーマ(表紙解説)…… 540
レオナルド・ダ・ウインチ 百合… 541
ブルデルのヘラクレス(表紙解説)…… 541
ルドン 石の翼……………………… 541
ロダン(素描) イザドラ・ダンカン…… 541
ゴッホ(耕す男)…………………… 542
表紙に就て…………………………… 542
禅月大師 羅漢像…………………… 542
李確 布袋図部分…………………… 542
ムンクの「叫び」…………………… 543
ドミエ 素描 弁護士……………… 543
ブレーク 「イエスと罪ある女」… 543
ルオー 「秋」……………………… 543
人肉を食う禿鷹 (ゴヤ)………… 544
レオナルド 女の顔………………… 544
レオナルド 戦う戦士の顔(素描)…… 544
本号の表紙画に就て………………… 544
ブレークの素描 「星空を飛ぶ天使」…… 545
ラファエル 読書している聖母…… 545
レオナルド筆 考える老人………… 545
駿牛図(作者不明)………………… 545
維魔 光琳筆………………………… 546
唐・韓幹 牧馬図…………………… 546
モヂリアニー 素描………………… 546
表紙画に就て(ラファエル素描聖母)…… 546
表紙画 ブラックの素描…………… 546
ピカソ 人形を持った少女………… 547
表紙の画……………………………… 547
パウル・クレー 向日葵のある別荘…… 547
セザンヌの素描 セザンヌ夫人…… 547
マチス 踊子………………………… 548
ミレーの素描………………………… 548
無準 布袋…………………………… 548
牧谿 布袋…………………………… 549
元信 野菜図………………………… 549
表紙の画……………………………… 549
頼庵 鯉……………………………… 549
梅道人 「竹」……………………… 550
牧谿 画壁達磨……………………… 550
相阿弥 夏の富士…………………… 550
檀芝瑞 「竹」……………………… 550
良寛の涅槃図………………………… 551
大雅堂 楚江の月…………………… 551
雪舟 雷……………………………… 551
伝趙子昂 騎馬図…………………… 552
八大山人 葡萄と雀………………… 552
伝趙子昂 「月下の梅」…………… 552
華岳の山……………………………… 552
梁楷 踊布袋………………………… 553
元信筆 撃竹悟道之図……………… 553
伝李安忠 水鳥……………………… 553
宗達 鉄拐図………………………… 553
鉄斎 蘭……………………………… 554
大雅堂 「仲容」…………………… 554
李元達 「竹」……………………… 554
石濤 山水…………………………… 555
伝如雪 「山水」…………………… 555
金冬心 紅梅画讃…………………… 555
ブルデル 「イサドラ・ダンカン」…… 555
八大山人 「猫」…………………… 556
梁楷 「仙人」……………………… 556
ミレー デッサン「一人の農婦」… 556
マネー スペインの舞姫…………… 557
ドミエ 絵画愛好家(表紙画)…… 557
ブルデル 自画像…………………… 557
ロダンの手(ロダンが死ぬ三週間前アメデ・ベトが型どったもの)…… 557
マンテニアの犬……………………… 558
レムブラント 放蕩息子の帰宅…… 558
ゴッホ 「夜の光りのもとの糸杉」…… 558
ルドン 「ビジョン」……………… 558
デュラー 「書斎に於ける聖ゼローム」…… 559
レンブラントの自画像……………… 559
ブラックの素描 「少女」………… 559
シャガール 窓辺の月……………… 560
ピカソ 画家の娘…………………… 560
村の向日葵…………………………… 560
ルーベンス イサベラ・ブラント… 560
マチス 婦人(エッチング)……… 561
ピカソ ミノタウロスの戦い……… 561
マイヨール 裸婦…………………… 562
ルオー 愛とは優しいものだ……… 562
レオナルドの素描 赤児の顔……… 562
ブレーク ダンテの神曲の挿画…… 562
ラファエロ 窓辺の少女…………… 563
セザンヌ 自画像のある素描……… 563
ゴヤ エッチング 自画像………… 563
ドラクロア アマツォーネン……… 564
レオナルド・ダ・ウィンチ 樫の実とえにしだの群れ…… 564
鳥目 伝藤原光長…………………… 564
ブラック 静物(素描)…………… 565
ルドン 歯をむきだして笑う蜘蛛… 565
モヂリアニー ピカソの肖像……… 565
バン・ゴッホの画「美術を語る」より…… 566
マチス 「アラビアの婦人」……… 566
モジリアニ 素描 ビアトリス…… 566
ドラクロア 女……………………… 566
ゴッホ 手…………………………… 567
ブラック 女………………………… 567
レンブラント 後からみた裸婦…… 567
スーラ 髪をゆった女……………… 567
「芸術新潮」その他…………………… 568
「無上の画」「聖ゼローム」レオナルド・ダ・ウインチ…… 568
画をかく自分………………………… 569
永遠のセザンヌ……………………… 570
斉白石………………………………… 573
大原コレクション…………………… 574
ぼくの好きな四人の書……………… 577
贋もの………………………………… 578
マチス,ピカソ,ブラック,ルオー,ブルデル…… 581
手に入れた仏像・神像・机………… 583
支那の画に就て……………………… 584
自分の本の装幀に就て……………… 589
巴里の二十日間―人間断想―……… 590
レンブラント其の他………………… 594
ロダンと「白樺」(1) …………… 599
ロダンと「白樺」(2) …………… 600
ロダンと「白樺」(3) …………… 602
ロダンと「白樺」(4) …………… 603
ロダンと「白樺」(5) …………… 604
画をかく喜び………………………… 605
小林君と鉄斎………………………… 609
のんきな老人………………………… 611
偉ばって生きてゆきたい…………… 612
目出たき哉…………………………… 613
美は見たいと思う…………………… 614
本当に生きる………………………… 615
セザンヌの本物……………………… 616
ゴッホ………………………………… 617
ゴッホ(二)………………………… 618
のん気な話…………………………… 619
老人の仕事…………………………… 620
児島喜久雄とゴォホ………………… 621
*解説・解題
*解説(串田孫一)…………………… 626
*解題(紅野敏郎)…………………… 634
 

