研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  森鴎外 >  『鴎外全集』全38巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『鴎外全集』全38巻

『鴎外全集』全38巻(岩波書店、1971.11~1975.6)



第1巻 1971.11.22
 
調高矣洋絃一曲(カルデロン)…………… 1
緑葉歎(ドオデエ)…………………………93
玉を懐いて罪あり(ホフマン)………… 101
附「シヤンブル、アルダント」の由来…… 154
戦僧(ドオデエ)………………………… 157
新浦島(アアヴイング)………………… 165
洪水(ハルト)…………………………… 187
折薔薇(レツシング)…………………… 199
女歌舞伎操一舞…………………………… 317
瑞西館(レオ・トルストイ)…………… 323
伝奇トーニー(キヨルネル)…………… 361
ふた夜(ハツクレンデル)……………… 379
舞姫………………………………………… 423
馬鹿な男(ツルゲエネフ)……………… 449
地震(クライスト)……………………… 453
悪因縁(クライスト)…………………… 473
埋木(シユビン)………………………… 513
該撒(ツルゲエネフ)…………………… 609
うきよの波(ステルン)………………… 615
*後記……………………………………… 639
 

第2巻 1971.12.22
 
うたかたの記………………………………… 1
文づかひ………………………………………27
黄綬章(ハツクレンデル)…………………49
懺悔記(ルウソオ)…………………………63
みくづ(ドオデエ)……………………… 117
女丈夫(フレンツエル)………………… 125
俘(レツシング)………………………… 151
ぬけうり(レルモントフ)……………… 189
即興詩人(アンデルセン)……………… 209
初版例言………………………………… 209
附録 即興詩人不翻語一覧…………… 596
*後記……………………………………… 597
 

第3巻 1972.1.22
 
はげあたま(コピツシユ)………………… 1
そめちがへ……………………………………33
西周伝…………………………………………45
山彦(ヒツペル)………………………… 137
玉篋両浦嶼………………………………… 177
玉篋両浦嶼自註………………………… 207
浦島の初度の興行に就て……………… 212
牧師(イブセン)………………………… 219
日蓮聖人辻説法…………………………… 267
朝寐………………………………………… 283
有楽門……………………………………… 293
宿命論者(レルモントフ)……………… 299
我君(シヨルツ)………………………… 313
短剣を持ちたる女(シユニツツレル)… 341
ソクラテエスの死(クレエゲル)……… 373
アンドレアス・タアマイエルが遺書(シユニツツレル)…… 383
出発前半時間(ヱデキント)…………… 393
父(シエエフエル)……………………… 453
いつの日か君帰ります(ルスト)……… 461
黄金杯(ワ゛ツセルマン)……………… 471
能久親王事蹟……………………………… 497
*後記……………………………………… 621
 

第4巻 1972.2.22
 
奥底(ヘルマン・バアル)………………… 1
花束(ズウデルマン)………………………43
牧師(ラアエルレエフ)……………………83
猛者(シユニツツレル)……………………97
わかれ(ホルツ,シユラアフ) ………… 127
痴人と死と(ホフマンスタアル)……… 141
顔(デエメル)…………………………… 161
リツヒヤルト・デエメルが澳地利労働者唱歌組合新聞に投ぜし自記の略伝…… 173
耶蘇降誕祭の買入(シユニツツレル)… 177
阿育王事蹟………………………………… 199
プルムウラ………………………………… 345
脚本「プルムウラ」の由来…………… 366
僧房夢(ハウプトマン)………………… 377
半日………………………………………… 457
仮面………………………………………… 483
ねんねえ旅篭(ヰイド)………………… 509
奇蹟(マアテルリンク)………………… 527
懇親会……………………………………… 575
追儺………………………………………… 585
魔睡………………………………………… 595
大発見……………………………………… 619
*後記……………………………………… 635
 

第5巻 1972.3.22
 
債鬼(ストリンドベルヒ)………………… 1
ヰタ・セクスアリス…………………………83
ジヨン・ガブリエル・ボルクマン(イブセン)…… 181
シユレンテルのボルクマン評………… 316
鶏…………………………………………… 327
建築師……………………………………… 361
金貨………………………………………… 367
団子坂……………………………………… 393
サロメ(ワイルド)……………………… 401
家常茶飯(リルケ)……………………… 455
附録 現代思想(対話)……………… 509
ライネル・マリア・リルケ著作目録… 516
金毘羅……………………………………… 519
静…………………………………………… 569
影…………………………………………… 589
影と形…………………………………… 598
秋夕夢(ダヌンチオ)………………… 601
*後記……………………………………… 647
 

第6巻 1972.4.22
 
負けたる人(シヨルツ)…………………… 1
午後十一時(ヰイド)………………………39
独身……………………………………………63
杯………………………………………………81
白(リルケ)…………………………………91
釣(アルテンベルヒ)…………………… 101
牛鍋………………………………………… 107
電車の窓…………………………………… 113
犬(アンドレイエフ)…………………… 123
人の一生(アンドレイエフ)…………… 135
木精………………………………………… 241
里芋の芽と不動の目……………………… 249
鴉(シユミツトボン)…………………… 259
青年………………………………………… 273
歯痛(アンドレイエフ)………………… 473
生田川……………………………………… 483
新脚本『生田川』について…………… 499
歌舞伎第百十七号『新脚本生田川』について…… 500
桟橋………………………………………… 501
聖ジユリアン(フロオベル)…………… 509
罪人(アルチバシエツフ)……………… 553
*後記……………………………………… 569
 

第7巻 1972.5.22
 
普請中………………………………………… 1
ル・パルナス・アンビユラン………………13
飛行機(シユトユツケン)…………………33
花子………………………………………… 187
うづしほ(ポオ)………………………… 199
あそび……………………………………… 231
死(アルチバシエツフ)………………… 251
笑(アルチバシエツフ)………………… 281
フアスチエス……………………………… 303
馬盗坊(シヨオ)………………………… 321
沈黙の塔…………………………………… 381
身上話……………………………………… 395
食堂………………………………………… 411
蛇…………………………………………… 423
一人舞台(ストリンドベルヒ)………… 443
パリアス(ストリンドベルヒ)………… 455
人力以上(ビヨルンソン)……………… 485
二髑髏(ミヨリスヒヨツフエル)……… 573
襟(ヂモフ)……………………………… 585
一匹の犬が二匹になる話(ベルジエエ)…… 597
*後記……………………………………… 609
 

第8巻 1972.6.22
 
カズイスチカ………………………………… 1
寂しき人々(ハウプトマン)………………19
さへづり…………………………………… 183
妄想………………………………………… 195
藤鞆絵……………………………………… 219
街の子(シユミツトボン)……………… 239
ロビンソン・クルソオ…………………… 331
塔の上の鶏(オイレンベルク)………… 343
世界漫遊(ダヰツト)…………………… 355
クサンチス(サマン)…………………… 375
薔薇(ヰイド)…………………………… 395
流行………………………………………… 409
板ばさみ(チリコフ)…………………… 423
なのりそ…………………………………… 453
心中………………………………………… 473
雁…………………………………………… 489
*後記……………………………………… 605
 

第9巻 1972.7.22
 
幽霊(イブセン)…………………………… 1
百物語……………………………………… 127
灰燼………………………………………… 147
手袋(ビヨルンソン)…………………… 235
みれん(シユニツツレル)……………… 343
樺太脱獄記(コロレンコ)……………… 487
女の決闘(オイレンベルク)…………… 561
*後記……………………………………… 577
 

第10巻 1972.8.22
 
己の葬(エヱルス)………………………… 1
冬の王(ランド)……………………………19
老曹長(リリエンクロオン)………………33
かのやうに……………………………………43
吃逆……………………………………………79
藤棚……………………………………………93
鎚一下……………………………………… 107
不思議な鏡………………………………… 121
僧院(フエルハアレン)………………… 137
汽車火事(キイゼル)…………………… 203
祭日(リルケ)…………………………… 215
駆落(リルケ)…………………………… 229
父と妹(シエエフエル)………………… 239
鼠坂………………………………………… 251
ヂオゲネスの誘惑(シユミツトボン)… 265
恋愛三昧(シユニツツレル)…………… 299
不可説(レニエエ)……………………… 403
 (ドストエウスキイ)………………… 413
正体(フオルミヨルレル)……………… 477
羽鳥千尋…………………………………… 519
田楽豆腐…………………………………… 543
破落戸の昇天(モルナル)……………… 557
興津弥五右衛門の遺書…………………… 571
十三時(ポオ)…………………………… 585
*後記……………………………………… 599
 

