研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  森茉莉 >  『森茉莉・エッセー』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『森茉莉・エッセー』全3巻

『森茉莉・エッセー』全3巻(新潮社、1982.2~1982.7)


第1巻 1982.2.20
 
父の帽子……………………………………… 7
父の帽子…………………………………… 9
幼い日々……………………………………11
二人の天使…………………………………35
注射…………………………………………37
「半日」……………………………………40
明舟町の家…………………………………43
刺……………………………………………54
父鴎外の思い出……………………………60
父の死と母、その周囲……………………62
父と私………………………………………71
晩年の母……………………………………73
街の故郷……………………………………76
夢……………………………………………79
空と花と生活………………………………97
靴の音……………………………………… 105
細い葉蔭への愛情……………………… 107
哀しみのある日々……………………… 111
森鴎外…………………………………… 118
降誕祭の夜……………………………… 126
明治の新劇と私………………………… 164
「女ひと」感想………………………… 173
バナナ・ボオト、ハヒチの歌………… 175
コペリア・「巴里」…………………… 176
録音……………………………………… 178
濃灰色の魚………………………………… 181
鉄のマリア……………………………… 183
耀めく秋………………………………… 185
燃える硝子の刀………………………… 187
ジェームス・ディーンの暗鬱………… 188
下絵……………………………………… 191
障子の中………………………………… 194
雛の眼…………………………………… 196
失った手紙……………………………… 197
ウオッカ………………………………… 201
「フジキチン」………………………… 203
荷風と原稿……………………………… 207
私の離婚とその後の日々……………… 211
二人の悪妻……………………………… 221
未刊行エッセー
I
父の底のもの……………………………… 233
風呂桶の湯と体…………………………… 238
重い頁―万暦赤絵………………………… 241
思った事…………………………………… 248
人間の「よさ」を持った父……………… 251
II
六代目菊五郎と焚火……………………… 257
段七と春吉………………………………… 259
新劇界の宝石六つ(昭和8年) ………… 264
松竹劇壇への言葉とその収穫の一つ『弥次喜多』…… 266
小劇場の「復活」………………………… 270
歌舞伎芝居の宝石………………………… 273
演舞場の曽我廼家………………………… 279
芝居の味…………………………………… 282
五代目追善口上の舞台稽古……………… 284
エノケンの森の石松……………………… 287
佳作、地獄変と大村……………………… 290
歌舞伎劇と青年俳優達…………………… 292
*黄金の針(森茉莉)(室生犀星)…… 295

 