第14巻 1990.2.20
 
愛情の書……………………………………… 1
自序………………………………………… 3
息子の結婚―四幕………………………… 4
若き大雅堂…………………………………34
ある詩人の夢―狂言………………………42
実朝の死……………………………………47
義時と泰時…………………………………55
田舎娘………………………………………60
父の笑ひ―四幕……………………………78
狂言集……………………………………… 103
開会の口上……………………………… 105
刀をとぐ男……………………………… 106
鼻の頭…………………………………… 111
百姓親子とロバ………………………… 112
詩人の夢想……………………………… 114
信長と秀吉(寸劇)…………………… 133
泥棒と主人……………………………… 134
おせつかいな夫………………………… 136
彼の誕生………………………………… 137
牛若丸…………………………………… 148
新しき村の満十五年を祝して………… 154
木竜忠臣蔵………………………………… 157
木竜忠臣蔵……………………………… 159
由良之助の最後………………………… 192
七福神……………………………………… 199
序………………………………………… 202
七福神(狂言)………………………… 203
野菜讃……………………………………… 227
序文……………………………………… 229
野菜讃…………………………………… 230
果実讃…………………………………… 239
花讃……………………………………… 243
読書余録………………………………… 248
一切経翻刻成就……………………… 248
尊徳の至誠家老を動かす…………… 249
良寛の「月の兎」…………………… 249
那須与市……………………………… 250
真剣勝負……………………………… 251
崋山の死……………………………… 252
仙 と魚の骨………………………… 254
不仁の村を仁儀の村にする法……… 255
或る笑………………………………… 257
死を先にするもの…………………… 257
独歩の「少年の悲哀」に就て……… 258
撫松庵随筆……………………………… 260
ある画家とある蛙…………………… 260
どんな時でも………………………… 260
生れた以上は………………………… 260
いい作家……………………………… 261
悪い作家……………………………… 261
悪趣味………………………………… 261
悪文…………………………………… 261
自信…………………………………… 261
難関…………………………………… 262
忠告…………………………………… 262
出来る確信…………………………… 262
力……………………………………… 262
ミケルアンゼロの力………………… 263
鉄斎…………………………………… 263
バレリーのマラルメ讃……………… 263
大木…………………………………… 265
微妙…………………………………… 265
緻密と大……………………………… 265
馬鹿の一つ覚え……………………… 266
ずるい男……………………………… 266
可憐な話……………………………… 267
近頃痛快な事………………………… 268
ある展覧会で………………………… 269
文学…………………………………… 269
真剣…………………………………… 269
全精神………………………………… 270
意地…………………………………… 270
大道…………………………………… 270
善意…………………………………… 270
新しき村の生活……………………… 271
若き画家に…………………………… 272
「三笑」のある評…………………… 273
批評…………………………………… 273
図々しく……………………………… 273
性急…………………………………… 273
種まくこと…………………………… 274
忠言と甘言…………………………… 274
悪評…………………………………… 274
元気…………………………………… 274
大きな心……………………………… 274
私は讃美する………………………… 275
芸術家は……………………………… 275
劇の会話……………………………… 276
良寛の画……………………………… 277
孫の誕生……………………………… 279
その男を礼拝する…………………… 281
この世に……………………………… 281
くよくよ……………………………… 281
善人…………………………………… 281
真理…………………………………… 281
真理…………………………………… 282
小さん(先代)……………………… 282
摂津大橡……………………………… 283
オフェリア…………………………… 284
人形芝居と理屈……………………… 285
感心したふり………………………… 286
自分が利口…………………………… 287
他人に註文…………………………… 288
生きてゐる間は……………………… 288
一日一日……………………………… 288
孫……………………………………… 288
勇士…………………………………… 289
一本の杉……………………………… 289
僕は…………………………………… 290
尊敬する人間………………………… 291
偉さ…………………………………… 291
この世に……………………………… 292
勇士の散歩…………………………… 293
元気な男……………………………… 293
 イオリンの名人…………………… 294
人間の心……………………………… 295
光琳と乾山…………………………… 295
宿命…………………………………… 296
岸田劉生のある「麗子像」を見て… 298
秋……………………………………… 299
岸田劉生の一弱点…………………… 299
天を相手……………………………… 300
上には上……………………………… 300
深山の桜……………………………… 300
谷崎氏の随筆を見て一寸…………… 301
三等国………………………………… 302
「三笑」の上演に就て……………… 303
三笑………………………………………… 309
三笑……………………………………… 311
芸文座の「三笑」を見て……………… 345
それ程でもないよ(一名「老優の笑ひ」)…… 347
「それ程でもないよ」(一名「老優の笑ひ」)に就いて…… 377
芸に生きる人々・生き残つた者………… 383
芸に生きる人々………………………… 385
序……………………………………… 385
ある彫刻家…………………………… 385
盲目と聾者…………………………… 397
女の一念……………………………… 402
牟礼の生活…………………………… 405
山をかく男…………………………… 420
生き残つた者…………………………… 427
序……………………………………… 427
飛田先生……………………………… 428
鏡の話………………………………… 442
或る作家の演説……………………… 449
混沌…………………………………… 454
英次の手紙…………………………… 458
生き残つた者………………………… 462
友達…………………………………… 467
業の深い男…………………………… 473
或るものゝ意志……………………… 476
一休と地獄太夫……………………… 481
一休と地獄太夫の対話……………… 495
若き日の思ひ出…………………………… 499
若き日の思ひ出………………………… 501
後書き…………………………………… 605
*解説・解題
*解説(大津山国夫)………………… 608
*解題(大津山国夫)………………… 620
 

第15巻 1990.8.20
 
牟礼随筆・蝸牛独語………………………… 1
牟礼随筆…………………………………… 3
序………………………………………… 3
牟礼随筆………………………………… 4
牟礼随筆に就て……………………… 4
真剣な仕事…………………………… 5
川端龍子の個展を見て……………… 7
兄貴…………………………………… 8
支那事変………………………………10
戦争……………………………………11
過ぎたるは及ばざるに如かず………12
井之頭公園の鯉………………………13
生き甲斐………………………………14
時間持…………………………………14
夢………………………………………16
支那と云ふ言葉………………………20
周作人…………………………………21
調子ッぱづれ…………………………22
子供の病気……………………………22
松陰の死生観…………………………23
批評……………………………………24
先入主…………………………………25
運命観…………………………………26
春………………………………………27
本当の決心……………………………27
夢と味覚………………………………28
五十四…………………………………29
かくれた所……………………………30
人生……………………………………31
小さい淋しさ…………………………32
池の鯉…………………………………33
日本の未来を…………………………34
支那旅行の夢…………………………36
戦争がすめば…………………………36
気持……………………………………37
梅原の画と志賀の文学………………38
蚊とんぼ………………………………39
愛読した日本の作家…………………40
泉………………………………………41
「指導と信従」を読んで……………42
怖い顔…………………………………43
筆不精…………………………………45
学習院…………………………………46
蜜柑の皮のすて処……………………48
性急……………………………………49
汽車の弁当と胃袋……………………50
泉鏡花と文化勲章……………………51
見たもの………………………………52
日本の女の洋装………………………53
静かな内にも…………………………54
谷崎の仕事其他………………………55
僕の字の先生…………………………57
波の音…………………………………58
遺伝……………………………………59
照宮様の千人針………………………60
殊に英国人に…………………………61
支那人よ………………………………61
英国……………………………………62
北支……………………………………63
仲よくするには………………………64
トルストイ主義………………………64
煙草,酒,芸者…………………………66
自称予言者……………………………68
正成の芝居……………………………69
子供たち………………………………70
ある本の序文の草稿其他……………73
蝿とり蜘蛛……………………………74
美術館…………………………………75
国家多事………………………………76
人間に関する断片……………………77
新築地の「どん底」を見て…………79
齢とること……………………………80
病気……………………………………82
読んだ一つ……………………………82
マンボー,スナメリ …………………83
菜食について一寸……………………84
文句……………………………………85
聖フランシス…………………………86
蘆花公園………………………………88
秋………………………………………89
長期応戦には…………………………90
ある処にはある………………………92
創作に対する自分の今の気持………93
ロダン岩………………………………94
滞欧雑記…………………………………96
ラフアエル,其他 ……………………96
文芸偶感…………………………………99
風流に就て……………………………99
自己に忠実なもの………………… 103
画と文学…………………………… 108
トルストイと現代………………… 110
人間と神の間……………………… 114
身辺雑事……………………………… 118
自分の家は仕事場………………… 118
この頃の自分……………………… 120
村の兄弟に………………………… 121
根と実……………………………… 123
画讃其他……………………………… 126
城米さんその他…………………… 128
自分の望む世界…………………… 133
蝸牛独語………………………………… 137
役に立つか 立たぬか……………… 137
続牟礼随筆…………………………… 138