第11巻 1972.9.22
 
ギヨツツ(ギヨオテ)……………………… 1
ギヨツツ考………………………………… 217
田舎(プレヲオ)………………………… 281
阿部一族…………………………………… 309
ながし……………………………………… 353
老人(リルケ)…………………………… 375
夜の二場(ステエンホオフ)…………… 381
請願(エヱルス)………………………… 393
一人者の死(シユニツツレル)………… 403
馬丁(アレクセイ・トルストイ)……… 423
復讐(レニエエ)………………………… 463
猿(クラルテエ)………………………… 497
佐橋甚五郎………………………………… 507
最終の午後(モルナル)………………… 519
労働(シエエンヘル)…………………… 529
病院横町の殺人犯(ポオ)……………… 541
*後記……………………………………… 587
 

第12巻 1972.10.23
 
フアウスト(ギヨオテ)…………………… 1
フアウスト 第1部 ………………………17
フアウスト 第2部 …………………… 357
訳本フアウストに就いて……………… 875
不苦心談………………………………… 882
*後記……………………………………… 889
 

第13巻 1972.11.22
 
フアウスト考………………………………… 1
第1編 ギヨオテ前のフアウスト ………25
第1章 フアウスト伝説の起源 ………25
第2章 フアウスト本 …………………37
第3章 フアウスト本 …………………45
第4章 マルロオの悲壮劇 ……………53
第5章 ドイツのフアウスト劇 ………57
第6章 レツシングのフアウスト ……66
第2編 ギヨオテのフアウストの由来 …70
第1章 ギヨオテのフアウストの由来……70
第2章 旧稿 ……………………………80
第3章 続稿 ……………………………86
第4章 批評と興行と …………………91
第5章 完成 ………………………… 102
第3編 フアウストの解釈、第1部…… 111
第1章 薦むる詞、劇場にての前戯…… 111
第2章 天上の序言 ………………… 114
第3章 フアウストの第一の独言、地霊の出現、門人との対話…… 119
第4章 第二の独言、復活祭の歌 … 124
第5章 復活祭の日曜日、閭門の前…… 130
第6章 第三の独言、悪魔を呼ぶ呪、第一の対話、睡眠…… 135
第7章 第二の対話、呪詛と契約と、世界周遊の支度…… 140
第8章 賽フアウストと学生と …… 147
第9章 アウエルバハの酒店 ……… 151
第10章 魔女の厨…………………… 153
第11章 グレエトヘンの悲壮劇…… 156
第12章 離合………………………… 161
第13章 グレエトヘン悲壮劇とワレンチン悲壮劇と…… 164
第14章 ワルプルギスの夜………… 166
第15章 出山、牢屋………………… 174
第4編 フアウストの解釈、第2部…… 176
第1章 小天地より大天地に入る … 176
第2章 仮装舞、紙幣 ……………… 182
第3章 パリスとヘレネとの出現 … 187
第4章 グレシア旅行 ……………… 190
第5章 「古代のワルプルギスの夜」…… 193
第6章 ヘレネ悲壮劇 ……………… 205
第7章 アルカヂアの幽棲 ………… 214
第8章 新土開拓 …………………… 222
第9章 君主としてのフアウスト … 230
第10章 フアウストの勝利と死と、地獄天堂、澄清、不死…… 237
ギヨオテ伝………………………………… 247
附録 ギヨオテ伝年譜………………… 547
*後記……………………………………… 573
 

第14巻 1972.12.22
 
マクベス(シエエクスピイア)…………… 1
辻馬車(モルナル)……………………… 207
フロルスと賊と(クスミン)…………… 219
女がた……………………………………… 235
センツアマニ(ゴルキイ)……………… 267
刺絡(シユトロオプル)………………… 279
パアテル・セルギウス(レオ・トルストイ)…… 311
橋の下(ブテエ)………………………… 395
護持院原の敵討…………………………… 403
ノラ(イブセン)………………………… 441
聖ニコラウスの夜(ルモンニエエ)…… 587
防火栓(ヒルシユフエルド)…………… 613
*後記……………………………………… 621
 

第15巻 1973.1.22
 
大塩平八郎…………………………………… 1
稲妻(ストリンドベルヒ)…………………81
尼(ヰイド)……………………………… 155
堺事件……………………………………… 169
曽我兄弟…………………………………… 201
旧劇の未来……………………………… 236
旧劇を奈何すべきか…………………… 249
舞踏(フランス)………………………… 253
謎(ホフマンスタアル)………………… 263
安井夫人…………………………………… 545
毫光(レンジエル)……………………… 571
忘れて来たシルクハツト(ダンセエニ)…… 581
蛙(ミストラル)………………………… 599
父の讐(マアデルング)………………… 607
栗山大膳…………………………………… 623
山椒大夫…………………………………… 651
*後記……………………………………… 689
 

第16巻 1973.2.22
 
鑑定人(ブルヂエ)………………………… 1
津下四郎左衛門………………………………27
天寵……………………………………………63
二人の友………………………………………81
魚玄機……………………………………… 101
余興………………………………………… 121
ぢいさんばあさん………………………… 131
本家分家…………………………………… 143
最後の一句………………………………… 159
白衣の夫人(リルケ)…………………… 177
椙原品……………………………………… 207
高瀬舟……………………………………… 221
附高瀬舟縁起…………………………… 236
寒山拾得…………………………………… 239
附寒山拾得縁起………………………… 252
渋江抽斎…………………………………… 255
寿阿弥の手紙……………………………… 517
*後記……………………………………… 585
 

第17巻 1973.3.22
 
伊沢蘭軒……………………………………… 1
*後記……………………………………… 789
 

第18巻 1973.4.23
 
都甲太兵衛…………………………………… 1
鈴木藤吉郎……………………………………19
細木香以………………………………………65
小嶋宝素…………………………………… 105
北条霞亭…………………………………… 135
霞亭生涯の末一年………………………… 515
ペリカン(ストリンドベルヒ)………… 589
*後記……………………………………… 657
 

第19巻 1973.5.22
 
於母影………………………………………… 1
いねよかし(Lord Byron)……………… 5
月光(Nicolaus Lenau)…………………12
ミニヨン(Johann Wolfgang Goethe)…14
思郷(Karl Woermann) …………………16
笛の音(Joseph Victor von Scheffel)……17
あまをとめ(Heinrich Heine)…………32
花薔薇(Karl Gerock) …………………33
わかれかね(Justinus Kerner) ………33
鬼界島(平家物語)………………………34
わが星(失名)……………………………41
あしの曲(Lenau) ………………………43
あるとき(Eduard Ferrand)……………44
オフエリヤ(William Shakespeare) …47
マンフレツト(Byron) …………………49
曼弗列度(Byron) ………………………52
野梅(高青邱)……………………………58
別離(Scheffel)…………………………59
青邱子(高青邱)…………………………61
盗侠行(Wilhelm Hauff) ………………64
俤に就きて…………………………………67
長宗我部信親…………………………………69
長宗我部信親自註…………………………95
うた日記…………………………………… 101
うた日記………………………………… 103
自題…………………………………… 103
ねぎごと……………………………… 105
第二軍………………………………… 107
さくら………………………………… 111
でつくのひる………………………… 113
老船長………………………………… 115
浪のおと……………………………… 118
馬賊…………………………………… 120
梨のはな……………………………… 123
擡頭見喜……………………………… 125
いもの苗……………………………… 127
敵襲…………………………………… 130
けふのあらし………………………… 133
唇の血………………………………… 135
扣鈕…………………………………… 138
大野縫殿之助………………………… 140
あすのやぶれ………………………… 145
馬の影………………………………… 149
我馬痛めり…………………………… 150
罌粟・人糞…………………………… 153
かりやのなごり……………………… 156
払子賛………………………………… 159
黄禍…………………………………… 161
秋……………………………………… 163
ふた夜………………………………… 166
遼陽…………………………………… 169
ひくほまれ…………………………… 174
夢か現………………………………… 176
児啼く………………………………… 179
たまくるところ……………………… 182
ほりのうち…………………………… 184
ぷろしゆちやい……………………… 187
学校…………………………………… 190
新墓…………………………………… 192
ものの音……………………………… 194
石田治作……………………………… 197
小金井寿慧造を弔ふ………………… 203
乃木将軍……………………………… 205
犬の声………………………………… 210
巨 …………………………………… 215
朱果…………………………………… 217
春……………………………………… 223
満州翁草……………………………… 227
蛙……………………………………… 229
前途遼遠……………………………… 237
あこがれ……………………………… 240
胡桃…………………………………… 250
氷……………………………………… 252
古城堡………………………………… 254
せめては草…………………………… 261
隕石……………………………………… 265
十人…………………………………… 265
三騎…………………………………… 269
子もり歌……………………………… 272
喇叭…………………………………… 278
基督の木……………………………… 281
鼓手…………………………………… 284
みづうみ……………………………… 286
金鼓…………………………………… 288
一夜のやど…………………………… 289
夢がたり………………………………… 293
夢……………………………………… 293
蟋蟀…………………………………… 295
風と水と……………………………… 296
わが墓………………………………… 300
花園…………………………………… 302
笑……………………………………… 306
あふさきるさ…………………………… 309
無名草…………………………………… 317
写真…………………………………… 317
ねよわがこ…………………………… 321
えのしま……………………………… 323
ふみ…………………………………… 325
しこのるすきい……………………… 327
琥珀枕………………………………… 329
影……………………………………… 331
海……………………………………… 333
過現未………………………………… 339
沙羅の木…………………………………… 341
訳詩……………………………………… 353
Dehmel(デエメル)
海の鐘………………………………… 353
泅手…………………………………… 356
上からの声…………………………… 357
宗教…………………………………… 358
静物…………………………………… 359
闘鶏…………………………………… 360
鎖……………………………………… 363
夏の盛………………………………… 365
夜の祈………………………………… 366
Morgenstern(モルゲンステルン)
月出…………………………………… 367
Klabund(クラブンド)
前口上………………………………… 369
己は来た……………………………… 371
イギリスの嬢さん達………………… 372
泉……………………………………… 373
熱……………………………………… 374
物語…………………………………… 375
又〔物語〕…………………………… 378
神のへど……………………………… 379
川は静に流れ行く…………………… 380
ガラスの大窓の内に………………… 382
以碑銘代跋…………………………… 384
Bjornson(ビヨルンソン)
鷲の巣………………………………… 385
Gluck(グルツク)
オルフエウス………………………… 392
Schottelius(シヨツテリウス)
アテネ人の歌………………………… 416
沙羅の木………………………………… 417
沙羅の木……………………………… 417
日下部………………………………… 418
朝の街………………………………… 419
雫……………………………………… 420
都鳥…………………………………… 422
三枚一銭……………………………… 425
旗ふり………………………………… 427
火事…………………………………… 429
モデエル……………………………… 431
後影…………………………………… 432
かるわざ……………………………… 433
空洞…………………………………… 435
人形…………………………………… 438
海のをみな…………………………… 439
直言…………………………………… 445
我百首…………………………………… 447

