研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  村上一郎 >  『村上一郎著作集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『村上一郎著作集』全12巻

『村上一郎著作集』全12巻(国文社、1977)



第2巻 短編小説集 1983.8.15
 
谷間にて……………………………………… 9
武蔵野断章……………………………………19
朝子……………………………………………61
あやなくも……………………………………81
広瀬海軍中佐…………………………………93
炎…………………………………………… 110
割礼………………………………………… 136
宇田川―青山玄一の手記(1) ………… 171
所左太郎―青山玄一の手記(2) ……… 205
『腐臭の街』のための習作A …………… 225
『腐臭の街』のための習作B …………… 241
骨壷………………………………………… 281
入間野……………………………………… 292
ラケルの歌………………………………… 306
第一共和国―ある序章…………………… 329
*解説 精神の旋律(秋山駿)………… 337
*解題(樋口覚)………………………… 348
 


第3巻 思想論 1 1977.3.29
 
非命の維新者………………………………… 9
はじめに……………………………………10
第1章 大塩平八郎 ………………………14
1 怨念のゆくえ…………………………14
2 大塩伝説の数々………………………24
3 思想と行動……………………………31
第2章 橋本左内 …………………………39
1 リゴリズムについて…………………39
2 蘭癖を排す……………………………47
3 左内の政治運動………………………57
第3章 藤田三代(幽谷・東湖・小四郎)……70
1 古着屋の子孫…………………………70
2 正気・回天の志………………………79
3 卓立す東海の浜………………………94
第4章 真木和泉守 …………………… 103
1 四十歳の蹉跌……………………… 103
2 イデオローグへの歩み…………… 112
3 連薩から連長へ…………………… 125
第5章 三人の詩人(佐久良東雄・伴林光平・雲井竜雄)…… 135
1 朝夕涙にくれ候…………………… 135
2 乙女がともは春田うつなり……… 141
3 道窮まり命乖くも………………… 149
略年表…………………………………… 158
参考文献………………………………… 160
草莽論……………………………………… 163
はじめに………………………………… 164
第一の章 草莽とはなにか…………… 167
第二の章 預言者の出現―蒲生君平と高山彦九郎…… 183
第三の章 在野文人の自立と進取の人びと―文化・文政の時代から…… 207
第四の章 水戸学の人びと―藤田一門と会沢正志斎を中心に…… 231
第五の章 吉田松陰―恐れ乍ら天朝もいらぬ…… 259
第六の章 松陰以降―コノこまり物… 326
参考書目………………………………… 339
洋学から語学へ…………………………… 356
牧者・柏木義円の生涯と業績…………… 364
頽廃をくぐらぬ知性―藤田省三『維新の精神』…… 376
明治維新の精神過程……………………… 379
浪曼者の魂魄……………………………… 419
雲井竜雄の詩魂と反骨…………………… 435
日本暴力考………………………………… 466
哀しいかな海上の三山―戴季陶「日本論」を読んで…… 486
塾の精神…………………………………… 496
北門の人びと―田本研造との出合い…… 508
ナショナリズムと文学…………………… 512
志士の文体………………………………… 521
「内部生命論」考………………………… 535
維新前夜の思想と情念…………………… 546
*解説(橋川文三)……………………… 556
*解題(樋口覚)………………………… 575
 


