研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  森敦 >  『森敦全集』全8巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『森敦全集』全8巻・別巻1巻

『森敦全集』全8巻・別巻1巻(筑摩書房、1993.1~1995.12)



1 作品 1 1994.4.25
 
酩酊船(ゑひどれぶね)…………………… 3
初期作品(昭和三年~昭和四十三年)……57
【詩】………………………………………59
四季の声…………………………………61
デツド・マスクに歌へる………………66
蛇…………………………………………68
深海魚……………………………………70
気球………………………………………73
【小説】……………………………………75
悪夢………………………………………77
靴を縫ふ男………………………………89
酉の日……………………………………93
靴……………………………………… 104
芥杢太伝……………………………… 126
海藻記………………………………… 168
旅情…………………………………… 172
雲雀…………………………………… 182
潮とまとり…………………………… 192
夏の朝………………………………… 216
尾鷲にて……………………………… 225
【評論・エッセイその他】…………… 271
末流の弁……………………………… 273
雨……………………………………… 276
北川冬彦詩集『いやらしい神』帯… 278
北川冬彦エッセイ集『詩人の行方』跋…… 279
詩の朗詠について…………………… 281
「我等の仲間」について…………… 286
叙事詩の待望………………………… 288
環境について………………………… 294
会田安明―数学者立志伝…………… 300
森鴎外論……………………………… 306
独立の意義…………………………… 312
独学者と実験の精神―エヂソンの偉さ…… 319
朝鮮人参奇譚―シナリオは文字をフィルムに描く…… 326
端書通信……………………………… 371
富岡光学芸術部挨拶………………… 375
注連寺のミイラ……………………… 377
部落の春……………………………… 380
奈良…………………………………… 383
哀号…………………………………… 384
倉敷にて……………………………… 386
北斎の筍……………………………… 388
バベルの塔…………………………… 389
善宝寺五重塔………………………… 392
グリ石の世界………………………… 394
銀河の序……………………………… 400
真に迫るものの薄気味悪さについて…… 403
吹雪からのたより………………………… 405
*『酩酊船』の出発(小島信夫)……… 669
*解題(森富子)………………………… 681
 

2 作品 2 1993.3.22
 
意味の変容…………………………………… 3
寓話の実現………………………………… 5
死者の眼……………………………………12
宇宙の樹……………………………………30
アルカディヤ………………………………52
エリ・エリ・レマ・サバクタニ…………64
意味の変容 覚書…………………………75
意味の変容(先駆稿・群像)………………79
寓話の実現…………………………………81
死者の眼……………………………………89
宇宙の樹………………………………… 110
アルカディヤ…………………………… 133
エリ・エリ・レマ・サバクタニ……… 153
意味の変容(各章先駆稿)……………… 165
近代工場(死者の眼 先駆稿・実現)…… 167
深夜の呼び声(寓話の実現 先駆稿・実現)…… 183
近代工場(死者の眼 先駆稿・立像)…… 191
壮麗について(寓話の実現 先駆稿・立像)…… 206
歓喜について(寓話の実現 先駆稿・立像)…… 211
掻痒について(宇宙の樹 先駆稿・立像)…… 220
恍惚について(エリ・エリ・レマ・サバクタニ 先駆稿・立像)…… 227
死者の眼(死者の眼 先駆稿・ポリタイア)…… 236
宇宙の樹(宇宙の樹 先駆稿・ポリタイア)…… 260
マンダラ紀行……………………………… 287
十二夜……………………………………… 387
講演第一夜 わが人生………………… 389
講演第二夜 学ぶは遊ぶなり………… 400
講演第三夜 懼(おそ)れざる人…… 413
講演第四夜 天上の思い……………… 423
講演第五夜 ソウルの空……………… 435
講演第六夜 深夜の繁華街…………… 445
講演第七夜 楽しかりし日々………… 459
講演第八夜 美しい夜………………… 472
講演第九夜 島々の景観……………… 485
講演第十夜 飛雪の虹………………… 496
講演第十一夜 倭(やまと)し美し… 507
講演第十二夜 吹雪も過ぎて………… 522
われもまた おくのほそ道……………… 547
*『意味の変容』論―「解説」にかえて(柄谷行人)…… 679
*解題(森富子)………………………… 691
 