のばら……………………………………… 459
蘭花 を贈られし返し…………………… 460
東西南北に題す…………………………… 461
問答のうた………………………………… 462
筆…………………………………………… 463
遠近………………………………………… 465
ふたり……………………………………… 466
燈…………………………………………… 467
無題………………………………………… 469
小犬………………………………………… 470
箱入娘の歌………………………………… 472
火…………………………………………… 474
鴎…………………………………………… 476
三越………………………………………… 477
試作団栗…………………………………… 479
横浜市歌…………………………………… 481
横浜市歌に就いて……………………… 482
美沢校長彰徳歌…………………………… 483
火の娘題詞………………………………… 484
義太夫新論題詞…………………………… 486
泥より空へ………………………………… 488
常談………………………………………… 489
遣つて見ろ………………………………… 491
子供の詩…………………………………… 492
不貪生……………………………………… 493
光の酔……………………………………… 494
珠玉抄題辞………………………………… 497
横浜商業学校校歌………………………… 498
浜松市歌…………………………………… 500
行進歌…………………………………… 501
短歌
一刹那……………………………………… 513
舞扇………………………………………… 515
潮の音……………………………………… 517
奈良五十首………………………………… 523
常磐会詠草………………………………… 527
俳句…………………………………… 557
漢詩…………………………………… 573
*後記……………………………………… 617
 

第20巻 1973.6.22
 
年譜…………………………………………… 1
即非年譜…………………………………… 3
原田直次郎年譜……………………………10
大下藤次郎年譜……………………………13
伊藤左千夫年譜稿…………………………18
帝謚考…………………………………………27
元号考……………………………………… 163
帝室博物館書目解題……………………… 429
帝室博物館蔵書人名抄…………………… 585
南都小記…………………………………… 699
武鑑書入…………………………………… 733
金銀銅価考………………………………… 796
*後記……………………………………… 797
 

第21巻 1973.7.23
 
審美論………………………………………… 1
印度審美説……………………………………59
審美新説………………………………………67
洋画手引草………………………………… 143
審美綱領…………………………………… 211
審美綱領の批評に対する森鴎外氏の書翰…… 351
審美綱領の批評に対する森鴎外氏の第二書…… 354
審美史綱…………………………………… 357
審美極致論………………………………… 385
審美仮象論………………………………… 465
情学は以て科学として立するに足るか… 497
*後記……………………………………… 503
 

第22巻 1973.8.22
 
医学の説より出でたる小説論……………… 1
洋箏断絃……………………………………… 3
平仄に就きて………………………………… 4
再び平仄に就きて………………………… 4
三たび平仄に就きて……………………… 6
東漸雑誌に就きて巌々生に言ふ…………… 8
文学と自然と………………………………… 9
再び自然を崇拝する人にいふ……………14
堀出し物を読みて……………………………16
文学上の創造権………………………………18
大学の自由を論ず……………………………19
西人ノ虚辞、我ヲ誣詆ス……………………23
しがらみ草紙の本領を論ず…………………27
演劇改良論者の偏見に驚く…………………30
再び劇を論じて世の評家に答ふ……………35
菩提樹畔逍遥の評……………………………54
シルレルが医たりし時の事を記す…………56
柵草紙と劇と…………………………………64
今の諸家の小説論を読みて…………………65
観馬台の展画会………………………………83
読売新聞の解停を祝す………………………87
今の批評家の詩眼……………………………89
国民新聞発刊の祝辞に代へて…………… 103
演劇場裏の詩人…………………………… 104
小野篁に就きて…………………………… 120
忍月居士の江湖新聞社に入るを祝して… 121
又又饒舌…………………………………… 122
言文論……………………………………… 139
読罪過論…………………………………… 148
報知異聞に題す…………………………… 155
舞姫に就きて気取半之丞に与ふる書…… 158
再び気取半之丞に与ふる書…………… 164
堅契………………………………………… 173
堅契のすぢ……………………………… 173
外山正一氏の画論を駁す………………… 175
美術論場の争闘は未だ其勝敗を決せざる乎…… 208
外山正一氏の画論を再評して諸家の駁説に旁及す…… 211
林忠正氏の演説…………………………… 228
白湯………………………………………… 230
肖像に添へて国民新聞社に寄する書…… 231
徳富蘇峰氏に答ふる書…………………… 235
油画皹裂…………………………………… 237
石桂堂の逸事……………………………… 238
みちの記…………………………………… 243
報知記者の人種相忌の説………………… 251
想起録……………………………………… 253
「パノラマ」の事に就きて某に与ふる書…… 256
原田直二郎に与ふる書…………………… 260
文海の藻屑………………………………… 264
空像記に就きて…………………………… 274
解停の日に国民新聞社に寄す…………… 276
自由新聞の歌人に問ふ…………………… 277
星亨氏の独逸帝国の未来………………… 279
露小袖の評を見て………………………… 281
路功処士といふ奇異なる外形論者……… 282
答忍月論幽玄書…………………………… 286
忍月が再び我に答ふる書を見て……… 295
狂癲の二字………………………………… 300
少年文学に題す…………………………… 303
矢野文雄氏と九鬼隆一氏との美術論…… 304
文使に就きて忍月居士に与ふる書……… 310
再び忍月居士に与ふる書……………… 311
三たび忍月居士に与ふる書…………… 313
四たび忍月居士に与ふる書…………… 314
埋木に就きて……………………………… 316
こわれ指環の評…………………………… 317
演芸協会の事につきて忍月居士に告ぐ… 318
演芸協会の事につきて再び忍月居士に告ぐ…… 320
美術世界題言……………………………… 323
読醜論……………………………………… 324
醜美の差別……………………………… 330
天皷………………………………………… 336
和文消息全書……………………………… 337
作文初問 三之逕合巻…………………… 338
戯曲の翻訳法を説いて或る批評家に示す…… 340
毒舌………………………………………… 347
朗読法につきての争……………………… 351
上野公園の油画彫刻会…………………… 359
レツシングが事を記す…………………… 371
欧洲の劇場………………………………… 387
熊谷直好と八田知紀と…………………… 391
麻布閑人に答ふる文……………………… 394
「尺牘数則」後語……………………… 396
逍遥子の朗読説…………………………… 397
木堂学人が文のはなし…………………… 403
おなじ人の文の死活…………………… 405
学堂居士の文話…………………………… 406
山房拊掌談………………………………… 409
山房放語…………………………………… 439
観潮楼偶記 その1 ……………………… 471
*後記……………………………………… 535
 