正月の夢………………………… 138
明石の公園の便所……………… 140
新しき村と土地………………… 140
野心家…………………………… 141
汪兆銘…………………………… 141

成仏出来る時…………………… 142
最も不幸なもの………………… 142
肉食動物………………………… 143
支那人と日本人………………… 143
米国を旅行して………………… 144
英仏の外交……………………… 145
登山……………………………… 146
死に神…………………………… 146
鉄斎……………………………… 146

ペン……………………………… 147
斎藤博の死……………………… 148
ニセ物(一)…………………… 148
ニセ物(二)…………………… 150
のの字…………………………… 151

汪兆銘…………………………… 151
自信……………………………… 151
忘れる名人……………………… 152
新しき村を……………………… 153
未来……………………………… 154
私の仲間,私の友達 …………… 154

一寸の虫にも…………………… 155
二人の太公望…………………… 156
遠き慮り………………………… 156
大原幽学………………………… 157
金まく飛行機…………………… 158
目医者は………………………… 159
素人考…………………………… 159
文学の仕事……………………… 161

「愛と死」に就て……………… 162
子供と小説家…………………… 163
子供のこと……………………… 164
理想の女………………………… 164
神………………………………… 164
文学の仕事……………………… 164
挨拶……………………………… 165
どうでもいゝ…………………… 165

「早春」を見て………………… 166
つまらぬこと…………………… 168
五十歳以上……………………… 169
のりかけた舟…………………… 169
書………………………………… 170
道を求める人…………………… 170
英国人の日本人知らず………… 171
利害打算の名人………………… 172
夕子の旅行記,其他 …………… 173
東京近所の新しき村も………… 174
英国でもソ連でも……………… 174
日本の政治家は………………… 175

国民の自信……………………… 175
汪兆銘…………………………… 177
墨洋丸の火事…………………… 177
満蒙事変………………………… 178
捕虜……………………………… 179
学校教育………………………… 180
時間……………………………… 181
有馬君その他…………………… 182

第二次欧州大戦………………… 183
原稿紙…………………………… 184
自己完成………………………… 185
死と年齢………………………… 187
欧州大戦………………………… 187
東京近くの新しき村…………… 188