3 作品 3 1993.1.22
 
月山…………………………………………… 3
月山………………………………………… 5
天沼……………………………………… 101
『月山』収録作品先駆稿………………… 145
題未定(月山 先駆稿・自筆原稿)… 147
鳥海山……………………………………… 233
初真桑…………………………………… 235
鴎………………………………………… 261
光陰……………………………………… 291
かての花………………………………… 309
天上の眺め……………………………… 329
『鳥海山』収録作品先駆稿……………… 357
吹浦まで(初真桑 先駆稿1・立像)…… 359
吹浦(初真桑 先駆稿2・俳句研究)…… 367
吹浦まで(初真桑 先駆稿3・ポリタイア)…… 379
吹浦にて(鴎 先駆稿1・立像) …… 401
吹浦にて(鴎 先駆稿2・ポリタイア)…… 419
弥彦にて(かての花 先駆稿・ポリタイア)…… 447
浄土………………………………………… 471
浄土……………………………………… 473
吹きの夜への想い……………………… 497
杢右ヱ門の木小屋……………………… 523
門脇守之助の生涯……………………… 549
アド・バルーン………………………… 573
『浄土』収録作品先駆稿………………… 595
もくえん(杢右ヱ門)の木小屋(杢右ヱ門の木小屋 先駆稿・成瀬書房)…… 597
弥助………………………………………… 621
*解説(川村二郎)……………………… 637
*解題(森富子)………………………… 645
 

4 作品 4 1993.9.22
 
われ逝くもののごとく……………………… 3
君、笑フコト莫カレ……………………… 649
*言葉の幻術―『われ逝くもののごとく』をめぐって(富岡幸一郎)…… 683
*解題(森富子)………………………… 695
 