第23巻 1973.9.22
 
柵草紙の山房論文…………………………… 1
逍遥子の諸評語…………………………… 3
早稲田文学の没理想………………………17
早稲田文学の没却理想……………………25
逍遥子と烏有先生と………………………32
早稲田文学の後没理想……………………56
エミル、ゾラが没理想……………………84
詩話一則………………………………………88
美妙斎主人が韻文論…………………………90
シルレル伝………………………………… 106
与芝廼園論粋書…………………………… 123
はなむけ…………………………………… 137
烈真具に題す……………………………… 138
自評についての異議……………………… 139
公衆とは何物…………………………… 152
匿名……………………………………… 153
正太夫一たび漣を難ず………………… 154
正太夫再び漣を難ず…………………… 155
正太夫三たび漣を難ず………………… 156
差出口…………………………………… 157
柵山人が自評説………………………… 158
少年学士の序……………………………… 160
思軒居士が耳の芝居目の芝居…………… 162
弥生舘の油画彫刻会……………………… 179
読日本新聞西洋技術家論………………… 188
朗月斎主人に与ふる書………………… 190
観潮楼偶記 その2 ……………………… 195
判断力の評……………………………… 195
独逸の文学年報………………………… 196
独逸の劇場年報………………………… 196
新詩料…………………………………… 196
仏蘭西の職工文人……………………… 197
伯霊の展画館…………………………… 197
トルストイが一著述…………………… 197
エツダの純駁…………………………… 198
答俳優某論自憑書………………………… 199
癸巳の歳旦歌舞伎新報社主に与ふる書… 203
淮南子の道応訓…………………………… 205
答無名氏論柵草紙書……………………… 207
鑒轍録……………………………………… 216
答某論劇評故実書………………………… 220
春雨傘の評………………………………… 222
学園花壇の評……………………………… 224
与某等論型品書…………………………… 226
告彫造家檄……………………………… 228
答評劇者某論夢幻劇書…………………… 231
ヱルテルの訳者…………………………… 236
旅順口の芝居……………………………… 237
我国洋画の流派に就きて………………… 239
再び洋画の流派に就きて……………… 241
西洋芝居の番附…………………………… 245
洋画南派…………………………………… 249
独逸の新戯曲……………………………… 253
青年小説評判……………………………… 255
劇品劇評…………………………………… 257
西楽と幸田氏と…………………………… 258
彫刻………………………………………… 262
園芸小考…………………………………… 267
よもの山…………………………………… 276
南派原委…………………………………… 286
句読のいろいろ…………………………… 291
月草叙……………………………………… 294
月草目次…………………………………… 302
月草索引…………………………………… 308
丙申秋季画評……………………………… 314
鷸 掻……………………………………… 325
三人冗語…………………………………… 459
觚 ………………………………………… 523
*後記……………………………………… 559
 

第24巻 1973.10.22
 
雲中語………………………………………… 1
新小説各評………………………………… 436
西洋定芝居の始…………………………… 438
歌舞伎座合評……………………………… 442
標新領異録………………………………… 473
村井長庵巧破傘………………………… 473
好色一代女……………………………… 496
水滸伝…………………………………… 525
浮世道中膝栗毛………………………… 559
神霊矢口渡……………………………… 576
琵琶記…………………………………… 598
劇場の大さ………………………………… 623
復平子尚…………………………………… 636
*後記……………………………………… 639
 

第25巻 1973.11.22
 
智恵袋………………………………………… 1
雲中独語………………………………………55
山口古菴………………………………………91
我をして九州の富人たらしめば……………93
キツプリング…………………………………99
久留米彫画家伝…………………………… 102
トルストイ………………………………… 105
ハウプトマン……………………………… 115
選例………………………………………… 120
鴎外漁史とは誰ぞ………………………… 122
原田直次郎………………………………… 129
心頭語……………………………………… 136
補色………………………………………… 210
読者諸君に告げ奉る辞…………………… 211
カルヅツチイ……………………………… 215
潦休録……………………………………… 218
霽行記……………………………………… 226
雲峯評……………………………………… 229
フリイドリヒ・パウルゼン氏倫理説の梗概…… 230
小包郵便物に就て………………………… 238
マリイ・フオン・エプネル・エツシエンバハ…… 240
倫理学説の岐路…………………………… 243
小倉安国寺の記…………………………… 251
小倉安国寺古冢の記……………………… 253
人主策……………………………………… 255
続心頭語…………………………………… 267
見聞のまゝ………………………………… 275
和気清麻呂と足立山と…………………… 276
再び和気ノ清麻呂と足立山との事に就きて…… 279
ハムレツトと烏鶏国太子と……………… 285
マアテルリンクの脚本…………………… 287
ミセス、パアトリツク、カンベル……… 304
芸文題辞…………………………………… 306
卒堵婆小町合評…………………………… 308
俳優学校の必要を論ず…………………… 325
金色夜叉上中下篇合評…………………… 330
きつねはな………………………………… 334
万年艸題辞………………………………… 335
芸文巻第一評語集………………………… 336
心中万年艸合評…………………………… 345
袈裟と王旻が妻と………………………… 393
芸文巻第二評語集………………………… 395
万年艸巻第一評語集……………………… 405
倶舎論達意中の洋説……………………… 416
新社会合評………………………………… 418
唐土一代男………………………………… 437
万年艸第二評語集………………………… 440
明治座の「オセロ」……………………… 451
革財布の出典……………………………… 455
慧語………………………………………… 457
マクシイム・ゴルキイ…………………… 470
金金先生栄華夢の大悲千録本合評……… 474
公平新聞…………………………………… 492
人種哲学梗概……………………………… 501
黄禍論梗概………………………………… 535
*後記……………………………………… 569
 