新しき村………………………… 189
父と母…………………………… 191
西洋の字と東洋の字…………… 192
独逸とソ連……………………… 193
米国……………………………… 193
インド…………………………… 194
室伏高信の汪兆銘会見記……… 195
英国……………………………… 195
東の村…………………………… 196
金で出来ない事………………… 197
十一
凱旋の勇士に…………………… 198
建国二千六百年………………… 198
死………………………………… 199
父としては……………………… 201
ヂッドの最近の日記…………… 201
西洋人を………………………… 201
マッチの不自由………………… 202
生と死………………………………… 203
死の恐怖に就て……………………… 209
心の鍛錬……………………………… 211
人生に就ての断片…………………… 214
社会のためか,人間のためか ……… 217
生活と文芸に就て…………………… 218
雑感…………………………………… 220
病床雑記……………………………… 222
独身婦人に与ふる書………………… 226
ある空想家雑記……………………… 230
土地を見にゆく前………………… 230
希望の種…………………………… 230
昨日土地を見に行つて…………… 231
空想………………………………… 232
不可能なこと……………………… 234
馬鈴薯……………………………… 234
第二の新しき村……………………… 235
単純の美……………………………… 237
果して彼等は老いぼれたのか……… 239
自分に許された仕事以外…………… 241
愛郷心と旅…………………………… 243
花の美………………………………… 245
ある日………………………………… 247
買ひたいもの………………………… 248
映画雑感……………………………… 249
よき家庭……………………………… 251
時間の空費…………………………… 253
運命と死……………………………… 254
鵠沼…………………………………… 257
秋の散歩……………………………… 260
日本のことなど……………………… 261
白樺を出す前………………………… 265
木下の思ひ出………………………… 266
志賀直哉について…………………… 269
謙遜…………………………………… 274
僕の夢………………………………… 275
チェッコ問題から…………………… 277
親切者………………………………… 278
勝ちぬくことが……………………… 280
満州の作家に………………………… 281
東洋人が協力すれば………………… 283
東亜の資源…………………………… 284
立派なもの許り……………………… 286
後記…………………………………… 287
楽園の子等………………………………… 289
序………………………………………… 291
楽園の子等……………………………… 292
附録……………………………………… 355
大東亜戦争私感…………………………… 361
序………………………………………… 363
日本の使命……………………………… 363
日本はなぜ強いか……………………… 369
日本人の優しさ………………………… 373
大東亜戦争……………………………… 374
死に克つもの…………………………… 378
未来の東京の夢………………………… 380
享楽と生命本位………………………… 383
日本人の長所と短所―大いなる春…… 385
ビルマ人わが荒鷲を救ふ……………… 389
盟邦独伊に感謝す……………………… 391
勝利はよき哉…………………………… 392
物資の不足に…………………………… 393
資源豊富………………………………… 394
蘭貢完全占領…………………………… 395
蘭印全面的に降伏……………………… 396
大東亜共栄圏…………………………… 398
日本は戦では負けない………………… 400
北の守り………………………………… 400
コタバル敵前上陸……………………… 401
断片……………………………………… 402
大東亜戦争のその後にくるもの……… 405
十二月八日……………………………… 411
日本人にも嫌な人間…………………… 412
奉公の一念……………………………… 412
勝利行…………………………………… 413
稲住日記…………………………………… 415
序………………………………………… 417
新日本の建設……………………………… 437
マッカーサー元帥に寄す……………… 467
愚者の夢…………………………………… 473
序………………………………………… 475
自分の歩いた道…………………………… 535
序………………………………………… 537
文学への開眼…………………………… 538
トルストイとマーテルリンク………… 539
若き日の読書…………………………… 540
蘆花を訪ねる…………………………… 542
文学の仕事をはじめたころ…………… 543
愛読した樗牛,鑑三,秋水,枯川 ……… 545
漱石と荷風へのおどろき……………… 546
夢中になった絵画……………………… 547
はじめての小説………………………… 549
「白樺」という名について…………… 550
処女出版「荒野」……………………… 552
「白樺」第一号………………………… 553
漱石からのハガキ……………………… 555
有島武郎の思い出……………………… 556
「白樺」を援けた人々………………… 558
思いがけないロダンからの彫刻……… 559
はじめてゴッホを紹介………………… 560
父子二代の交友―岸田と千家………… 562
滝田樗蔭と私…………………………… 563
千駄ヶ谷,小石川のころ ……………… 564
自然主義文学の全盛期………………… 566
反自然主義の会合……………………… 568
「新しき村」の動機…………………… 569
「新しき村」の三十七年……………… 570
抱月,須磨子の死 ……………………… 572
白樺美術館のこと……………………… 573
「大調和」と「大調和展」…………… 575
失業時代の仕事………………………… 576
ヨーロッパ旅行へ……………………… 577
楽しかった美術館あさり……………… 579
アメリカ人の美術収集………………… 580
シナ事変から太平洋戦争へ…………… 582
日本人の甘さ…………………………… 583
大陸旅行のこと………………………… 585
終戦相談会など………………………… 586
無条件降伏……………………………… 587
原爆投下とアメリカ人………………… 589
追放を招いた天皇論…………………… 590
「心」と「真理先生」………………… 592
真理と愛と美と………………………… 593
「白樺」の運動…………………………… 595
白樺を出すまで………………………… 597
序………………………………………… 597
白樺と云ふ名…………………………… 597
正親町…………………………………… 598
志賀……………………………………… 599
木下……………………………………… 600
僕自身…………………………………… 601
当時の世間と学習院…………………… 602
始めての小説…………………………… 602
その頃の他の同人……………………… 603
大学……………………………………… 603
十四日会………………………………… 605
〔雑誌を出すことに〕………………… 605
「白樺」の運動………………………… 609
思い出の人々……………………………… 625
まえがき………………………………… 627
1 わが家………………………………… 628
<1> 父と母 ……………………… 628
<2> 三人のおばあさん ………… 630
<3> 父の予言 …………………… 633
<4> 父方の血と母方の血 ……… 634
<5> 家に生命をかける ………… 636
<6> 幼友だち …………………… 638
<7> 兄 …………………………… 639
<8> 美しい記憶 ………………… 641
<9> 死の床で …………………… 643
2 「白樺」への道……………………… 645
<1> 三浦の殿様 ………………… 645
<2> 四人の仲間 ………………… 646
<3> 先輩・正親町公和 ………… 648
<4> 名物学生・志賀直哉 ……… 649
<5> 上田敏さん ………………… 651
<6> 友情の深まり ……………… 653
<7> 白樺の木へのあこがれ …… 656
<8> 大学中退の前後 …………… 657
3 ありがたい人々……………………… 660
<1> 「白樺」を出す …………… 660
<2> スローモーの特級品 ……… 661
<3> 札幌の武郎さん …………… 662
<4> 年若い柳宗悦 ……………… 664
<5> 早く生まれすぎた男 ……… 666
<6> 腕力家と情熱家 …………… 667
<7> 本物への興奮 ……………… 669
<8> ありがたい男 ……………… 670
<9> 破衣ひょうひょう ………… 673
<10> 劉生のこと………………… 675
<11> 自分の背中を如実にかく… 678
4 尊敬する人々………………………… 681
<1> 愛する人々へ ……………… 681
<2> 高島平三郎・蘆花・雪嶺さん…… 683
<3> 夏目さん …………………… 686
<4> 幸田露伴 …………………… 687
<5> 高村光太郎 ………………… 690
<6> 津江市作さん ……………… 692
おわりに―僕のねがい……………… 693
付………………………………………… 694
夏目漱石の思ひ出…………………… 694
児島喜久雄の死……………………… 696
追憶…………………………………… 697
千家元麿……………………………… 699
柳宗悦兄……………………………… 702
柳宗悦………………………………… 704
長与善郎に死なれて………………… 705
岸田劉生を偲ぶ(三十三回忌)…… 707
志賀直哉……………………………… 711
園池公致兄…………………………… 712
追慕される芸術家(安井曾太郎)… 713
高村光太郎の思ひ出………………… 713
追求する意欲(小林古径)………… 715
正宗白鳥を悼む……………………… 715
辰野君に死なれて…………………… 717
佐藤春夫君…………………………… 718
谷崎潤一郎君の死をいたむ………… 719
川田順君……………………………… 720
小宮豊隆君…………………………… 721
小泉信三君…………………………… 721
安倍能成君…………………………… 722
鈴木大拙さんの死…………………… 723
亀井君………………………………… 725
大原総一郎さんの死………………… 726
坂本繁二郎の画……………………… 727
三島君の死…………………………… 728
三島由紀夫君の死…………………… 730
榊原紫峰君の死……………………… 731
川端康成君の死……………………… 732
川端康成君の死……………………… 733
田中耕太郎君に死なれて…………… 734
福田平八郎…………………………… 735
兄の思い出…………………………… 735
*解説・解題
*解説(本多秋五)…………………… 754
*解題(紅野敏郎)…………………… 757
 