5 作品 5 1993.5.25
 
わが人生の旅………………………………… 3
遠い声……………………………………… 5
父の子守唄…………………………………10
放浪の血……………………………………14
母の心意気…………………………………18
サンキュー・グッドバイ…………………22
京城の空……………………………………26
馬上の貴紳…………………………………30
天の遊び……………………………………34
幽けき想い…………………………………38
微かなる咆哮………………………………42
二人のヘールさん…………………………46
兄貴は偉かった!…………………………50
母の恋慕……………………………………54
親切な車掌…………………………………58
博愛丸………………………………………62
アイ・アム・ハングリー…………………66
途絶えた手紙………………………………70
ある晴れた日に……………………………74
千々石灘を渡る……………………………78
白砂糖餡ばな………………………………82
五人の万治やん……………………………86
唐行さんの家………………………………90
桜島の大噴火………………………………94
芋ば食って行かっせ………………………98
だんだん重くなったよ………………… 102
内の海で………………………………… 106
肝ば焼かすな…………………………… 110
堪え性…………………………………… 114
雀百まで………………………………… 118
カコクケキ……………………………… 122
菅原ブッチュウさん…………………… 126
心鴻鵠にあり…………………………… 130
二つは一つより多い…………………… 134
出藍の誉れ……………………………… 138
直キコト其ノ中ニ在リ………………… 142
恐れざる心……………………………… 146
免許皆伝………………………………… 150
敵は幾万ありとても…………………… 154
人を呑むの概あり……………………… 158
頭のかたち……………………………… 162
闖入者…………………………………… 166
弟の信念………………………………… 170
頭は使えってもんだ…………………… 174
弟の論理………………………………… 178
信玄の髭………………………………… 182
鞭声粛粛………………………………… 186
チューリップの縫いとり……………… 190
お前は五銭じゃない…………………… 194
四面楚歌………………………………… 198
おまけには目方がない………………… 203
オイッチニャ オイッチニャ………… 207
悪魔の証拠……………………………… 211
ぼくはワシントン……………………… 215
百里を行く者…………………………… 219
弟の作戦………………………………… 223
川中島の合戦…………………………… 227
謀略恐るべし…………………………… 231
前略草々………………………………… 235
語るに落ちる…………………………… 239
天勝来たる……………………………… 243
食べんうちから旨か…………………… 247
ぼくは元来小食で……………………… 251
セドリックの服………………………… 255
三日にして終わる……………………… 259
なんの精神力の集中ぞ………………… 263
ウェイト・ア・モーメント…………… 267
アルキメデスの風呂…………………… 271
左手で字を書く法……………………… 275
満月が追って来る……………………… 279
お盆のような月………………………… 283
おれは地球だ…………………………… 287
月明の道帰る声………………………… 291
大問題…………………………………… 295
加藤清正の顔…………………………… 299
西瓜の種………………………………… 303
加藤先生曰く…………………………… 307
忠ならんと欲すれば孝ならず………… 311
招待選手………………………………… 315
天才線…………………………………… 319
蛙が牛になる日………………………… 323
学ブニ如カザルナリ…………………… 327
自己暗示催眠療法……………………… 331
芝居にしても出来すぎている………… 335
母さん、助けてくれ…………………… 339
鼻高きが故に貴からず………………… 343
キイクワゼンチュウブンシンカンコウ…… 347
砲列を敷け……………………………… 351
危険な誘導……………………………… 355
鬼は内、福は外………………………… 359
魚心あれば水心………………………… 363
鳥人スミス来たる……………………… 367
うまく行かなくても明日……………… 371
弟の朝鮮語……………………………… 375
おれの頭に神がいる…………………… 379
鴉の言葉………………………………… 383
博奕なる者あらずや…………………… 387
楽しかりし日々…………………………… 391
星霜移り人は去る―わが青春放浪……… 441
一寸先は闇……………………………… 443
非望……………………………………… 453
小さな市街図…………………………… 461
雲か山か………………………………… 470
バルチック艦隊………………………… 479
東南西北(トンナンシーペイ)……… 489
文芸講演会……………………………… 499
鬼は内…………………………………… 508
文人墨客………………………………… 517
特効薬…………………………………… 525
ああ玉杯………………………………… 534
放浪へのすすめ………………………… 544
「しかし」の意味の「が」…………… 555
危ない橋………………………………… 564
反目……………………………………… 574
真剣白刃取り…………………………… 583
大いなる夢……………………………… 592
禿げ頭の効用…………………………… 600
勘当乞う………………………………… 609
超能力…………………………………… 618
高い食パン……………………………… 626
階段の上………………………………… 634
北川冬彦の手紙………………………… 642
*解説(平岡篤頼)……………………… 653
*解題(森富子)………………………… 667
 