第4巻 思想論 2 1981.6.15
 
日本軍隊論序説……………………………… 9
戊辰戦争―宇都宮から箱館まで…………11
北越戦争と河井継之助……………………50
河井継之助の国家観………………………83
戊辰顛末……………………………………88
日本軍隊論序説―問題提起のための四つのスケッチ…… 110
山県有朋とその軍閥形成……………… 160
「日本軍隊論序説」の著者村上一郎氏に聞く…… 186
戦中派の条理と不条理…………………… 193
山田宗睦批判……………………………… 227
体制論への視点…………………………… 263
経験の美学と均衡の力学「開かれた民主主義」の源流をめぐって…… 299
一軍人の思想―今村均大将回想録の今日的座標…… 350
戦後史の思想的争点―“戦後”とは何でなければならぬか…… 356
時評二題…………………………………… 378
そんな市民に私はならない…………… 378
大文字いずくにか在る………………… 383
尚武のこころとは何か…………………… 389
「戦略・戦術論」のための序章―日本人にとってたたかいのこころとは何か…… 426
“文武両道”とはいかなることか―島田謹二教授『ロシアにおける広瀬武夫』の軍神観…… 439
くに女覚え書―村上一族の人びと……… 453
わが撃攘―なぜ外人の言に耳を傾けないか…… 460
おんな・ふらぐめんて…………………… 469
危険思想を思想する思想………………… 472
情念のアポリア…………………………… 486
土方歳三の家……………………………… 496
子年のお騒ぎ―水戸天狗党をふらぐめんて…… 499
「攘夷」の思想と日本人―本居宣長と吉田松陰と五・一五と…… 502
明治維新の放浪者………………………… 511
松陰先生の狂愚と冷徹―安政五年・六年を中心に…… 520
五・一五、二・二六事件関係書にふれて…… 530
藤田東湖…………………………………… 534
関ヶ原役の政略・戦略…………………… 537
藩政改革とはなにか……………………… 545
真の日中友好とは―橋川文三『順逆の思想―脱亜論以後』…… 558
水戸学と藤田東湖………………………… 560
幻の起義者・北一輝……………………… 577
昭和維新のゆくたて―津久井龍雄著『証言 昭和維新』…… 585
女の美しさ―水前寺清子とソフィア・ローレン…… 587
北一輝の革命思想………………………… 590
わがレクウィム―降る雪に明治村を思う…… 598
ある社頭にて……………………………… 608
天狗党……………………………………… 611
〈生存感覚〉を現場として―小山俊一『EX―POST通信』…… 614
天皇の名…………………………………… 616
己れへの「忠」社会への「義」―古賀斌著『武士道論考』…… 619
徳川斉昭―失意の大イデオローグ……… 621
心性は回帰しない―内村剛介『幕末は終末』…… 634
*解説(吉本隆明)……………………… 637
*解題(樋口覚)………………………… 651
 


第6巻 作家・思想家論 2 1979.11.1
 
北一輝論……………………………………… 9
北一輝論……………………………………10