第16巻 1990.4.20
 
真理先生……………………………………… 1
序…………………………………………… 3
真理先生…………………………………… 4
馬鹿一・空想先生………………………… 119
彼の羨望………………………………… 121
美人……………………………………… 127
兄弟……………………………………… 132
優しい心………………………………… 139
馬鹿一…………………………………… 143
馬鹿一追加……………………………… 151
不思議…………………………………… 153
今にやるぞ……………………………… 158
山谷の結婚……………………………… 164
書家泰山の夢(一幕)………………… 172
ある島の話……………………………… 179
天衣無縫………………………………… 187
玄妙……………………………………… 190
拾ふ神…………………………………… 194
悪魔の微笑……………………………… 198
泰山の個展……………………………… 207
二老人…………………………………… 211
自然讃美者……………………………… 220
幸福な女………………………………… 236
罪の子…………………………………… 244
一滴の涙………………………………… 250
仕合せな男……………………………… 257
どつちが笑ふ…………………………… 267
馬鹿一の夢……………………………… 276
大愛……………………………………… 280
泰山の結婚……………………………… 285
美神とその忠僕………………………… 294
死んだ男………………………………… 303
空想先生………………………………… 310
馬鹿一万歳………………………………… 317
自序……………………………………… 319
空想先生の話…………………………… 320
暴君と書家……………………………… 324
二人の画家の死………………………… 328
白雲の病気……………………………… 334
馬鹿一万歳……………………………… 340
すべては過ぎ行く……………………… 345
馬鹿一と病後の白雲…………………… 350
泰山の怒………………………………… 356
進化論者………………………………… 359
二疋の鼠………………………………… 363
ある農家で……………………………… 366
山谷五兵衛………………………………… 371
序………………………………………… 373
長篇 山谷五兵衛……………………… 373
白雲先生…………………………………… 441
白雲先生………………………………… 443
あとがき………………………………… 540
馬鹿一の一生……………………………… 541
自序……………………………………… 543
馬鹿一の一生…………………………… 544
馬鹿一と或女 他二十二篇……………… 573
馬鹿一と或女…………………………… 575
死ねない男……………………………… 581
戯曲 馬鹿一の笑ひ…………………… 584
一老人の肖像…………………………… 589
石山先生の画…………………………… 598
二老書家の対話………………………… 604
仕合せな馬鹿…………………………… 609
馬鹿一の詩……………………………… 624
無題…………………………………… 624
人形よ………………………………… 624
雑草(一)…………………………… 625
雑草(二)…………………………… 625
あとの人………………………………… 626
涙………………………………………… 630
馬鹿な噂………………………………… 634
或る日の五兵衛………………………… 637
珍客来…………………………………… 641
二人の会話……………………………… 644
ある画(エ)から……………………… 647
老いたる書家泰山……………………… 653
のん気者………………………………… 659
或る男の気焔…………………………… 664
山谷五兵衛完敗………………………… 677
三人の話………………………………… 686
有隣(短篇小説)……………………… 695
平平凡凡………………………………… 701
泰山「馬鹿一」の三回忌に語る……… 708
「心」余録と雑感………………………… 711
余録……………………………………… 713
この雑誌を出すことを話したら…… 713
この雑誌が出来るのが……………… 713
心を大いにほめてくれ……………… 713
雑感…………………………………… 714
新しき村の満三十年祭に就て……… 714
マーテルリンクが…………………… 714
今度久振りに………………………… 715
「心」の休刊に就て………………… 715
「心」は長い間休んで……………… 716
生成会支部に就いて………………… 716
「心」を愛読する方が……………… 717
こないだ二日許り…………………… 717
志賀,柳,梅原達が…………………… 718
生成会支部に就て…………………… 718
生活有無……………………………… 719
日日是好日と言ふ…………………… 719
今度,弘前市や ……………………… 720
「心」は生成会の…………………… 720
心の同人は皆………………………… 720
「心」も少しづゝ…………………… 721
長与が世界を………………………… 721
ルオーの個展を……………………… 721
小宮豊隆君の………………………… 722
芸術的神経…………………………… 722
大原コレクシヨン…………………… 723
牟礼雑感……………………………… 723
今度新潮社から……………………… 724
日本人は珍らしい国民で…………… 724
このつぎの「心」の………………… 724
「心」もいつのまにか……………… 725
心の八月号の………………………… 725
今度の僕のものは…………………… 726
死刑廃止が…………………………… 726
仙川の新居…………………………… 727
五月の二十日の日曜日に…………… 727
昨日,新聞を見て居たら …………… 728
「心」の百号発刊に際して………… 728
ピカソの映画を見て………………… 728
梅原,長与と僕の三人展が ………… 729
神に就て……………………………… 729
ゴッホ展……………………………… 730
協力…………………………………… 730
天災に思う…………………………… 731
偶感…………………………………… 731
前号の福田君の挿画の……………… 731
落ちついた気持……………………… 731
望みをおいている…………………… 733
二人の死……………………………… 733
偶感…………………………………… 734
こんど,僕としては ………………… 734
この頃一番気にかゝるのは………… 735
今年の一月七日から………………… 735
こないだある人が…………………… 735
この頃人に逢うと…………………… 736
奥平英雄君から……………………… 736
今年もやつと春めいて……………… 737
「心」の発刊十五周年を迎えて…… 737
或る日の雑感………………………… 738
時のたつのは早い…………………… 739
自分の仕事…………………………… 739
最近の気持…………………………… 740
死に就いて…………………………… 740
近頃僕達が…………………………… 741
自分の健康法………………………… 741
雑録…………………………………… 742
現代作家自作朗読集………………… 742
僕は自分の味覚で…………………… 743
編輯後記……………………………… 743
僕は美術品を見るのが……………… 744
「心」を出してから十八年になるとは…… 745
今の多くの人は……………………… 745
日がたつのが早いのには…………… 746
「心」を出した時は………………… 746
自分は人間は憐れな者だと………… 747
僕は一年程前に……………………… 747
僕が信用し…………………………… 748
小宮君に死なれ……………………… 748
僕は他の人に比較して……………… 749
僕はこの頃よく病気をする………… 749
「心」も出して二十年近くなる…… 750
一九六七年がやつて来た…………… 750
僕は去年の十一月十二月は………… 751
「心」を出してから二十年になり… 751
「心」の二十周年記念号は………… 752
「心」の二十年を祝して…………… 753
昨日テレビを見ていたら…………… 753
僕は毎日少なくとも………………… 754
どんな人が居ようとも……………… 754
僕は信用しない……………………… 755
僕は信じている……………………… 755
自分は死を考えても………………… 755
私は珍らしく病気した……………… 756
月が来,月が去るのが ……………… 756
今度「心」は………………………… 757
昨日電話の聞きちがえで…………… 757
「心」も来年は二十五周年に……… 758
「心」は皆の人の努力と…………… 758
「志賀直哉全集一巻」を見て……… 759
「心」を出してから何年になるか… 759
僕は一年程前に……………………… 760
十五行の原稿をかいてくれと……… 760
私は八十九になり…………………… 761
今朝,九時前に ……………………… 761
雑感(一)……………………………… 763
巻頭言………………………………… 763
満一年を迎へて……………………… 763
信頼出来る人の本音………………… 763
「心」の八十号を迎へて…………… 764
「心」の十周年を迎へて…………… 765
二十周年祝いの日に………………… 766
「心」を……………………………… 768
年の始めに…………………………… 769
雑感(二)……………………………… 771
一寸一言……………………………… 771
白隠の画に就て……………………… 771
元気…………………………………… 772
外国でやりたい二つの展覧会……… 774
前号の金冬心の「畳見三元」について…… 774
理想国にしたい……………………… 775
働くことの喜び……………………… 777
作家と批評家………………………… 777
仙川随筆……………………………… 778
仙川雑感……………………………… 780
独言…………………………………… 781
画をかく時…………………………… 782
自分の事……………………………… 783
或る者達の対話……………………… 785
生甲斐のある道……………………… 786
雑記…………………………………… 788
*解説・解題
*解説(武者小路辰子)……………… 790
*解題(武者小路辰子)……………… 799
 