6 作品 6 1993.7.22
 
月山抄………………………………………… 3
天に送る手紙……………………………… 163
あの雪あの雲…………………………… 165
十五の志………………………………… 166
人生の真実……………………………… 168
孔子の風貌……………………………… 169
先見の明………………………………… 171
皹あかぎれ……………………………… 173
親の年齢………………………………… 174
台風と番傘……………………………… 176
真実を恐れざる目……………………… 178
名士……………………………………… 180
中流の砥柱……………………………… 181
春山夜月………………………………… 183
妙秀……………………………………… 185
悠久幾千年の興亡……………………… 186
怒鳴台…………………………………… 188
天上の声………………………………… 189
天才線…………………………………… 191
祝福……………………………………… 192
団欒……………………………………… 194
人生相見ざること……………………… 195
寓話の実現……………………………… 197
一流になるということ………………… 198
荒涼からの蘇り………………………… 200
何百とないトマト……………………… 201
いまを知ること難し…………………… 203
この美しい地球………………………… 204
ジッドの言葉…………………………… 206
瑜伽山の景観…………………………… 207
登攀と眺望……………………………… 209
照れ笑いの意味………………………… 210
天上の尺度……………………………… 212
古い乳母車……………………………… 213
大いなる報酬…………………………… 215
無何有の郷……………………………… 216
千里の目………………………………… 218
一句の解釈……………………………… 220
今日ここにこうしてあること………… 223
心の古里………………………………… 224
対岸の風景……………………………… 225
トイッタ帰る…………………………… 227
自画像…………………………………… 228
真理の剣………………………………… 230
朝礼の挨拶……………………………… 231
難民の報恩……………………………… 233
閑さや岩にしみ入る蝉の声…………… 234
会津磐梯山……………………………… 236
わが家に手摺のある理由……………… 238
本然の姿………………………………… 240
人生の神仏……………………………… 241
天道……………………………………… 243
一本の桐………………………………… 244
父のお伽噺……………………………… 246
若い仲間に………………………………… 251
瑜伽山への思い………………………… 253
一芸に秀でよ…………………………… 254
期待……………………………………… 256
水は忘れない…………………………… 258
故郷……………………………………… 260
二茎のバラ……………………………… 262
大地についている……………………… 264
荒涼ということ………………………… 266
根性の美しさ…………………………… 268
「任しとけ」もほどほどに…………… 270
浦島……………………………………… 272
川上さんと王選手……………………… 274
二月堂のおみくじ……………………… 276
御母衣の桜……………………………… 278
温かい凝視……………………………… 280
芸の力…………………………………… 282
時間の旅………………………………… 284
もっと高い所へ………………………… 286
山で会った青年………………………… 288
ミニ・カー……………………………… 290
大仏さまの顔…………………………… 292
有り難う………………………………… 294
にんじん………………………………… 296
なにが一番ウマかったか……………… 298
弥彦山の彼方…………………………… 300
あの日見た人たち……………………… 302
蝶の飛ぶ野への想い…………………… 304
心やり…………………………………… 306
萌え出る力……………………………… 308
治山治水、空気清浄業………………… 310
富士山…………………………………… 312
自分の部室……………………………… 314
燕………………………………………… 316
ナナカマドの実………………………… 318
木曾路の贈りもの……………………… 320
矢と歌…………………………………… 322
苦労の結実……………………………… 324
西郷さん………………………………… 326
星………………………………………… 328
奥の細道の旅…………………………… 330
少年……………………………………… 332
ふたりの男の子………………………… 334
本荘にて………………………………… 336
新浜の鴨たち…………………………… 338
客雪……………………………………… 340
セントポーリア………………………… 342
大きな夢………………………………… 344
私家版 聊斎志異………………………… 347
想い幽かに……………………………… 349
人のありて……………………………… 359
若き日に………………………………… 367
夢の結び………………………………… 376
行方も知れず…………………………… 385
浮き寝の宿……………………………… 394
猛き心…………………………………… 404
すね筋はおろか………………………… 412
あの世までも…………………………… 421
三世の縁………………………………… 430
美少年…………………………………… 439
蜂………………………………………… 447
見果てぬ夢……………………………… 455
この人もまた…………………………… 463
石を愛して……………………………… 473
幻なりや………………………………… 481
花の寺…………………………………… 488
そのかおりにも………………………… 497
笑いのこぼるるがごとく……………… 505
森敦訳 金色夜叉………………………… 521
*解説(高橋英夫)……………………… 679
*解題(森富子)………………………… 689
 