明治から昭和へ―支配と被支配の構造―……89
私抄“二・二六事件”―「革正」か「革命」か?―…… 112
萩原朔太郎ノート―抒情と憤怒………… 139
抒情と憤怒……………………………… 140
利根川………………………………… 140
倫理的正義感………………………… 151
容貌論………………………………… 157
『氷島』の前景から………………… 165
故郷…………………………………… 179
敵をもつ詩…………………………… 189
敵をもつ詩(承前)………………… 201
暮鳥の影(附、土田杏村のこと)… 207
詩作のバネ…………………………… 223
文語詩への葬送……………………… 233
朔太郎における刀水…………………… 246
萩原朔太郎の病理と文体……………… 250
苛烈なる抒情者………………………… 258
センチメントを巡る謎―伊藤信吉、佐藤房議編『萩原朔太郎全書簡集』書評…… 263
腰を落して構える人―清岡卓行『萩原朔太郎「猫町」私論』書評…… 265
竹内好私抄―人間の勁さとめでたさとの交錯について…… 270
この年輪を見よ―吉本降明『初期ノート』に寄す…… 279
和米混こう文体―小島信夫『抱擁家族』…… 284
三島由紀夫小論…………………………… 287
1 浪曼者への挽歌……………………… 287
2 歔欷と慟哭の精神過程……………… 300
3 三島美学を超克せよ………………… 304
『神神』の跫音―石川淳『現代日本文学大系』76巻へ…… 310
このあふるるもの―瀬戸内晴美『祇園女御』『蘭を焼く』…… 313
文人の志気のゆくへ―小高根二郎著『蓮田善明とその死』…… 316
三島由紀夫の政治と行動………………… 319
貴重な文学者的文体―橋川文三著『政治と文学の辺境』…… 326
自責の暗部―吉本隆明『初期ノート増補版』をめぐって…… 328
この日の涯に……………………………… 339
末期の瞳―三島由紀夫の屍に寄す……… 342
或るひきうた―わが好敵手・三島氏の屍に…… 349
時代と時代を超えるもの………………… 355
北一輝における“右舷”と“左舷”…… 357
わたしの「二・二六体験」…………… 357
北の「左」舷を追う者………………… 363
北の「右」舷を追う者………………… 370
新資料・その他………………………… 372
歌人としての保田与重郎………………… 378
超越的浪曼者・高山樗牛―明治国民主義の趨勢の裡で…… 381
ヒトラー小見……………………………… 388
文化『防衛論』をめぐって……………… 393
武断と官能―三島由紀夫著『日本文学小史』…… 400
日本浪曼派覚え書………………………… 402
或る「踏絵」考…………………………… 412
天皇論……………………………………… 416
「出来合い」のナショナリズムを排す… 445
内村鑑三と岡倉天心―明治の「事業」者…… 450
防人=小野田陸軍少尉…………………… 464
溘然たる死・橘孝三郎…………………… 469
草叢の民の肉声を探る―松本健一『風土からの黙示』…… 474
石原莞爾・断章…………………………… 477
*父の悲壮について(磯田光一)……… 491
*解題(樋口覚)………………………… 503
 