第17巻 1990.6.20
 
一人の男……………………………………… 1
「この道」前後…………………………… 437
「新しき村通信」(戦前刊)………… 439
発刊の辞にかはり其他……………… 439
新しき村にて………………………… 439
雑感〔1〕 …………………………… 441
新しき村現状………………………… 442
新しき村より〔1〕 ………………… 443
新しき村より〔2〕 ………………… 445
新しき村より〔3〕 ………………… 446
新しき村より〔4〕 ………………… 447
新しき村より〔5〕 ………………… 450
新しき村より〔6〕 ………………… 451
新しき村より〔7〕 ………………… 453
新しき村会則の改正その他………… 454
新しき村の仕事〔1〕 ……………… 456
奈良にて……………………………… 459
雑感〔2〕 …………………………… 460
独立と協力…………………………… 461
奈良より〔1〕 ……………………… 462
村に来て……………………………… 463
大阪朝日の或る日の記事を見て…… 464
奈良より〔2〕 ……………………… 466
小岩井より…………………………… 468
村へ来て〔1〕 ……………………… 468
村外会員諸兄姉に…………………… 469
加藤勘助兄…………………………… 469
村へ来て〔2〕 ……………………… 470
村外会員に頼む……………………… 471
村に帰つて…………………………… 471
新しき村に来て……………………… 472
「新しき村」…………………………… 473
我等の仲間…………………………… 473
人類の生長と個人…………………… 473
三段雑記……………………………… 476
村外会員……………………………… 476
我等の仕事…………………………… 477
新しき村らしい労働………………… 478
自分達は思つてゐるのだ…………… 479
若い兄弟姉妹に期待するのだ……… 480
編輯室にて〔1〕 …………………… 480
新しき村の為に……………………… 481
実質主義……………………………… 482
仲間がふへれば……………………… 482
雑感〔3〕 …………………………… 483
いろいろ……………………………… 484
新しき村に就てのある批評を見て… 486
新しき村村外会員に………………… 487
今が大事な時だ……………………… 488
編輯後記〔1〕 ……………………… 489
この頃の自分………………………… 490
編輯後記〔2〕 ……………………… 491
編輯雑記〔1〕 ……………………… 492
新年を迎へる………………………… 493
編輯雑記〔2〕 ……………………… 494
新しき村の土地がきまつた事に就き…… 495
新しき村覚え書……………………… 495
東の村の仕事始めの日に―東の村にて―…… 498
「馬鈴薯」……………………………… 500
発刊の辞……………………………… 500
新しき村に就て〔1〕 ……………… 500
倉田百三の死を悼む………………… 503
増田さんの事………………………… 504
「向日葵」……………………………… 506
発刊の辞……………………………… 506
編輯室にて〔2〕 …………………… 506
六月雑記……………………………… 507
牟礼通信〔1〕 ……………………… 507
「新しき村の午後」に就て………… 508
「新しき村通信」(戦後刊)………… 510
牟礼通信〔2〕 ……………………… 510
牟礼通信〔3〕 ……………………… 510
牟礼通信〔4〕 ……………………… 511
牟礼通信〔5〕 ……………………… 511
牟礼通信〔6〕 ……………………… 511
牟礼通信〔7〕 ……………………… 512
牟礼通信〔8〕 ……………………… 512
進んでやまない事…………………… 512
牟礼通信〔9〕 ……………………… 513
〔無題〕……………………………… 513
牟礼通信〔10〕……………………… 513
牟礼通信〔11〕……………………… 513
新春の希望…………………………… 514
牟礼にて……………………………… 514
牟礼通信〔12〕……………………… 514
牟礼通信〔13〕……………………… 514
第六十五回の誕生日を迎えて……… 515
牟礼通信〔14〕……………………… 516
牟礼通信〔15〕……………………… 516
牟礼通信〔16〕……………………… 516
牟礼通信〔17〕……………………… 516
新しき村満三十二年を迎へて……… 517
牟礼通信〔18〕……………………… 517
東の村にて…………………………… 518
村外会員に望む……………………… 518
牟礼通信〔19〕……………………… 518
三月二十一日………………………… 518
満六十六歳を迎へて………………… 519
牟礼通信〔20〕……………………… 519
牟礼通信〔21〕……………………… 519
増田荘にて…………………………… 520
牟礼通信〔22〕……………………… 520
牟礼通信〔23〕……………………… 521
新しき村満三十三年を祝して……… 521
牟礼通信〔24〕……………………… 522
牟礼通信〔25〕……………………… 523
牟礼通信〔26〕……………………… 523
村外会員の本部をつくる事に就て… 523
村外会員諸兄姉(第一信)………… 524
牟礼通信〔27〕……………………… 525
牟礼通信〔28〕……………………… 525
牟礼通信〔29〕……………………… 525
牟礼通信〔30〕……………………… 526
牟礼通信村の精神〔31〕…………… 526
近頃の感想…………………………… 527
牟礼通信〔32〕……………………… 528
牟礼通信〔33〕……………………… 528
牟礼通信〔34〕……………………… 529
牟礼通信〔35〕……………………… 529
「東の村の記録」ほか………………… 531
東の村の記録によせて〔第一巻の「序」〕…… 531
序〔第二巻「一歩一歩」〕………… 531
東の新しき村に就て………………… 532
東の村の前進〔第三巻「前進」の「序」〕…… 534
日日新〔第四巻「日日新」の「序」〕…… 535
東の村〔雑誌「心」〕……………… 535
〔無題〕……………………………… 540
「新しき村」…………………………… 541
発刊の辞……………………………… 541
新しき村随想………………………… 541
牟礼随筆〔1〕 ……………………… 544
編輯後記〔3〕 ……………………… 545
新しき世界…………………………… 545
編輯室にて〔2〕 …………………… 546
世界的同志…………………………… 547
新しき村の展覧会その他…………… 548
牟礼随想……………………………… 549
「新しき村」…………………………… 551
〔復刊の辞〕………………………… 551
牟礼随筆〔2〕 ……………………… 551
牟礼随筆〔3〕 ……………………… 552
牟礼随筆〔4〕 ……………………… 553
新しい人間像………………………… 554
人間以上の動物……………………… 555
我等の努力…………………………… 556
松本長十呂展………………………… 557
新しき村に就て〔2〕 ……………… 557
「新しき村」…………………………… 560
東の村から「新しき村」を出すに際して…… 560
新しき村の特色……………………… 560
大愛…………………………………… 562
新しき村と金〔1〕 ………………… 563
新しき村に就て〔3〕 ……………… 565
暴力に就て…………………………… 566
新しき村の将来〔1〕 ……………… 567