7 エッセイ 1 1993.11.25
 
昭和四十八年(一九七三)七月~昭和五十二年(一九七七)七月
昭和四十八年(一九七三)
あきど聟………………………………… 7
古山高麗雄著『風景のない旅』(書評)……10
昭和四十九年(一九七四)
口三味線…………………………………15
コートを買った夜………………………17
老人諸君…………………………………20
瞼の裏の目………………………………23
リアリズム一・二五倍論………………25
続リアリズム一・二五倍論……………29
そのころの私……………………………33
幻の郷土…………………………………36
私にとって文学とはなにか……………39
弓ちゃんの天性…………………………42
芥川賞 受賞のことば…………………43
稀食生活…………………………………44
夫子の笑い………………………………45
青春をたのしむがいい…………………47
大岡昇平著『中原中也』(書評)……48
われら中退者が問う学生生活の得失(アンケート)……51
白玉楼中の人……………………………52
幽明への虚実……………………………55
淵明と阮籍………………………………59
秘密………………………………………60
浄土………………………………………63
反思想的人間だけが生き残る…………68
らしさの真相……………………………79
蚊帳の中の天地…………………………81
諸悪の根元………………………………82
オール・イン・ファッション…………97
オール・イン・サイクル………………99
オール・イン・レコード…………… 100
オール・イン・トラベル…………… 101
日本人………………………………… 103
リッシンベンのついた性…………… 103
嗚呼!東北(アンケート)………… 106
わたしとメガネ……………………… 106
遠く推古へ…………………………… 107
民放連賞を審査して(選評)……… 118
本当にあった話……………………… 120
青春のよみがえり…………………… 123
もうひとつの時計…………………… 125
借景をもって………………………… 126
運営の実存…………………………… 127
れう薬口ににがし…………………… 129
極北の夜の天地……………………… 130
私のこの一年………………………… 131
ハイカラと蛮カラ…………………… 133
昭和五十年(一九七五)
民主主義的洗脳……………………… 143
敢えて知ろうとすることなく……… 145
平和の戦犯を撃つ!(アンケート)…… 147
月山の杉……………………………… 148
わたしの憩い………………………… 151
“だましもどき”家庭の再考……… 151
浄土の音色…………………………… 154
『愛蔵版 世界教養選集』(推薦文)…… 161
私の一週間の情報メニュー………… 162
蕎麦の花……………………………… 164
思い出の手紙………………………… 168
想い出………………………………… 171
マツダファン………………………… 172
私の失業時代………………………… 174
タバコはわが人生…………………… 175
小さくても世界……………………… 179
読書と私……………………………… 181
庄内の里ざと………………………… 183
母の町・雨の長崎…………………… 189
奈良はわが曾遊の地………………… 200
知らぬが仏でなくなりかけて……… 200
書について…………………………… 203
わが妻 わが愛……………………… 205
ヤングへのメッセージ……………… 216
商社と私……………………………… 218
浦島…………………………………… 219
河北新報社編集局編『むらの日本人』(書評)…… 222
愛における一期一会の出会い……… 225
こけしの里…………………………… 231
十五の春に泣いて、一生を笑え…… 239
背広と私……………………………… 263
鳥海山………………………………… 264
守田志郎著『村の生活誌』(書評)…… 264