第8巻 想芸論 人生論集 1978.9.15
 
日本の想芸……………………………………11
想芸の西と東………………………………12
武の想芸……………………………………18
船弁慶を見ながら 上……………………25
船弁慶を見ながら 下……………………31
東伏見詣で…………………………………37
武州社巡り…………………………………43
心の中の社…………………………………49
わが草木とならむ日に……………………55
自然への親しみと畏怖……………………61
躍動を秘めた静の想芸……………………65
表慶館を訪ねて……………………………71
人生とは何か…………………………………79
はじめに……………………………………81
第1部 入間野英太郎の日記 ……………83
第2部 愛・死・回心 ………………… 125
エロスとはなにか…………………… 125
沈倫をめぐって……………………… 129
H子に ………………………………… 135
ふたたびH子に ……………………… 139
またH子に …………………………… 143
遠く在るひと………………………… 147
結婚について………………………… 151
セクス論・またはキリスト抄……… 155
永久回心者…………………………… 161
第3部 他者との対話 ………………… 166
出会いということ…………………… 166
きみの求道とはなにか?…………… 174
硬骨の男士であれ…………………… 181
“職”は“食”なり?……………… 186
こころに欝屈あれ…………………… 193
柏木義円牧師のこと………………… 198
第4部 明日への祈念 ………………… 213
国を愛するとはいかなることか?… 213
大学の責任とはなにか?…………… 225
日本に精神の革命はあるか?……… 231
絶対者について……………………… 233
人間の復位…………………………… 236
ことばを大事にせよ………………… 238
フランスの山びこ学校へ…………… 242
明日を生きよ―若き日の愛と真実……… 249
I ひとり思う…………………………… 250
友情との出会い……………………… 250
孤絶と充実…………………………… 255
若き日の愛…………………………… 258
嫉妬我利のあらがい………………… 263
ひとりのみの死……………………… 267
日記とわたし………………………… 272
短歌とわたし………………………… 277
II あげよ、瞳を ……………………… 284
受験勉強が何の役にたつか………… 284
静かな勇気…………………………… 289
使命感と期待………………………… 294
自殺は罪悪か………………………… 297
忘れがたきを………………………… 302
不服従の精神………………………… 307
III 旅ゆくこころ……………………… 312
意識の風景―仙台にて……………… 312
鎮魂の歌―信濃追分にて…………… 318
詩のふるさと―金沢にて…………… 325
伝統の超克―大和・慈光院にて…… 328
まかがやく光はあれど―宮崎の友へ…… 340
IV 波荒き世に ………………………… 349
テロリズムの「美学」と全学連…… 349
家をもつことの是非………………… 356
機能主義とのたたかい……………… 361
民族とは何か………………………… 365
世界の思想家たち―人と名言―………… 369
はじめに―倫理社会の成り立ち……… 370
I 東洋・日本編………………………… 374
日本上代の東洋思想摂取…………… 374
釈尊………………………………… 377
孔子………………………………… 378
老子………………………………… 380
孟子………………………………… 381
荘子………………………………… 382
荀子………………………………… 383
朱子………………………………… 384
陸象山(陸子)…………………… 385
王陽明(王子)…………………… 386
鎌倉時代までの日本仏教…………… 387
聖徳太子…………………………… 389
最澄………………………………… 390
空海………………………………… 391
源信………………………………… 392
西行………………………………… 393
法然(源空)……………………… 394
栄西………………………………… 395
鴨長明……………………………… 396
親鸞………………………………… 397
道元………………………………… 398
日蓮………………………………… 399
一遍………………………………… 400
吉田兼好…………………………… 401
中世の庶民道徳……………………… 402
藤原惺窩…………………………… 404
林羅山……………………………… 405
徳川時代の官学と非官学…………… 406
中江藤樹…………………………… 408
熊沢蕃山…………………………… 409
山鹿素行…………………………… 410
伊藤仁斎…………………………… 411
貝原益軒…………………………… 412
井原西鶴…………………………… 413
松尾芭蕉…………………………… 414
近松門左衛門……………………… 415
新井白石…………………………… 416
石田梅岩…………………………… 417
荻生徂徠…………………………… 418
賀茂真淵…………………………… 419
安藤昌益…………………………… 420
三浦梅園…………………………… 421
平賀源内…………………………… 422
本居宣長…………………………… 423
杉田玄白…………………………… 424
