研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  村山槐多 >  『増補版村山槐多全集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『増補版村山槐多全集』

『増補版村山槐多全集』全1巻(弥生書房、1993)



 1993.3.10
 
*口絵
遺書…………………………………………… 9
第二の遺書……………………………………10
詩………………………………………………13
〔大正二年〕
二月………………………………………15
童児群浴…………………………………16
青色廃園…………………………………17
醒めし時…………………………………17
四月短章…………………………………17
五月短章…………………………………19
血に染みて………………………………19
空…………………………………………20
空…………………………………………20
消えゆく性………………………………21
薄明………………………………………21
美しき空…………………………………22
鬼薊………………………………………22
情調………………………………………23
踊りのあと………………………………24
濃き天……………………………………25
苦き時……………………………………25
血の小姓…………………………………26
充血………………………………………26
ひゞき……………………………………27
君に………………………………………27
君に………………………………………28
六月の遊歩………………………………28
赤きじゆばん……………………………29
酔へる時に………………………………29
薄き雨……………………………………32
〔大正三年〕
三十三間堂………………………………35
孔雀石の小箱……………………………36
宵の曲……………………………………37
金剛光中の遊戯…………………………38
楽しき夕ぐれ……………………………40
沈みゆく都………………………………40
京都人の夜景色…………………………41
にぎやかな夕ぐれ………………………42
偏光………………………………………43
たそがれの美少女………………………44
一人の美少女に…………………………44
夜の美少女………………………………45
泣く紫の眼………………………………46
闇の中に…………………………………47
孔雀の尾の様なまつ毛…………………48
過ぎし日に………………………………48
雨と肌……………………………………49
雨夜の涕泣………………………………50
泣け人々…………………………………51
死と過去と………………………………51
紫の微塵…………………………………52
穀物のにほひする女……………………53
午後の紫野………………………………53
大原の小春………………………………54
赤き火事あと……………………………55
〔大正四年〕
未来のわが製作をして…………………55
モデル女に………………………………57
雪ふりの夜………………………………58
走る汽缶車………………………………59
緑金の鶏…………………………………60
球の躍り…………………………………61
号令に……………………………………62
鏡に………………………………………62
電車の中の軍人に………………………63
空飛ぶ吾…………………………………66
製作と感想………………………………70
〔大正五年〕
人々よ……………………………………71
女と夜……………………………………73
〔大正六年〕
全身に酒はしみゆき……………………75
命をかへる歌……………………………79
深夜の耳…………………………………81
化粧………………………………………83
夏の夜……………………………………84
歩く屍……………………………………85
電車と静物………………………………89
晴れた空…………………………………93
失恋の記録………………………………94
雨ふり……………………………………97
深夜の猿…………………………………98
樹下…………………………………… 100
唇……………………………………… 100
ある日ぐれ…………………………… 100
ある四十女に………………………… 101
恋人に………………………………… 102
どうぞ裸になつて下さい…………… 103
孔雀の舌……………………………… 103
貧しい酒……………………………… 104
跳び上る犬…………………………… 105
病める時……………………………… 107
愛する友……………………………… 107
官能の正当なる動作………………… 108
〔大正七年〕
宮殿指示……………………………… 108
百円札………………………………… 110
音の連続……………………………… 110
ある風………………………………… 113
雑念…………………………………… 115
雨ふり………………………………… 118
木と空に……………………………… 125
曇りし日の数分……………………… 125
わが命………………………………… 126
命……………………………………… 128
陰萎人の詩句I ……………………… 129
ガランス……………………………… 130
一本のガランス……………………… 130
いのり………………………………… 131
〔大正八年〕
陰萎人の詩句II……………………… 131
死の遊び……………………………… 134
散文詩……………………………………… 135
吾詩篇(大正三年)…………………… 137
ある美少年に贈る書(大正四年)…… 139
わが霊は汚がされ終りぬ……………… 140
童話『五つの夢』(大正六年)……… 142
天の尿………………………………… 142
女の眼………………………………… 143
しやつちよこ立の踊り……………… 143
女の頬ぺた…………………………… 144
ダイヤモンドのしらみ……………… 144
金色と紫色との循環せる眼…………… 145
電気灯の感覚…………………………… 148
太古の舞姫(未完)…………………… 150
短歌(大正二年~八年)………………… 157
小説………………………………………… 175
廃邑の少女……………………………… 177
鉄の童子………………………………… 183
居合抜き………………………………… 197
美少年サライノの首…………………… 201
殺人行者………………………………… 205
悪魔の舌………………………………… 221
魔猿伝…………………………………… 231
戯曲………………………………………… 241
悪女時代………………………………… 243
酒顛童子………………………………… 261
童話………………………………………… 279
孔雀の涙………………………………… 281
感想………………………………………… 287
画具と世界―種々の感想……………… 289
人の世界………………………………… 291
京都絵画の特徴………………………… 294
レオナルドに告ぐる辞………………… 296
錦田先生へ……………………………… 297
山本鼎氏へ……………………………… 298
日記………………………………………… 301
磯日記(一九○八年・一三才)……… 303
信州日記(一九一五年・二○才)…… 331
一九一三年~一九一九年(一八~二四才)…… 341
書簡………………………………………… 397
*年譜(山本太郎作成)………………… 427
*編集後記(山本太郎)………………… 438
*参考文献………………………………… 443
*増補版に寄せて(窪島誠一郎)……… 444
[ 2011/04/02 09:41 ] 村山槐多 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。