興亡六百余年の旅…………………… 267
山室村………………………………… 279
二百円の損…………………………… 281
孤独のレーサー……………………… 282
富子の直感…………………………… 283
私にとっての悪文(アンケート)… 284
組曲「月山」の誕生………………… 284
あの村………………………………… 286
井上謙著『評伝横光利一』(序)… 289
大久保さん…………………………… 291
学歴と職業…………………………… 294
長電話………………………………… 297
坂上にある店………………………… 298
コーヒーシュガー…………………… 299
母とビスケット……………………… 300
たたなずく山の遠野………………… 300
酒の味わい ひとの心……………… 311
月山の誘い…………………………… 313
昭和五十一年(一九七六)
願望と実現…………………………… 317
光芒燦然の人………………………… 329
檀一雄の終焉………………………… 330
誕生日………………………………… 333
スポーツで精神のバランス………… 334
平戸の月と海の幸…………………… 335
戒壇院にて…………………………… 349
檀一雄 花と孤愁…………………… 352
あのころの檀一雄…………………… 367
作家へのアンケート………………… 370
池原の里……………………………… 371
月山の多層民家……………………… 374
森敦のプロローグ・エッセイ……… 377
西郷か大久保か(アンケート)…… 397
心のふるさと………………………… 399
義母の声……………………………… 405
悔いのない“旅”の終わりに……… 408
夕焼ける人造湖……………………… 410
大仏の表情…………………………… 411
酒田…………………………………… 414
一夜の宿……………………………… 430
名園を夕せまるまで………………… 433
月山…………………………………… 453
借景の効用…………………………… 454
心やり………………………………… 455
尾鷲にて……………………………… 456
わが故郷……………………………… 460
母からの手紙………………………… 461
私と九月……………………………… 463
死者は「月山」にあり……………… 464
むのたけじ著『われ住むところわが都』(書評)…… 470
この世ならぬものを見るごとく…… 473
庄内美人……………………………… 474
月山ふたたび………………………… 479
わが青春のあの歌この曲(アンケート)…… 495
双点(森敦・古山高麗雄往復エッセイ)…… 496
わが服装哲学………………………… 524
変貌する大自然……………………… 527
吉村貞司著『白鳳の再現』(推薦文)…… 531
大いなる夢の実現…………………… 532
昭和五十二年(一九七七)
きのう・きょう・あした…………… 537
さすらい……………………………… 551
第七回九州芸術祭文学賞(選評)… 554
あの時の高橋亀吉さん……………… 556
「月山」の絵………………………… 557
結婚はふたりして行なう事業……… 558
山口君への手紙……………………… 561
一夜の宿り…………………………… 562
手のくぼの味わい…………………… 568
五木作品の構造……………………… 570
鶴岡への想い………………………… 574
東京 飯田橋界隈…………………… 576
陛下の机……………………………… 578
かりそめの旅で……………………… 582
出社のひととき……………………… 587
想点…………………………………… 590
「これはウマイ」…………………… 608
俗と仙のさかい目…………………… 610
ぼくの中のひばりちゃん…………… 611
阿修羅の面差し……………………… 614
師友…………………………………… 619
*解説(古山高麗雄)…………………… 625
*解題(森富子)………………………… 635
 