上田秋成…………………………… 425
林子平……………………………… 426
平田篤胤…………………………… 427
大塩平八郎………………………… 428
二宮尊徳…………………………… 429
吉田松陰…………………………… 430
明治維新の精神的準備……………… 431
西村茂樹…………………………… 433
西周………………………………… 434
福沢諭吉…………………………… 435
加藤弘之…………………………… 436
新島襄……………………………… 437
中江兆民…………………………… 438
植木枝盛…………………………… 439
内村鑑三…………………………… 440
岡倉天心…………………………… 441
安部磯雄…………………………… 442
夏目漱石…………………………… 443
北村透谷…………………………… 444
堺利彦……………………………… 445
西田幾多郎………………………… 446
鈴木大拙…………………………… 447
高山樗牛…………………………… 448
幸徳秋水…………………………… 449
津田左右吉………………………… 450
柳田国男…………………………… 451
河上肇……………………………… 452
吉野作造…………………………… 453
与謝野晶子………………………… 454
武者小路実篤……………………… 455
折口信夫…………………………… 456
三木清……………………………… 457
東洋近代の思想家たち……………… 458
タゴール…………………………… 460
ガンジー…………………………… 461
孫文………………………………… 462
魯迅………………………………… 463
毛沢東……………………………… 464
II 西洋編 ……………………………… 465
ギリシア初期の思想家たち………… 465
ソクラテス………………………… 468
プラトン…………………………… 469
アリストテレス…………………… 470
エピクロス………………………… 471
セネカ……………………………… 472
イエス……………………………… 473
エピクテトス……………………… 474
パウロ……………………………… 475
アウグスティヌス………………… 476
ヨーロッパ中世の人間像…………… 477
トマス・アクィナス……………… 479
ダンテ……………………………… 480
ボッカチオ………………………… 481
レオナルド・ダ・ヴィンチ……… 482
ピコ・デラ・ミランドラ………… 483
エラスムス………………………… 484
マキァヴェリ……………………… 485
コペルニクス……………………… 486
ミケランジェロ…………………… 487
トマス・モア……………………… 489
ルター……………………………… 490
カルヴィン………………………… 491
モンテーニュ……………………… 492
フランシス・ベーコン…………… 493
ガリレオ・ガリレイ……………… 494
カンパネラ………………………… 495
ケプラー…………………………… 496
ホッブズ…………………………… 497
デカルト…………………………… 498
パスカル…………………………… 499
スピノザ…………………………… 500
ロック……………………………… 501
ニュートン………………………… 502
モンテスキュー…………………… 503
ヴォルテール……………………… 504
フランクリン……………………… 505
ヒューム…………………………… 506
ルソー……………………………… 507
ディドロ…………………………… 509
スミス……………………………… 510
カント……………………………… 512
ベンタム…………………………… 514
ゲーテ……………………………… 515
シラー……………………………… 516
サン・シモン……………………… 517
フィヒテ…………………………… 518
ヘーゲル…………………………… 519
オーエン…………………………… 520
フーリエ…………………………… 521
ショーペンハウエル……………… 522
コント……………………………… 523
フォイエルバッハ………………… 524
J・S・ミル………………………… 525
ダーウィン………………………… 526
ゲルツェン………………………… 527
キルケゴール……………………… 528
マルクス…………………………… 529
エンゲルス………………………… 531
スペンサー………………………… 532
ラッサール………………………… 533
L・トルストイ …………………… 534
パース……………………………… 535
ウイリアム・ジェームス………… 536
ニイチェ…………………………… 537
フロイト…………………………… 539
バーナード・ショー……………… 541
デューイ…………………………… 542
ベルグソン………………………… 543
S・ウェッブ ……………………… 544
マックス・ウェーバー…………… 545
ロマン・ロラン…………………… 546
レーニン…………………………… 547
シュヴァイツァー………………… 549
ヤスパース………………………… 550
ハイデッガー……………………… 551
マルクス以後のマルキシズム……… 552
ガブリエル・マルセル…………… 554
サルトル…………………………… 555
参考書目………………………………… 557
*解説(岡井隆)………………………… 597
*解題(樋口覚)………………………… 610
 