第26巻 1973.12.22
 
妄人妄語……………………………………… 1
鴎外君の壷阪談………………………………23
情死……………………………………………24
「言語の起原」附記…………………………26
万年艸巻三至巻九評語集……………………29
近世の独逸文学………………………………34
故落合直文君に就て…………………………37
独逸ズウデルマンの脚本に就て……………42
諸新聞の日蓮評………………………………43
批評家の無学…………………………………45
営口で獲た二書の解題………………………46
奉天の一劇場…………………………………48
歌舞伎第六十一号……………………………49
ゲルハルト、ハウプトマン…………………51
女子と美術教育…………………………… 139
助六は下劣か……………………………… 141
オェディプスとスフィンクスと………… 143
歌劇のことども…………………………… 146
王の子供達………………………………… 149
脚本「ミツトメンシユ」の粗筋………… 159
脚本「シラノ・ド・ベルジユラツク」の粗筋…… 169
手宮彫文集説……………………………… 241
高粱………………………………………… 243
得利寺……………………………………… 246
雑事………………………………………… 248
エドモン・ロスタンが事………………… 252
脚本「サロメ」の略筋…………………… 254
ハウプトマンが近作二種………………… 262
仮名遣意見………………………………… 270
門外所見…………………………………… 293
夜なかに思つた事………………………… 298
ユリウス・バアブの戯曲論……………… 302
混沌………………………………………… 319
懸賞小説を読みて………………………… 324
私が十四五歳の時………………………… 326
鸚鵡石……………………………………… 328
当流比較言語学…………………………… 338
長谷川辰之助……………………………… 343
最近独逸脚本梗概………………………… 351
第1 ARTHUR SCHNITZLER.……………… 351
第2 HUGO VON HOFMANNSTHAL.………… 358
第3 MAX HALBE.………………………… 361
第4 FRANK WEDEKIND. ………………… 365
仏国滑稽画家……………………………… 375
古稀庵記…………………………………… 378
原田の記念会……………………………… 380
再び原田の記念会に就いて…………… 382
余談……………………………………… 384
予が立場…………………………………… 391
二三の脚本の筋書………………………… 394
復讐の神  SCHALOM ASCH…………… 394
SABBATAI ZEWI SCHALOM ASCH ……… 395
DER KRAMPUS HERMANN BAHR SCHALOM ASCH…… 395
黄なる鴬  SCHALOM ASCH…………… 396
FAUN SCHALOM ASCH…………………… 396
解脱倶楽部  SCHALOM ASCH………… 396
先生  SCHALOM ASCH………………… 397
街道  WILHELM SCHMIDT‐BONN……… 397
VON GLEICHEN伯  WILHELM SCHMIDT‐BONN…… 398
CONSTANZ市の猶太人  WILHELM VON SCHOLZ…… 399
客  WILHELM VON SCHOLZ…………… 400
MEROE WILHELM VON SCHOLZ ………… 401
紐  AUGUST STRINDBERG …………… 401
PARIA AUGUST STRINDBERG…………… 402
SAMUM AUGUST STRINDBERG…………… 402
強者  AUGUST STRINDBERG ………… 402
髑髏舞  AUGUST STRINDBERG ……… 403
組合の秘密  AUGUST STRINDBERG … 403
2×2=5 GUSTAV WIED………………… 404
TUMMELUMSEN GUSTAV WIED…………… 405
帳消  GUSTAV WIED ………………… 405
記念祭  GUSTAV WIED ……………… 405
主の友達  GUSTAV WIED …………… 406
中心  GUSTAV WIED ………………… 406
死  GUSTAV WIED …………………… 406
夏目漱石論………………………………… 407
早稲田派論………………………………… 409
鴎外森博士と語る………………………… 411
第一回応募脚本の選抜に就いて………… 414
逝けるラーベ氏…………………………… 417
一幕物の流行した年……………………… 419
鼎軒先生…………………………………… 421
文芸の主義………………………………… 424
島村君について…………………………… 426
俳句と云ふもの…………………………… 428
坪内逍遥君………………………………… 431
与謝野晶子さんに就いて………………… 433
能について………………………………… 434
戯曲梗概四十七種………………………… 435
奥底 ヘルマン・バアル……………… 435
再生 サルテン………………………… 435
人生の真面目 サルテン……………… 436
FESTENBERG伯 サルテン……………… 436
グリゼルダ ハウプトマン…………… 436
片隅にての幸福 ズウデルマン……… 438
花の舟 ズウデルマン………………… 439
薔薇の女(光の紐) ズウデルマン… 440
花束 ズウデルマン…………………… 440
最終の訪問 ズウデルマン…………… 441
遠目の姫君 ズウデルマン…………… 441
浮世 ウエデキンド…………………… 442
母等 ヒルシユフエルド……………… 442
ミイチエとマリヤと ヒルシユフエルド…… 443
王国 カアル・シエエンヘル………… 443
土地 カアル・シエエンヘル………… 444
ワイガント シユラアフ……………… 444
フアミリエ、ゼエリツケ ホルツ、シユラアフ…… 445
貴族的社会主義者 アルノオ・ホルツ…… 445
青き山 マツクス・ハルベ…………… 445
滅亡 エミイル・ルウドヰツヒ……… 446
拿破崙 エミイル・ルウドヰツヒ…… 446
道化役タントリス エルンスト・ハルト…… 446
無頼徒 オルゾオゲ…………………… 447
馬鹿げた世の中 オツトオ・ヒンネル…… 448
家常茶飯 リルケ……………………… 448
黄金 パウル・エルンスト…………… 448
シヤロレエ伯 ベエル・ホフマン…… 448
フイオレンツア トオマス・マン…… 449
旗供養 Joseph Ruederer …………… 450
Wolkenkuckucksheim Joseph Ruederer…… 450
バツカラアト ベルンスタイン……… 451
賊 ベルンスタイン…………………… 451
婚礼 エミイル・ストラウス………… 451
Hinrich Lornsen Erich Schlaikjer… 452
社会の外 Erich Schlaikjer………… 452
Ninon de L'Enclos フリイドリヒ・フレクサ…… 452
シヤントクレエル ロスタン………… 453
各川の水(鰥夫の家) シヨオ……… 453
武器と人 シヨオ……………………… 454
カンデイダ シヨオ…………………… 454
悪魔の書生 シヨオ…………………… 454
人と超人と シヨオ…………………… 455
理想の夫 オスカア・ワイルド……… 455
アアネストなることの重要 オスカア・ワイルド…… 456
IGNIS SANAT アンドレエエフ………… 457
悪魔 フランツ・モルナル…………… 457
年頭所感に代へて………………………… 458
サフラン…………………………………… 459
戴冠詩人…………………………………… 463
ハアゲマン………………………………… 466
北遊記……………………………………… 474
小さい本…………………………………… 490
「モリエール物語」解説………………… 492
翻訳に就いて……………………………… 497
亡くなつた原稿…………………………… 500
歴史其侭と歴史離れ……………………… 508
オヂツセウスの弓………………………… 512
西洋脚本の幕切…………………………… 515
松村夫人に………………………………… 518
盛儀私記…………………………………… 521
日本種痘の恩人…………………………… 533
独逸の絵画………………………………… 535
独逸の彫刻………………………………… 537
空車………………………………………… 539
なかじきり………………………………… 543
観潮楼閑話………………………………… 546
礼儀小言…………………………………… 552
某氏意見書の概評………………………… 568
随筆六則…………………………………… 570
古い手帳から……………………………… 573
独文の諸篇………………………………… 622
*後記……………………………………… 623
 

第27巻 1974.1.22
 
椋鳥通信……………………………………… 1
椋鳥通信拾遺…………………………… 841
水のあなたより…………………………… 855
海外通信…………………………………… 915
*後記……………………………………… 923
 

第28巻 1974.2.22
 
病室著色の事………………………………… 1
徳停府ニ負傷者運搬演習ヲ観ルノ記……… 3
石黒軍医監に上る書の一節…………………10
日本兵食論大意………………………………11
独逸留学森一等軍医ヨリ石黒軍医監ヘ送レル手翰……19
軍医学新著ノ要領……………………………22
独逸国留学森林太郎君ノ寄書………………36
陸軍医事年報編纂法中改良を要する点……41
日本家屋説自抄………………………………42
在伯林森一等軍医報告………………………49
偕行社にて衛生部将校に告ぐるの一節……50
軍医学舎右翼の結構に関する意見…………51
横井軍医長に答ふ……………………………52
再び横井軍医長に答ふ……………………52
三たび横井軍医長に答ふ…………………53
四たび横井軍医長に答ふ…………………54
五たび横井軍医長に答ふ…………………72
病牀日誌其他の艸案を閲す…………………74
脚気病原の検索………………………………75
別天過侠氏の書簡……………………………76
非日本食論ハ将ニ其根拠ヲ失ハントス……78
読々非日本食論将失其根拠論………………90
読食物論第一…………………………………92
木桃数顆…………………………………… 101
マツケンヂーノ解嘲ヲ読ム……………… 103
将来ノ煖室炉……………………………… 106
煖室炉ハ空気ヲ乾カスヤ否……………… 110
陸軍軍医学会雑誌校正者附記…………… 111
消毒ノ実行………………………………… 116
伝染病分類図……………………………… 126
市区改正ハ果シテ衛生上ノ問題ニ非サルカ…… 129
寸鉄学士…………………………………… 145
肺労予防法之一案………………………… 148
エミル、ドユ、ボア、レーモンノ伝…… 151
 狗毒種接院ヲ開クノ記………………… 167
日本医学の未来を説く…………………… 169
小池学士ノ中外医事新報社員ニ与フル書ヲ読ム…… 171
拝焉王国陸軍衛生部諸装置ノ略記……… 175
逸温計……………………………………… 185
産科攬要…………………………………… 186
千載ノ一遇………………………………… 188
軍陣流行病及ビ其他ノ伝染病ヲ攻撃スルノ方策…… 189
ペツテンコーフエル師ノ七十誕辰……… 204
ペツテンコーフエルノ逸事……………… 207
水瓦斯ノ害ニ就テ………………………… 216
医学統計論題言…………………………… 217
統計ニ就テ………………………………… 222
統計ニ就テノ分疏………………………… 227
統計三家論を読む………………………… 243
答今井武夫君……………………………… 248
読第三駁議。寄今井武夫君。用鴎外漁史韻。…… 249
「三タビ統計ニ就テ」ヲ読ム…………… 250
統計ノ訳語ハ其定義ニ負カズ…………… 255
鍼学新論…………………………………… 276
鉄ノ新定量法……………………………… 278
コツホ師印度紀行抄……………………… 279
陸軍衛生教程……………………………… 305
独文の諸篇………………………………… 592
*後記……………………………………… 593
 