8 エッセイ 2 1994.2.1
 
昭和五十二年(一九七七)八月~平成元年(一九八九)七月
昭和五十二年(一九七七)
井上靖・池田大作著『四季の雁書』(書評)…… 7
忽然と消えた妙多羅天女の婆ァ欅……10
三好徹著『海の沈黙』(解説)………15
文体余話…………………………………20
集配課職員………………………………28
人生の歩み………………………………30
人生相談…………………………………33
母と私とキャラメルと…………………36
和辻哲郎著『孔子』(書評)…………37
原田実著『東洋美術散歩』(序)……38
深作光貞著『ミイラ文化誌』(書評)……40
仙台城……………………………………42
昭和五十三年(一九七八)
ここに縁あり ホテルあり……………61
私の一月…………………………………61
道における矛盾…………………………62
高山辰雄とわたし………………………63
母の望み…………………………………68
月山再訪…………………………………70
本に生きる………………………………78
広告の意義と効用………………………86
習う振りして教えた母…………………87
木内宏・加藤和雄著『新聞記者』(帯)……91
父祖の言葉………………………………91
想いかそけく……………………………93
私に定年はなかった………………… 111
能登の潮騒…………………………… 122
遥かなる月山………………………… 131
『円空と木喰』(推薦文)………… 140
本との出会い………………………… 141
青春の蘇り…………………………… 142
読書の歓び…………………………… 145
猪瀬照夫書作品集(推薦文)……… 146
私の風土記…………………………… 147
菊への想い…………………………… 167
雲中の道……………………………… 168
龍安寺・大珠院庭園………………… 172
昭和五十四年(一九七九)
贋物偽作……………………………… 185
第五回日本旅行記賞(選評)……… 188
めぐりあい…………………………… 190
第九回九州芸術祭文学賞(選評)… 192
日記から……………………………… 194
北川冬彦著『南北の女たち』(序)…… 206
図書館の活用………………………… 207
高山さんと横山大観………………… 208
大仏の顔……………………………… 209
映画「月山」のこと………………… 212
創造の気迫…………………………… 215
昭和五十五年(一九八〇)
第六回日本旅行記賞(選評)……… 223
受け売りで覚えた『論語』………… 224
片山恵美子歌集『歌坂』(帯)…… 227
金剛杖………………………………… 227
人間讃歌……………………………… 228
大和郡山……………………………… 233
放浪への誘い………………………… 236
ねむの木学園に行く………………… 240
畠山義郎著『地平のこころ』(序)…… 253
鈴木三雄著『越前わらべ考』(序)…… 254
わたしの好きなジョーク…………… 254
お国自慢は酒自慢…………………… 256
山手線の運賃………………………… 259
甦る人情……………………………… 262
近刊 私のベスト2(アンケート)…… 263
ねむの木美術展……………………… 264
現代漆展によせて…………………… 267
酒との出逢い………………………… 268
沼原の印象…………………………… 270
昭和五十六年(一九八一)
落慶法要の朝………………………… 273
わたしの二十歳……………………… 278
『定本横光利一全集』(推薦文)… 280
受験は唯一の公平の場……………… 281
原因は案外産婦人科に……………… 282
更に大いなる矛盾への逢着………… 283
私とふるさと………………………… 284
家庭の健康管理に(アンケート)… 286
小説と映画…………………………… 286
私とわらべうた……………………… 290
六十里越街道に沿って……………… 291
犬猫の行儀…………………………… 301
随感…………………………………… 304
宮城まり子編『としみつ』(帯)… 309
凍雲篩雪図…………………………… 309
吹きの寄するところ………………… 312
空の時代だ、飛びたて庄内。……… 315
としみつ君の右手…………………… 316
青春時代……………………………… 319
城取邦雄漆工展(推薦文)………… 352
コレクション………………………… 353
昭和五十七年(一九八二)
夢の実現……………………………… 357
まり子さんの講演…………………… 359
「浄土の音色」……………………… 362
「実業の日本」創刊二〇〇〇号記念「二〇〇〇字エッセイ」(選評)…… 365
秋……………………………………… 367
菅原忠雄氏への弔詞………………… 368
ある生涯……………………………… 369
天に訴える手紙……………………… 372
浜谷浩写真集『旅』(推薦文)…… 376
人生の極意…………………………… 377
心残り………………………………… 378
月山その山ふところにて…………… 379
出羽三山……………………………… 384
人間の生涯…………………………… 387
修験の後裔…………………………… 392
出羽三山……………………………… 396
田中康夫著『ブリリアントな午後』(推薦文)…… 399
「みちのく」新幹線の旅…………… 400
羽黒の天狗…………………………… 404
クルスを抱く島々・天草…………… 406
二世帯住宅には、「わが家」を語れる場が必要だ。…… 411
宮城まり子著『たんぽぽの子』(解説)…… 412
田毎の月……………………………… 415
出羽富士……………………………… 417
死の直前……………………………… 418
山口崇著『とんと昔出逢いの旅』(帯)…… 419