新しき村に就て〔4〕 ……………… 569
新しき村建設時代…………………… 570
牟礼雑感……………………………… 571
ありがたき哉………………………… 572
新しき村の生長〔1〕 ……………… 573
東の村の進歩………………………… 575
牟礼随筆〔5〕 ……………………… 576
牟礼通信〔36〕……………………… 577
人間を生んだもの…………………… 578
古稀を迎へて………………………… 580
村の生長の為には…………………… 581
新しき村の生長〔2〕 ……………… 582
新しき村の労働について…………… 583
新しき村の仕事も…………………… 585
新しき村満三十六年のお祭………… 586
実篤書画会…………………………… 587
新しき村の村外会員に就て………… 587
新しき村の仕事〔2〕 ……………… 588
川島伝吉と新しき村………………… 589
死刑について………………………… 591
新しき村に就て〔5〕 ……………… 592
新しき村の未来……………………… 593
仙川雑感〔1〕 ……………………… 594
新しき村……………………………… 596
村外会員として……………………… 597
新しき村の女の会員………………… 598
新しき村満三十八年を迎へて……… 599
新しき村の精神……………………… 600
今年の前進…………………………… 602
千家元麿……………………………… 603
新しき村と現実……………………… 606
他人の生活と自分の生活…………… 607
新しき村の強味……………………… 608
新しき村の祭………………………… 609
新しき村と内心の要求……………… 610
人間の作つた物と人間を作つた物… 612
本道を歩くもの……………………… 613
椿貞雄の死…………………………… 614
自然の意志…………………………… 616
序文に代へて〔「この道を歩く」〕…… 617
新しき村の自活……………………… 619
木曜会に就て………………………… 620
新しき村の会員……………………… 621
新しき村の同感者…………………… 622
七十四回誕生日の朝………………… 624
村外会員がふえると………………… 625
村内会員の本音……………………… 626
理性以上の世界……………………… 626
新しき村の台風の被害を聞いて…… 628
新しき村の将来〔2〕 ……………… 629
村外会員諸兄姉に…………………… 630
「この道」……………………………… 633
毎月雑感〔1〕 ……………………… 633
毎月雑感〔2〕 ……………………… 633
毎月雑感〔3〕 ……………………… 634
新しき村雑感………………………… 634
毎月雑感〔4〕 ……………………… 642
毎月雑感〔5〕 ……………………… 644
僕の内面生活………………………… 644
正しき基礎…………………………… 647
理想と現実…………………………… 650
新しき村と病人……………………… 652
新しき村に就て〔6〕 ……………… 654
新しき村の今後……………………… 656
大調和展、その他…………………… 657
新しき村は空想社会主義に非ず…… 659
本心…………………………………… 660
時がたつに従って本当の道………… 662
毎月雑感〔6〕 ……………………… 663
新しき村と僕〔1〕 ………………… 664
野蛮時代末期………………………… 667
本心の道……………………………… 668
義務労働……………………………… 670
自己を生かす道……………………… 671
本願…………………………………… 672
友情の杖……………………………… 673
新しき村偶感〔1〕 ………………… 675
雑感〔4〕 …………………………… 676
新しき村の生長〔3〕 ……………… 677
仙川雑感〔2〕 ……………………… 678
新しき時代…………………………… 680
仙川雑感〔3〕 ……………………… 681
思い出すまま………………………… 681
人間の本心…………………………… 683
生きること…………………………… 684
女ばかりの号に……………………… 685
新しき村と金〔2〕 ………………… 686
母の死、その他……………………… 687
木下利玄の手紙……………………… 689
新しき村の仕事は失敗か…………… 690
先生から村の兄弟へ〔手紙〕……… 691
新しき村諸兄姉……………………… 692
須藤兄を悼む………………………… 694
新しき村と純粋な人間の心………… 694
我が願い……………………………… 696
雑感〔5〕 …………………………… 697
今の新しき村………………………… 698
満八十になって……………………… 699
新しき村の生長〔4〕 ……………… 701
深い喜び……………………………… 702
新しき村偶感〔2〕 ………………… 703
新しき村と僕〔2〕 ………………… 704
新年を迎えて………………………… 706
新しき村もあと二年で五十年になる…… 707
新しき村の目標……………………… 709
新しき村に就て(一九六六、九)〔7〕…… 710
茶谷半次郎兄………………………… 711
新しき村四十八年…………………… 713
弓野君のこと………………………… 714
僕のしたい仕事……………………… 714
一つの仕事…………………………… 716
人間らしき社会……………………… 717
村の仕事……………………………… 718
周作人兄 その他…………………… 720
今の世に……………………………… 721
皆の天命……………………………… 722
新しき村四十九年のお祝いの朝〔詩〕…… 723
新しき村の未来……………………… 724
心にうかんだまま〔詩〕…………… 726
新しき村の人々……………………… 728
新しき村五十年……………………… 730
我が理想……………………………… 731
新しき村雑感(五十年)…………… 733
新しき村五十年に〔1〕 …………… 734
新しき村五十年に〔2〕 …………… 736
「新しき村五十年」の序…………… 737
新しき村の五十年祭その他………… 738
真理を信ず…………………………… 739
人間と言うもの……………………… 741
木曜会その他………………………… 742
村祭の七福神を見て………………… 743
僕は仕合せである…………………… 745
八十五歳の或日……………………… 747
新しき村の人々と…………………… 748
僕は人間を愛する…………………… 749
新しき村五十二年…………………… 750
新しき村に生きている諸兄姉……… 752
今度の村の祭りに…………………… 753
僕達…………………………………… 754
新しき村をつくって………………… 755
村の事〔1〕 ………………………… 756
新しき村五十五周年に際して(「この道を歩く」第四版増補)…… 757
皆生きてゆく喜び…………………… 758
ますます人間を信頼して…………… 758
この世は美くしく…………………… 761
今後の村……………………………… 761
村の事〔2〕 ………………………… 762
八十九才の誕生日を迎えて………… 763
人間を信じる………………………… 764
村の喜び……………………………… 765
ますます賢く………………………… 765
村も段々ものになる………………… 765
面白き時代…………………………… 766
「新しき村」は平和にさかえるであろう…… 766
村の生長〔卒寿記念号〕…………… 767
*解説・解題
*解説(渡辺貫二)…………………… 770
*解題(渡辺貫二)…………………… 781
 