第29巻 1974.4.22
 
衛生新誌の真面目…………………………… 1
服乳の注意…………………………………… 7
売笑の利害……………………………………15
「人間の製法」題言…………………………19
ルーソーガ少時ノ病ヲ診ス…………………20
先天心異形ノ一症……………………………27
物理学粋………………………………………31
皮膚病梅毒論…………………………………33
薩摩イー、エムノ心術ヲ怪ム………………35
独逸軍医総監ノ諧謔…………………………38
独逸軍医総監六十年勤務祝典ノ景况………40
女子の衛生……………………………………48
嗚呼ソイカ逝く………………………………52
「アルフアー、オキシユ、ナフトエ」酸ノ薬用……53
外科之不幸……………………………………54
咄々怪事………………………………………56
ベツケル阻業ノ医断…………………………60
創傷ニ基ケル操業及興産ノ能不能ヲ決断スル法……65
新纂薬物要論……………………………… 130
ハー、マルチン穏婆制度改良意見……… 132
リツヒヤルド、ゲシヤイドレン之伝…… 137
新刊医会雑誌の略評……………………… 139
靴?屐?…………………………………… 141
外情の事を録す…………………………… 154
吾局ノ文壇ハ又タ一将ヲ得タリ………… 157
陸軍軍医学会雑誌「抄録」欄記事……… 161
近著略評…………………………………… 164
ホフマン焚尸滅跡考……………………… 166
猶太教徒ノ裁判医学……………………… 169
瘧ノ寄生物………………………………… 171
吾独リ其人ヲ惜ム………………………… 175
病院………………………………………… 176
時事新報は医者の何者たるを知らず…… 185
脳髄ト文明………………………………… 187
臨蓐消毒…………………………………… 190
裁判医ノ文ハ宜シク簡ナルヘシ………… 193
新僧医……………………………………… 196
法医ノ自由………………………………… 199
希臘羅馬人ノ法医学……………………… 202
書痢ノ説…………………………………… 203
人身自焚ノ事ヲ弁ズ……………………… 206
「ヴエストゴーテン」ノ法医学………… 218
蛋白ノ需要ヲ顧慮シツヽ混和食ト浄素食トノ営養ヲ比較探討ス…… 220
麺包料中ノ毒実ヲ論ジテ其毒ヲ滅スル法ニ及ブ…… 232
焼灰中ノ血ノ疑アルモノヽ検査………… 242
医事新聞ニ就テ…………………………… 244
日本医学会論……………………………… 247
第一回日本医学会と東京医事新誌と…… 262
第一回日本医学会余波の論……………… 274
夢…………………………………………… 285
炭酸の毒に就て…………………………… 287
中沢藤四郎君ノ問ニ就テ………………… 290
匈女の衛生………………………………… 292
溺死ノ新実験……………………………… 302
僂麻質斯樣病史補………………………… 303
衛生都城の記……………………………… 306
敢て天下の医士に告く…………………… 333
精神啓微ノ評……………………………… 337
僂麻質斯の話……………………………… 346
公娼廃後の策奈何………………………… 350
「公娼廃後策」の原材…………………… 374
公娼廃後策とフリイドリヒ、ザンデルと…… 382
悪声………………………………………… 385
ひらき封一通…………………………… 389
悪声絶…………………………………… 390
市区改正論略……………………………… 391
医の意匠にて建てし新療院……………… 395
千八百八十九年伯林府の窒扶斯疫……… 405
裁判医学上の近聞数則…………………… 411
癆症伝染統計の異議……………………… 413
労症の預防につきて……………………… 415
 ………………………………………… 423
医事新論第5・7号「雑纂」欄記事……… 425
医事新論第5号「群載」欄記事 ………… 431
「亜鉛食器ニ関スル問題」附記………… 438
屋制新議…………………………………… 440
屋式略説…………………………………… 449
大日本私立衛生会懇親会の記…………… 454
地下の蘭化が心…………………………… 456
独逸の文…………………………………… 457
所謂、和漢方医…………………………… 458
今之漢医其術之忠臣論…………………… 459
近視の由りて来る所……………………… 460
消毒雑説四則……………………………… 464
衛生偶記二則……………………………… 466
会心録……………………………………… 468
「コロボツクグル」といふ矮人の事を言ひて人類学者坪井正五郎大人に戯ふる…… 484
独逸北派の防疫意見……………………… 497
独逸南派の防疫意見……………………… 500
国際衛生会と国際防疫法と……………… 504
公衆衛生略説……………………………… 514
南留別志鈔………………………………… 529
防虎列拉法………………………………… 532
満場賛成…………………………………… 537
消毒的清潔法……………………………… 538
製薬者の医学博士………………………… 539
利己主義…………………………………… 540
津田真道氏………………………………… 541
数種の麻酔剤の蛋白の分解に及ぼす影響…… 542
反省記……………………………………… 555
望聞問切…………………………………… 557
劇場の雛形………………………………… 559
春雨猶沢あり、之に漏るゝは誰ぞ……… 563
東京医会の悪賓に逢へる………………… 566
中央衛生会………………………………… 567
唯清なれ、唯廉なれ、…………………… 568
S、F、学士の女医を罵りたる…………… 569
女薬剤師…………………………………… 570
刑法中の医事……………………………… 571
墓田………………………………………… 572
衛生療病志第10号「雑纂」欄記事……… 576
防疫奇蹟…………………………………… 583
*後記……………………………………… 585
 

第30巻 1974.5.29
 
第十回国際医学会…………………………… 1
顕微斎漫録……………………………………25
携帯糧食略考…………………………………39
結核療法の急報………………………………42
コツホ氏の肺労新療法の急報……………51
肺結核治療法に付き弁駁…………………52
治労余聞………………………………………53
治労続聞………………………………………66
コツホに継で出でたる発明者………………97
内科会にて結核素の評判……………………99
コツホの新療法につきて起りし仮名文字の説…… 102
熊谷幸之輔君……………………………… 105
学友月旦…………………………………… 113
賀古鶴所伝………………………………… 114
書池好夫与石黒軍医監薦予書後………… 115
北里柴三郎氏の近業……………………… 116
彫玉飛屑…………………………………… 119
春雨雑誌の記者に告ぐ…………………… 122
棒喝………………………………………… 124
ロオベルト、コツホが伝………………… 128
衛生学大意………………………………… 156
弁妄………………………………………… 188
命の友に望む……………………………… 190
明治二十四年改訂陸軍衛生学教程に就ての意見…… 191
森林太郎氏が履歴の概略………………… 194
独逸医界近事……………………………… 199
汽車中衛生法新議………………………… 205
玉勝間抄…………………………………… 210
太古及上古衣食住説……………………… 216
壁湿ノ検定………………………………… 220
第十回国際医学会の衛生部……………… 249
第十回国際医学会の軍陣衛生部………… 310
ランゲンブツホ等が結核素を用ゐて得たる効験…… 348
衛生療病志第22号「雑纂」欄記事……… 354
結核素に就きての続報…………………… 360
ヰルヒヨオが七十誕辰…………………… 375
細胞病理論の現地位……………………… 379
欧羅巴医界近事…………………………… 387
英国衛生制度略…………………………… 406
嗚呼ヰルヘルム、ロオト逝きぬ………… 413
英国軍医制度……………………………… 420
緒方正規に与ふる書……………………… 431
「ツベルクリン」験績一覧……………… 433
ペツテンコオフエル 菌を食ふ………… 441
造家衛生の要旨…………………………… 446
傍観機関…………………………………… 459
 々子に告ぐ……………………………… 593
諸種ノ牛肉罐詰ノ成分ニ就テ…………… 594
氷 ノ利用試験…………………………… 597
東京市中ニ販売セル牛乳中ノ牛糞ニ就テ…… 603
便利醤油ニ就テ…………………………… 605
青山の性行誤伝せらる…………………… 612
徂征余録…………………………………… 613
*後記……………………………………… 625
 

第31巻 1974.7.29
 
衛生新篇(上)……………………………… 1
総論………………………………………… 9
沿革…………………………………………16
生活…………………………………………24
栄養…………………………………………34
食品及嗜品…………………………………94
空気……………………………………… 331
気候……………………………………… 350
風土服合………………………………… 402
衣服……………………………………… 458
都市……………………………………… 562
*後記……………………………………… 583
 

第32巻 1974.8.30
 
衛生新篇(下)……………………………… 1
除穢…………………………………………15
種族…………………………………………88
生育……………………………………… 103
病院……………………………………… 242
俘囚……………………………………… 276
舟車……………………………………… 286
飛行船及飛行機………………………… 308
労作……………………………………… 330
工業……………………………………… 344
防疫……………………………………… 474
疫種……………………………………… 525
度量衡及温度改算表…………………… 640
*後記……………………………………… 643
 

第33巻 1974.10.22
 
日清役自紀…………………………………… 1
台湾総督府医報草藁……………………… 103
携帯糧食審査に関する第一報告………… 117
河漏、黒児、湯餅、索麪ノ体内利用試験…… 151
徒歩兵負担量に関する調査中の疑点に対する弁明二条…… 157
公衆医事緒言……………………………… 159
三島通良氏に質す………………………… 161
医士法案評………………………………… 164
医 不可課税論…………………………… 174
内科学風論………………………………… 181
業式………………………………………… 188
兵役篇…………………………………… 222
兵餉篇…………………………………… 299
芸用解体学………………………………… 327
公衆医事第2巻第1・2号「彙報」欄記事…… 569
陸軍医科大学攷…………………………… 578
同感と慈悲と……………………………… 584
慈善……………………………………… 587
十徳小言…………………………………… 594
学会大合同の疑…………………………… 600
学会及雑誌の合同……………………… 603
甘瞑の説…………………………………… 605
医閥とは何だ……………………………… 609
医閥とは何だとは何だとは何だ……… 612
自転車ノ費力算式………………………… 614
納凉生どのよ……………………………… 621
探穴説……………………………………… 623
松山誠二氏の説を駁す…………………… 625
赤十字条約並ニ其略評…………………… 628
学校と伝染病と…………………………… 636
明治医会を興さんが為めに全国医師諸君に檄す…… 668
明治三十二年七月第十二師団巡視紀事… 669
ベルツ氏談話中軍事及政治ニ関スル事件大略…… 673
北里と中浜と……………………………… 675
ペスト預防談……………………………… 679
ガルの学説………………………………… 682
普通教育の軍人精神に及ぼす影響……… 698
西班牙国首都売婬制度…………………… 706
戦時糧餉談………………………………… 723
軍医部長談話……………………………… 727
明治三十三年十二月二十日臨時軍医部会議々事中部長口演…… 732
巴里開設第十国際衛生及民勢学会の報告を読みて感あり…… 737
*後記……………………………………… 741
 