第2巻 1982.5.5
 
贅沢貧乏……………………………………… 9
贅沢貧乏……………………………………11
紅い空の朝から……………………………26
黒猫ジュリエットの話……………………41
マリアはマリア……………………………68
青い栗………………………………………88
気違いマリア………………………………94
降誕祭パアティー……………………… 107
文壇紳士たちと魔利…………………… 123
私の美の世界……………………………… 141
貧乏サヴァラン………………………… 143
料理と私……………………………… 143
卵料理………………………………… 144
独逸と麦酒…………………………… 149
好きなもの…………………………… 150
お菓子の話…………………………… 151
ビスケット…………………………… 152
貧乏サヴァラン……………………… 154
夢を買う話……………………………… 164
源氏と幼女…………………………… 164
やさしい泡の愛撫…………………… 165
不思議な硝子………………………… 167
タオルの話…………………………… 168
想い出の着物………………………… 169
頚飾りと私…………………………… 170
靴の話………………………………… 171
丸善書店……………………………… 172
夢を買う話…………………………… 174
横浜南京街…………………………… 175
巴里の珈琲店と東京の喫茶店……… 176
きらいな会話………………………… 178
上野水族館の魚族たち……………… 179
硝子工房の一室……………………… 181
香水の話……………………………… 182
花市場………………………………… 183
整形美容の恐怖……………………… 185
府中の東京競馬場…………………… 186
人民芸術家と熊……………………… 188
タロー、インディラ、ジャンボー… 190
蛇の学者、高田栄一氏……………… 191
猛獣が飼いたい……………………… 192
悪魔と黒猫…………………………… 193
あなたのイノサン、あなたの悪魔…… 195
切り抜き魔…………………………… 195
フランス人のネクタイ……………… 196
黄金と真珠…………………………… 197
絹のマフラア………………………… 198
ジレの話……………………………… 199
手袋の話……………………………… 200
ふだんの手巾………………………… 201
麻の贅沢……………………………… 202
背広の美……………………………… 203
男のスウェタア……………………… 204
レインコオトの美…………………… 205
悪魔と嫩者…………………………… 206
エノケン……………………………… 208
室生犀星の死………………………… 209
深沢七郎とクレエとおさよ………… 213
上等の庶民芸術家イケダ・マスオ… 215
ル・オルラと武満徹………………… 216
あなたのイノサン、あなたの悪魔… 218
反ヒュウマニズム礼讃………………… 223
おかしな国…………………………… 223
吉田茂と国葬………………………… 224
無感動な日本人……………………… 226
薮医竹庵だって……………………… 227
ラアメンとお茶漬…………………… 228
ふに落ちない話……………………… 232
アデナウアーの死…………………… 233
選挙のたびに………………………… 235
気ちがい染みた、美への誘い……… 236
帝国ホテルの崩壊…………………… 237
原子力空母と乱闘…………………… 238
白色人種と黄色人種………………… 239
魂から発することば………………… 240
納得のいった話……………………… 242
賢く強い現代っ子…………………… 243
水しぶきを浴びる若者たち………… 244
わが愛する若者たち………………… 245
佐賀県の大学教授…………………… 246
反ヒュウマニズム礼讃……………… 247
未刊行エッセー
I
ゴッホとひまわり………………………… 269
室生犀星という男………………………… 271
仏蘭西語のハムレット…………………… 282
饒舌………………………………………… 285
老書生犀星の「あはれ」………………… 288
文壇紳士の群像…………………………… 292
中村光夫のクリスマス…………………… 295
三好達治氏のこと………………………… 298
檀一雄と豚の耳…………………………… 300
II
三つの嗜好品……………………………… 303
牟礼魔利の一日…………………………… 306
魔利の恋人ジュリエット………………… 310
私の場合…………………………………… 312
たぐいない美にみえた軍服姿…………… 316
交友が下手な話…………………………… 317
写真ノイロオゼ…………………………… 320
息子・ジャックと私……………………… 321
楽しい場所にいた父……………………… 325
このごろの日々の中で…………………… 327
シュウ・ア・ラ・クレェム……………… 329
III
道徳の栄え………………………………… 331
ほんものの贅沢…………………………… 334
テレヴィの青白い光……………………… 336
母…………………………………………… 339
日本語とフランス語……………………… 344
一高の嫩者たち…………………………… 346
男の虚栄心………………………………… 348
麻薬の季節………………………………… 350
*森茉莉さんと私(萩原葉子)………… 353

 