第18巻 1991.4.10
 
書簡…………………………………………… 1
志賀直哉…………………………………… 3
木下利玄………………………………… 149
正親町公和/正親町実慶……………… 156
有島生馬………………………………… 157
里見 〔山内英夫〕…………………… 157
柳宗悦…………………………………… 158
園池公致………………………………… 160
郡虎彦…………………………………… 162
細川護立………………………………… 163
児島喜久雄……………………………… 183
長与善郎………………………………… 184
千家元麿………………………………… 197
岸田劉生………………………………… 199
中川一政………………………………… 201
河野通勢………………………………… 202
椿貞雄…………………………………… 205
小泉鉄…………………………………… 206
高村光太郎……………………………… 207
山脇信徳………………………………… 209
宮崎丈二………………………………… 209
白樺編纂事務所………………………… 216
赤木桁平………………………………… 217
小林秀雄………………………………… 218
尾崎一雄………………………………… 219
秋田雨雀………………………………… 219
長田秀雄………………………………… 219
亀井勝一郎……………………………… 220
高見順…………………………………… 221
庄野誠一………………………………… 221
舟木重信………………………………… 223
竹久夢二………………………………… 224
奥平英雄………………………………… 224
土方与志………………………………… 224
北条秀司………………………………… 225
巌谷三一………………………………… 226
和田英作………………………………… 227
吉川富三………………………………… 227
森田沙伊………………………………… 228
吉井長三………………………………… 228
コロンビア・ローズ…………………… 229
大津山国夫……………………………… 229
松本弘二………………………………… 230
笹本寅…………………………………… 230
神敬尚…………………………………… 231
赤羽尚志〔赤木健介〕………………… 234
松下英麿………………………………… 234
改造社…………………………………… 234
坂本一亀………………………………… 235
河出書房………………………………… 235
筑摩書房………………………………… 235
神田豊穂………………………………… 236
門川正雄………………………………… 236
松宮順…………………………………… 236
足山実…………………………………… 237
福知トクゾウ…………………………… 238
周作人…………………………………… 239
川島伝吉………………………………… 240
松本長十郎……………………………… 247
上田慶之助……………………………… 256
佐々木秀光……………………………… 266
悦田喜和雄……………………………… 267
石川秀太郎……………………………… 267
渡辺三郎………………………………… 271
中川孝…………………………………… 276
坂上真一郎……………………………… 287
江馬嵩 前田伍作……………………… 287
後藤真太郎……………………………… 290
高橋信之助……………………………… 296
直木孝次郎……………………………… 297
津江市作………………………………… 298
林一雄…………………………………… 300
右島四郎………………………………… 300
藪中謙輔………………………………… 301
石井美子………………………………… 301
石川弘…………………………………… 302
江川美江………………………………… 302
太田幸之助……………………………… 303
岡正治…………………………………… 305
奥野ふさ子……………………………… 305
高橋ひさ子……………………………… 305
滝本貞次郎……………………………… 306
武田昇…………………………………… 307
竹村啓介………………………………… 307
西本裕子………………………………… 307
根津忠男………………………………… 308
野村保夫………………………………… 309
樋口尚吾………………………………… 310
樋口洋子………………………………… 310
水谷ルリ子……………………………… 311
渡辺貫二………………………………… 311
杉山正雄他……………………………… 313
日向新しき村諸兄姉…………………… 313
新しき村東京支部諸兄姉……………… 315
竹尾秋子………………………………… 319
武者小路房子…………………………… 320
東坊城恭長……………………………… 321
武者小路敏雄…………………………… 322
武者小路実光…………………………… 322
栗山美代………………………………… 328
木村雅世………………………………… 329
木村錦子………………………………… 329
武者小路有紀子………………………… 330
武者小路家家族………………………… 330
武者小路安子…………………………… 340
宛先不明………………………………… 348
遺言状…………………………………… 350
序文・後記………………………………… 351
芸術社版 武者小路実篤全集………… 353
第一巻 序…………………………… 353
第二巻 序…………………………… 354
第三巻 序…………………………… 354
第四巻 序…………………………… 355
第五巻 序…………………………… 356
第七巻 序…………………………… 336
〔第八巻〕…………………………… 357
序のかはり〔第九巻〕……………… 358
第十巻 序…………………………… 359
第十一巻 序………………………… 359
第十二巻 自序……………………… 359
調和社版 武者小路実篤著作集……… 360
後記〔人生論〕……………………… 360
序〔若き日の思ひ出〕……………… 361
序〔生き残つた者〕………………… 362
序〔愛慾・その妹〕………………… 363
序〔真理先生〕……………………… 364
後書き〔理想的社会〕……………… 364
新潮社版 武者小路実篤全集………… 366
後書き〔第一巻〕…………………… 366
後書き〔第二巻〕…………………… 367
後書き〔第三巻〕…………………… 368
後書き〔第四巻〕…………………… 369
後書き〔第五巻〕…………………… 369
後書き〔第六巻〕…………………… 370
後書き〔第七巻〕…………………… 371
後書き〔第八巻〕…………………… 372
後書き〔第九巻〕…………………… 373
後書き〔第十巻〕…………………… 374
後書き〔第十一巻〕………………… 375
後書き〔第十二巻〕………………… 375
後書き〔第十三巻〕………………… 376
後書き〔第十四巻〕………………… 376
後書き〔第十五巻〕………………… 378
後書き〔第十六巻〕………………… 378
後書き〔第十七巻〕………………… 379
後書き〔第十八巻〕………………… 379
後書き〔第十九巻〕………………… 380
後書き〔第二十巻〕………………… 381
後書き〔第二十一巻〕……………… 382
後書き〔第二十二巻〕……………… 382
後書き〔第二十三巻〕……………… 383
後書き〔第二十四巻〕……………… 384
後書き〔第二十五巻〕……………… 384
推薦文その他……………………………… 387
〔漱石全集刊行会版「漱石全集」〕… 389
夏目さん………………………………… 389
漱石の魅力……………………………… 389
真剣・本気・正直・率直……………… 390
今度の書展に就て……………………… 390
志賀の一面観…………………………… 391
どの頁も生きてゐる全集……………… 392
志賀直哉について……………………… 392
志賀に就いて…………………………… 394
志賀直哉を偲ぶ書画展………………… 394
倉田百三の「出家とその弟子」の上演に際し…… 395
一時代を代表する存在………………… 396
千家元麿全集の出版を喜ぶ…………… 396
〔講談社版「亀井勝一郎全集」〕…… 397
大雅の再確認…………………………… 397
〔便利堂版「宋元の絵画」〕………… 397
独特の持味……………………………… 398
岸田の油絵に就て……………………… 398
劉生日本画展について………………… 399
岸田劉生の画に就いて………………… 400
椿の遺作展に就て……………………… 400
〔椿貞雄遺作展目録〕………………… 401
浜田庄司君……………………………… 401
小林古径………………………………… 402
河野通勢の画に就て…………………… 402
水量の多い大河………………………… 403
ドストイエフスキイに就て…………… 404
ドストエフスキイに就て……………… 404
ヘルマン・ヘッセ全集に就て………… 405
日本にもいい全集が出た!…………… 405
自然の玄妙に驚く……………………… 406
カロッサに就て………………………… 406
〔筑摩書房版ヴァレリイ全集〕……… 407
文学の仕事……………………………… 407
〔「花椿」武者小路有紀子後援会だより〕…… 408
文芸時評その他…………………………… 411
文芸時評〔一〕………………………… 413
文芸時評〔二〕………………………… 421
文芸時評〔三〕………………………… 425
文芸時評〔四〕………………………… 431
文芸時評〔五〕………………………… 437
谷崎潤一郎論…………………………… 443
対談・座談会(付・座談会一覧)……… 451
学習院時代を語る(志賀直哉,細川護立,武者小路実篤,園池公致,柳宗悦,里見 ,長与善郎)…… 453
母を語る(武者小路公共,武者小路実篤)…… 465
美術夜話(武者小路実篤,中川一政)…… 476
親友交歓(志賀直哉,武者小路実篤)…… 489
*座談会一覧…………………………… 494
*年譜……………………………………… 507
*作品年表………………………………… 543
*著書目録………………………………… 735
*解題(紅野敏郎)……………………… 825
*索引……………………………………… 879
[ 2011/04/02 09:27 ] 武者小路実篤 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。