私も一言……………………………… 420
東大寺の日々………………………… 421
昭和五十八年(一九八三)
鮎の香りもつ詩人…………………… 429
青春…………………………………… 431
教師の渾名…………………………… 433
ドナルド・T・ローデン著『友の憂いに吾は泣く』監訳にあたって…… 436
運命が織り成す「恋の浮島」……… 439
福原諒著『時の過ぎ逝き』(帯)… 443
朝の目覚め…………………………… 444
行く春………………………………… 445
緑陰権………………………………… 448
神器具現の夢へ……………………… 449
高野悦子著『私のシネマライフ』(帯)…… 450
鰻のハシゴ…………………………… 450
更に更にお祝いの日を……………… 453
創刊四〇〇号………………………… 454
忘れ得ぬ人…………………………… 456
わが放浪の月山……………………… 457
忘れがたきこと……………………… 458
「かなかぬち」の真髄……………… 460
緑への渇望…………………………… 461
私の転機……………………………… 464
昭和五十九年(一九八四)
ゆうべの花…………………………… 469
新春一言……………………………… 473
ちんちゃま…………………………… 474
太田てんれい著『王様のねむり』(帯)…… 477
二見ヶ浦への一泊一遊……………… 478
浄土の音色…………………………… 480
わたしの知る高山辰雄さん………… 484
白川義員作品集『中国大陸』(推薦文)…… 486
洪思重著『韓国人の美意識』日本語版刊行にあたって…… 487
「おくのほそ道」小景……………… 490
忘れられぬ言葉……………………… 494
昭和六十年(一九八五)
この本を読んでます………………… 499
第十五回九州芸術祭文学賞(選評)…… 500
中石孝著『学校ぎらい 硝子の少女』(栞)…… 501
『真鍋呉夫作品集 黄金伝説』(栞)…… 502
大谷博著『切手は語る』(帯)…… 503
小島さんとのこと…………………… 503
現代に生きる興亡の夢……………… 510
昭和六十一年(一九八六)
第十六回九州芸術祭文学賞(選評)…… 515
人生のコース………………………… 516
黒龍江からの声……………………… 517
私の学校 私の先生………………… 520
慈覚大師の母の声…………………… 527
昭和六十二年(一九八七)
「緑陰権」大事に…………………… 533
鈴木比呂志著『光源氏と王朝の女人たち』(讃)…… 533
東北の山水…………………………… 535
美しい手……………………………… 537
第十七回九州芸術祭文学賞(選評)…… 541
梵字川の煌めき……………………… 542
深夜の宴……………………………… 545
逝く雲逝く水善男善女のさざめき… 549
藤田弘基写真集『ザ・ヒマラヤ』(推薦文)…… 552
色彩の交響楽………………………… 553
昭和六十三年(一九八八)
野間文芸賞受賞の喜び……………… 559
夜の鶴………………………………… 560
思い出のメルヘン…………………… 563
親不孝………………………………… 565
『北川冬彦全詩集』(栞)………… 567
夜、蘇る……………………………… 568
第十八回九州芸術祭文学賞(選評)…… 571
忘却と妄想…………………………… 572
表紙の言葉…………………………… 574
蛇足…………………………………… 575
海野庄一詩集『蘇生』(序)……… 576
言葉とともに………………………… 577
平成元年(一九八九)
'88印象に残った本(アンケート)…… 581
母の言葉……………………………… 581
芥川賞受賞の頃……………………… 583
第十九回九州芸術祭文学賞(選評)…… 584
月山行………………………………… 585
死の山、月山………………………… 588
月山祭………………………………… 590
赤坂清一著『青武台』(帯)……… 592
「時間」四十周年を祝って………… 592
年月日不明
注連寺の冬…………………………… 597
*わたしの「森敦」(三好徹)………… 599
*解題(森富子)………………………… 609
 

別巻 書簡・書誌・年譜 1995.12.8
 
書簡…………………………………………… 3
『森敦全集』補遺………………………… 435
或る朝の対話…………………………… 437
馴鹿(となかい)族…………………… 440
重要資料………………………………… 441
李王家の凧……………………………… 442
篩雪の神韻……………………………… 443
吉祥天の指……………………………… 445
僕が東京でみてきたもの……………… 446
もう一人のぼく………………………… 448
怪我の功名……………………………… 452
ボンノクボ……………………………… 457
薬を食べる……………………………… 465
先見の明………………………………… 467
新納仁著『山と川と城と』(帯)…… 469
私の好きな人…………………………… 470
『われ逝くもののごとく』と『十二夜』…… 471
恋愛小説ベスト3(アンケート) …… 473
*書誌(森富子編)……………………… 475
*書誌…………………………………… 477
*著作目録一覧………………………… 542
*著作目録一覧詳解…………………… 546
*対談、座談会、インタビュー、講演記録一覧…… 581
*テレビ、ラジオ出演番組一覧……… 621
*年譜(森富子編)……………………… 639
*『森敦全集』全巻目次………………… 773
[ 2011/04/04 22:00 ] 森敦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。