第3巻 1982.7.5
 
記憶の絵……………………………………… 9
薄闇の中……………………………………11
祖母…………………………………………12
銭湯…………………………………………13
伊予紋………………………………………14
着物…………………………………………15
洋服…………………………………………16
薬……………………………………………17
よく走る馬…………………………………18
足弱・腕弱…………………………………19
ヤッタルデ…………………………………20
続・ヤッタルデ……………………………21
鋏……………………………………………23
本屋…………………………………………24
鴎外の味覚…………………………………25
庭……………………………………………26
犀星と鰻……………………………………27
借金…………………………………………28
続・借金……………………………………29
萩原葉子……………………………………30
萩原葉子の「天上の花」…………………31
機械恐怖症…………………………………32
春の野菜……………………………………33
卵……………………………………………34
ダイアモンド………………………………36
失くなった紅玉……………………………37
鴎外の怒り…………………………………38
続・鴎外の怒り……………………………39
しんかき……………………………………40
犬たち………………………………………41
旧かなと新かな……………………………42
怒りの虫……………………………………43
続・怒りの虫………………………………44
手紙の雪……………………………………45
貴族と庶民…………………………………46
尋常一年入学………………………………47
尋常一年……………………………………49
親子どろぼう………………………………50
陸軍省の木蔭道……………………………51
歯医者………………………………………52
鴎外夫人……………………………………53
凄い美人……………………………………54
鴎外…………………………………………55
好きな鴎外とわからない鴎外……………56
裁縫…………………………………………57
市橋先生……………………………………58
仏英和高等女学校…………………………59
続・仏英和高等女学校……………………60
妹の羽織……………………………………62
妹の幼稚園入学……………………………63
続・着物……………………………………64
亀井伯爵夫人とバナナ……………………65
写真…………………………………………66
お刺身とサイダア…………………………67
料理と私……………………………………68
明治の新劇…………………………………69
明治の新劇の人々…………………………70
大正の新劇と、その人々…………………71
カフェ・プランタン………………………72
家に来た役者たち…………………………74
婚約者………………………………………75
続・婚約者…………………………………76
結婚披露宴…………………………………77
三田台町の食卓……………………………78
鮭の白ソオス………………………………79
三田台町の降誕祭…………………………80
谷中清水町の家……………………………81
続・谷中清水町の家………………………82
苺アイスその他……………………………83
洋行…………………………………………84
続・洋行……………………………………86
恋愛…………………………………………87
続・洋服……………………………………88
巴里…………………………………………89
続・巴里……………………………………90
欧羅巴の中にあるもの……………………91
ホテル、ジャンヌ・ダルク………………92
続・ホテル、ジャンヌ・ダルク…………93
二人の教師…………………………………95
続・二人の教師……………………………96
巴里の食物…………………………………97
続・巴里の食物……………………………98
巴里の銭湯…………………………………99
巴里の中流社会………………………… 100
巴里の夫婦……………………………… 101
巴里の悪魔……………………………… 102
カルメン役者マルトゥ・シュナァル… 103
巴里のバレ・リュッス………………… 104
巴里で演じた「能」…………………… 105
ニジンスキイ夫妻と「能」…………… 106
矢田部達郎……………………………… 107
巴里の降誕祭…………………………… 109
続・巴里の降誕祭……………………… 110
午前零時の接吻(1) ………………… 111
午前零時の接吻(2) ………………… 112
父の死…………………………………… 113
伯林の夏………………………………… 114
続・伯林の夏…………………………… 115
欧羅巴の悪魔…………………………… 116
帰国……………………………………… 117
関東大震災……………………………… 118
震災風景………………………………… 119
目白時代………………………………… 121
続・目白時代…………………………… 122
花火……………………………………… 123
続々・目白時代………………………… 124
大和村の家……………………………… 125
冬の木…………………………………… 126
続・大和村の家………………………… 127
続々・大和村の家……………………… 128
薔薇くい姫………………………………… 131
マリアの気紛れ書き……………………… 161
未刊行エッセー
時刻の翼…………………………………… 242
I
エロティシズムと魔と薔薇…………… 243
森しげの「波瀾」……………………… 245
私と年の暮れ…………………………… 247
マドゥモアゼル、ルウルウ…………… 249
若い頃好きだった挿絵………………… 252
美術品と私……………………………… 255
演奏会の思い出………………………… 257
葡萄酒…………………………………… 258
II
ロォトレック…………………………… 261
わからない人物………………………… 263
蒸留水の純粋…………………………… 265
気違いはどっち?……………………… 267
タエコとかずこ………………………… 272
与謝野晶子……………………………… 274
美穂の死………………………………… 283
或日の夕食……………………………… 286
描写を支えるすごい目………………… 289
深く印象に残る姿……………………… 291
女形……………………………………… 293
III
カッコイイ ぴったりくる言葉……… 297
情緒教育………………………………… 299
ひともする古都巡礼を………………… 301
文学とはなんだろう…………………… 306
IV
幻の本棚………………………………… 310
八百号を迎えた「新潮」と私………… 311
ピイタア・オトゥールとマリイ・モリ…… 313
小さな原稿紙とボオルペン…………… 314
一度聴いたレコオド…………………… 316
ころび上手……………………………… 317
モイラの後……………………………… 320
九年目のあて外れと歓び……………… 323
記憶の中の泉鏡花……………………… 326
夢みる七十三歳の青春………………… 327
最後の晩餐……………………………… 332
*「薔薇くい姫」など(吉行淳之介)… 335
*年譜……………………………………… 343

[ 2011/04/04 22:03 ] 森茉莉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。