第10巻 初期作品集 1977.9.30
 
近代国民国家論成立史序論………………… 9
はじめに……………………………………10
序に代へて…………………………………11
第1部 十八世紀に残された問題群 ……12
第1章 ロックまでの系譜 ……………12
第2章 ジョン・ロック ………………22
第3章 フランス革命序説 ……………45
第1部の跋 ………………………………62
第2部 ジャン・ジャック・ルソオ ……64
第1章 「自然」「自然人」 …………64
第2章 政治体の諸原理 ………………83
創作作品
狭小なるが故に………………………………88
秋萌える…………………………………… 106
短歌………………………………… 123

温室にて…………………………………… 130
このひととき……………………………… 131
立秋のうた………………………………… 132
ちりぬるを………………………………… 134
童話………………………………………… 135
半輪………………………………………… 135
初霜………………………………………… 137
さぼてんの丘……………………………… 138
ひとり船出………………………………… 141
某日某を送る……………………………… 142
断層の歌…………………………………… 144
一橋時代
求め行く道………………………………… 150
ノヴアーリスに於ける「憧憬」………… 153
学生生活と社会認識……………………… 156
務台教授 『社会存在論』……………… 158
『実証的精神』の検討…………………… 163
創造的統一と歴史………………………… 164
大田洋子 『流離の岸』………………… 166
新同人に告ぐ……………………………… 167
合理理論と直観理論……………………… 168
レアリズムの実践性……………………… 171
「生活の場」の反省……………………… 175
芸術と社会性……………………………… 177
知性文学の欠陥…………………………… 180
科学方法論の反省………………………… 182
羽仁五郎著 『クロオチエ』…………… 191
亜流経験主義者に………………………… 196
生活反省の好機…………………………… 197
ひしひしと迫る共感……………………… 202
創作方法と作品評価……………………… 204
中野重治著 『歌のわかれ』…………… 207
狭隘なる意識の超克……………………… 208
具学具進の発揮…………………………… 211
雄大なる構想……………………………… 213
室生犀星著 『美しからざれば 哀しからんに』…… 215
交換価値と使用価値……………………… 216
波多野鼎著 『現代の経済学』………… 217
昭和十五年の回顧………………………… 221
共同の課題を喪失………………………… 221
編輯後記…………………………………… 226
健康な冒険過程へ………………………… 226
大衆啓蒙の書……………………………… 228
編輯後記…………………………………… 231
科学の時代的使命………………………… 236
投書………………………………………… 239
歴史の媒介といふこと…………………… 240
伊藤整寸論………………………………… 243
ルヨ・ブレンタノ 田中善治郎訳 『近世資本主義の起源』…… 245
歌人的旧臭と新臭………………………… 250
編輯後記…………………………………… 258
一橋時代以後
新聞をつくるひと、君たちに…………… 262
書簡………………………………………… 273
崩れた日々と築きゆく日々と…………… 284
『原爆の子』から『基地の子』へ……… 292
「型」なきを怖る………………………… 300
ジャーナリズムの気品とは何か?……… 306
前衛的ジャーナリストとは何か?……… 313
私憤・公憤………………………………… 320
ジャーナリズムは死なず………………… 327
真夏のひるの夢…………………………… 335
加藤・中村・福永 『文学・一九四六』について…… 335
ローマへの道……………………………… 338
記事を武器に……………………………… 341
怒りを知れ………………………………… 342
ああ“文明”諸君………………………… 345
打ちかつべきもの………………………… 347
大学の友に………………………………… 350
この世界に花園はない…………………… 354
部落解放の現状…………………………… 358
文化の日をかなしむ……………………… 360
新聞フラグメンテ………………………… 363
愛する漫画の為に………………………… 365
なかまよ何のために祝う祭か…………… 368
現実と典型と……………………………… 370
自由民権論争によせて…………………… 373
三月十日…………………………………… 376
文化の民族的型態とは…………………… 377
野間宏 『真空地帯』…………………… 379
石母田正 『歴史と民族の発見』……… 381
誤れる歴史の反省………………………… 383
焦燥と錯乱の連続………………………… 385
このうらみを知れ!……………………… 387
一橋史の準備はどうか…………………… 390
Zのことなど ……………………………… 394
吉田隆子編 『ムゾルグスキー歌曲集』…… 396
戦火多恨…………………………………… 398
『典型』創刊にあたって………………… 399
フランスの山びこ学校…………………… 400
“僕の恢復期”(日録抄)……………… 402
ここは勘の世界ではない………………… 405
『典型』第3号編集後記 ………………… 408
『典型』第4号編集後記 ………………… 409
撃ち方やめ!……………………………… 410
思想小説は不可能か……………………… 412
褐色固型菓子……………………………… 413
榊のことなど……………………………… 415
東浦義雄著 『カメラ英国紀行』……… 417
文壇与党席への安住……………………… 418
『典型』第5号編集後記 ………………… 421
讃歌の欠乏………………………………… 423
危機感覚なきリアリズム………………… 425
In principo erat verbum ……………… 426
『天恩』への感謝………………………… 429
文学頽廃との対決………………………… 431
六月四日の日記…………………………… 436
前夜………………………………………… 437
人間認識と人間解放……………………… 438
*解説(水田洋)………………………… 443
*解題(樋口覚)………………………… 457

*現在調査中
[ 2011/04/02 09:35 ] 村上一郎 | TB(0) | CM(1)
村上一郎が小山俊一の『EX-POST通信』を評しているのを知ることができました。考えてみれば『試行』の縁で当然かもしれません。図書館で全集を探し読んでみたいと思います。
[ 2011/07/25 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。