第34巻 1974.11.22
 
大戦学理 巻の壱 巻の弐………………… 1
戦論序…………………………………… 159
戦論 巻の参(草稿断片)…………… 161
脚気減少は果して麦を以て米に代へたるに因する乎…… 165
水の説……………………………………… 169
衛生学上進歩要略………………………… 180
明治三十四年軍医部長巡閲所見要略…… 207
地方官諸君に告ぐ………………………… 212
北清事件の一面の観察…………………… 216
洋学の盛衰を論ず………………………… 221
陸軍衛生部士官学術研究会の実施方法に関する所見…… 229
明治三十五年第一師管徴兵検査視察所見…… 233
百斯篤病略説……………………………… 237
台湾守備兵ニ諭ス………………………… 244
衛生談……………………………………… 245
千八百十二年拿破崙第一世露国侵入時の軍隊病類…… 253
露国戦役年表……………………………… 275
防寒略説…………………………………… 281
露国人の防寒法…………………………… 288
第二軍軍医部長臨時報告………………… 293
凍冱仮死ノ一実 ………………………… 543
冬期作業準備品報告……………………… 545
冬季医療勤務綱要併冬季立哨ニ関スル衛生意見…… 547
戦時衛生勤務令改正意見………………… 554
戦時編制改正意見………………………… 561
戦時衛生勤務令中改正意見一班………… 574
『明治三十七八年戦役陸軍衛生史』抄… 576
陸軍軍医学会総会に於ける演説………… 594
救急法及衛生法大意ノ改正ニ就テ……… 596
脚気問題ノ現状ニ就テ…………………… 599
陸軍軍医学会雑誌「海外通信」附記…… 601
分団長ニ示ス辞…………………………… 605
軍医団雑誌「海外通信」附記…………… 607
済生会救療事業実施案…………………… 622
済生会救療事業実施ニ関スル意見……… 627
トラホームと其予防……………………… 634
第四回日本医学会軍陣医学部会閉会ノ辞…… 638
工学と医学との暗合に就きて…………… 639
鍼科………………………………………… 641
日本赤十字社の天幕を評す……………… 645
医事雑鈔…………………………………… 647
参考篇
日本医育論………………………………… 679
日本医育論補遺………………………… 718
再、日本の医育を論ず………………… 721
大日本私立衛生会に与ふる開書………… 732
医業禁停の処分を論ず…………………… 736
医薬両業の関係を論ず…………………… 743
黄熱を防ぐ法の制定を求むる説………… 745
无妄談……………………………………… 747
*後記……………………………………… 775
 

第35巻 1975.1.22
 
自紀材料……………………………………… 1
北游日乗 (明治15年2月―3月 同年9月―16年2月)……59
航西日記 (明治17年8月―10月) ………73
独逸日記 (明治17年10月―明治21年5月)……85
隊務日記 (明治21年3月―7月)……… 193
還東日乗 (明治21年7月―9月)……… 219
観潮楼日記 (明治25年8月―10月) … 225
徂征日記 (明治27年8月―明治28年10月)…… 233
明治三十一年日記………………………… 259
小倉日記 (明治32年6月―明治35年3月)…… 283
明治四十一年日記………………………… 391
明治四十二年日記………………………… 421
明治四十三年日記………………………… 469
明治四十四年日記………………………… 509
明治四十五年(大正元年)日記………… 543
大正二年日記……………………………… 579
大正三年日記……………………………… 615
大正四年日記……………………………… 647
大正五年日記……………………………… 681
大正六年日記……………………………… 711
委蛇録 (大正7年1月―大正11年7月)…… 739
*後記……………………………………… 843
 

第36巻 1975.3.31
 
書簡
明治14年……………………………………… 1
明治16・7年頃 ……………………………… 2
明治18年……………………………………… 3
明治19年……………………………………… 4
明治21年……………………………………… 8
明治22年………………………………………10
明治23年………………………………………13
明治24年………………………………………18
明治25年………………………………………21
明治26年………………………………………26
明治27年………………………………………27
明治28年………………………………………29
明治29年………………………………………32
明治30年………………………………………35
明治31年………………………………………37
明治32年………………………………………39
明治33年………………………………………64
明治34年………………………………………87
明治35年…………………………………… 145
明治36年…………………………………… 157
明治37年…………………………………… 162
明治38年…………………………………… 197
明治39年…………………………………… 294
明治40年…………………………………… 300
明治41年…………………………………… 302
明治42年…………………………………… 310
明治43年…………………………………… 317
明治44年…………………………………… 330
明治45年(大正元年)…………………… 334
大正2年 …………………………………… 339
大正3年 …………………………………… 345
大正4年 …………………………………… 352
大正5年 …………………………………… 372
大正6年 …………………………………… 450
大正7年 …………………………………… 484
大正8年 …………………………………… 534
大正9年 …………………………………… 563
大正10年…………………………………… 604
大正11年…………………………………… 620
年代不詳…………………………………… 635
書簡索引…………………………………… 645
*後記……………………………………… 657
 

第37巻 1975.4.28
 
手記1
語彙材料……………………………………… 3
詩学材料………………………………………24
楽劇材料………………………………………31
塵冢……………………………………………39
日本芸術史資料………………………………93
*後記……………………………………… 581
 

第38巻 1975.6.28
 
手記2
小紺珠………………………………………… 3
観潮録…………………………………………27
「童蒙入学門」識語…………………………81
雑誌書入………………………………………82
雑記帖末………………………………………83
言海書入………………………………………85
Eindr cke.……………………………………88
Ideensplitter.………………………………94
忌引御届………………………………………96
欠講届…………………………………………96
文学博士候補者履歴書及著述目録…………97
自彊不息…………………………………… 101
青山胤通氏之為メ叙爵請求書…………… 105
奈良出張用品控…………………………… 107
洋服の寸法………………………………… 107
図書頭訓示………………………………… 108
乃木希典書簡題言………………………… 109
遺言三種…………………………………… 110
雑纂
後光明天皇論……………………………… 115
河津金線君に質す………………………… 116
フライタハ祖先録に題す………………… 117
裸で行けや………………………………… 117
見立てちがひ……………………………… 118
此刺の中へは……………………………… 118
古本に非ず古木なり……………………… 119
中村座新狂言仇名艸由縁八房之評……… 119
酒闘式……………………………………… 122
衛生新誌広告……………………………… 123
衛生新誌には衛生新論を附録とす……… 124
衛生新誌改良広告………………………… 125
再版非日本食論将失其根拠広告文……… 126
舞姫の評に就て…………………………… 126
雑説………………………………………… 127
明治二十三年墨沱ノ勝ヲ祝ス…………… 128
新富街の劇を瞥見す……………………… 129
萩をみそこねたる記……………………… 130
新声社社告………………………………… 131
しがらみ草紙社告………………………… 131
国粋宴の記………………………………… 132
千朶山房に会する記……………………… 133
古曲遺声につきて………………………… 134
石見郷友会雑誌第1号を評す …………… 135
西史漫鈔…………………………………… 138
小金井観桜記……………………………… 139
紅豆集題詞………………………………… 140
しがらみ草紙預告………………………… 141
柵社社告…………………………………… 143
浄瑠璃史序………………………………… 144
衛生新論の事を禀告す…………………… 145
「兵士の養性」序………………………… 145
猪狩三等軍医墓誌銘……………………… 146
めさまし草社告…………………………… 146
美奈和集広告文…………………………… 147
水沫集広告文……………………………… 147
つき草広告文……………………………… 148
今の文学界………………………………… 148
かげぐさ広告文…………………………… 150
かげ草広告文……………………………… 151
「通例人の一生」序……………………… 151
鴎外漁史が『うたかたの記』『舞姫』『文つかひ』の由来及び逸話…… 152
「学校衛生学」叙………………………… 156
「携帯糧食論」弁言……………………… 156
独和他国字書大全序……………………… 157
審美綱領広告文…………………………… 157
鴎外の時文談……………………………… 158
審美新説広告文…………………………… 159
「水彩画の栞」題言……………………… 160
吉田子煥墓誌銘…………………………… 160
審美極致論広告文………………………… 161
磯部松蔵寿像記…………………………… 162
「新医学大字典」叙……………………… 162
即興詩人広告文…………………………… 163
SCHRIFTEN EUGEN KARL DUEHRING'S …… 163
前号のヂユウリング氏著書目録に就いて…… 166
万年艸編者識語…………………………… 167
「市川団十郎」序………………………… 168
玉匣両浦島広告文………………………… 169
「聖人か盗賊か」序……………………… 169
ZUSAMMENSTELLUNG WICHTIGSTER ERSCHEINUNGEN IM GEBIETE …… 170
前に投寄せし独逸文書目の補遺訂正…… 179
「仰臥三年」題言………………………… 181
人種哲学梗概広告文……………………… 182
おもひ艸の序……………………………… 182
膠山絹海帖序……………………………… 184
日本医学史序……………………………… 185
黄禍論梗概広告文………………………… 185
「三人記」はしがき……………………… 186
故陸軍歩兵中佐橘周太君等五位ノ霊ニ告グル辞…… 187
「最新治療全集」叙……………………… 189
森鴎外氏談片……………………………… 189
森鴎外氏の新体詩談……………………… 191
改訂水沫集序……………………………… 192
演劇及び俳優―回答……………………… 194
「白石先生印譜」引……………………… 195
ゲルハルト・ハウプトマン広告文……… 195
思軒文の巻端に書す……………………… 196
序に代ふる詩……………………………… 197
うた日記広告文…………………………… 198
小島砲兵中尉之碑………………………… 198
「梔花拾遺」序…………………………… 199
「新選薬物名彙」序……………………… 201
Festspieleニ就テ………………………… 202
観潮楼詩話………………………………… 204
脚気病調査………………………………… 207
「大増訂ことはの泉」序………………… 209
育英帖跋…………………………………… 211
御馳走を食ひに行く……………………… 211
文芸院設立に就いて……………………… 212
「最近調査男子東京遊学案内」序……… 214
鴎外博士の「仮面」談…………………… 214
時談片々…………………………………… 215
一幕物広告文……………………………… 217
新文学博士森鴎外氏談…………………… 218
東京方眼図索引の注意…………………… 219
俳優渡英の議―屹度有望だ……………… 220
田嶋寛次郎墓誌…………………………… 221
「即興詩人」時代と現時の翻訳………… 222
「日本杏林要覧」序……………………… 224
続一幕物広告文…………………………… 224
「兵食養価算定用食品及嗜品分析表」前書…… 225
相聞序……………………………………… 225
「写生旅行魔宮殿見聞記」序…………… 227
磯菜集序…………………………………… 229
「改訂近松全集」序……………………… 229
「源翁和尚と殺生石」序………………… 230
「陸軍薬制沿革」序……………………… 231
「日本絵画小史」序……………………… 232
「最近調査女子東京遊学案内」序……… 233
「凍筆日記」序…………………………… 234
「希臘羅馬諸神伝」序…………………… 234
現代小品広告文…………………………… 235
「背教者ジゥリアノ」序………………… 236
枯木の後に書く…………………………… 237
蔵多家引札………………………………… 239
「靖国神社誌」序………………………… 239
「南総里見八犬伝」序…………………… 240
馬琴日記鈔の後に書く…………………… 241
人の一生・飛行機広告文………………… 243
烟塵広告文………………………………… 243
横倉渠碑…………………………………… 244
長谷川春朗墓誌…………………………… 246
文芸に関する委員に就て………………… 246
文芸院は什麼組織になるか……………… 247
「戯曲集午後三時」序…………………… 248
重印蔭艸序………………………………… 249
「龍渓随筆」題言数則…………………… 251
「支那印象記」序………………………… 252
「新訳源氏物語」序……………………… 253
「軍陣外科叢書」序……………………… 254
「挿花の趣味」題言……………………… 255
上品で深みのある滑稽を要求する……… 255
追賁之碑…………………………………… 257
文芸選奨法改善…………………………… 258
「犬の実用的研究」序…………………… 259
みれん広告文……………………………… 259
「ルッソオ懺悔録」序…………………… 260
「軍陣外科新編」序……………………… 261
「拙者は大石内蔵助ぢや」序…………… 261
「闇の力」序……………………………… 262
「復活の日」叙…………………………… 264
銃後題言七則……………………………… 265
「陸軍ニ於ケル花柳病」緒言…………… 266
「重刊戯曲小説通志」序………………… 267
意地広告文………………………………… 268
「陸軍衛生制度史」緒言………………… 269
「日本米食史」序………………………… 270
「アンナ、カレニナ」序………………… 271
「秋夕夢」に就いて……………………… 272
「生ひ立ちの記」序……………………… 273
「古今孝子録」序………………………… 277
「瘢痕」序………………………………… 278
「異国土産蛙のたはこと」序…………… 279
ハアゲマン氏の事………………………… 280
「柵草紙」のころ………………………… 281
「世界名著物語」序……………………… 283
「天才と狂人」序………………………… 283
京都叢書発行趣意書……………………… 284
「唐草表紙」序…………………………… 285
「コサック奮闘録」序…………………… 286
「恩賜の義脚」序………………………… 287
勇退の噂ある鴎外博士…………………… 289
平福百穂氏作「朝露」評………………… 290
「日本鉱泉ラヂウムエマナチオン含有量表」序…… 290
「献上本作文集」序……………………… 291
告亡友三浦子文…………………………… 291
ギヨツツ広告文…………………………… 292
「東西両奇士」題言……………………… 293
二像記……………………………………… 293
千住新道碑………………………………… 294
椰子杯題…………………………………… 295
故青山男爵に関する話の聞き書………… 295
堀越秀像銘並序…………………………… 297
「御歴代ノ代数年紀及院号ニ関スル調査ノ沿革」序…… 297
絶代至宝帖序……………………………… 298
「蛙」はしがき…………………………… 299
「群芳図譜」序…………………………… 299
「日本画速成法講義」序………………… 300
法制局参事官広瀬君墓表………………… 301
高橋景羽墓表……………………………… 302
東京帝室博物館列品埴輪図集序………… 303
「過眼小景帖」跋………………………… 303
紫錦帖題辞………………………………… 304
「正倉院の栞」叙………………………… 304
琴台東条先生碑記………………………… 305
辛酉二月在図書寮観乃木将軍書扇謹題… 306
聖徳太子頌徳文…………………………… 306
中名生陸軍軍医監墓誌…………………… 307
「天の鍵」序……………………………… 308
石村君遺徳碑……………………………… 309
蟲明盛光墓表……………………………… 310
贈正二位亀井侯碑………………………… 311
山辺君墓表………………………………… 312
「シラノ・ド・ベルヂュラック」序…… 313
「印度更紗模様」序……………………… 315
伊沢蘭軒伝等広告文……………………… 316
天然自笑軒引札…………………………… 317
ほんや発刊之辞…………………………… 317
参考篇
あだ花森しげ女〔著〕…………………… 321
あだ花…………………………………… 323
波瀾……………………………………… 364
産………………………………………… 395
友達の結婚、パックの大臣、流産…… 404
写真……………………………………… 413
旅帰……………………………………… 424
猩紅熱…………………………………… 440
初出本文
小説論……………………………………… 451
修行がしたい……………………………… 453
独逸文学の隆運…………………………… 454
池袋清風君に一言す……………………… 456
巌々親爺へ………………………………… 457
「文学ト自然」ヲ読ム…………………… 458
再び自然崇拝者に質す…………………… 464
文学上の創造権…………………………… 465
聊斎志異の翻訳…………………………… 466
舞姫………………………………………… 466
ゲルハルト、ハウプトマン……………… 479
興津弥五右衛門の遺書…………………… 497
未定訳稿オルフエウス…………………… 501
補遺
議院典例は果して洋行して取調ぶべきもの乎…… 515
「医事集談」評語………………………… 516
帝国劇場の未来は人を得ると否とにあり…… 518
森鴎外氏の文芸未来観…………………… 521
十五日の文芸委員会々議の事…………… 524
「盲闘」評………………………………… 525
「寂しき人々」に就て…………………… 527
第一回日本泌尿器病学会総会祝辞……… 529
新進作家に対する苦言…………………… 530
書簡………………………………… 531
*年譜……………………………………… 545
*著作年表………………………………… 559
*後記……………………………………… 595
*総目索引………………………………… 710
[ 2011/04/04 22:02 ] 森鴎外 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。